スワッグ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:スワッグ



壁面が少し寂しいと感じたら…


こんにちは(,,•◡•,,)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


白系の壁紙は部屋が明るくなります。
ナチュラルやウッディな雰囲気も素敵です。

「ちょっと寂しいな」

と思うことは無いでしょうか?

そんな時に活躍するのがリースやスワッグといった壁飾りです。


では早速ご紹介させていただきます

4994

フェイクグリーン アンティーク リース エリンジウム です
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



珍しい三角形のリース


リースは円型が多いです。

しかし別に円型にこだわる必要はありません。
円型が多いのはリース本来の意味があるためと思われます。




今回はあえて形を変えて…三角形のリースをご紹介します。

4106

三角形 フェイクグリーン 壁飾り ジニア コットン です


天然木をワックスロープで束ねた三角形のリース・壁飾りです。
コットンなども使用した作品となっています。


・珍しい三角形タイプ
・天然素材を多めに使用
・大きなお花が目を引く
・枯れ色ニュアンスカラー


天然木をニスでコーティングした上で、
三角形に束ねて成形しています。

トップに大きなパープル系のジニアの花。
枯れ色系の素材で飾り付けをしています。

コットンや松ぼっくり、小枝など天然素材もふんだんに使用。
全体的にニュアンスカラーに仕上げました。

強い色がないので、色々な壁面にマッチします。

少し高い位置に飾るのもおすすめです。
しだれたチランジアのフェイクグリーンがおしゃれです。



高品質のシキミアが美しいスワッグ


全体的に品質の高い花材を使用しています。

お値打ち品の一つです。
ボリュームもたっぷりで一つでかなりの存在感があります。

3859

高品質 フェイクグリーン スワッグ シキミア ラベンダー  です


非常に高品質な赤系のシキミア。
ラベンダーやエリンジウムなどと合わせて品質の高いスワッグに仕上げています。


・高品質な花材を使用
・ラベンダーやエリンジウムも人気
・ボリュームたっぷりフェイクグリーン
・束ねた部分を合皮で加工


束ねた部分には合皮の巻加工をしています。

・アクセントにクリスタル
・深緑色合皮加工
・アンティーク感のある木製プレート

1138

束ね部分の様子
(アンティークな木製プレート付き)


下から見上げた際にかなりのボリュームがあり、
かつ豪華に見えます。

かといって派手すぎる色合いでないので飾りやすい作品です。


リビングなどに飾っても遜色ない大きさがあり、
玄関や入り口のドアなど使用用途は多彩です。



北欧ガーデンをイメージしたスワッグ


北欧ガーデンはその多彩な色彩から人気があります。

そんな北欧の世界観をスワッグにしてみました。
美しい色彩の作品です。

4711

高品質 アーティフィシャルフラワー スワッグ 北欧の庭 です


しだれたフェイクグリーンに、
色とりどりのお花たちが北欧の庭のように配置されたスワッグです。


・美しい色彩
・たくさんのお花が彩る世界観
・高品質な花材をふんだんに使用
・束ねたリボンも北欧製


北欧ガーデンをイメージして色彩を決めました。

カーネーションやラベンダーを始め複数種のアーティフィシャルフラワーを使用。
ピンク系統の色合いも明るく、
飾った際の彩りも非常に豊かです。

しだれるフェイクグリーンも複数種重ねて使用しています。

細い葉と蔦状の葉。
少し色が違う蔦状の葉を組み合わせて、

深みが出るように仕上げています。

・白系統
・グレー系統

の壁紙には大変相性が良いです。



天然素材ラタンのウォルナットリース


リースのベースはラタン製です。

人気のあるウォルナットに塗装した上に、
ほんのり色づいたチランジアをメインに通年使えるリースを作りました。

4471

高品質 フェイクグリーン パープル リース チランジア です


品質の高いフェイクグリーンをメインにしています。
非常にリアルで自然な色彩です。


・高品質のチランジア
・人気のバラとアジサイ
・細葉のユーカリもリアル
・本体はウォルナット加工


かなり品質にこだわって組んだリースです。

中でも細葉のユーカリは最高品質です。
フェイクグリーンでも人気の高いユーカリ。
かなりリアルな物をチョイスし、全体に巻き付けています。

メイン部分のチランジアとアジサイも美しいです。

4472

メイン部分の様子
(パープルとニュアンスカラーの調和)


・チランジア
・バラ
・スモークツリー
・アジサイ

どれも人気の高い花材ばかりです。

メイン部分から流れるように右側にフェイクグリーンを配置。

アンティーク感のある本体とナチュラルな色彩で、
飽きのこないデザインです。

通年使えるリースです。

リビングや玄関など楽しんで頂けると思います。



リースやスワッグは通年楽しめる


特にリースは冬場のイメージです。

しかしフェイクグリーンなどを上手に用いることで、
通年のインテリアとして楽しむことが出来ます。

・引っ掛けるだけの簡単さ
・お手入れ不要
・季節を問わず使えるインテリア

本日ご紹介したアイテムたちはその一部です。


フェイクグリーンやアーティフィシャルフラワー。
ぜひ楽しんでもらいたいと思います。


一度ご覧になって頂ければ幸いです。



お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



ウェディングやインテリア…拡がる活用


こんにちは (´▽`)
四つ葉のくまさんことよつくまです💐
本日もよろしくお願い致します。


ウェディングでも人気が高い、

「ネイティブフラワー」

をご存知ですか?


近年個性が求められています。
その魅力的な姿形…どのような活用がされているのでしょう。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(ピンクッションをメインとしたブーケ)



ウェディングでも人気


ウェディング市場のブーケは、

「純白」

のイメージで作られていたのは昔の話

junnpakubuke

画像はイメージ フリー画像です
(純白のブーケのイメージ)


今では…

・花嫁が好きな花種をセレクトする
・多少花言葉が難でも気にしない
・個性を重視する

このような時代になっています。


そんな時代で脚光を浴びたのがネイティブフラワーです。

neithibuhurawa8

画像はイメージ フリー画像です
(プロテアと南国の植物の個性派ブーケ)


オータムウェディングで人気が出始めたという、

「ネイティブフラワーブーケ」

ニュアンスカラーの色合いも素敵です。

neithibuhurawa9

画像はイメージ フリー画像です
(落ち着いた色合いが光る個性派ブーケ)


コロナ禍に入り、

「多くの人を呼ぶ形式的な結婚式」
  ⇩
「二人だけの個性的な結婚式」

に変わってきているのも要因かもしれません。



特別な思い出を持ち帰れる


ネイティブフラワーならではの大きな特徴があります。

そのままドライフラワーとしてスワッグにすることができるのです。

neithibubuke

画像はイメージ フリー画像です
(束ねたブーケを逆さに吊るして…)


ブーケを持ち帰ってそのまま飾ることができる。
これは嬉しいと思います。


まさに特別な思い出のお持ち帰りです。



スワッグからドライスワッグへ…インテリアとして


もともと流行する以前から、
少ないながらも流通されてきたネイティブフラワー。

やはり大きな転機となったのは、

スワッグの流行です。

neithibusuwagu

画像はイメージ フリー画像です
(ネイティブフラワーを用いたスワッグの例)


ネイティブフラワーの特徴として、
生花状態とドライ状態の差異が少ないことがあげられます。

美しい状態のままでドライフラワーになるネイティブフラワーは、
おしゃれなインテリアとして地位を得て、
様々な本などで紹介され拡がっていったのです。

neithibuhurawa10

画像はイメージ フリー画像です
(オーストラリア原産のクラスペディア)



日持ちするネイティブフラワー


生花店の方が言うには、

「できれば生花状態も質感の違いを楽しんで欲しい」

とのこと…

neithibuseika

画像はイメージ フリー画像です
(生花を入手できるお店の一例)


基本的な使い方は切り花と一緒です。

そして何よりも花持ちがいいという特徴があります。

短いものでも1ヶ月位は平気だそうです。
保存状態がよく3ヶ月も美しさを保つケースもあるとか…

輸入の関係もあり、
お値段的には少し高めの物もありますが…

その花持ちを考えたら安くなるのかもしれません。

そのままドライフラワーとして長く楽しめる事も加味しておきます。



暑さに強い!でも気をつけて…


ネイティブフラワーは南半球の過酷な環境のもとで育った花です。

つまり暑さに非常に強いのです。

kakokunakannkyou

画像はイメージ フリー画像です
(南アフリカの過酷な環境)


ところが一つ注意点があります。

高温多湿で熱帯化が進む日本。

ネイティブラワーはその環境から湿気には弱いのです。

musiatui

画像はイメージ フリー画像です
(カラッとした暑さには強いが…)


ドライフラワーにになる過程で湿気にあたると、
綺麗にドライフラワーになりません…お気をつけを。

・風通しの良い場所に飾る
・除湿機や送風機を活用する

などの工夫が必要です。



インターネットを活用する


だいぶ流通量が増えたとは言え、
昔ながらの花屋にはまだその姿を見ることは出来ません。

都市部のフラワーショップや大手有名店などでは普通に取引されています。

ootehurawashop

画像はイメージ フリー画像です
(大手フラワーショップのイメージ)


もし近隣にそのようなお店がない…
そういった場合はインターネットを活用して購入することも可能です。

・お手入れを聞くことが出来る
・質問を受け付けてくれる
・アレンジしてくれる
・ネイティブフラワー専門

etc…

探せば結構見つかるものです。


一度試してみるのも良いと思います。

一つあるだけで個性的な空間づくりが出来るネイティブフラワー。

purotea

画像はイメージ フリー画像です
(一輪でも存在感抜群のプロテア)


ぜひ楽しんでもらいたいと思います。

大きな花が多いので花瓶は大きめサイズがおすすめです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



素敵なドライフラワーで部屋を飾る


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


アーティフィシャルフラワーは造花の一種です。
それに対してドライフラワーは生花を乾燥させたものです。

両者には大きく違いがあります。

doraihurawa1

画像はイメージ フリー画像です
(ドライフラワーも魅力的です)



ドライフラワーにしかできない世界がある


【ドライフラワーとは?】

生花を乾燥させて風合いを楽しむインテリア雑貨の一種。
色は落ち着き、香りも独特の物がある。
花は乾燥し固くなる。

数ヶ月から半年は楽しむことが出来る。

doraihurawa3

画像はイメージ フリー画像です
(枯れた風合いを楽しみます)


アーティフィシャルフラワーなどと違い、生花をベースにしています。

その枯れた風合いは、
ドライフラワーにしか無い魅力でもあります。

近年では、

「ニュアンスカラー」

という表現をすることもあります。



プリザーブドフラワーとの違い


同じ生花を元とするものに、

「プリザーブドフラワー」

があります。

purizabudohurawa

画像はイメージ フリー画像です
(美しさを保ちます)


【プリザーブドフラワーとは?】

生花から水分を抜き、グリセリンが含まれている特殊な液体に浸して作る。
作成に手間が掛かり特殊な材料も必要。

ドライフラワーと比べて生花に近い手触りや色を保つ。
数年ほどその美しい姿を楽しめる。


ドライフラワーは特別な材料は必要ありません。
麻紐などで花を括り、風通しの良い場所に掛けておくことで家庭でも作成できます。

プリザーブドフラワー(保存された花の意)は特殊な処理が必要です。
その分大変高価です。



ドライフラワーの魅力


西洋では庭木の剪定したものを束ねて、
玄関に飾る「スワッグ」という楽しみ方があります。

生花からドライ状態になる過程までを楽しむ文化です。

suwaggu

画像はイメージ フリー画像です
(最近はおなじみのスワッグ)


ではドライフラワーの魅力とは何でしょうか?


・簡単に作ることが出来る
・長く楽しめる
・お手入れの必要がない
・アンティークな雰囲気になる
・いろいろな飾り方ができる


生花を束ねて乾燥させるだけです。
比較的簡単に作成ができる上、3ヶ月程度は保ちます。

また水換えの手間が不要なために、放置でOKです。

生花ではできないような飾り方も可能です。

・額縁などに飾る
・束ねても一輪でも
・ボトルの中に入れて
・天井や壁面にも飾れる

etc…


自分なりの空間作りに役立ちます。


アーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンにも同じことが言えますが…
こちらは元が生花です。

造花に抵抗がある方は便利に飾れると思います。


独特の風合いをもつドライフラワーならではの飾り方で、
アンティーク感を出すことも可能です。

doraihurawa5

画像はイメージ フリー画像です
(工夫次第で素敵なインテリアに…)


ニュアンスカラーはどのような部屋でも馴染みがよく、
特にナチュラル系やウッド系との相性は抜群です。

以外にも近代建築物との相性もよく、
不思議なアンマッチが楽しめます。



ドライフラワーに向く花たち


そんなドライフラワーですが、
もちろん向き不向きがあります。

ここではドライフラワー向きのお花をご紹介します。
初心者の方でも楽しめると思います。


①バラ

doraihurawabara

画像はイメージ フリー画像です


バラはドライフラワーにしやすく、
カラーバリエーションが豊富です。

通年流通しておりお好きな花色を選べるのが嬉しい所。

一段回深い色味のドライフラワーになります。



②ラベンダー

doraihurawarabennda

画像はイメージ フリー画像です


時期は限られるものの、
ドライフラワーにしても色味がきれいな事。
更にはよい芳香が残る事からおすすめです。

花の形がスワッグにピッタリで束ねるだけで様になります。



③ユーカリ

doraihurawayukari

画像はイメージ フリー画像です


ユーカリはもっとも優秀な脇役とでもいいましょうか。
スワッグなどにボリュームを与えたり、
お花を引き立てる役割をはたします。

色味が綺麗なままでドライになるために、
全体の印象が明るく仕上がります。

もちろんフェイクグリーンのかわりに単体でも使用でき便利です。


他にも、

・かすみ草
・スターチス

などは優秀です。

上記を組み合わせるだけで十分に美しいドライブーケができます。



生花の良さとフェイクの利便性の中間


ドライフラワーには

・生花の本来の美しさ
・フェイクの利便性

プラス独特の風合いと芳香などの魅力がたっぷりです。


アーティフィシャルフラワーなどに比べれば保存方法などに難しさはあります。

ですが、枯れ色と言われる風合いは独特のものです。


インテリアの一つとして取り入れてみるのはいかがでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ