ダイエットの味方 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ダイエットの味方



低カロリーで食物繊維も豊富…ダイエットの味方



こんにちは٩(„❛ ֊ ❛„)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


とても素朴な疑問ですが、
「こんにゃく」の原材料は「こんにゃく芋」です。

イモ類は炭水化物が多いので、
カロリーは高めです。


「こんにゃく」は何故低カロリーなのでしょう?


本日はそんな素朴な疑問の話です。


konnyakuimo

画像はイメージ フリー画像です
(左原材料のこんにゃく芋 右完成品のこんにゃく)



「こんにゃく」と「春雨」のカロリー


ラーメンを食べたいけれど、
「スープ春雨」に変えてダイエットをした経験がある方は多いでしょう。

ところがこの「春雨」は意外にカロリーが高いのです。


harusama

画像はイメージ フリー画像です
(「春雨」のカロリーはそこそこ高い)


「春雨」の原材料は、

・緑豆
・じゃがいも
・さつまいも

などの「でんぷん」になります。


およそ100gで345kcalです。

但し「スープ春雨」には量がそれほど入っていないので、
120kcal程度となっているのです。


それに比べると「こんにゃく」のカロリーは極めて低いです。


konnyaku

画像はイメージ フリー画像です
(満足度もある「こんにゃく」)


例えば300gの「こんにゃく」を食べても21kcalしかないのです。


この差は何故なのでしょうか?

「こんにゃく」の製法に秘密がありそうです。



「こんにゃく芋」はそのままでは食べられない


収穫した「こんにゃく芋」はそのままではとても食べられません。

「シュウ酸」

という成分が多くそのまま食用には向かないのです。


konnyaku1

画像はイメージ フリー画像です
(この形は加工後のものです)


「シュウ酸」はほうれん草などにも含まれる成分で、

・えぐみ
・ピリピリ感

があります。


ほうれん草を塩ゆでするのは、
「シュウ酸」が水に溶ける性質があるからです。


hourensou1

画像はイメージ フリー画像です
(ほうれん草以外の野菜にも含まれます)


「こんにゃく芋」の場合、

芋を煮て溶かした水溶液の状態にしたあと、
アルカリ性の物質(灰汁(食品用水酸化カルシウム))を加え中和します。

すると水溶液が凝固して「こんにゃく」となるのです。


「こんにゃく」の形になるには一手間かかっているわけです。



「こんにゃく」のカロリーが低いわけ


「こんにゃく」が低カロリーの秘密は、

固める前の水溶液の配合にあります。

実は90%以上が水なのです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(実はほぼ水分であるためカロリーが低い)


そして、残りの数%が食物繊維である「グルコマンナン」と言われています。


イモ類が原材料であるのにカロリーが低い秘密は、水溶液の配合にあるのです。



「グルコマンナン」とは?


「こんにゃく」に含まれる「グルコマンナン」

一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?


konnyaku2

画像はイメージ フリー画像です
(「グルコマンナン」のサプリメントもあるほど)



【グルコマンナン】


水溶性の食物繊維の一つ。
人の消化酵素では消化されず、水分を吸収して膨張する。
便のかさを増やし、腸内細菌の餌となり腸内環境を整える。
便秘改善にも効果的。


他にもこのような効果が期待できます。

・血糖値の上昇を抑制する
・血中コレステロールの低下


daietto2

画像はイメージ フリー画像です
(ダイエットには最適な食材です)


「薬膳」の世界では、

・体内の余分な熱を取り除く
・便通を整える
・皮膚の出来物を改善する

といった効果を持つとされます。



栽培が難しい「こんにゃく」


水分が90%なのはわかりましたが、
それならば随分薄めた水溶液で作れる「こんにゃく」は「儲け」が多すぎるのでは…

そう考えるのは早計です。


kisikan

画像はイメージ フリー画像です
(「こんにゃく」は高いのかしら?)


まず「こんにゃく」は栽培がとても難しいとされています。

栽培の為に必要な「種芋」
こちらを準備するだけで2~3年もかかるそうです。


konnyakusaibai

画像はイメージ フリー画像です
(ここまでくるには農家さんの努力が)


他にもこのような苦労が…

・病気に弱い
・低温に弱い
・水はけの良い土壌が必要

せっかく育ってきた「こんにゃく芋」が、
収穫前に病気で全滅してしまうこともあるのです。


私達はその大変な作業を経て、
作られた「こんにゃく」をありがたく頂きましょう。


「こんにゃくは体の砂払い」


という言葉があります。
「こんにゃく」を食べると、
体内にたまっている砂(有害なもの)を排出することが出来るという意味です。


食べごたえもある「こんにゃく」を一品加えることで、
肥満防止や食べ過ぎを防ぎ、

健康効果も得られるスーパー食材の一つです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「海藻類」日本人が足りていない栄養素の一つ



こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本の和食・食文化を支える指標

「まごわやさしい」

をご存知でしょうか?


この言葉はよく健康な食生活の指標として使われます。


本日は「まごわやさしい」の「わ」

「わかめ」についてお届けしたいと思います。

magowa4

画像はイメージ フリー画像です
(積極的に摂りたい「海藻類」)



「まごわやさしい」の「わ」とは?


「わ」 ⇒ わかめ を指します。

正確には「海藻類」と置き換えてよいでしょう。

通常なら「孫は優しい」(まごやさしい)ですから、
あえての「」です。

「わかめ」といえばお味噌汁のイメージでしょうか。

wakamemisosiru

画像はイメージ フリー画像です
(オーソドックスなわかめの味噌汁)


代表的な「海藻類」と言えば、

・わかめ
・昆布
・ひじき
・海苔

などがあります。


akamoku

画像はイメージ フリー画像です
(近年注目の「あかもく」)


他にも、

・もずく
・あかもく
・めかぶ

などたくさんの「海藻類」があります。


加工品では「とろろ昆布」など乾燥させたものもあり、
便利に使うことが出来ます。


tororokonbu

画像はイメージ フリー画像です
(汁物に入れて頂く「とろろ昆布」)


ところてんに使う「天草」なども「海藻類」です。
日本人は様々な工夫をして「海藻類」を摂取してきました。



効率的な摂取方法は?


「わかめ」の摂取で非常に簡単な方法は、

「わかめの酢の物」です。

タコなどの魚介類を合わせても美味しく頂けます。


wakametotako

画像はイメージ フリー画像です
(タコとわかめの酢の物)


一般的には油脂やお酢などと一緒に食べると、
栄養素を吸収しやすいと言われています。

現代の日本ではこの「海藻類」が足りないとのデータもあります。


他にはこのようなものも挙げられます。

・トサカノリ(刺身のツマ、海藻サラダの赤い海藻)
・アオサ類
・海ぶどう(沖縄特産品)

etc…


umibudou

画像はイメージ フリー画像です
(沖縄の特産品「海ぶどう」)


酢の物で頂く事が多いのは理にかなっているからなのです。

海藻サラダなどもさっぱりとしたドレッシングで頂く事が多いです。


ドレッシングは、

油脂 + お酢 

が主成分です。



「海藻類」の優れているところ


「海藻類」は食材としてどのような点が優れているのでしょうか?



【豊富な食物繊維】


ヌルヌルやネバネバの成分。

代表的な成分である「アルギン酸」「フコダイン」等は、
腸内の有害物質を排出したり、胃の炎症を予防・修復に役立ちます。


mekabu

画像はイメージ フリー画像です
(粘りに健康成分あり)



【ヨウ素で肥満防止】


基礎代謝を活発にして肥満を防止に役立ちます。
甲状腺ホルモンと関係して精神を安定化する働きもあります。

※通常過剰摂取になることは少ないと言われます。
※サプリメントの服用や持病により影響があります。




【豊富なミネラル類】


・カルシウム
・カリウム
・鉄

などのミネラルが豊富です。

身体の調整機能に役立ちます。
カリウムによる高血圧予防効果も期待できます。


全体的にローカロリーであり、
ミネラルや食物繊維を手軽に補充出来るのも魅力です。


daietto1

画像はイメージ フリー画像です
(「海藻類」はダイエットの味方)


ダイエット中にも安心して頂く事が出来ます。


お酢を使うことで食物繊維が柔らかくなり、
油脂と合わせることでビタミン類やミネラルの吸収効率が上がります。

「ひじきや刻み昆布の油炒め」
「わかめの酢の物」

などが効果的です。



「生海苔」を消化できるのは日本人だけ?


「外国人は海苔を消化できない?」
 

という言葉を聞いたことがないでしょうか?


o-no

画像はイメージ フリー画像です
(「海苔」はノーサンキュー)


この話は英科学誌ネイチャー(Nature)に、
2010年に発表された論文によるものとされています。

とある海洋性バクテリアが海苔に含まれる成分を分解する。
というものです。

日本人は体内にこのバクテリアを持っている人が多数なため、
生まれながらに「生海苔」を消化出来るのだそうです。


namanori

画像はイメージ フリー画像です
(「生海苔」のイメージ)


ここで言う「海苔」とは「生海苔」のことです。

実は加熱により誰にでも消化出来るようになる為、
「焼海苔」は誰にでも消化出来るのだそう。

今でもこの話を信じて、「海苔」を食べない外国人は多いと言われます。

近年では日本食がブームになり、

「寿司」

などで「焼海苔」に親しんだ方も多くなりましたが、
根強く残っているお話なのです。

gunkan

画像はイメージ フリー画像です
(回転寿司に見る海苔軍艦巻き)



何事も大量摂取すればよいわけではない


いくら「海藻類」が足りていない、優れていると言っても、
そればかりを食べるのはおすすめできません。

一部成分の過剰摂取が健康被害をもたらす場合もあるので注意が必要です。
特に「甲状腺」の持病がある方は主治医と相談して下さい。


kaisousarada

画像はイメージ フリー画像です
(海藻サラダをプラスするだけでバランスアップ)



【摂取の一例】


お味噌汁の具がわかめ ⇒ 副菜の酢の物をお豆腐に変更
朝食にめかぶ     ⇒ 夕食には納豆を選ぶ 

etc…

健康な食生活はバランスです。


mekabudon

画像はイメージ フリー画像です
(めかぶをたっぷり使ったご飯物)


日本人は本来、朝食に海苔やわかめなどを食べてきました。
それは主食が「米」であったためです。

食事が小麦に変わり「パン」になったりすると、コーンスープなどを選びます。

「海藻サラダ」などをプラスして見てはいかがでしょうか?



いかがでしたでしょうか?
食生活を見直すヒントになれば幸いです。


次回は「まごわやさしい」の「や」について、
記載していく予定です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  



粘り成分に含まれる健康効果


こんにちは(゚д゚)!
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「根菜類」

野菜のうち土壌中にあるものを食用するものの総称
→Wikipediaより引用


ありがたく大地の恵みを頂きたいものです。


本日は、
ほくほく美味しいだけじゃない「さといも」です。

BlogPaint

画像イメージ フリー画像です
(どこか故郷を感じる食材です)



ほっこり美味しいやさしい根菜


◆基本情報

・サトイモ科
・サトイモ属
・マレー半島原産

satoimo2

画像はイメージ フリー画像です
(煮っころがしに懐かしさを覚える野菜)


さといもと言えばぬめりです。
加熱すると消化吸収しやすくなるデンプンが豊富です。

・煮物
・揚げ物
・蒸し物
・主食にも

ぬめりのある表面でどこかほっこりする根菜です。


「旬」としては秋から初冬。
9~11月頃が美味しい時期です。

yatugasira

画像はイメージ フリー画像です
(やつがしらの煮物)


お正月に頂く

・やつがしら
・えびいも
・セレベス

これらはさといもの仲間になります。

・タロイモ

として主食にしている地域もあります。

taroimo

画像はイメージ フリー画像です
(タロイモのイメージ)



ぬめりパワーは免疫力を高める


◆含まれる主な栄養素(代表的なもの)

・カリウム
・リン
・マンガン
・食物繊維



【特筆すべき栄養素】


ぬめり成分のムチン、
ガラクタンを豊富に含みます。

ガラクタンは食物繊維の一つで、脳細胞の活性化や免疫力を高める作用があります。


ムチンは胃の粘膜保護や消炎作用に優れた効能があります。

食物繊維が豊富で体脂肪、生活習慣病が気になる方には強い味方となります。

daietto2

画像はイメージ フリー画像です
(新しい生活スタイルは生活習慣病を産む)



皮を剥きやすくする切り方


◆調理のポイントや一言メモ

さといもは滑りやすく皮を剥きにくい食材です。

satoimo

画像はイメージ フリー画像です
(手を怪我しないように)



【比較的剥きやすい方法】


頭とお尻(さといもの上下)を少しだけ厚く切り落とす。
上下をしっかりと持てるようになるため、皮が剥きやすくなります。

六角形または八角形になるように剥くと見た目もきれいです。



おすすめの調理方法


◆おすすめの調理方法


「さといも田楽」

さといもの美味しさをストレートに味わえるおすすめの方法です。

satoimo1

画像はイメージ フリー画像です
(さといもはレンジ調理でもOKです)


【田楽味噌づくり】


・八丁味噌(なければ普通の味噌でも)
・みりん
・酒
・砂糖 各適宜

味噌を小鍋で溶かし砂糖を加えて混ぜる。
とろみが出るまで煮詰めたら完成です。

焦がさないように火加減を調整します。

面倒な場合は市販の田楽味噌も販売されています。


renzi1

画像はイメージ フリー画像です
(便利な電子レンジ調理)


【さといもの下ごしらえ】

・皮を剥く
・耐熱皿に並べる
・ラップをゆるくかけてレンジで5~6分

竹串がすっと入ればOKです。


仕上げに田楽味噌をかけて完成です。

ほくほくとしたさといもならではの味わいを楽しむレシピです。



ダイエットの強い味方


上述のように主食にしている地域もあるさといも。

でんぷん質が豊富でご飯の代用になります。
ダイエット中の方は主食にしてもよいでしょう。

daieto

画像はイメージ フリー画像です
(主食として用いてみる)


肝機能の強化や、代謝のアップにもつながるので、
ダイエットの強い味方になる食材です。

カリウムや食物繊維がたっぷり含まれ、高血圧や体脂肪などに有効です。
ダイエット中に積極的に摂りたい野菜です。

unndoujosei

画像はイメージ フリー画像です
(適宜の運動は併用しましょう)


また、たんぱく質を吸収しやすくする働きがあります。
肉や魚と一緒に摂取することで栄養素をまんべんなく取り込むことが出来ます。



身体を温める効果のある根菜たち
上手に大地の恵みを頂くことにしましょう˚*・.。 



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ