ガーデニング : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ガーデニング



「シルバーリーフ」でガーデンがワンランクアップします


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


近年はガーデニングも人気になっています。
冬になると寂しくなるガーデンを彩る名脇役。

それが「シルバーリーフ」と呼ばれる葉の色が白や紫…銀色に輝く植物たち。


皆さんも一度は目にしていると思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(メジャーな品種であるシロタエギク)



「シルバーリーフ」の特徴


「シルバーリーフ」と呼ばれる植物たちは産毛に覆われています。

この産毛に特徴があるのです。


・産毛に日光が反射して輝いて見える
・産毛は水を弾く
・品種によるがもこもことした質感がある

etc…

ramuzuiya

画像はイメージ フリー画像です
(もこもこした肉厚の葉が特徴のラムズイヤー)


葉の緑色は濃くはありません。

その分珍しい白や銀の葉を持っているのです。


光り輝くその産毛も大きな魅力の一つと言えます。
雨上がりなどは美しく水滴が輝く事もあります。

sirubarihu1

画像はイメージ フリー画像です
(美しく輝くシルバーリーフ)


美しさもさることながら、
触った感触も楽しめる植物というのはあまりありません。

その点も魅力の一つと言えます。






通年楽しめる「シルバーリーフ」強い耐寒性


種類にもよりますが通年を通して楽しむことが出来ます。

非常に耐寒性が強い種が多いです。
冬を超えて来年もまた楽しむことが出来ます。

sirubarihu

画像はイメージ フリー画像です
(庭のアクセントに最適…)


しかしもちろん弱点もあります。

湿度には弱めなものが多いです。
高温多湿の夏は、風通しの良い場所などで上手に管理しましょう。

シルバーリーフの産毛には秘密があり、水を弾きます。
葉は水を嫌がって産毛で覆われているのです。

原産地は南半球が多く、
非常に乾燥した乾いた土地であるのもその理由です。

「ネイティブフラワー」
「オージープランツ」

といった植物たちと同じ出身地です。
独自の進化を遂げた植物たちなのです。

neithibuhurawa4

画像はイメージ フリー画像です
(ネイティブフラワーにもシルバー系は多い)



ガーデニングのアクセントにピッタリ


単体で用いるのももちろん良いものです。

シルバーリーフが真価を発揮するのはガーデンのアクセントとして使用した場合です。

・お花が引き立つ
・グリーンの中に白い葉のアクセントが効く
・光を浴びると輝く
・シルバーリーフそのものも美しい

etc…

sirubarihu2

画像はイメージ フリー画像です
(冬場でも楽しめる組み合わせの例)


耐寒性が強く、他の植物が枯れた時でも元気に育ちます。
ガーデニングのアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか?


育て方などリンクを貼っておきます。
ご参考までに⇩

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-687

(趣味の園芸のページです)



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2022.11加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  



紫色の部分はお花ではないってご存知?


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


今は100円均一でも面白い商品が買えますね。
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
身近な植物たちを撮影して時々UPしていこうかなと考えております


本日はその第44回 
紫色が美しい「アメジストセージ」です

アメジストセージ

美しい色合いが特徴です

マクロレンズ撮影ですと
また違った雰囲気になります。



実は通称…本名は?


アメジストセージ

・シソ科
・サルビア属

そして流通名がアメジストセージであり、

本来の名前は…

「サルビア・レウカンサ」

と言います。


特徴的な紫の色合いが宝石のアメジストを連想させるからでしょうか。
宝石の名前を持った観賞用の植物です。

ハーブのセージのような薬効はありません。


メキシコなど中南米原産の植物です。



ガーデンにてエレガントな色彩を楽しむ


アメジストセージの特徴としては、
その優雅な色彩にあります。

amezisuto

画像はイメージ フリー画像です
(ワイルドに伸びる様子もまた魅力です)


特徴的な紫の色彩ですが…
これが実はお花では無いのです。

アジサイなどもそうですがこちらは顎(がく)にあたるもの。

マクロの写真を見てわかるように、
表面がすこしビロードのような起毛で覆われています。



お花も咲きます


もちろんアメジストセージにもお花は咲きます。
花色は白が多く、ピンクなどもあるそうです。

amezisuto1

写真はイメージ フリー画像です
(白い部分がお花です)


これはまた2色のコントラストが美しく…
この状態も大変美しいです。

葉を見ればセージであることもうなずける葉をしています。



小さな宝石のような植物です


撮影はガーデンにあるものを撮影しました。
庭植えが通常のようです。

サルビアは900種類とも言われており、覚えるのは難しいです。

ただアメジストセージの花色はまさに「言い得て妙」
美しく大変エレガントです。



第44回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  


レモンの香りがしないレモンリーフ…その由来は?


こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


今は100円均一でも面白い商品が買えますね。
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
身近な植物たちを撮影して時々UPしていこうかなと考えております


本日はその第43回 
レモンの香りはしない「レモンリーフ」です

レモンリーフ

葉脈が綺麗に見えます

どうでしょうか?
普段目にする植物ですが、こうしてみるとまた違って見えませんか?



レモンとは関係がない?


レモンリーフはツツジ科シラタマノキ属の植物です。

葉もレモンの香りがするわけではありません🍋
ではなぜレモンリーフと言うのでしょうか?

どうやら「葉の形がレモンに似ているから」ということのようです。

結構いい加減なものですね。
それならばそこら中にレモンリーフが存在する気もします💧


自然界では北アメリカなどに生育しているとのことです。



アレンジメントの名脇役です


普段切り花などで脇役として添えてある事が多い植物です。

鮮やかできれいなグリーンの葉はいろいろなお花と相性がよく、使い勝手が良いのです。
フェイクグリーンも販売されているので、たまに使用します。

大きく拡がるようにつく葉が見応えがあり、日持ちもしますので重宝します

色合いもライトグリーンから少し濃いグリーンまで…
非常に美しい葉材の一つです



お花も咲きます


このレモンリーフはしっかりとお花も付きます。
中には花瓶に活けていたら開花したなんて例もあるとか

流石によつくま宅ではそれはなかったので探しました

remonri-hu

写真はイメージ フリー画像です


ちょっとかわいいお花。
ドウダンツツジや馬酔木のようですね。

この後ブルーベリーのような実も付けるらしいですが、見たことはありません。



たまには葉物を楽しんで


お花はもちろん綺麗ですが、こうした脇役もいいものです。
初夏が近づいたら葉物だけでグリーンアレンジなどもいいかもしれません。

葉脈の美しさが際立つレモンリーフご紹介しました🍋


こちらは生花店で購入したもの💐
普通に2週間くらい綺麗なまま楽しむことが出来ました。


第43回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




同シリーズの記事です







ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  

このページのトップヘ