アンテナショップ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:アンテナショップ



潔いほどシンプルな「タレかつ丼」



こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです🌾
本日もよろしくお願いいたします。


ベーシックなものからご当地者まで、
お腹をいっぱいにしてくれるメニューの一つが、

「かつ丼」です。


その中でも非常に「シンプル」で「潔い」

新潟のソウルフードでもある「かつ丼」があります。


本日はそんな「かつ丼」のお話です。


katudon

画像はイメージ フリー画像です
(美味しそうな「かつ丼」)



「かつ丼」にも色々ある


一般的な卵とじスタイルの「かつ丼」が全国区であるかというと、
そうでもありません。

「かつ丼」はご当地でだいぶ変わってきます。


katudon1

画像はイメージ フリー画像です
(立ち食いそば店などでも頂ける)



こちらの卵とじスタイルは一般的とされますが、
地方によってはあえて「卵とじかつ丼」と表記されることもあります。


代表的なものをご紹介します。
(あくまで一例です)



【ソースかつ丼】


・長野県
・山梨県
・群馬県 など


so-sukatudon

画像はイメージ フリー画像です
(キャベツとソースがかかっている)



【味噌かつ丼】


・愛知県


misokatudon

画像はイメージ フリー画像です
(名古屋グルメとしても有名)




【ドミかつ丼】


・岡山県


domikatudon

画像はイメージ フリー画像です
(デミグラスソースのかかった洋風)



色々な「かつ丼」があるものです。


どの「かつ丼」も、
お腹を満たしてくれるボリュームメニューなのは間違いありません。


本日ご紹介するのは、
「米処」でもある新潟県のご当地メニュー。

「タレかつ丼」

です。



「米処」でもある新潟のソウルフード


「タレかつ丼」はやや薄めにあげた「かつ」を、
醤油ベースのタレにくぐらせてご飯に乗せたシンプルな丼ものです。

新潟料理のお店や、
新潟の物産展などでも頂くことが出来ます。

アンテナショップなどに食堂がある場合もあります。


タレかつ丼

画像はいつかの「タレかつ丼」
(とてもシンプルです)


一見すると味がないようにも見えるこの「かつ丼」

各店舗とも工夫を凝らした秘伝のタレにくぐらせてあり、
そのままでも十分頂ける美味しさです。


hidennotare

画像はイメージ フリー画像です
(使い続けている「秘伝のタレ」のイメージ)



タレにくぐらせていることと、
お醤油のおかげか…不思議と脂っこさは余りありません。

非常にさっぱりとしております。



「米処」ならではの「潔さ」


新潟県と言えば誰もが知るお米の名産地。

「こしひかり」

はあまりにも有名です。


kosihikari

画像はイメージ フリー画像です
(美味しいお米といえば「こしひかり」)



そのご飯のうまみを十分に活かしつつ、
薄く揚げた「かつ」を味わうには、これで十分ということでしょう。


トッピンクやら薬味やらは一切なしの潔さ。

お米の美味しさと、
タレが染み込んだ「かつ」の美味しさ。

これだけで勝負しているわけです。


簡単なようで奥深い料理だと感じました。


tarekatudon

画像はイメージ フリー画像です
(飲食店にみる「タレかつ丼」)



「ごまかし」の効かない料理


「ご当地かつ丼」には、
それぞれの地方に合った良さがあります。


ご飯が美味しい新潟県だからこそ誕生した、

「ごまかしの効かない潔いかつ丼」

それが「タレかつ丼」なのかもしれません。


tarekatudontohegisoba

画像はイメージ フリー画像です
(新潟グルメ満喫セット)


もう一つの新潟ご当地グルメである、

「へぎそば」

こちらも合わせたセットなども頂けます。


普通の「かつ丼」とまた違った美味しさです。


よろしければ近隣の店舗を検索して、
食べてみてはいかがでしょう?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



のどごしの良い郷土料理です



こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


郷土にはそれぞれの特徴を生かしたお料理があります。
本日ご紹介する、

「へぎそば」

もそんな郷土料理の一つです。


BlogPaint

画像はいつかの「へぎそば」です
(へぎと呼ばれる木枠に盛るスタイルです)



つなぎに小麦でなく「布海苔」を使う


新潟県魚沼地方の発祥と言われているそばです。

つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使うのが特徴です。
少し緑がかっているものもあります。


hunori

画像はイメージ フリー画像です
(布海苔をつなぎに使います)


布海苔のおかげで十割蕎麦などと比べると、

「つるっとした食感」

が特徴です。



へぎそばの「へぎ」とは?


「片木(へぎ)」と言われる板で作った四角い器が特徴です。

ざるそばは「ざる」で提供されます。
器の名称が「へぎ」なわけです。


hegi

画像はイメージ フリー画像です
(「へぎ」にもられた「へぎそば」)


お店によっては「ざる」で布海苔の入ったそばを提供している所もあります。

しっかりした「へぎそば」を頂きたければ、
新潟の郷土料理を扱うお店が良いでしょう。

ちゃんと薄い板状の器に一口分くらいに丸めてきれいに盛り付けてくれます。

どうせなら見た目までしっかり味わいたいものです。



少し変わった薬味


そばの薬味として思いつくのは何でしょう?

・ねぎ
・わさび
・刻み海苔

と言った所です。


「へぎそば」で特徴的なのは薬味です。


hegisoba

画像はイメージ フリー画像です
(右下に辛子があります)


あまり見慣れません。

その昔、魚沼地方ではわさびが栽培できなかった。
そのため代用として辛子とねぎを用いたのがルーツと言われています。


今では普通にわさびを提供する店が大半です。


wasabi1

画像はイメージ フリー画像です
(わさびは一般的な薬味です)


本場魚沼地方では選択出来る店が多いのだそうです。

・辛子のみ
・わさびのみ
・両方

所変われば薬味も変わります。
食文化の面白い所でもあります。



なめらかで美味しいお蕎麦です


上述したとおりつなぎに布海苔を使用しています。

そのためボソボソ感がほぼなく、
つるりとした食感。

食べやすく美味しいお蕎麦です。

海苔の風味が広がるイメージよりも、
食感が楽しく箸が進みます。


sasadanngo

画像はイメージ フリー画像です
(ショップでは「笹団子」なども楽しみの一つ)


新潟のアンテナショップなどで購入できます。

少し暑い時期に頂いてみてはいかがでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.6 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ