アレンジメント : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:アレンジメント



いつも「青空」を飾ろう



こんにちは(*゚∀゚)っ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「黄色系」のお花はキッチンに便利に飾れます。
パッと明るくなる便利なアイテムです。


4632.1

画像は黄色系のインテリアイメージ
(コーヒードリッパーのシリーズより)



例えば雨の日でも「青空」を思い出して欲しい。

そんな気持ちを込めた花瓶を作りました。


368

画像はいつかの「青空」
(どんなときもいつか晴れる日が来る)



どんなときでも「小さな青空」を


キッチンやリビングに「黄色」を置くと、
少し明るい印象になります。


花瓶は手びねりで作成しています。

・乾燥
・ヤスリがけ
・下地塗装
・本塗り
・重ね塗り(エンボス加工)
・トップコート

と工程を踏んでいきます。


IMG_20211108_171746

手作りの「青空の花瓶」
(手びねりで一つずつ作成)



この後、
「アーティフィシャルフラワー」をアレンジして完成品となります。


「青空の花瓶」


という名称はその見た目から名付けました。


5033

画像は花瓶接写のイメージ
(3色のグラデーションは筆塗りです)



同じ空が無いように、
この花瓶も手塗りのために同じものはありません。


空をイメージした塗装はグラデーションしています。

「黄色系」のお花を飾ると反対色なのでよく映えます。



サイズもしっかりした元気なアレンジです


手作り花瓶の中ではそこそこの大きさがあります。


インテリアとして、

「アーティフィシャルフラワー」
「フェイクグリーン」

のニーズは増えています。


4860

画像は過去の作品より
(黄色いバラのブーケスタイル)



・気軽に置ける
・世話がいらない
・万が一転倒してもこぼれない


といった利便性もあります。


4601

手作り花瓶 アレンジ 青空の花瓶 ガーベラ です
(ガーベラが美しい作品です)



「青空の花瓶」に黄色が華やかで。
キッチンなどを演出するにはピッタリの作品です。

マグカップは大きさの参考になさって下さい。


4603

画像はお花の接写です
(とても元気な印象です)



「青空の花瓶」は、

・どんなときでも青空を
・どんなときでも元気を
・明るい印象で頑張ろう

そんなコンセプトから産まれた作品です。



「黄色」を飾って元気に


「黄色」は、

・明るさ
・金運

などをつかさどる色です。


4856

画像は過去作品より
(明るい印象の黄色いバラ)



それと同時に、

「コミュニケーションを円滑にする」

などの効果もあります。


5020

手作り花瓶 アレンジ 青空の花瓶 バラ です
(スプレータイプのバラをアレンジ)



「黄色」は「バラ」を始め、

・ひまわり
・ガーベラ
・チューリップ

など、元気をくれるお花に多い色合いです。

・家事の合間に
・リビングの片隅に
・歓談の席に

色々と役立つ作品かと思います。


5023

画像はお花と実物の接写
(色合いが華やかです)



限定3種類展開中です


当該作品は、

・手作り花瓶とお花のコントラスト
・元気をもらえる
・手軽に便利に飾れる

をコンセプトに作られています。


5029

手作り花瓶 アレンジ 青空の花瓶 カラー です
(黄色い「カラー」は触っても柔らかい)



基本はどこにでも置いて頂けます。


直射日光などを避けて室内でお楽しみ下さい。

「アーティフィシャルフラワー」

もきれいだなと思って頂ければ幸いです。


5037

画像はテーブルなどに飾ったイメージ
(マグカップは大きさの参考に)



現在3種が限定で販売されています。

・ガーベラ
・バラ
・カラー

再販については未定です。

時間がかかるため好きなタイプはお早めにどうぞ。


5024

画像は「青空の花瓶」の接写
(それぞれ微妙に異なる空の模様)




お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  


分類がややこしいキク科のお花です


こんにちは(˶• ֊ •˶)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。

今は100円均一でも面白い商品が買えますね
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
大変不定期ではありますが…
時々UPしていこうかなと考えております

本日はその第41回 
小さなキク科のお花「アスター」です

アスター

こちら紫系のアスターです


どうでしょうか?
普段目にするお花ですが、こうしてみるとまた違って見えませんか



別名をエゾギク


アスターはキク科カリステフス属のお花です。
別名をエゾギク(蝦夷菊)といいます。
もともとは中国原産のお花です

蝦夷菊という名前の由来は諸説あり…有力なのが下記2点です
・蝦夷(北海道)のような寒冷地でもよく育つ菊
・江戸時代に入ってきた江戸菊がなまったもの


宿根アスターという品種とは別の属になります。
大変ややこしく、こちらはアスター属のお花で原産地も違います。
シオンなどのお花がこちらに属します。



語源はギリシア語


アスターと言う名前はその名前の通り星から来ているそうです。
ギリシア語で「星の形」といった意味🌠

中心からきれいに広がる花弁が星を連想させたのでしょうか。

18世紀ごろに中国からヨーロッパ諸国に伝わり、様々な園芸品種を産み出しました。

欧米では宿根アスターとの区別のために、チャイナアスターと呼ばれているそうです



花言葉に表れている特徴


アスター全般の花言葉に「変化」というものがあります。

これは先に述べた品種改良によって様々な品種が産まれたことが起源とされています。

花の大きさや咲き方、色や高さなど…
実に様々な品種があり実に500種は超えると言われています

こうなってくると花を見ただけで分類するのは難しいと言えますね。

切り花では「アスター」として売られていても…
・一重咲き
・八重咲き
・ポンポン咲き
また小さい花が多いものの、大輪のものもあり見極めるのは難しそうです💧



こちらは生花店で購入したもの💐
切り花として通年出回っており、仏花としても花が散り落ちないなどの理由で人気があります。

ガーデニングでも人気があり夏のガーデンを彩るアスター✨
お好きな種を選んで楽しむのもいいかもしれません。


第41回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。




よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




同シリーズの記事です









ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  


菜の花の仲間です…お花も咲きます


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。

今は100円均一でも面白い商品が買えますね
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
大変不定期ではありますが…
時々UPしていこうかなと考えております

本日はその第40回 
お題はお正月を感じます「葉牡丹」です

葉牡丹

葉脈がはっきりと見えます


どうでしょうか?
普段目にするお花ですが、こうしてみるとまた違って見えませんか



葉牡丹のイメージ


葉牡丹というとお正月を連想される方も多いかもしれません🎍

これは今のようにお花の種類がたくさんない江戸時代に、冬でもお花を楽しみたい!
と、お正月に葉牡丹を飾ったことに由来していると言われています。

それが今でも残り、デパートなどのお正月アレンジも葉牡丹を使います。

ガーデニングでも葉牡丹は優秀で、きれいなガーデンを彩ってくれますね



菜の花の仲間です


葉牡丹はアブラナ科アブラナ属の植物です。
つまり菜の花と同じなのですね

春を迎えた葉牡丹は御存知の通り黄色い花が咲きます。

考えようによっては冬も春も楽しめる便利なお花ということですね(*ˊᵕˋ* )

お花が咲く頃には少し葉の方は傷んでしまったり
きれいな色合いが薄くなってしまったりしますが…
それでも冬から春まで長く楽しめるありがたい植物です



園芸種も様々


最近では品種がたくさん出ており、ガーデニング愛好家を楽しませてくれます。

縮れた葉になる「ちりめん葉牡丹」
ケールのような葉になる「ケール葉牡丹」
切れ込みが入る「切葉系葉牡丹」
背が高くなる「高性種葉牡丹」
フリルレタスのような「フリンジケール葉牡丹」
黒い葉が特徴の「ブラック系葉牡丹」
etc…

まだまだ品種が有るようです。

ホームセンターでも人気ですね


こちらは生花店で購入したもの💐
高性種でしょうか…花瓶に活けられるように背が高く、葉が小さめのものでした。

まだ楽しめる葉牡丹を愛でてみるのも一興かと思います。



第40回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。
(よく続いたものです




よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




同シリーズの記事です









ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  

このページのトップヘ