バター醤油 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:バター醤油



「焦がし醤油」と「とうもろこし」が美味しい



こんにちは(๑´ڡ`๑)
四つ葉のくまさんことよつくまです🌽
本日もよろしくお願いいたします。


夏祭りの屋台や海の家、
様々な所で人気の「焼きそば」

家庭のしんなりとした「焼きそば」もそれはそれで美味しいものです。


そんな「焼きそば」を夏野菜とともに頂くアレンジレシピです。


BlogPaint

画像はいつかの「焦がし醤油のとうもろこし焼きそば」です
(夏野菜もプラスしてバランスよく)



子供も大好きな「とうもろこし」を使って


「焼きそば」が嫌いという人…あまり聞きません。

麺の太さや味など好みは分かれますが、
子供から大人まで幅広い世代の方に好かれるメニューです。



yakisobayatai

画像はイメージ フリー画像です
(人気の「焼きそば」屋台のイメージ)


今回はせっかくの夏野菜を使って、
屋台風にお醤油味で「焼きとうもろこし」をイメージした「焼きそば」を作りました。


いつものソース味にちょっと飽きてしまった…

そんなときにちょっとしたアレンジで、
気分を変えてみるのもいいかもしれません。


yakitoumorokosi

画像はイメージ フリー画像です
(「焼きとうもろこし」をイメージして)



いつもの「焼きそば」に夏野菜をプラス


具材はいつものもやしにキャベツ。


夏野菜の、

・とうもろこし(必須)
・パプリカ
・ズッキーニ 

を加えました。


sanshokupapurika

画像はイメージ フリー画像です
(パプリカは何色でもOK)


お肉は豚肉でもOKです。

少し変わった風味が欲しいので「厚切りベーコン」を選択。
じっくり炒めると焦げ目が付いてお醤油とマッチします。


kagotyasuraisu

画像はイメージ フリー画像です
(焼いたかぼちゃは甘くて美味しい)


他におすすめの夏野菜は、

「かぼちゃ」です。

スライスしてバーベキューのように焼くと美味しく頂けます。


かぼちゃ ⇒ 夏野菜 


です。


「ハロウィン」や「冬至」のイメージがあり、
秋冬野菜と勘違いされがちです。



醤油を焦がすのが決め手!


【しっかり麺を焼く】


最初に「焼きそば」の麺のみを薄く引いた油で、
焦げ目がつくまで焼きましょう。

両面をしっかり焼き、無理にほぐさないようにします。

これで鉄板風の麺になります。
焼き終わったら別のお皿にとっておきます。


yakisobayaku

画像はイメージ フリー画像です
(中火くらいでゆっくりと焼きます)



【ベーコンを焦がす】


厚切りベーコンも少し焦げるくらいまで焼きます。

弱火でじっくりと炒めます。
これで焦がし風味がしっかり出ます。

旨味が出た油はそのまま使用します。


atugiribe-kon

画像はイメージ フリー画像です
(このぐらい厚切りだと美味しい)



【とうもろこしはフレッシュを使用】


せっかくの夏野菜です。

冷凍や缶詰でなくフレッシュ(生)を使いましょう。
茹でずにそのままばらして炒めます。

後述の便利グッズを利用してもいいでしょう。


tubuko-n

画像はイメージ フリー画像です
(「とうもろこし」は粒状にばらしておく)




【最後にお醤油を少し焦がす】


「とうもろこし」をフライパンに入れて少し焦げ目を付けます。

後は他の野菜を炒めて塩コショウをします。
お皿にとった麺を戻したらフライパンの端っこからお醤油を垂らします。

この際ちょっと醤油を焦がすのがポイントです。

全体を混ぜ合わせて味見をして完成させます。


shouyusosogu

画像はイメージ フリー画像です
(フライパンの具材を避けて端に入れます)


この場合は「ほぐし水」は使いません。
最初に麺を焼きほぐしておけば問題なく作れます。

同時に水っぽくなるのを防ぐやり方です。

普通の「焼きそば」も美味しく作れるので、
覚えておくと良いでしょう。



反則技を使う


お醤油での味付けだけでは物足りない方は、

・かつおだし
・魚粉

なども合います。


bata-

画像はイメージ フリー画像です
(バターを入れたら…美味しくないわけがない)


ここで反則技…バターを入れてもOKです。

・ベーコン
・とうもろこし
・醤油
・バター

美味しくないわけがありません。


「とうもろこし」の粒を外すのが少し面倒という方は、
このような便利グッズもあります。


toumorokoshipira

画像はイメージ フリー画像です
(「とうもろこしピーラー」などで検索を…)


「とうもろこし」を通すと実が取れるものです。
ピーラー型の物と写真のように通すものがあります。



tyourijosei



画像はイメージ フリー画像です
(お醤油味の「焼きそば」も美味しいです)



定番メニューである「焼きそば」のアレンジレシピにいかがでしょうか?

良かったら作ってみて下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



やみつきになる美味しさです


こんにちは(´~`)モグモグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日々の献立だけでも大変です。
その中で栄養バランスを考えなければならない…
大変なことですね。

そんな時に役に立ちそうなちょっとしたレシピのご紹介したいと思います


本日のお料理はこちら

じゃがいもときのこバター醤油

じゃがいもときのこのバター醤油炒めです



こんなお料理です 切って炒めるだけでOK


じゃがいもはでんぷん質でお腹もいっぱいに。
食べざかりを助けるもう一品。
洋食にもピッタリのサイドメニューになります。

・ボリュームのある後一品
・切って炒めるだけ
・味付けは鉄板で失敗なし

きのこはしめじでも、マッシュルームでも…
しいたけでもOK。

バターと塩コショウで下味を付けて。
お醤油は仕上げに少し焦がすと美味しいです。



簡単な作り方


簡単な時短メニューです。

・じゃがいもをよく洗う
・短冊状にざく切りする
・しめじを適宜房に分けて炒める

じゃがいもを少し細めの短冊にすることで、
火の通りを早めます。
皮付きのほうが美味しく頂けます。


◆味付けの一例

・塩コショウ
・バター一片
・お醤油


軽くサラダ油を引いたフライパンで先にじゃがいもを炒めます。
しめじを炒めたら塩コショウしてバターを投入。
最後にお醤油を垂らして少し焦がします。

最初からバターで炒めると焦げやすく、バターの香りが飛んでしまいます。
後入れ…もしくは追いバターがおすすめです。



味付けは失敗しないバター醤油


ほとんど注意することはない簡単なレシピです。

・じゃがいもを適度に細めに切る
・お醤油を垂らすので塩コショウは弱めに


じゃがいもが生焼けだとお腹を壊します。
きちんと炒めると少し透明感が出ます。

bataashouyu

画像はイメージ フリー画像です
(罪なバター醤油ご飯…)


お醤油を垂らしすぎるとしょっぱくなります。

フライパンの縁から垂らして、
少し焦がしたら全体を混ぜ合わせると上手くいきます。

少しカリッとするくらいじゃがいもを炒めても美味しいです。

やみつきになる味。
きのこがしいたけだと少し和風になります。
エリンギ、まいたけ、大体のきのこで美味しく頂けます。



アレンジその他


じゃがいもときのこは失敗のないコンビです。

・小麦粉を加えてかき揚げに
・ベーコンを加えてジャーマンポテト風に
・仕上げにとろけるチーズを乗せて

etc…

jaamanpoteto

画像はイメージ フリー画像です
(ジャーマンポテトは黒胡椒が決め手)


ジャーマンポテトにする場合は、
じゃがいもを少し大きめにカットして、
さっと湯がいてから炒めると美味しいです。

ベーコンは厚切り、ブラックペッパーは挽きたてを…


子供も大人も大好きな味です。
便利なサイドメニューになります。

・洋食のお供に
・ビールのおつまみに

色々活躍する人気のおかずです。



簡単で美味しいメニューですのでぜひお試し下さい


このコーナーは不定期に継続していきます。

またの機会をお楽しみに




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です







  



美味しいパスタを食べましょう


こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


パスタはいつのシーズンに食べても美味しいです。
かつパスタのみでOKなので便利ですね


本日は秋のきのことベーコンで作るハズれのない🍄
パスタ料理をご紹介します。

こちらのパスタです

BlogPaint

きのことベーコンのバター醤油パスタです


失敗が少なく、割とあまった食材で美味しく頂けます。
便利なメニューです(⁎˃ᴗ˂⁎)



食材はある程度自由に…


・きのこ類なんでも
(しめじ、舞茸、マッシュルーム、エリンギ、えのき、しいたけ他)
・ベーコン
(ブロックやスモークがおすすめ)
・バター5g×2(お好みで増減)
・余り物野菜
(キャベツ、ほうれん草、小松菜、ネギも合います)
・にんにく1片みじん切り


冷蔵庫にあるもので作れるので便利です。
写真のパスタは
・マッシュルーム
・しめじ
・スモークベーコン
・小松菜
で作っています



調理手順


一般的な作り方でOKです🍝

・きのこや食材をカットする
(やや大きめに…大きさを揃えて)
・ベーコンから炒める
・少し香りが出てきたらにんにく、きのこを投入、ひとかけのバターで炒める
・パスタを茹で始める
・茹で汁を入れて塩コショウで味を整える
・茹で上がったパスタをフライパンに入れ絡める
・このタイミングで洗ってザグ切りにした小松菜を入れる
・お醤油を垂らして残りのバターを入れる
・味見をしてお醤油を調整する


お野菜の種類によって、投入タイミングは変わってきます。
キャベツやネギなどはきのこと同時でも問題ありません。



ポイントは香りを出すこと


きのこやベーコンをしっかり炒めると旨味が出ます。
それを茹で汁と合わせるとパスタにしっかり旨味が吸収されます

バターを二回に分けるのは…
・炒め用の風味付けのバター
・食べる時に香るバター
の役割があるから

きのこは是非複数種入れてみて下さい。
美味しさが相乗効果で増します。


お醤油で和風なので海苔や万能ねぎなどのトッピングが合います。
旨みたっぷりの秋のパスタです


是非やってみてくださいね




よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀






こちらもおすすめです






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  

このページのトップヘ