アーティフィシャルフラワーの進化 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:アーティフィシャルフラワーの進化



アーティフィシャルフラワーの値段も生花と一緒です


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


近年ではかなりの進化を遂げて、
高級なものもあるアーティフィシャルフラワー。

はたして一本のお値段はいくらくらいするのでしょう?


本日はそんなアーティフィシャルフラワーの価格についてのお話です。

4722

画像はイメージです 高品質なバラのアーティフィシャルフラワー
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



最高品質から低ランクまで…


生花でも品質のよいものは冷蔵庫で保管されています。
俗にサービス束と言われるものは幾分ランクが落ちます。

スーパーなどで売られている束になった花たち。
こちらも生花店のお花に比べたら品質が落ちます。

hanataba

画像はイメージ フリー画像です
(普段遣いには充分なスーパーの生花)


その分安価で普段遣いにちょうどよいお値段です。
日持ちは2~3日といったところですね。
(気温や保存状態により変動します)


アーティフィシャルフラワーについてもこの点は余り変わりません。


価格帯の幅は非常に広く、

一本あたり100円程度から数千円までと…
かなりの幅があります。



100円均一のお花からデパートのディスプレイ用まで


100円均一でもアーティフィシャルフラワー風のお花はあります。
これは一流メーカーが発売しているお花を模したものです。

この世界で幾らか仕入れをしていると、

よく似ている…ことがわかります。

100kinzouka

画像はイメージ フリー画像です
(100均一でも多くの取り扱いがあります)


安価なプラスティックで作っているものが多いです。

お花もそうですが葉を見ると結構差異があります。

質感はやはり硬そうで、
造花といった印象は否めません。


次に中堅といったところでしょうか。
専門店でも販売されているピックタイプのお花たち。


mamupikku

画像はイメージ フリー画像です
(お花の品質はかなり上がります)


こちらは品質は悪くありません。
ただお花のみを束ねたもの。

ジャンルとしてはピックタイプなどと呼ばれています。

葉をなくしてお花のみを再現しています。
その分お花は柔らかくグラデーションもあり、きれいなお花です。

お値段は様々ですが、数本が束になり1000円前後でしょうか。

一本あたりは200~300円といったところです。


実はこのあたりで生花とそれほど違いは無いことがわかります。



葉から蕾を表現するお花たち


1本500円から1000円くらいのアーティフィシャルフラワーたち。

こちらになると枝や蕾なども表現されるようになります。
1000円クラスになると植物の質感までも再現しています。

・棘
・ザラザラ感
・産毛

この品質になると非常にリアル感があり、
お花自体の耐用年数も長めになります。

3572

画像はギャラリーより 高品質のお花のアレンジ
(花びらの数も多くリアルです)


束ねればしっかりとしたブーケになるレベルです。
余分な葉を落としたり、生花のように加工して使用します。


こういったアーティフィシャルフラワーについては、
様々なディスプレイなどの使用が可能です。

また海外よりの輸入物が多いです。

オランダ等はアーティフィシャルフラワーも盛んです。
さすが花の国といったところでしょうか。

お花が好きな方には有名な「Silk-ka」社もオランダのメーカーです。

547

画像はSilk-ka社のアーティフィシャルフラワー
(画像クリックでギャラリーへ入れます)


これ以上のレベルになると。

お花の株そのものを表現したようなお花になります。

直径30センチはあろうかというひまわりを再現したアーティフィシャルフラワー。
こちらは数万円のお値段がついていました。

見た目はひまわりそのものといったところです。

himawarizouka

画像はイメージ フリー画像です
(1メートルを超えるようなビックサイズも…)



お値段が全てでは無いのも生花と一緒です


但しこれはあくまで一本のお値段。

ただ挿すだけではどのお花でも同じです。

生花も活花という技術があって美しくなります。
花瓶を工夫したりすることで安価なお花でも充分美しくなります。

アーティフィシャルフラワーでもそれは同じです。

4856

画像はギャラリーより 加工することでより美しく
(画像クリックでギャラリーへ入れます)


100円均一のお花たちでも、飾り方次第で大化けします。
メインの引き立て役としては優秀なデザインのお花も多いのです。


・飾り方次第で変わる印象
・生花NGの場所でもお花の癒しを
・長持ちかつお世話不要
・色々使える利便性

etc…


様々なアレンジなどで楽しんで見ませんか?


・花粉などのアレルギーでどうしても生花を飾れない方
・環境により花持ちが悪く不経済な場所
・季節的に生花が入手しづらい
・直射日光など長持ちしない場所


そんな時に上手に使い分けすることで、
アーティフィシャルフラワーを最大限活かすことが可能です。


結果経済的になる場合もあるのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

もう4月になるのですね
今年は来月に新元号へ変更され10連休など大きな動きがあります。
今年の4月ははじまりの月であると同時に
平成最後の月でもあるのですΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)


話がそれました…
ごくまれに更新しておりますアーティフィシャルフラワーの進化について
今日はとても地味なポイントである枝部分についてです。
BlogPaint
写真はギャラリーより

一概にすべてとは言えませんが、アーティフィシャルフラワーのランクを見る際に、
少し気にするといいものを手にすることが出来ます

地味と言えば地味ですが枝の部分を見てください

写真の枝部分は木が膨らんでいたり、木目の筋が入っていたり…
お分かりになるかと思います。

こういったアーティフィシャルフラワーは大概高級品になります

お花を見せればいいわけですから、こういった部分にリアリティを求める必要はないわけです。
それをあえて再現している

海外製のお花にはこういったものが多く見受けられます。

ここで気をつけるポイントもう一つ…

枝が再現されていないからと言って安物でもないのです
アーティフィシャルフラワーにも色々なジャンルのような区分があって。

・ピック→お花部分だけを再現している短いもの
・スプレー→小枝を意味する小型のものが多い
・ブッシュ→一束のようにまとめて再現しているもの(グリーンに多い)

etc…

その中でも「枝もの」は一番お値段が張ります。
バラにしても棘から産毛まで、枝分かれした様子まで再現されているもの。
こういったものはいいものを使っている証拠ですね

よつくまは作品の種類によってこういったものを使い分けております''`ィ(´∀`∩

作品選びの参考にして頂ければ幸いです


新生活に華を添えるアーティフィシャルフラワー💐

いつでもお待ちいたしております🍀
  

このページのトップヘ