バードウオッチング : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:バードウオッチング



人との共存を選んだ野鳥「燕尾服」でおなじみ



こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


よく知る野鳥もいれば、
余り生態を知らない野鳥もおります。


yatyoutati3


画像はイメージ フリー画像です
(最も身近な「野生生物」の一つです)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「ツバメ」です。


bird tubame

画像はイメージ フリー画像です
(近年は数が減っており心配な野鳥です)



日本でも海外でも「幸運のシンボル」です


青みがかった身体にほっぺたの赤み。
長く伸びた尾が特徴的な美しい野鳥が「ツバメ」です。


夏鳥の代表とも言える野鳥です。
その飛ぶ姿は美しく、

「飛燕」

といえば「ツバメ」の飛ぶ姿をあらわす模様の事を言います。


tubame10


画像はイメージ フリー画像です
(長く伸びた尾が特徴です)



古くから人間の生活する場所に生息し、共存をしてきた野鳥です。

農耕民族である日本人にとって大切な野鳥でした。


tubame11

画像はイメージ フリー画像です
(田の害虫を駆除してくれる「ツバメ」)



初夏の害虫が発生する頃に飛来して、
害虫を駆除してくれます。

その年の「実り」を約束する幸運の鳥…それが「ツバメ」の本来の姿です。


もともと巣立ったところへ戻る性質があり、
同じ巣で再び子育てをします。


「無事に戻るように」と航海のお守りであったり、海外でも人気の野鳥です。


gareonsen

画像はイメージ フリー画像です
(昔の航海は帰れるかわからなかった)



船乗りたちは甲板から「ツバメ」が見えると、

陸地が近い事を悟り安心をしたと言われています。



初夏に聴こえる…早口なさえずり


「ツバメ」のさえずりはとても複雑。

かつ飛びながらさえずることが多いです。


「チュピチュピチュジクジクジー」


などと最後のほうがにごります。


tubame21

画像はイメージ フリー画像です
(空中を旋回しながらよく鳴いています)



たまに巣がある側の電線なに止まり、
話しかけているようにさえずることもあります。


tubame23

画像はイメージ フリー画像です
(ちょっと一休みの「ツバメ」)



「チュピチュピチュピジクジクジー」


などと繰り返してさえずっているのを見かけます。
ものすごく早口です。



またカラスなどが巣に近づくと果敢に追い払います。
その時も、かわいい声で怒っているのが印象的。

当の本人たちは命がけで頑張っているのですが…


殆どの時間を空中で過ごす野鳥です。



命がけの長距離の「渡り」と「帰巣本能」


【ツバメの生態】


長距離の「渡り」をする野鳥です。
日本には春先から初秋くらいまでの滞在で、その間に子育てをします。


tubame

画像はイメージ フリー画像です
(海上を命がけで飛行します)



「東南アジア」などから渡ってくることが知られていますが、
中には「オーストラリア」方面からの猛者も。

緊急回避時の飛行スピードは200キロと言われ、
ものすごいスピードで飛ぶことが出来ます。


餌を取るのも空中で虫を捉えます。
相当視力と運動能力に優れた野鳥であると言えます。


bird tubame1

画像はイメージ フリー画像です
(昨今は田園の軒下からガレージへ)



巣作りは昔から人の出入りのある場所。
今ではガレージなどが多いようです。


昔は、

「商家の軒下にツバメが営巣するとその商家は流行る」

と言われました。


tubame2

画像はイメージ フリー画像です
(基本的にオスメス関係なく子育てします)



つまり「人の出入りがある」人気のお店という意味です。



子育て中は餌を捕らえては雛に与えます。

オスメス関係なく育児をすることでも知られています。


その様子から、

「夫婦円満のシンボル」

でもあります。


kisouhonnou


画像はイメージ フリー画像です
(「帰巣本能」のイメージ)



「帰巣本能」の秘密ははっきりとは解明されていません。

産まれた巣で育った子供も、
その巣を目指して帰ってきます。


同じツバメが同じ巣を使用することあれば、
巣立った子供がリフォームして使用する事もあります。

世代が変わっても同じ場所に営巣するのです。



「燕尾服」は「ツバメ」の姿を模したもの


ご存知の通り正装である「燕尾服」は、
「ツバメ」の尾の形を模した物です。


これだけバックスタイルがよい野鳥も珍しいでしょう。
2つに割れた尾が長く伸びており、飛行時には美しく見えます。


tubame12

画像はイメージ フリー画像です
(「ツバメ」の後ろ姿)



男性の正装と言われる、

「燕尾服」

2つに割れた「ツバメ」の尾を模しており、
ダンスなどの服装に用いられる場合もあります。


enbihuku


画像はイメージ フリー画像です
(「燕尾服」のイメージ)



近年数を減らしている「ツバメ」


人の農耕生活も様変わりし、

都会の暮らしへと生活スタイルを変更してきました。

・水場の減少
・住宅の近代化
・土や泥などの減少
・鳥害として巣を撤去される

etc…


近年では「ツバメ」の数は激減していると言われています。


tubame15

画像はイメージ フリー画像です
(夫婦で協力する「ツバメ」)



他なならぬ人間に巣を壊されたりして、
行き場をなくすという悲しい現実があります。


日本野鳥の会の、

「ツバメを守ろう」プロジェクト

では「ツバメ」が営巣したときの汚されないアイデアなどが掲載されています。


よろしければこちらをご覧下さい⇩

日本野鳥の会「ツバメを守ろう」プロジェクト


tubame3

画像はイメージ フリー画像です
(画像クリックでも遷移します)



その一方で駅などで、
頑張って子育てをする個体も出てきています。


以前、観光地で有名な駅で、
「ツバメ」が子育てをしてる旨を告げる貼り紙が話題になりました。

またビニール傘でフンを抑えて、共存を目指す事も記事になりました。


tubame22

画像はイメージ フリー画像です
(共存する方法もあるはずです)



古くからの友人である「ツバメ」
「ツバメ」が何世代も世代交代しながら営巣する家もあります。


「おかえりなさい」


を伝えられる稀有な野鳥でもある「ツバメ」


共存することも可能だと思うのです。
温かい目で見守るのが肝要です。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)



『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



春先に聴こえる「ツピーツピー」のさえずり



こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近な野鳥は様々な種類がおります。


yatyoutati2

画像はイメージ フリー画像です
(中にはとても美しいものも)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「シジュウカラ」です。


bird shijuukara

画像はイメージ フリー画像です
(背側の模様が美しい野鳥です)



春夏にさえずる季節を知らせる野鳥


ごく身近な野鳥の中では、
とても美しい羽の模様が印象的な野鳥です。


「スズメ」よりも活発に動き回り。
姿を捉えるのは難しいかもしれません。


sijuukara

画像はイメージ フリー画像です
(春先はよくさえずります)



独特のフレーズ、

「ツピーッツツピー」

を繰り返すのはオスのさえずりです。


春先ころから夏にかけてとても良く響く声で鳴きます。


sijuukara

画像はイメージ フリー画像です
(その鳴き声はかなり大きくよく通ります)



身近な所から公園、
山林まで幅広く見かける野鳥でもあります。


大きさは「スズメ」と同程度です。


sijuukara1

画像はイメージ フリー画像です
(まるで「ネクタイ」をしているようです)



胸の「ネクタイ」模様が太いのがオス。
細めなのがメスです。



よく響く「春を告げる」さえずり


先述している通りさえずりは、

「ツピーツツピー」

の繰り返しです。


住宅街でもよくさえずります。

とても良く通る声で鳴くので存在に気がつく事でしょう。


sijuukara1

画像はイメージ フリー画像です
(美しい背中の模様)



その他にも、

「ジジ」
「ジュクジュク」

などの地鳴きをします。





【さえずり】


主にオスが求愛の時に鳴く独特のフレーズです。


saezuri1

画像はイメージ フリー画像です
(さえずりのイメージ)



複雑でよく響く場合が多いです。

「求愛」はもちろんですが、
「縄張り」の主張もさえずりで行います。


とある樹の上でさえずりを行っている場合は、

・意中の相手がそばにいる
・この樹を「縄張り」だと主張している

ということです。


nawabari

画像はイメージ フリー画像です
(「縄張り」を主張するさえずり)




【地鳴き】


いわゆる私達における日常会話です。


zinaki

画像はイメージ フリー画像です
(野鳥は「地鳴き」でコミュニケーションしている)



「ジジ」
「ピッ」

などの短いフレーズが多いです。


仲間とのコミュニケーションの為、常時使用するものです。



「花の蜜」よりは「虫」…高いところが好き


【シジュウカラの生態】


「シジュウカラ」は小虫やクモなどをよく食べます。
だだし小虫がいなくなる秋冬は植物の実も食べます。


sijuukara2

画像はイメージ フリー画像です
(ご飯中の「シジュウカラ」)



野鳥の殆どは雑食です。

季節ごとに食べられるものは決まっているので、
厳しい環境では仕方のない事です。

「シジュウカラ」は昆虫の方を好むようです。


「シジュウカラ」は「樹の穴(樹洞)」に巣を作ります。

苔などを用いてフカフカの巣を作ります。


bird judou

画像はイメージ フリー画像です
(「樹洞」のイメージ)



近年では自然が少なくなったことも関係していますが、


「郵便ポスト」に営巣した「シジュウカラ」がニュースになりました。


sijuukara3

画像はイメージ フリー画像です



そのポスト(正確には郵便受け)には貼り紙がしてあり、


「シジュウカラが巣を作っています、郵便物は入れないで下さい」


と書いてあったそうです。


その後、ヒナたちはきちんと巣立ったようです。
このような時代にほほえましい話です。


オスのさえずりは「縄張り」の主張でもあります。
その為か、よく声が響く木の先端や電柱の突端などでよく見かけます。


もしさえずりが聴こえたら、
声の響いている高い場所を探すと出会えるかもしれません。



とても器用な脚と求愛のプレゼント


「シジュウカラ」に限りませんが、
「シジュウカラ」属の野鳥には特徴があります。

・器用な脚
・求愛給餌(きゅうあいきゅうじ)

です。


sijuukara2

画像はイメージ フリー画像です
(意中の相手に贈り物をします)



「カラス」などのように脚で物を抑える事ができます。

当たり前のようですが、
小さい野鳥ではなかなか出来ない事です。


また求愛行動として意中のメスに餌をプレゼントする「求愛給餌」を行います。


他にもカワセミやモズなどで見られる行動です。


kawasemikyuai

画像はイメージ フリー画像です
(「カワセミ」の「求愛給餌」)



人間と違い、「人柄」だけでは駄目のようで…

プレゼントが成功するとカップルになるのです。


野鳥の世界もなかなかシビアです。



野鳥は時に「共存」もする


野鳥は時に喧嘩もしますが、
環境が厳しければ「共存」してたくましく生き延びます。


例えば「シジュウカラ」は営巣する「樹洞」に、
「コゲラ」(キツツキ科)などが開けた穴を使用することがあるそうです。


sijuukara4

画像はイメージ フリー画像です
(左「シジュウカラ」 右「コゲラ」)



また「シジュウカラ」は冬季になると、
他の種類の野鳥たちと「コロニー」を形成します。


つまり多種の野鳥が集まって冬を越えるために協力するということです。

ある意味争ってばかりいる人間よりも賢いのかもしれません。



声が聴こえたら探してみましょう


春先に近所で、

「ツツピーツピー」

が聞こえてきたら、


「シジュウカラ」が近くいることでしょう。


sijuukara3

画像はイメージ フリー画像です
(高いところが好きな「シジュウカラ」)



高いところが好きな野鳥です。

・電線の上
・アンテナの上
・高所の樹の枝

などがお気に入りです。


その小さい身体からは想像も出来ない大きな声でさえずります。

そっと見守りましょう。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.3 加筆修正)



『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



樹々を飛び回る緑色の小さな野鳥



こんにちは٩(„❛ ֊ ❛„)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


野鳥とはどんな鳥のことでしょう?


yatyoutati1

画像はイメージ フリー画像です
(身近にも結構な種類がいます)



野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。


本日の野鳥は「メジロ」です。


bird meziro

画像はイメージ フリー画像です
(「花の蜜」が大好きな「メジロ」)



とても絵になる…桜や梅に「メジロ」がいる風景


身近な野鳥でグリーンの美しい羽を持つ野鳥です。

「スズメ」より少し小さく。

アクロバティックに「花の蜜」を食べる姿が特徴的。
尾が短く目の周りは白いです。


miziro2

画像はイメージ フリー画像です
(春先の「メジロ」は大忙し)



「梅にメジロ」
「桜にメジロ」


はとても有名で写真も多く撮影されています。


ネットスラングでこういう言葉があります。

梅にメジロ ⇒ ウメジロー
桜にメジロ ⇒ サクジロー

そのくらい写真家の間で愛好家が多い野鳥です。


umeziro-

画像はイメージ フリー画像です
(「ウメジロー」の一例)



もちろんこの時期以外も活動していますが、
注目を浴びるのは春先かもしれません。


とにかく動きも素早く写真に収めるのは大変です。
花から花へ飛び回り蜜を食べます。


meziro

画像はイメージ フリー画像です
(その特徴的な目のまわり)



その名前の通り、

目の周りが「白い」です。

「メジロ」の由来となっています。




鳴き声はとても早口


「メジロ」のさえずりはとても複雑で、

とても早口です。


「チーチュルチュルチーチュルチー」


また「シジュウカラ」のように大きな声ではないので、
気が付かない人も多いと思います。


miziro3

画像はイメージ フリー画像です
(体勢…苦しくないのでしょうか?)



何か「おしゃべり」をしているようにさえずります。

「あっちにも花が咲いているよ」
「花の蜜甘くて美味しいね」
「一緒に食べようよ」

そんな感じに聴こえ微笑ましいです。


saezuri

画像はイメージ フリー画像です
(野鳥のさえずりのイメージ)



細い声で小さめのさえずりです。


姿は目立つのですぐに見つけられるでしょうが、
さえずりで見つけるのは少し難しい野鳥です。



「花の蜜」を食べるに適した進化


【メジロの生態】


「花の蜜」が大好きで、梅や桜に山茶花や椿など、
お花の季節は大忙しです。

果実なども好んで食すので、
みかんなどを半分に切り、樹などに挿しておくとよく飛んできます。


meziro1

画像はイメージ フリー画像です
(丸い身体で目の周りが白いです)



【お花の密を食べやすい口】



「スズメ」や「ヒヨドリ」なども桜に集まりますが、
「メジロ」は花を散らさず上手に蜜だけを食べます。

「花の蜜」が大好物である「メジロ」は、
口の構造も進化しています。

舌の先端が2つに割れており長く伸びます。
蜜を食べやすくなっているのです。



itiendama



画像はイメージ フリー画像です
(一枚が1g×10枚分です)



標準的な「メジロ」の体重は10g程です。

なんと1円玉10枚分の体重しか無いのです。


この軽い体重のおかげで、
お花を散らすこともありません。


大変アクロバティックに、
下を向いた桜から蜜だけを食べることが出来ます。



「目白押し」の語源にも


「メジロ」は寒い季節などは一緒にくっついて暖をとります。

小さい体を目一杯膨らませて、
枝などに並んでいる姿は微笑ましいものがあります。


多人数が混み合っている様子などを指す、

「目白押し」

は「メジロ」が樹に並んでいる姿から生まれた言葉です。


bird meziroosi

画像はイメージ フリー画像です
(くっつくと温かい)



野鳥からすれば寒いからくっつくのかもしれませんが。
愛らしい姿を見せてくれます。



「ウグイス」と間違われることも


「鶯色(うぐいすいろ)」という色があります。
また「うぐいす餡」という和菓子の餡があります。


uguisuan

画像はイメージ フリー画像です
(「うぐいす餡」の和菓子)



その色が緑色なので、
時に「メジロ」は「ウグイス」と間違われることがあります。


「ウグイス」は鮮やかな緑色ではありません。


bird uguisu

画像はイメージ フリー画像です
(「ウグイス」は思うほど緑色をしていません)



「ウグイス」は、

「ホーホケキョ」

とさえずることで有名な野鳥です。


声は聴こえますがほとんど姿を捉えることは出来ません。

警戒心が強く、普段は藪などの下の方で生活しているので発見は難しいです。



「メジロ」の役割は大きい


「メジロ」は本当に小さな体で縦横無尽に飛び回ります。

「花の蜜」を食べている時は大事なお食事時間です。
そっと見守るくらいがちょうどよいかもしれません。


meziro1

画像はイメージ フリー画像です
(花から花へ花粉を運ぶ「メジロ」)



薄桃色に「メジロ」のグリーンは本当によく似合います。

それだけでなく「メジロ」は花から花へ花粉を運ぶ「受粉者」として有能です。

自然にはきちんと役割がある事を考えさられます。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.3 加筆修正)




『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  

このページのトップヘ