春先に恥ずかしい思いをしないように


こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本語の本来の意味は変わるものです。

テレビなどでも使われることで、
容易に本来の意味とは変わってきてしまいます。

今日はそんなお話です。

BlogPaint

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(いつかの梅)



大きいマスメディアの影響力


春先のテレビのお天気中継。
よく使われる言葉です。

「三寒四温」

そのままの意味で…

3日寒い日があると4日ほど暖かい日がある

という季節の言葉です。

1248

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(いつかの牡丹)



「三寒四温の今日このごろ…お天気は長く続きません」

春先のテレビのよくある光景です。


こちらを聞くと春に使うのだなと勘違いしがちです。
そのくらいメディアではよく用いられています。

私達はその影響をそのまま受けてしまいます。
テレビが全て正しいわけでは無いのです。



本来は「冬」の季語


言葉というのは時代と共に変わってきます。
この

「三寒四温」

もその一つです。

1221

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(冷たい季節にホッとする暖かい日)


春先の天気が安定しない様子を表した言葉ではありません。

寒い冬の季節に

「3日寒い日があると4日ほど穏やかである」

というさまを表現した言葉です。


手紙などが減った現在ではなおさら本来の意味ではなくなっている。
そう言えるかもしれません。

時候の挨拶としては2月くらいまで用いる言葉です。



もともとは日本の言葉ではない


諸説ありますが…

「三寒四温」

は中国の北東部などで使われる言葉であったと言われています。

その地方では冬が「三寒四温」を体現する気候であった。
それが語源です。


その言葉が日本に伝わり使われるようになりましたが、
日本では春先の気候が一番近いのです。

・テレビなどで使用された
・そのまま春の言葉として使う方が増えた

この言葉を聞いてテレビに苦情を申し立てる人もそういないでしょう。



知っておいて損はない


例えば目上の人などへの手紙。
春先になんらかの事情で書くこともあるでしょう。

1163

画像はイメージ 本文とは関係ありません
(早春を告げる梅林)


この時に

「三寒四温」

を使うのはやめておきましょう。


目上の方は色々とご存知です。
恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。


もし春先に時候の挨拶を使うなら…

・早春
・春風
・ようやく春めいて…

etc…


などを用いたほうが良いでしょう。


知っておくと少しだけ役に立つお話でした。

手紙を書く機会が減った昨今…
こういう時候の挨拶はより減っていくのかもしれません。

「知らないよりは知っていたほうがいい」

そんな言葉の一つです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です