ヒュッゲ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ヒュッゲ



幸福度を感じにくい国…日本


こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「日本で忘れられたものたち」を考えていきたいと思います。

hokuou

画像はイメージ フリー画像です
(北欧諸国はランキング上位の常連)



実は日本人が持っていた「ヒュッゲ」の考え方


デンマークにおける「ヒュッゲ」に大切なことはたくさんあります。

それらは北欧諸国における、

「幸福度」

とつながっているように思います。

kazoku

画像はイメージ フリー画像です
(幸福のあり方は人それぞれ)



【ヒュッゲの根底にあるものたち】


・ものを大切にする
・時間を意識する(季節の移り変わりを大切にする)
・家族や友人、近隣との絆を大切にする
・自分の時間をしっかりと持つ
・余計なものを持たずにコンパクトに生きる
・無理をしない見栄をはらない
・自然を大切にする身近に感じる

etc…


これは「もともと日本人が持っていたもの」でないでしょうか?

・近代化
・欧米化
・技術の発展
・売上至上主義

などの流れの中で置き忘れたものたちかもしれません。



便利な生活…失ったものたち


現代社会で様々なものが便利になりました。

便利な都会の生活。

スマホひとつで荷物が届きます。
都心部にいながら各地のグルメも楽しめます。

nettotuuhan

画像はイメージ フリー画像です
(もはや手に入らないものは少ない)


その反面私たちは日々の暮らしに余裕がありません。

家族はそれぞれがバラバラに生活時間を過ごします。
共働きで余裕もありません。

一緒に食事を摂らない家も多くあります。

koshoku

画像はイメージ フリー画像です
(個食では栄養バランスも乱れがち…)


国連の調べた幸福度ランキング。

日本は残念ながら幸福度のランキングでは中の下くらいです。
(2022年度には54位)


【主な国の幸福度ランキング】


1  位 フィンランド
2  位 デンマーク
3  位 アイスランド

12位 オーストラリア
16位 アメリカ
17位 イギリス

25位 サウジアラビア
27位 シンガポール

38位 ブラジル
46位 メキシコ

53位 ウズベキスタン
54位 日本


※G7参加国ではダントツの最下位です


一概にこのランキングが低いから「幸福でない」とはいえないものの、
考えさせられるものがあります。



顕著に低い日本の「主観満足度」


実は日本でも高いスコアを出している物があります。

・一人当たりの国内総生産(GDP)
・健康寿命(healthy life expectancy)

こちらはランキング上位の国に近い値なのです。

iryou

画像はイメージ フリー画像です
(「国民皆保険」は素晴らしい制度でもある)


日本で値が低いのが、

・社会的自由(freedom to make life choices)
・寛容さ(Generosity)
・汚職の無さ・頻度(Perceptions of corruption)
・ディストピア(人生評価/主観満足度)
・社会的支援(Social Support)

と言った値です。


特に「人生評価」や「寛容さ」、
「社会的自由」において低スコアとなりました。

・人生に(自らが)満足していない
・自由に居場所を得られない
・他人に寛容でない

という残念な結果です。

josei7

画像はイメージ フリー画像です
(他社への配慮を忘れた昨今…)


他国に比べて給与が上がらない事も拍車をかけています。

経済的な事情は「主観満足度」に大きく響きます。

誰しも「認められたい」欲求はあるものです。



古きよき記憶


昔の記憶を思い起こした時に、
このような経験はないでしょうか?

engawa1

画像はイメージ フリー画像です
(祖母との思い出)


・祖母に色々な事を教わった
・ご近所様がお裾分けを下さった
・地域のお祭りで知らない人と遊んだ
・ひな祭りや七夕の季節の行事
・モノがなくても工夫した遊び
・家族みんなで「いただきます」だった

etc…


比較的普通にあった日常の中に、
忘れてきたものもあるかもしれないのです。


「幸福度」というのは簡単に数値化することはできないと思います。
それぞれが思う「幸福」は違うからです。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(お花や植物に癒やしを感じる方も多い)


実は「孤独」を愛する人も少なからずいらっしゃいます。

「煩わしい交流なんて」

と思う方も多数いるでしょう。


そういう意味では「幸福度ランキング」というのはナンセンスかもしれません。
しかし「幸福」を感じにくい国であることもまた事実なのです。

「他人に寛容でない」
「居場所がない」

昨今の「誹謗中傷」や「凶悪な犯罪の増加」と、
関係が無いともいい切れません。



日本で「忘れられたもの」と「ヒュッゲ」の考え


昔の日本の暮らしといえば…農作業でした。
つまり稲作です。

inasaku

画像はイメージ フリー画像です
(本来の日本人は農耕民族)


・朝日が昇ると起きて家族と朝食
・農作業を始め10時にはお茶を飲む
(その際は近所の方が持参した漬物を頂く)
・昼は手作りのおにぎりを食べる
・日が暮れれば家に帰り家族と夕食

テレビなどはなく、家族と会話を楽しみました。

夜は照明もないので早く休みます。

yuugure

画像はイメージ フリー画像です
(朝日と共に起き夕日と共に休む)


娯楽としては足りないかもしれませんが、
生活としては「幸福」なのではないでしょうか?


このままの形で現代社会に当てはめるのは難しいです。

しかし出来ることもあるはずです。

josei8

画像はイメージ フリー画像です
(その時間が大切な時)


・季節(行事)や時間を意識する
・伝統文化を守る
・物を大切に自然を大切に
・家族やペットと過ごす時間は有限である
・自分の中のほっこりを持つ

etc…


「ヒュッゲ」と言えなくもないかと思うのです。


四季を感じることは大切です。

・梅や桜を楽しむ
・新緑や海を感じる
・紅葉や味覚に秋を感じる
・雪景色にホットドリングを飲む

これらの事は大切な事なのです。

shunkashuutou

画像はイメージ フリー画像です
(せっかくの美しい四季)



それぞれに合ったスタイルを見つけて


仕事や国民性の違いから、
デンマーク型の「ヒュッゲ」が100%当てはまることはないでしょう。

日本人は几帳面で見栄っ張りです。

busidou

画像はイメージ フリー画像です
(本来の武士は心も鍛えていた)


「武士は食わねど高楊枝」

これはしばしばやせ我慢のように皮肉に使われます。


でも実際は、

「武士は食べられなくても気品を保って見せろ」

という意味なのだと思います。


むしろ今の日本人に「気品」こそ必要なのかもしれません。

あなたなりの「ヒュッゲ」を見つけてください。

kennkoujosei

画像はイメージ フリー画像です
(まずは健康から考えましょう)


デンマークの「ヒュッゲ」から日本の「ヒュッゲ」へと…

考え方を変える一つの方法として取り入れるのはいかがでしょうか?
何かが変わるきっかけになれば幸いです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



2022.9現在コロナウィルスによる世界的な危機により、
状況が一変していることを追記しておきます。
なお、ランキングには戦争等の情報は含まれておりません。



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



時間に追われる生活の中で


こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです⌛
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「時の流れを意識する」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(瞑想は時と向き合う時間)



時間の流れは有限…使い方は自分次第


デンマークにおける「ヒュッゲ」では、
時の流れを意識することがとても大切です。


まず前提として、

「日本とデンマークでは仕事のスタイルが違う」

ことを念頭においてください。

denmaku3

画像はイメージ フリー画像です
(デンマークの朝は早め)


デンマークではまず「残業」というものをしません。

朝は7時ころから働きます。
夕方16時には切り上げて帰宅します。
そして家族と「ヒュッゲ」な時間を過ごすのです。


時間の流れは有限であり、
その使い方は自分次第というのも「ヒュッゲ」の考えです。



大切なのはメリハリをつける事


「時間のゆとり」

は実は作ることが出来ると言われています。


大体の場合、

「余計な事」

をしているのが原因という話も…耳が痛いです。

zikann1

画像はイメージ フリー画像です
(時計を見ては慌てる…)


北欧人は働かないわけではありません。

決められた時間の中で成果を出しさえすれば、
その時間の使い方は自分次第なのです。

反対に厳しさも求められます。


俗っぽい言い方をすれば、

「メリハリ」

を上手に付けているのです。


「フィーカ」というお茶を飲む文化があります。

いわゆるティーブレイクの事ですが、
「フィーカ」の時間は全員が手を止めて休憩するのです。

fika7

画像はイメージ フリー画像です
(フィーカしない人は怒られるとか…)


これはいかなる時も行われます。

結果としてブレイクを挟んだほうが、
生産効率が上がることを実践していると言えます。



一日の中で「時間」を意識すること


日本人は比較的「時間」で生きてきたはずです。

・学校の授業時間
・始業のチャイム
・ランチタイム

などですが…

どうも大人になるにつれて余計な「時間」ばかりが増えていきます。

taimuka-do

画像はイメージ フリー画像です
(タイムレコーダー…形は変われど)


仕事では…

・長い拘束時間
・自分の分が終われば別の仕事をやらざるを得ない雰囲気
・お先に失礼しにくい環境


家庭では…

・長いレジの待ち時間
・焦る子供の迎え時間
・いたずらに長い病院の待ち時間

rezimati

画像はイメージ フリー画像です
(待ち時間も結構無駄です)


今すぐこの現状を変えることは少し難しいかもしれません。
ただ「時間を意識」することは大切な事なのです。

例えば…

・水曜日の仕事の時間は17まで…と意識する
・20時から22時は自分の時間…と意識する
・どんなに忙しくとも15時にはお茶を飲む…と意識する
・日曜日の19時からは家族と過ごす…と意識する

たとえその通りに実行出来なくとも…
この意識をすること自体が大切なのです。


事あるごとに「忙しい」
何かあるごとに「バタバタしている」

この現実を打破するのが「時間の意識」かもしれません。

rirakkusu1

画像はイメージ フリー画像です
(フィーカではその場にいる人全てが対等です)



日本ならではの「時間」である四季を意識する


日本には豊かな四季が存在します。

この四季こそ日本ならではの「時間の意識」の一つです。

例えば…

・節分
・七夕
・十五夜

といった季節の行事、節句の行事があげられます。

shunkashuutou

画像はイメージ フリー画像です
(美しい日本の四季)


また季節の移り変わりも然り。

・春の桜
・夏の新緑
・秋の紅葉
・冬の雪景色

といった自然の移り変わりも大切な「時間」です。


気候変動により、若干四季を感じにくくなっている日本ですが、
まだ充分に感じられる事も多いです。


普段当たり前に過ぎていく日常。

「時間の意識」を持ち「季節を感じる」事でだいぶ変わってくるはず。

zikann

画像はイメージ フリー画像です
(時はゆっくりと流れ続ける)


日本らしい「ヒュッゲ」の考え方、
取り入れることが出来たなら少し幸せが増えるのかもしれません。


様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.6現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です




  



受け継がれるもの…使い捨ての対局にあるもの


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ものを大切にする・手作りをする」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(良いものを長く使うこと)



余分なものは買わない…良いものを使い続ける


デンマークにおける「ヒュッゲ」では「もの」をとても大切にします。


デンマークでは冬が長いこともあり、
家で過ごすことが多くなります。
必然的に家具やとりわけ椅子についてはとてもこだわりがあるようです。

hokuounohuyu

画像はイメージ フリー画像です
(厳しい冬のイメージ)


時には選択をするために1時間座ってから決めることも普通だと言います。

良いものを選んでそれを大切に使い続ける文化があります。
もちろん自分から子供へ…
またその子供へと受け継がれる事もあるとか。

huruishofa

画像はイメージ フリー画像です
(ヴィンテージ家具のイメージ)


その反面、余計なものは買わないのもデンマーク流。

・必要なものは最低限
・良いものを選択して長く使う
・家族にも「もの」が受け継がれる

これが「ヒュッゲ」の考えた方です。



家に残り続けるハンドメイドの技術


北欧ではハンドメイド品も多く使用します。

冬の間に母親や祖母たちがセーターや靴下を手編みして、
子供たちに着せているそうです。

teami

画像はイメージ フリー画像です
(受け継がれる手作りの技術)


そしてその子供たちが親になったときには自分の子供へと、
手作りの技術が受け継がれていくのです。

・セーターの編み方
・靴下の編み方
・手作りジャムのレシピ
・傷んだ家具の直し方

その家に残り続けていく手作りの品とその技術…とても素敵な文化です。

tedukurikukki

画像はイメージ フリー画像です
(オリジナルレシピも多数)


「おばあさん直伝のクッキー」
「父親譲りの椅子の直し方」

それは温かく誇らしいものでもあります。



やっと時代が追いついた北欧スタイル


いま各国ではしきりに…

・エコロジー
・使い捨てをやめる
・資源を大切に

などと謳っています。

eko1

画像はイメージ フリー画像です
(限りある地球の資源)


北欧諸国ではもう当然のように行われているわけです。


日本に置いてもようやく見直されてきた感があります。

・父母などの昔の服を子供が着る
・返却できるコーヒー容器の導入
・廃棄素材からのリメイク品

etc…


osagari1

画像はイメージ フリー画像です
(昔お母さんが来た服からドレスへ)


osagari

画像はイメージ フリー画像です
(お父さんのワークブーツは修理されて息子へ)



残り続ける「もの」に価値を見出すこと


100円均一などの発達により使い捨て文化も多い日本。

それが完全に悪いというわけではありません。

tyawan

画像はイメージ フリー画像です
(良いものを長く使用する)


日本人ならではの毎日使う「もの」

・お茶碗
・汁椀
・お箸 

etc…

こういったものだけでも本当にいいものを購入し、
ずっと使っていくというのもいいのかもしれません。


少し本筋からずれますが…

ブランド品のカバンなどは大体の場合きちんと修理することが可能です。
耐用年数も長いので結果お安くなるのかもしれません。

技術や耐久性といったものに、
もっと目を向けるべき時代はとっくに来ているのです。



受け継がれるのは「もの」だけではない


同じものを長く使って大切にするというのは、
結果エコロジーになります。

つまり地球に優しいわけです。

hokuounoheya

画像はイメージ フリー画像です
(北欧テイストの部屋)


お気に入りこそ長く使う。
親から子へ受け継がれる道具には何か温かいものを感じます。

それは単純な「もの」ではなく

・家族の思い出
・家族の絆
・大切な場所や技術

etc…


そして次の世代へと受け継ぐバトンです。




様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.6現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ