スパイス : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:スパイス



上手に使えばプロの味…入れ過ぎは危険


こんにちはφ(.. )
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


世界には四大スパイスといわれる物があります。

・胡椒
・ナツメグ
・クローブ
・シナモン

世界を変えたとも言われるスパイスの話。


本日は…
「ナツメグについて」をお届けします。

supaisu3

画像はイメージ フリー画像です



世界四大スパイスのひとつ ナツメグ


ナツメグは世界四大スパイスの一つと言われています。

・インドネシア(バンダ諸島)原産
・ニクズク科
・ニクズク属の常緑高木

natumegu

画像はイメージ フリー画像です


その種子の中の仁を乾燥させたものがナツメグとなります。

すももや杏のような実で実は火を通せば果肉も食べられるのだそうです。


またナツメグの実が割れると赤い格子状の仮種子と呼ばれる部分が見られます。

natumegu1

画像はイメージ フリー画像です
(格子状の赤い部分がメース)


こちらは、

「メース」

という別のスパイスになります。

世界で出回っていたナツメグはこの「メース」であったとも、
言われています。



インドネシアでは3500年も昔から…その歴史


およそ3500年前にインドネシアで発見されたとの事。

もっとも当時の食器の残留物から検出されたという記録があるそうです。
実際のところははっきりしていないのだとか…

natumegu2

画像はイメージ フリー画像です


はっきりとヨーロッパなどで記述に登場するのは12世紀末頃と言われています。


日本に入ってきたのは15世紀の書物が最初。
漢方薬としての記述があるそうです。

実際に植物の苗木が入ってきたのは19世紀に入ってから。
最初に持ち込まれたのは「長崎」でした。



独特の甘い香りは羊3匹の価値 ナツメグを求めて


ナツメグ(実はメースであった説が有力)は、
独特の甘い香りの高級スパイスとして大変人気がありました。


英国では、

「メース500g」と「羊3匹」

が同じ価値として取引されていたそうです🐑🐑🐑

胡椒は「黒いダイヤ」と言われました。
スパイスがいかに高級なものであったかが伺えます。

higasiindo

画像はイメージ フリー画像です
(人は愚かな過ちを繰り返す)


世界史で有名なオランダ東インド会社が、
ナツメグの交易を独占するためにバンダ諸島へ…

そこには決してあってはいけない戦いがありました。

17世紀には大規模なナツメグ農園を作り、
苗が他へ漏れることが無いように砦化(武装砦)して独占。

とあるフランスの植物学者が苗をモーリシャス諸島へ持ち出したり。
イギリスが外交でナツメグの独占を目的に保護に入ったりと…

スパイスが争いの火種になったのです。


確かにスパイスが世界を動かした瞬間でもありました。



ナツメグのご利用は計画的に…


そんな甘い香りが人々を虜にしてきたナツメグですが。

ナツメグの大量摂取は実は大変危険です!

・幻覚
・動悸
・痙攣
・口の乾き
・精神の混乱

最悪死亡するケースもあるのです。

10gのナツメグを摂取した後、病院に運ばれたケースもごく最近あるそうです。
ちなみに…
「エスビー食品」の「ナツメグパウダー」が15g入り。
通常の使用では一度に10gは使用しません。

natumegu3

画像はイメージ フリー画像です
(大量に消費するものではありません)


2~3年前にインターネット上で何故か盛り上がった

「ナツメグチャレンジ」

なる愚かな遊びがありました。

これは粉末のナツメグを一気に口に入れ、
むせないようにするという愚かなものでした。

まず意味がよくわかりません。
おまけに面白くもありません。
病院に迷惑をかけて全くいいところがないので、絶対にやめましょう。

通常の分量を使用する分には危険はありません。



ひき肉と好相性…欠かせないスパイスの一つ


極めて独特の甘い芳香を持ち、肉料理…
ことハンバーグ系には欠かせないスパイスです。

じゃがいもなどの料理にも好相性でよく用いられます。

hannbagu

画像はイメージ フリー画像です
(ハンバーグがプロの味になるかも…)


インド料理にも欠かせないスパイスです。
カレーなどにも甘さと深みが出ます。

ナツメグを使うと「お店の味」に近づくと言われています。

正しく使うことで効果抜群のスパイスです。

・臭みを消す(抜群の効果)
・ほのかな苦味が味を複雑にする
・甘い香り


お菓子作りなどにも用いられます。
容量を守って美味しいお料理を作りたいものです。



スパイスの歴史は争いの歴史


スパイス

その香りや風味は愚かな人を動かしました。
もちろんそのために様々な技術が発達し、文化が進んだという側面もあります。

独占をしたいために争いの原因となってしまった…
それは悲しい事です。

昔から人は愚かですね…




よつくまがお届けいたしました˚*𓂃 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



胡椒一粒は金一粒!


こんにちは( ・ิω・ิ)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


世界には四大スパイスといわれる物があります。

・胡椒
・ナツメグ
・クローブ
・シナモン

世界を変えたとも言われるスパイスの話。


本日は…
「胡椒について」をお届けします。

supaisu2

画像はフリー画像 イメージです



世界四大スパイスのひとつ 胡椒


胡椒は世界四大スパイスの一つと言われています。

・インド原産
・コショウ科
・コショウ属の蔓性植物

koshou2

画像はイメージ フリー画像です


その実を乾燥させたものが胡椒になります。

・ブラック
・ホワイト
・グリーン

などが知られていますが、それらは実は同じ胡椒の加工が違うものとされています。



2500年前以上昔より存在する…その歴史


紀元前500年…
つまり2500年前以上よりその記述があるそうです。

girisha

画像はイメージ フリー画像です


古代ギリシャで医薬品や食品の保存に使われていたとの事。

冷蔵庫などない時代に塩漬け肉を作る際に重宝していたのがこの胡椒。
抗菌や防虫作用に優れた胡椒は欠かせない存在だったのです。


航海において必須である

「食料の保存」

に必須であったため、
ヨーロッパなどでは大変重宝されました。


日本に入ってきたのは中国経由と言われており、
奈良時代(8世紀ころ)には伝来していたとされています。

※正倉院の御物の中に胡椒があったと記録されています



黒いダイヤ…世界における胡椒


ヨーロッパなどでは大変重宝された胡椒。
そのためにこんなエピソードがあります。

「胡椒一粒 = 金一粒」

諸説ありますが胡椒は一粒単位で売られました。
そのひと粒が銀貨一枚はしたそうです。


【英国の波止場の話】

胡椒を扱う波止場にある倉庫に入る際には、
胡椒を持ち出されないように…
洋服のポケットを全部縫われたとも言われています。

daikoukai

画像はイメージ フリー画像です


大航海時代に様々な船が新大陸に向けて出航しました。
この一因が胡椒を求めてのことであったと言われているほどです。


・金一粒
・ダイヤモンド

それほど価値のあるものであった事に間違いはありません


確かにスパイスが世界を動かした瞬間でもありました。



勘違いから生まれたレッドペッパー


レッドペッパーというのは胡椒ではありません。
いわゆる唐辛子のことです。

なぜペッパーと言うのか?

redpeppa

画像はイメージ フリー画像です


これはスペインからインドへ向けて出向したコロンブスが、
到着した先で赤い実を見つけました。

「レッドペッパーを見つけた」

として持ち帰ったことが由来と言われています。


御存知の通りコロンブスが見つけたのはアメリカ大陸。
インドではなかったのですが…

未だにその名残で唐辛子の英名はレッドペッパーとなっています。
もちろん胡椒とは種類が違います。



現在でも欠かせないスパイスです


流石に今では近所で入手する事が出来ます。


肉料理 ⇒ ブラックペッパー
魚料理 ⇒ ホワイトペッパー

と…臭み消しや風味づけに今でも活躍しています。

koshou3

画像はイメージ フリー画像です
(お料理には欠かせないアクセント)



ちなみにピンクペッパーという種類があります。

pinkpepar

画像はイメージ フリー画像です


こちらは「コショウボク」という木の実を乾燥させた別物だそうです。
覚えておくといいかもしれません。

・ウルシ科
・サンショウモドキ属

もちろん食用にもなります。

辛味がほとんどないのが特徴です。



スパイスを求めて船を出す時代


スパイスを求めて出航…
今では考えられませんが。

「胡椒は金一粒」

というのは大げさな表現ではない時代であったのです。


当時胡椒を確保するルートを確立することは、
成功を意味していたわけです。

「黒いダイヤ」

という表現も間違っていないと言えるのではないでしょうか?



よつくまがお届けいたしました˚*𓂃 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



実は曖昧な境界線…スパイスとハーブ


こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです🌱
本日もよろしくお願いいたします。


「スパイス」は香辛料のことです。
「ハーブ」は有用植物のことを指します。

両者を明確に答えるのは難しいです。


本日の話題は
「スパイスとハーブの違い」です。

supaisu1

画像はイメージ フリー画像です



世界四大スパイスを知る前に


世界には

「世界四大スパイス」

なるものがあるそうです。

supaisubin

画像はイメージ フリー画像です


そちらを知る前に…

「スパイス」と「ハーブ」の違いはなんでしょうか?

いざ聞かれると答えに詰まってしまいます。

本日はそんな「ハーブ」と「スパイス」の境界線のお話です。



「ハーブ」とは?


◆辞書より

「薬用植物、有用植物、薬草、香草」

のこと。

habu

画像はイメージ フリー画像です


つまり基本は「草」であることが多いわけです。

芳香や風味、味を楽しむ為の植物のことです。
一部のお料理にはなくてはならない「ハーブ」もあります。


他にもこのような目的で使用されます。

・薬用としてすりつぶし使用する(薬効)
・防虫剤として乾燥したものを使用する(防虫・忌避)
・衣類の染料などとして使用する

薬効を持つものが多く、
様々な薬の代わりとして用いられてきました。

植物の葉や芽を摘み取って用いる事が多いようです。



「スパイス」とは?


◆辞書より

「香味料、香辛料、薬味」

とあります。

supaisu7

画像はイメージ フリー画像です



「草」の文字は入っていません。

「スパイス」は植物の種子や根、そして樹皮などを用いるものが多いです。
一部の花もスパイスとして用いられます。

芳香などを楽しむのは同じです。
主目的は薬味であり、保存剤としての役割も大きいことが伺えます。

その分個性的な芳香が強めです。

「香辛料」

と言われるだけはあり、辛味を含むものが多いのも特徴です。

・種子を取り出して乾燥させる
・種子をすりつぶして粉状にする
・樹皮を剥がしてスティック状に乾燥させる

「ハーブ」の多くがいわゆる草系なのに対し、
「スパイス」は樹木になる実であったり、
樹木の樹皮そのものであったりすることが多いようです。



実は厳密な定義がない…


実は両者を明確に区別する定義は…
日本には存在しないそうです。

両者を大まかに分類するのが前述の

・草花の葉や茎など ⇒ 「ハーブ」
・種子や根および樹皮など ⇒ 「スパイス」

になります。

食物に芳香や香味を与えたり、
保存状態を保ったりすることに違いはありません。

一部の花などは「スパイス」であったり、
「ハーブ」であったりと曖昧なものとなっています。



ヨーロッパにおける分類方法


最後に少し面白い方法で分類をしているヨーロッパの例をご紹介します。

こちらの分類方法は少し変わっています。


自家栽培出来る草花 ⇒ 「ハーブ」
自家栽培出来ない植物⇒ 「スパイス」

というものです。

habu1

画像はイメージ フリー画像です



確かに「ハーブ」と言われる植物は自宅で育てることが比較的簡単です。
キッチン栽培が可能で、摘んで使うことが出来ます。

代表的なもの

・パセリ
・オレガノ
・タイム
・ローズマリー
・バジル

などが該当します。



それに対して「スパイス」は家庭では少し難しい物が多いです。

・胡椒
・ナツメグ
・クローブ
・シナモン

などが該当します。

シナモンなどは樹皮そのものですから樹を植えないとなりません。


ハーブ類が大変身近なヨーロッパならではの分類方法です。

ヨーロッパでは「スパイス」の入手が困難であった事も関係があると思われます。
「スパイス」の多くがアジア地域に多く、
輸入に頼らざるを得なかった為です。


歴史も大きく絡んでくる「スパイス」について…
また勉強して行きましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ