アンティーク : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:アンティーク



一年を通じてファンの多いお花です


こんにちは(*ฅ•ᗜ•*)ꕤ*゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


好きなお花を飾る
これは簡単そうで贅沢なことかもしれません。


お部屋を明るくするちょっとしたお手伝い。
では早速ご紹介させていただきます

4874

琥珀色アンティークガラス瓶 ひまわりのアレンジ です

(画像クリックでギャラリーへ入れます)



アンティーク風ガラス瓶のひまわりをどうぞ


透明のガラス瓶を琥珀色に加工。
アンティークなラベルと共にひまわりのアレンジを作りました。


こちらの作品は…

・元気なひまわりを通年楽しめる
・アンティークなボトル
・背が高めで大きい
・十字架(クロス)のアンティークチャーム

大好きなお花を通年飾ることが出来ます。
まさにアーティフィシャルフラワーならではの作品です。

背も高く大きい作品です。

・インテリアとしてリビングに
・卓上に華やぎを

ひまわりは通年人気があります。

在庫切れになれば補充出来ませんが、
今回は作成することが出来ました。



アーティフィシャルフラワーならでは…いつでも元気


ひまわりの魅力の一つがその色や姿。
やはり元気をもらえるお花の一つです。

4876

品質の良いものを使用しています


ひまわりと相性の良いパープル系のお花。
ピンクの少し大きめのお花。
ボリュームのあるフェイクグリーン。
人気のユーカリは高品質。

ご満足頂けるアレンジに仕上がっています。



ガラス瓶はアンティーク風…手塗りです


もともと透明のガラス瓶を特殊加工しています。
底の方へいくほど少し濃い目に。

筆の塗りムラはそのまま残しアンティークに仕上げています。

4879

ガラス瓶加工は手間のかかる作業です


ラベルをデコパージュしていますが、こちらにも汚し加工をしています。
琥珀色の花瓶とよく馴染みます。

水色の花瓶などと違い季節が進んでも使いやすく、
年間を通してインテリアとして飾って頂けます。

ひまわりのアレンジは取り外しも出来ます。
ボトルだけを飾ってもおしゃれです。

◯花瓶は水を入れての使用はお勧めしていません。
◯塗装の剥がれなどの原因になります。




ちょっとおしゃれな十字架も人気


十字架(クロス)のチャームも見逃せません。
アンティーク加工を施したチャームを花瓶に括り付けました。

4878

鈍い光が特徴です


十字架の中心部分にイエロー系のクリスタルパーツを使用しています。
ちょっとした際にキラッと光るのがポイントです。

金属製でしっかりとしたものを使用しています。



背の高い存在感ある作品です


飾ったときの背は結構高めで40センチほどになります。
リビングなどでも存在感のあるサイズです。

1305

マグカップは大きさの参考に


このくらいのサイズですとかなり目立ちます。
少し大きめのアレンジをお探しの方にちょうどよいかと思います。

お気に入りの場所に置いて毎日眺めることが出来ます。



こんな方におすすめです


使い勝手のよいガラス瓶のアレンジです。
ガラス瓶とひまわりのアレンジがセットでお得な作品です。

・ひまわりが好きな方
・アンティークな雰囲気が好きな方
・元気なインテリアをお探しの方

etc…


そんな方におすすめの一品です。


アーティフィシャルフラワーはギフト、プレゼントにも喜ばれます。
ご自身や大切な方への贈り物にも…。

なかなか会えない方へ
贈ってみるのも良い方法です。


詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です








  



通年使える落ち着いた色合い


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


ガラス製の花瓶は便利です。

水回りなどに一つあるだけで、
随分と印象が違うものです。

IMG_20210903_130755

琥珀色のアンティーク花瓶 です



特殊な塗料でガラス瓶を加工


もともと透明のガラス瓶です。

ガラス用の特殊な塗料を用いて、
琥珀色に加工しました。

塗料の希釈加減が大変難しく、何度も失敗します。

基本手塗りで筆の塗りムラを生かした仕上がりです。

アンティークラベルをデコパージュで仕上げています。

デコパージュはラベルを薄く剥がして、
その上をコーティングする技法です。

ラベル自体にもアンティーク調の汚し加工を施しています。

十字架のチャームも飾り付けて花瓶が完成しました。



季節外れのお花もアーティフィシャルフラワーならでは


こちらの作品は、
「ひまわり」のアレンジの欠品補充です。

幸いまだ在庫がありましたので、
現在ひまわりのアレンジメントを作成しています。

「この時期にひまわり?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが…

「ひまわり」は通年通して購入される方がおられます。

大きく元気なイメージの「ひまわり」はファンが多く、
通年飾りたいといった要望に応えるべく、ギャラリーには何点か揃っています。

「好きな花種を飾りたい」

を叶えるのもアーティフィシャルフラワーならではです。



他にもバリエーションあります


琥珀色のアンティーク花瓶には他のバージョンもございます。
こちらももともとは透明のガラス瓶を加工したものです。

3666 (2)

琥珀色アンティークガラス瓶 大輪クレマチス です


紫色の大輪のクレマチスを高品質のハランと共に…
存在感抜群のアレンジメントです。

花瓶はアンティーク調で、
フラワーアレンジもセットになっています。

チャームは四葉のクローバーで、
こちらも通年使えるおすすめの品です。



少しずつ手作りします


作成スピードは決して早くはありませんが…
一つ一つ丁寧に作っています。

その一点一点が唯一の品です。

花瓶一つとっても塗り具合はすべて違います。
出会いを大切に…
ハンドメイドならではの作品たちです。


写真をクリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です








  



シックなブラック系の花たちが作る空間の演出


こんにちは(*゚∀゚)っ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


アーティフィシャルフラワーは様々なシーンで活躍しています。

そんなシーンを…
魅力とともにお届けしたいと思います。


本日はその④
「特別な色合いで空間を彩る」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です



特別な色合いのアーティフィシャルフラワーを使って


写真はブラック系のアーティフィシャルフラワーと…
アンティークなゴールドの花器を合わせたインテリア空間です。

すごくシックなインテリアだと思いませんか?

アンティークの鈍い輝きと
ブラック系の組み合わせの大人っぽいインテリアです。

自然界にもブラック系は存在します。
切り花の品種改良によって、今まで出せなかった色合いも増えてきました。

ただこのような空間を生花でキープするのは難しいです。

アーティフィシャルフラワーをとても上手く使った例と言えると思います。



アートとしての可能性


アーティフィシャルフラワーにはアートとしての可能性がある。
と言えそうです。

自然界にはない配色が可能なのも大きな特徴です。
一本だけ挿し色に赤を入れたり…アートの世界といっていいでしょう。

monokuro

画像はイメージ フリー画像です


映画のような演出です。
モノクロと対比させた色味は象徴的に空間を演出します。


他にも「デニム生地」で作られたアーティフィシャルフラワーなどもあります。


インテリアにおいてアーティフィシャルフラワーの可能性として

・自然界に存在しない色彩の表現
・素材により変わる印象
・映画的な演出としての空間作り

etc…


シルバー系でまとめることで近未来的な演出。
枯れ色系でまとめることでサビ感の演出。

いろいろなことが考えられそうです。



特別な空間づくりに…


モノトーンが好きな方は取り入れて見るのも一つの方法です。

アーティフィシャルフラワーの中でもブラック系は人気があり、
お店によりますがコーナーが存在する店舗もあります。


このようにおしゃれでシックなブラック系ですが…
弱点が無いわけではありません。

一例をあげると…

・埃が目立ちやすい
・安物は下品な仕上がりになる
・使う人を選ぶ(万人受けしにくい)
・入手が限られる

etc…

といった欠点もあります。

1705

過去のギャラリーより ブラック系バラのアレンジ


少しだけ上級者向けのインテリア。
ブラック系のアーティフィシャルフラワーをご紹介しました。

・シルバー
・ゴールド
・アンティーク

といったモノたちと相性が良いので
お好きな方は試してみるのも良いかもしれません。


生花でなし得ない演出をすることができるアーティフィシャルフラワー。
今後もいろいろな可能性がある…と思いませんか?



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です









  

このページのトップヘ