クリスマス : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:クリスマス



大いに盛り上がる「クリスマスマーケット」



こんにちは(ㅅ´ ˘ `)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「サンタクロース」の本場フィンランド。
北欧諸国やヨーロッパでは大変に盛り上がる時期です。

本場ではどのような「クリスマス」を過ごしているのでしょうか?


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(きらびやかなマーケットの明かり)



今年の「クリスマス」を祝うものが全て手に入る


「クリスマス」はまず「マーケット」から楽しむ事。
それが本場流です。

「クリスマスマーケット」には、
その年の「クリスマス」を楽しむためのアイテムが、

すべて揃っています。


kurisumasumake

画像はイメージ フリー画像です
(マーケット自体がテーマパークです)



「楽しむと同時に準備をする場所」

とも言えます。

・クリスマスの飾り付け
・大切な方へのプレゼント
・当日に食べる食料やお菓子

etc…


全てがマーケットで入手出来ます。


kurisujasmaketto

画像はイメージ フリー画像です
(ようやく戻りつつある「クリスマス」)



現在は「コロナ禍」の規制も解除されて、
ツアーなどが再開されている事ででしょう。



「オーナメント」を選ぶのも一苦労


クリスマスツリーに飾る「オーナメント」。

こちらを選ぶのも大切なことです。
種類が多いので選ぶ事自体を楽しむのです。


kurisumasumake1

画像はイメージ フリー画像です
(どれも素敵です)


このようなオーナメントショップが複数あり、
ハンドメイドのお店もあり、
選ぶのは本当に迷いそうです。


きっと大事な人と選ぶ時間そのものを楽しんでいるのでしょう。


kurisumasukazoku1

画像はイメージ フリー画像です
(一つ一つのオーナメントにも意味があります)



「オーナメント」に意味については別記事にまとめました。

よろしければこちらをご覧ください。



北欧のイルミネーションは…比較的質素


ヨーロッパ諸国に比べて、
また日本などのイルミネーションと比べて、

北欧のイルミネーションは比較的質素と言われています。


kurisumasumake2

画像はイメージ フリー画像です
(温かい灯り)


フィンランドでももちろんイルミネーション付けたりします。
ですが華美ではなく質素なが好まれるそうです。

自然の灯りを大切にする国民性なのです。


tontou1

画像はイメージ フリー画像です
(北欧に伝わる妖精「トントゥ」さん)



キャンドル消費量は世界一


北欧では冬の時期にはキャンドルを大量に使用します。
「クリスマス」も例外ではなく、専門店も存在します。

その消費量は世界一と言われています。


kurisumasumake3

画像はイメージ フリー画像です
(色合いも質素です)



キャンドルの灯りをともし、
ジンジャーブレッドをかじりながら「クリスマス」を待つのです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(キャンドルの灯りは「ほっこり」します)



また夜が長い為、自然とキャンドルの消費量も増えるのです。

・家族や友人との時間を大切にする
・ほっこりする時間をもつ

そういったヒュッゲの考えもあるのでしょう。



23日には全てのマーケットが店じまい


日本などではギリギリまで販売を続けています。
またクリスマスイブ、当日ともお店は繁盛しています。

北欧のマーケットでは23日になったら、
お店は締りマーケットも終わりになります。

街が静まり返るとも言われています。


kurisumasukazoku

画像はイメージ フリー画像です
(「クリスマス」には店の人も休みです)



お店を経営している人も、
マーケットの出店者も、
もちろんお客さんも、

全てが家族や大切な人の待つ家に帰る。


日本ではなかなか難しいところです。


本場ではこうしてクリスマス当日までを楽しみます。


kurisumasu


画像はイメージ フリー画像です
(待ちわびた「クリスマス」の休暇)



日本では、

・利便性
・経済的な理由
・休暇が取りにくい

と言った様々な理由から、
お店の人や配送業者などを含めて全員が休むというのは難しいです。


幸福度の高い国はやはりどこかが違うようです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「クリスマス」に「チキン」は日本の習慣?



こんにちは(*゚∀゚)っ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本では「クリスマス」に頂くお料理は、
圧倒的に「チキン」が多いです。


チキン2

画像はいつかの「ローストチキン」
(何らかの鶏料理は頂く事が多いです)



・フライドチキン
・ローストチキン
・鶏ももの照り焼き

などがメジャーです。


ところが本場である北欧諸国などでは、
少し事情が違うようです。


BlogPaint

画像はイメージ いつかの「ローストチキン」
(ごちそうであることには変わりありません)



北欧諸国では異なる「クリスマス」の食卓


「クリスマス」の本場である北欧諸国では「チキン」の習慣は無いようです。

・タラ
・サーモン

といったお魚のお料理が食される事が多いのです。


rutofisuku

画像はイメージ フリー画像です
(ルーテフィスク「タラの灰汁漬け」)



ノルウェー北部では「干したタラ」を使った伝統料理があります。


また保存の効く「サラミ」などはクリスマスマーケットでも人気の品です。


sarami

画像はイメージ フリー画像です
(「サラミ」の屋台はマーケットでも大人気)



他にも豚肉のお料理やローストビーフなど、
地域や地方によりかなり差異があるようです。

厳しい季節の「保存食」という位置づけもあるのです。


最近ではこうした伝統料理を避けて、
「ファストフード」などを頂く文化もあるようです。

どの国でも若者たちが新しい文化を作っていくのは同じでしょう。


pa-thi

画像はイメージ フリー画像です
(若者たちは新しい文化を作っていく)



アメリカに渡り変化した文化


元々アメリカの「クリスマス」の文化は、
北欧から伝わったものです。

その際に形が少し変わってきたのです。

アメリカでは「チキン」ではなく「ターキー(七面鳥)」を食べます。


sitimentyou

画像はイメージ フリー画像です
(七面鳥の丸焼きは大きい)



牛や羊、豚などの家畜をお祝いに食していたようですが、

開拓時代でまだ家畜を飼うことが難しかった時代です。


kaitakuzidai

画像はイメージ フリー画像です
(先住民たちがもたらした文化)



そんな開拓者達へアメリカの先住民族であった方々より提供されたのが、

「ターキー(七面鳥)」であったという説が有力です。

※諸説ある情報です


「七面鳥」は「鶏」よりずっと大きいので、
一羽をローストすることで皆がおなか一杯食べることが出来たのです。


そして次第に「クリスマス」には「ターキー(七面鳥)」が定着していきました。



日本における拡がり


ではなぜ日本では「チキン」を食べるのでしょう?

明治維新後には日本にも「クリスマス」の文化が入ってきました。
1970年ころまでは「七面鳥」を食べることもあったようです。


meiziisin

画像はイメージ フリー画像です
(明治維新によりもたらされた洋食文化)



しかし現在でも一般的な店舗では、

「七面鳥」

を取り扱うお店は少ないです。


kurisumasutikin

画像はイメージ フリー画像です
(骨付きだとクリスマスムードです)



その代替として入手しやすい「鶏肉」を用いたのは、
必然の流れであったのでしょう。


更に、この頃上陸した「ケンタッキーフライドチキン」が、

「クリスマスにはケンタッキー」

とCMを打ち出しました。


そして今はそれが当たり前のようになっていきました。


意外に知られていませんが、
「クリスマス」に「フライドチキン」を食べるのは日本の習慣なのです。


huraidotikin

画像はイメージ フリー画像です
(現在はどこでも取り扱いがあります)



「クリスマス料理」も多様化の時代


近年では企業の宣伝などもあり、
「フライドチキン」一色から、「ローストチキン」へと回帰したり。

「ロブスター」などのクリスマス料理を提供するお店が現れたり。
ある意味「クリスマス料理」も多様化しています。


robusuta

画像はイメージ フリー画像です
(一部の大手が手掛けたロブスターの例)



本来の「クリスマス」は家族でゆっくりと過ごす日であり、
宗教上の理由がなければ特にお料理に決まり事は無いのです。

日本であれば和食でもOKなわけです。



temakisusi

画像はイメージ フリー画像です
(手巻き寿司なら誰もが楽しめる)



多様化の時代です。
「食文化」も時代によって変わってくるものなのです。



「伝統食」で過ごす「クリスマス」


日本にも地方に伝わる「伝統食」と呼ばれる物があります。

「郷土料理」ともいいます。


tyantyanyaki

画像はイメージ フリー画像です
(北海道 ちゃんちゃん焼き)



kritanponabe

画像はイメージ フリー画像です
(秋田県 きりたんぽ鍋)



mizutaki

画像はイメージ フリー画像です
(福岡県 鶏の水炊き)



「郷土料理」の中にも寒い季節に丁度よい、
食卓を囲むことが出来るお料理はたくさんあります。


こういった「伝統食」と呼ばれる日本古来の食卓で、
「クリスマス」をお祝いするというのもまた良いものです。



こんな「クリスマス」もありです


最後にちょっとしたメニューをご紹介して終わりにしたいと思います。

「CUP寿司」

です。


cup寿司

画像はいつかの「CUP寿司」
(好きな具材で小さなプラカップに作ります)



「手巻き寿司」の派生です。


様々な具材を、
小さなプラカップに乗せて様々な「ミニCUP寿司」を作ります。

具材は何でもOK。
それぞれが好きに乗せて作るのです。

並べれればとても華やかに見えてパーティにぴったりです。


和風の「クリスマス」も、
「チキン」にこだわらない「クリスマス」も、

大切な人と楽しく過ごせるならばまた「良い日」でしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



北欧に伝わる「小さな妖精」のお話



こんにちは(☆゚∀゚)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


最近はサウナの流行で注目を浴びた、

「トントゥ」

をご存知でしょうか?


北欧諸国に伝わる「小さな妖精」です。
「クリスマス」には大いに関係のあるのです。


本日はそんなファンタジーのお話です。


BlogPaint

画像はフリー画像 イメージです
(「トントゥ」さんのイメージ)



人気の「サウナ」にもいる「トントゥ」



「トントゥ」さんは北欧地方に伝わる「小さな妖精」さんのことです。

森の中や家の中…色々なところに住んでいます。


jinjaburedo

画像はイメージ フリー画像です
(時に「ジンジャーブレッド」が減っていたら…)



家事をお手伝いしてくれたりするのです。


たまに「ジンジャーブレッド」をくすねたりします。

愛すべき「いたずらもの」

とでも言えるでしょう。


tontu1

画像はイメージ フリー画像です
(クリスマスと縁が深いトントゥ)



近年では「サウナ」が流行しています。

「サウナ」発祥のフィンランドでは、
各家庭に「サウナ」がほぼあるとされています。


そしてその守り神が、

「サウナ・トントゥ(サウナの妖精)」です。


finrandosauna

画像はイメージ フリー画像です
(フィンランドサウナには「トントゥ」がいるのです)



「サウナ・トントゥ」が一番最後に入るから、
常に「サウナ」の中を清潔に掃除しておこうと子供達に言い聞かせるのだそうです。


クリスマス・イブには、人間はいつもより早めに出て、
後で「トントゥ」達が「サウナ」を楽しめるようにしてあげるという慣習もあります。

それくらい当たり前であり定着している存在なのです。


saunahatto

画像はイメージ フリー画像です
(サウナハットも「トントゥ」の帽子がモチーフ)



北欧各地で変わる呼び名


ちなみに北欧各地で呼び名が変わるようです。

フィンランド ⇒ 「トントゥ」

スウェーデン ⇒ 「トムテ」

デンマーク
ノルウェー  ⇒ 「ニッセ」

これらはみな同じ「妖精」さんたちの名前です。


tontu2

画像はイメージ フリー画像です
(きちんと性別が分かれています)



きちんと男の子と女の子がいるそうです。

男の子が身長15センチくらい、
女の子は身長12センチくらいで、大体300グラムくらいの体重なんだとか。

設定が細かいのが面白く、微笑ましくもあります。


tontou

画像はイメージ フリー画像です
(置物なども豊富にあるようです)



好物は「ハーブティー」


普段は、

・野草
・きのこ
・木の実

などを食べているそうです。


kinomi

画像はイメージ フリー画像です
(リスなどと分け合っているのでしょうか)



彼らの好物はお茶。

ミントティーなどの「ハーブティー」が大好きなのだそうです。



mintothi



画像はイメージ フリー画像です
(好物もどこかおしゃれ感があります)



普段はのんびり暮らしている「妖精」さんようです。


中には上述の「サウナの守り神」のように、
特別な役割を持った「トントゥ」もいるのです。



ヨウル・トントゥ(クリスマス・トントゥ)


「ヨウル・トントゥ」(クリスマス・トントゥ)は、
「サンタクロース」(ヨウル・プッキ)のお手伝いをする「トントゥ」です。


※「ヨウル」⇒「クリスマス」の意味


yourutontu

画像はイメージ フリー画像です
(「ヨウル・トントゥ」のイメージ)



彼らは「サンタクロース」やトナカイ達と、
フィンランドで共同生活をしているのだとか。


「クリスマス」を迎える今の時期、

実は彼らは大変忙しい時期を過ごしています。


finrando

画像はイメージ フリー画像です
(フィンランドのイメージ)



日本よりも「クリスマス」が身近である北欧諸国。

こうした「小さな妖精」たちにとっても、
「クリスマス」は大切な一大イベントです。


BlogPaint

画像はいつかの作品より「トントゥ」さん
(荷物の仕分けなどもするようです)



彼らは役割分担をして、
「サンタクロース」のお手伝いをしてくれる愛すべき存在です。


子供たちにプレゼントが届くのは、
「トントゥ」さんたちの頑張りがあっての事なのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.12 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ