イタリアン : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:イタリアン



あさりのおいしい季節には是非作りましょう!ビアンコって何?


こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍝
本日もよろしくお願いいたします。


乾燥パスタは長期保存もできる食品です。
また味を変えることでバリエーションは無限大。
大人から子供まで大好きなパスタ。

そんなパスタをご紹介していきたいと思います


本日のパスタはこちら

塩 ボンゴレ

ボンゴレビアンコです



こんなパスタです


ベース 塩
季節 いつでもOK(あさりの美味しい時期におすすめ)
味わい あさりの旨味をたっぷり吸ったパスタが美味

あさりから旨味成分がスープに溶け出します。
白ワインの風味も効いて定番の一品です。



材料一覧


パスタ 1.4~1.6ミリ位
にんにく みじん切り
あさり 殻付きがおすすめ
キャベツ 食べやすい大きさにカット
白ワイン テーブルワイン(安いもの)でOK

※パスタは目安 もちろん他のパスタでもOKです



作り方


◆あさりは砂抜きをしておく
⇒下記にリンク貼っておきます


◆パスタを茹で始める
・フライパンを熱してオリーブオイルを入れる
・にんにくを入れて香りが出るまで炒める
・あさりを入れて軽く混ぜる
・パスタの茹で汁を投入(焦げを防ぎます)
・白ワインを入れて蓋をする(貝を蒸します)
・貝の口が開いたら蓋を外し火を弱める
・軽く塩コショウを振っておく

◆パスタをフライパンへ
・キャベツを入れてやさしく混ぜる
・軽く味見
・コクがほしければバターをひとかけら入れる
・塩味を決める
・汁が少し残る程度で完成


★トッピングお勧め
・パセリ
・万能ねぎ
・刻み海苔

魚介系なので粉チーズは使わないのがベターです




調理のポイントは?


・あさりは蓋をして蒸し焼き
・キャベツは後入れ
・フライパンを雑に振ると殻が割れます


キャベツを先に入れるとクタクタになってしまいます。
あくまでさっと炒める程度がおすすめです。

基本的に貝の旨味で食べるパスタです。
塩と白ワインだけで充分美味しくなると思います。

ボンゴレはペペロンチーノと違い、多少の汁気を残して仕上げたほうが美味しいです。
口が開かなかったあさりは捨てましょう(鮮度が悪い為)



パスタ調理のワンポイント!貝を蒸すには白ワイン


パスタを調理する時に知っておくと便利な事を少しずつ書いておきます。
参考になさって下さい


「貝類を使ったパスタは白ワインで蒸す」


貝類からは旨味の他に生臭みも出ることがあります。
白ワインで蒸すことで生臭みを抑えることと旨味や酸味をプラスすることが出来ます。

ペスカトーレなども魚介のパスタです。

白ワインと茹で汁に溶け込んだ魚介ダシを頂くパスタになります。
この場合の白ワインは一番安いテーブルワインで充分です。



ボンゴレビアンコとボンゴレロッソ


ボンゴレにはビアンコとロッソがあります

ビアンコ⇒白
ロッソ⇒赤

になります


声優さんが亡くなってしまいましたが…
「紅の豚」
の主人公は「ポルコ・ロッソ」でした。
赤い飛行機に乗っていましたね。

ボンゴレロッソの場合はトマトソースが入ります🍅


例えば…
キャベツ⇒ブロッコリーや菜の花
あさり⇒はまぐりやホンビノス
でも美味しく頂けますよ。

是非チャレンジしてみて下さい



◆ホンビノス
クラムチャウダーで有名なはまぐり様の貝で、一部白ハマグリと呼ばれることもある
もともとはアメリカの貝であったが、船舶のバラスト水にまじり日本へ
定着したと言われる




この記事は過去記事を大幅にリメイクしたものです(。ᵕᴗᵕ。)ஐ
詳しくは下記参照です⇩



【Re】マークの記事について


【Re】マークのある記事は加筆修正を行ったリメイク記事になります。
当時の写真を用いており、若干お見苦しいかと思いますがご容赦を。

パスタのシリーズはメニューに困る昨今に便利かと思いリメイクをすることとしました。
作り方など当時には記載が少なかったため、わかりやすくなってると思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




あさりの砂抜きはこちら



こちらからパスタのページへ




ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  



きのことベーコンのトマトソースパスタです


こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです🍝
本日もよろしくお願いいたします。


乾燥パスタは長期保存もできる食品です。
また味を変えることでバリエーションは無限大。
大人から子供まで大好きなパスタ。

そんなパスタをご紹介していきたいと思います


本日のパスタはこちら

トマト トマトとしいたけトマトソース

しいたけとベーコンのトマトソースパスタです



こんなパスタです


ベース トマトソース
季節 いつでもOK
味わい トマトの酸味にベーコンとしいたけの旨味

炒めたベーコンとしいたけからダシが出ます。
組み合わせも申し分ない安定の一品です。



材料一覧


パスタ 1.4~1.6ミリ位
にんにく みじん切り
ベーコン 厚切りがおすすめ
しいたけ スライスまたは1/4カット
キャベツ 食べやすい大きさにカット
モッツァレラチーズ あればでOK
トマトソース 市販でもトマト缶でも作れます

※パスタは目安 もちろん他のパスタでもOKです



作り方


◆パスタを茹で始める
・フライパンを熱してオリーブオイルを入れる
・ベーコンとしいたけをしっかり炒める(焦げ目が軽くつくように)
・にんにくを入れて香りが出るまで炒める
・パスタの茹で汁を投入(焦げを防ぎます)
・トマトソースを投入(トマト缶なら砂糖少々)
・軽く塩コショウを振っておく

◆パスタをフライパンへ
・キャベツを入れてよく混ぜる
・軽く味見
・酸味が強ければ砂糖、旨味がほしければコンソメ
・塩味を決める
・モッツァレラチーズを投入して日を止め軽く混ぜて完成


★トッピングお勧め
・パセリ
・フライドオニオン
・粉チーズ

モッツァレラチーズがあれば粉チーズは不要です




調理のポイントは?


・トマトソースはしっかりと煮詰める
・キャベツは後入れ
・モッツァレラチーズを入れたら火を止める


キャベツを先に入れるとクタクタになってしまいます。
あくまでさっと炒める程度がおすすめです。

しいたけとベーコンは風味の基礎です。
しっかりと炒めて下さい。

特にモッツァレラはとろけやすいので、フライパンで混ぜすぎると形がなくなります。

トマトソースやトマト缶は煮詰めると味が凝縮されます🍅
茹で汁と合わせることで美味しくなります。



パスタ調理のワンポイント!茹で時間はタイマーで


パスタを調理する時に知っておくと便利な事を少しずつ書いておきます。
参考になさって下さい


「パスタの茹で時間は正確にはかる」


これはパスタ料理全般に言えることなのですが…
適当な時間ゆでるのはやめましょう

プロでもキッチンタイマーを使っています。
そしてもう一つ


「記載のゆで時間マイナス1分」


を目安にして下さい。
ゆで時間が7分なら6分ゆでるということですね。

フライパンでソースと絡める時にも火は通り続けるので、コシのないパスタになってしまいます。
⊂⌒っ*-ω-)っ

パスタによってはそれでも伸びる物もあります。
その際はゆで時間を短くすることで防ぐことが出来ます。



とりあえず市販のトマトソースから


トマトソースを作るのはそれなりに手間がかかります。
まずは市販のトマトソース缶などを使いましょう。

カゴメさんの「基本のトマトソース」などはおすすめです

安定の組み合わせで美味しいパスタです。
もちろんしいたけ⇒しめじやマッシュルームでもOK!

是非チャレンジしてみて下さい


この記事は過去記事を大幅にリメイクしたものです(。ᵕᴗᵕ。)ஐ
詳しくは下記参照です⇩



【Re】マークの記事について


【Re】マークのある記事は加筆修正を行ったリメイク記事になります。
当時の写真を用いており、若干お見苦しいかと思いますがご容赦を。

パスタのシリーズはメニューに困る昨今に便利かと思いリメイクをすることとしました。
作り方など当時には記載が少なかったため、わかりやすくなってると思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




トッピングのパセリについて








ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  



バターとベーコンほうれん草の鉄板パスタです


こんにちは•'-'•)و✧
四つ葉のくまさんことよつくまです🍝
本日もよろしくお願いいたします。


乾燥パスタは長期保存もできる食品です。
また味を変えることでバリエーションは無限大。
大人から子供まで大好きなパスタ。

そんなパスタをご紹介していきたいと思います


本日のパスタはこちら

和風 ベーコンほうれん草

ベーコンとほうれん草の和風パスタです



こんなパスタです


ベース 和風(バター醤油)
季節 いつでもOK
味わい コクが合って食べごたえも…

炒めたベーコンからダシが出ます。
バターの風味と醤油の旨味で間違いない定番パスタです。



材料一覧


パスタ 1.4~1.6ミリ位
にんにく みじん切り
ベーコン 厚切りがおすすめ
ほうれん草 ざく切り
バター 10gくらい(お好みで増減)

※パスタは目安 もちろん他のパスタでもOKです



作り方


◆ほうれん草は軽く水にさらしアクをとり水切りする

◆パスタを茹で始める
・フライパンを熱してオリーブオイルを入れる
・ベーコンをしっかり炒める(焦げ目が軽くつくように)
・にんにくを入れて香りが出るまで炒める
・パスタの茹で汁を投入(焦げを防ぎます)
・軽く塩コショウを振っておく

◆パスタをフライパンへ
・ほうれん草を入れてよく混ぜる
・お醤油を少し入れて味見をする
・バターを投入して味見をする
・お醤油で味を決める
・軽く炒めて水分を少しだけ残して完成


★トッピングお勧め
・万能ねぎ
・フライドオニオン
・粉チーズ

フライドオニオンはよく合います。
和風なので刻み海苔もいいでしょう




調理のポイントは?


・ほうれん草は後で加えてシャッキリと
・バターと醤油は後で加えると風味が残る
・ベーコンは厚切りがおすすめ


ほうれん草を先に入れるとクタクタになってしまいます。
あくまでさっと炒める程度がおすすめです。

またベーコンはスライスですと少しボリュームが足りません。
ほうれん草とベーコンというシンプルなメニューなので、そこでボリュームを出しましょう。

バターの風味とお醤油の香りを楽しんでほしいので、最後の方で加えます。
これは基本となりますので覚えておくといいでしょう🐄



パスタ調理のワンポイント!香りものは後半に


パスタを調理する時に知っておくと便利な事を少しずつ書いておきます。
参考になさって下さい


「香りを残したいものは後半に」


バターやお醤油などは香りも楽しみたいですね。
バターを最初に炒める時点で入れてしまうと、せっかくの香りが飛んでしまいます。
例えば半量をオイルと一緒に入れて、仕上げに半量を入れるという方法もあります。

お醤油などは香りもさることながら、焦げ付きやすくなります。
お醤油を入れたらさっと仕上げると美味しく出来上がります🍝



その名も「ポパイ」


こちらのパスタはお店により「ポパイ」などの名前でメニューに載っていた時期もありました。
今そういった喫茶店は減っていますが…

失敗の少ない組み合わせで美味しいパスタです。

是非チャレンジしてみて下さい


この記事は過去記事を大幅にリメイクしたものです(。ᵕᴗᵕ。)ஐ
詳しくは下記参照です⇩



【Re】マークの記事について


【Re】マークのある記事は加筆修正を行ったリメイク記事になります。
当時の写真を用いており、若干お見苦しいかと思いますがご容赦を。

パスタのシリーズはメニューに困る昨今に便利かと思いリメイクをすることとしました。
作り方など当時には記載が少なかったため、わかりやすくなってると思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




アルデンテって何?という方はこちら





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  

このページのトップヘ