よつくま : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:よつくま



四つ葉のくまさんの癒しのお花 トップページです


こんにちは(*'-'*)ꕤ
四つ葉のくまさんことよつくまです

ブログを訪れて頂きましてありがとうございます。




ブログの内容について


当ブログでは…

・minne(ミンネ)との連携情報(新作や情報)
・自然や生花などの雑学
・お料理のちょっとしたコツやレシピ
・ちょっと役に立つ雑学
・健康や美容に関する情報

etc…


などを記載している日記型のブログになります。


下記目次より各カテゴリのトップにリンクしておりますので、どうぞご利用下さいませ

minne背景

↑写真クリックでminneギャラリーへ




四つ葉のくまさんとは?

アーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンを使って、日常生活に癒しを…
そんな想いから始めたハンドメイド作家です
当ブログはもちろん
minne(ミンネ)
Twitter(四つ葉のくまさん)などの活動をしています。

詳しくはこちらをご覧ください

minneのプロフィールへ



minneギャラリーへ

ギャラリーは常時ご覧頂く事ができます。

フェイクグリーンやアーティフィシャルフラワーのアレンジ
壁掛けインテリア雑貨
キッチンを彩るリースや壁飾りなど…

様々なアイテムと出会うことがきます。
それぞれが一点物ですのでご縁を大切にしています。

詳しくはこちらからどうぞ

minneギャラリーへ




minne(新作・情報・sale)

minneの新作情報や再販情報。
配送についてのお知らせやお得な情報など…
minneに関する情報をまとめたカテゴリになります

詳しくはこちらからどうぞ

minneカテゴリへ














minne使用ガイド

minneを初めて使用する方やどんな機能があるのか等
解説するために作ったカテゴリです。
特に「メッセージ」と「レビュー」の違いなど人気記事となっております

ハンドメイド作家様にも見て頂ければ嬉しいです。
これからハンドメイド作家を目指す方もご一読下さい。

詳しくはこちらからどうぞ

minne使用ガイドへ







お料理の話

よつくまはハンドメイドの他にお料理も好きです。

「お料理上手になるには」のシリーズは…

・レシピの言葉がわからない
・まな板ってどう選ぶの?
・大さじと小さじって?

そんな超基本やレシピの言葉を学べます。
お料理初心者必見です

他にもパスタのレシピ、
作り置き惣菜やあともう一品の簡単レシピなどをご紹介。

夕飯のアイデアにもどうぞご利用下さい。

詳しくはこちらのカテゴリへ

お料理カテゴリへ
















食の雑談

食に関する様々なお話です。

カフェに行ってきた話。
ちょっとしたお土産を頂いた話。
話題のスイーツを食べてみた話など…

近年健康志向の高まりを受けて見直されている和食についても。

ちょっとした息抜きのカテゴリです

お時間があるときにご覧ください

食に関する雑談カテゴリへ












生花や自然の話

よつくまはアーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンを扱っています。
生花や自然、野鳥も大好きです。

・つくしは成長したらどうなるの?
・黄色い花に虫が作って本当?
・ツバメはどこから来るの?

などちょっとした疑問に答えるものから…

マクロレンズを用いた生花の写真などを紹介しています📷

実は人気記事の多いカテゴリです

生花や自然の話カテゴリへ










美容や健康の話

近年健康志向の高まりを受けて、様々な身体に良い食べ物や習慣が注目されています。

四つ葉のくまさんでは健康・美容に役立つ食べ物の紹介。
季節の変化にともなうメンタルの変化。
ちょっとした習慣で変わる健康などに着目して記事にしています

季節ごとの記事なども注目下さい

生活・暮らしのカテゴリへ













ちょっと役に立つ雑学

日常生活の中でこの言葉の意味がわからない…。
「木」と「樹」ってどっちだっけ?
などちょっとした疑問に感じることがあります。

そんなときにご活用下さいませ。
実は間違った使い方をしている言葉など気になるカテゴリです。

北欧の話題「フィーカ」「ヒュッゲ」などもこちらです。

詳しくはこちらへ

雑談・日記のカテゴリへ













創作寓話・コラム

主にクリスマス中心になります。

創作したおとぎ話を書いております。
もし読んで頂き少しでもほっこりして頂ければ幸いです☕

クリスマスに起こった奇跡。
何も望まなかった女の子が願ったこと。

日常生活に少し疲れた時にご覧下さい。

詳しくはこちらへ

寓話やコラムのカテゴリへ










ご登録頂ければ嬉しいです(๑´▿`)♡⇩






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






↑このページのトップヘ

  



豆まきの「大豆」はなんで炒ってあるのか?



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです👹
本日もよろしくお願いいたします。


節分は季節の変わり目です。

「鬼は外…福は内!」

日本らしい古くからの習慣でもあります。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(最近では集合住宅も増え減少傾向です)



体調を崩すのは「鬼」の仕業


節分というのは季節の変わり目にあたります。

とりわけ冬から春というのはとても大切にされてきました。

soushun

画像はイメージ フリー画像です
(まだ雪が残る時期でもあります)


「季節の変わり目には鬼がいる」


oni

画像はイメージ フリー画像です
(恐ろしい「鬼」が元凶とされた)


つまり体調を崩す方が多かったわけです。
それらは「鬼のせい」…とされてきました。

節分 = 恵方巻を食べる日

ではないのです。


その鬼を払うのが豆まきという季節行事です。



豆は魔除け…豆は魔を滅する


大豆などの豆は古来より魔除けとして用いられてきました。

「魔目」
「魔滅」

という文字が当てられます。


setubun1

画像はイメージ フリー画像です
(基本炒った「大豆」を用います)


当たり前のように炒った豆を用いていますが…
それはどうしてなのでしょうか?

諸説ある中で有力であろうものをご紹介します。


※お住まいの地域により「落花生」などの場合もあります



炒った豆は固い説


【豆を炒る事で固くなるから】


豆を炒ると豆は固くなるので、鬼に当たると鬼は痛い!

setubun2

画像はイメージ フリー画像です
(しっかりぶつけて鬼退治)


つまり魔除けの効果を高くする。
鬼退治の攻撃力を高くする。

思いっきりぶつけられたらそれなりに痛いです。



炒った豆は日持ちする説


【豆の保存状態を保つため】


炒った豆は日持ちします。

節分の頃はまだ雪も残り、
とても作物を育てられる状況ではないです。


setubun3


画像はイメージ フリー画像です
(鰯の頭に柊にも意味があります)


豆まきに使用する豆も炒っておかなければ日持ちしなかったと考えられます。


ごく自然な説です。



日本家屋の構造的問題説


【炒った豆でないと芽が出る可能性があるから】


昔の日本家屋では「土間」という土の部分がありました。
「縁の下」などにもまいた豆が入り込んだことでしょう。

ennosita

画像はイメージ フリー画像です
(今では減少傾向の「縁の下」)


つまり豆まきの後残った「大豆」が、発芽する可能性もあったはず。

残った豆が発芽するのは、魔を払った後なので縁起が悪いと考えました。
そのために炒った豆を使用したという説です。

今は洋風建築になり、
「縁の下」も「土間」もなくなりました。

その当時の名残で今でも炒り豆を使用する。
こちらも納得の話です。

doma

画像はイメージ フリー画像です
(農家に多い玄関の土間)



守るべき伝統行事


おそらくどれも正しいのだと思います。

・保存のために炒る
・豆が固くなるので破魔の効果が高くなる
・もし土に返っても発芽しない

どれも無理がありません。

mamemaki

画像はイメージ フリー画像です
(いつかなくなって行く風景なのでしょうか)


生活様式の変わった昨今。

人はマンションなどに暮らし、
子供の声も響かなくなりました。

こういった伝統行事は、
守っていかない限りはいつかはなくなってしまいます。


新型ウィルスの流行により、
「祭り」というイベントを失った数年間。

どこか暗い雰囲気で過ぎていきました。

徐々に取り戻しつつある昨今ですが油断は禁物です。

tearai

画像はイメージ フリー画像です
(手洗いはインフルエンザにも有効)


伝統行事における日本らしさ、
形は変われど大切に伝えて残していくべきだと思います。


🏠ヽ(`Д´)ノε≡≡ヘ( ´Д`)ノ👹


そして年齢をごまかさずに歳の数プラス1(数え年)の豆を食べましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.2 加筆修正)



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



冬だけではもったいない「鍋料理」はパーフェクト!



こんにちは(๑´▿`)♡
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本の和食・食文化を支える指標

「まごわやさしい」

をご存知でしょうか?


この言葉はよく健康な食生活の指標として使われます。


本日は「まごわやさしい」の「究極のメニュー」と、

その取り入れ方の「まとめ」です。

wateishoku

画像はイメージ フリー画像です
(身体は食事で作られるから…)



「健康寿命」は「食生活」で変わる


最近では「健康」の指針の一つに「健康寿命」という考え方が定着してきました。

実はこの言葉はWHOが定めたもので、
きちんとした定義があります。

「平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間」

これが「健康寿命」です。

koureisha1

画像はイメージ フリー画像です
(誰しも健康でいたいものです)


「まごわやさしい」

究極の目的の一つは、
この「健康寿命」を長く保つこと。

つまり自分の力で行動する期間を増やすことなのです。


「食生活」は「健康寿命」と極めて密接な関係があり、

「運動」などと共に根幹をなすものの一つです。


aruku

画像はイメージ フリー画像です
(歩くことは「健康」と直接繋がっている)


「健康寿命」の定義について詳しくはこちら

(厚生労働省 e-ヘルスネット)




「まごわやさしい」を満たす究極のメニュー


和食には「まごわやさしい」を完璧に満たす、

「究極のメニュー」があります。


「豆乳ごまみそ鍋」


は冬季だけではもったいないほどバランスの良いメニューです。

ま ⇒ 豆乳、豆腐、油揚げ
ご ⇒ ごま
わ ⇒ 結び昆布
や ⇒ 白菜、人参、ごぼう等
さ ⇒ たら、鮭等
し ⇒ しいたけ、しめじ、まいたけ等
い ⇒ さといも、じゃがいも等

とパーフェクトです。

magowa9

画像はイメージ フリー画像です
(もちろん鶏肉や豚肉をプラスしてもOK)


もちろんこれだけをずっと食べていては飽きます。

もし自分の食生活に「まごわやさしい」が足りないなと思ったら、
一度作ってみてはいかがでしょうか?

こういった食材を揃えたら「理想的な食事」になるというのが理解出来るかと思います。


magowayasasii2

画像はイメージ フリー画像です
(ずらりと並んだ「まごわやさしい」たち)


「鍋物」には栄養素が溶け込んだスープがあります。

このスープを頂く事で、
溶け出した栄養素も無理なく頂く事が出来るのです。

塩分の摂取制限などと相談しながら頂くのがおすすめです。



身体を冷やさないことは大切


「鍋物」⇒「手抜き」

と考えるのは大きな間違いです。


美味しく作るには、

・ダシを取る
・食材の順序
・切り方
・ベースの味付け

etc…

ちゃんとしたお料理なのです。

nabemono

画像はイメージ フリー画像です
(季節ごとのお野菜で「鍋物」を)


またとかく身体を冷やしがちな昨今。

「身体を温める」

お料理は夏季でも大切です。


同じようなメニューの一つに、

「具沢山お味噌汁」

も通年頂けてバランスの良いメニューです。

omiotuke1

画像はイメージ フリー画像です
(具材たっぷりでおかずになります)

最近ではありがたいことに一人前ずつの調味料も販売されています。
こちらを使えば個別に鍋を作ることも可能です。

nabekyu-bu

画像はイメージ フリー画像です
(一人用の調味料も上手に使って)


新型ウィルスの流行により、
個別が推奨される昨今では仕方ないのかも知れません。

上手に使いましょう。


身体が弱ると内臓の働きが悪くなります。
そして身体が冷えます。

胃が冷えると食べられなくなります。

その悪循環を断ち切るには身体を温めるメニューがおすすめです。

kenisayou

画像はイメージ フリー画像です
(お腹は身体の中心でもある)



「まごわやさしい」の基本は「一汁三菜」


とはいえ先述の通り毎日「鍋物」というわけにもいきません。

ですので基本は「一汁三菜」がベストです。



【一汁 ⇒ 味噌汁を基本に汁物】


「おすすめメニューの一例」

・じゃがいもときのこの味噌汁
・アオサとさといもの味噌汁

etc…

asarimiso

画像はイメージ フリー画像です
(あさりのお味噌汁)



【主菜 ⇒ 魚を基本にメインのおかず】


「おすすめメニューの一例」

・鮭と豆腐のハンバーグ
・サバの生姜煮 
・青魚の竜田揚げ 

etc…

sabanoshougani

画像はイメージ フリー画像です
(鯖の生姜煮のイメージ)



【副菜1 ⇒ 野菜のおかず】


「おすすめメニューの一例」

・ひじきといんげんの白和え
・切り干し大根とキノコの和え物

etc…

BlogPaint

画像はいつかの小鉢の一例
(ブロッコリーとじゃこの白あえ)



【副菜2 ⇒ 野菜のおかず】


「おすすめメニューの一例」

・じゃがいもと豆のサラダ
・海藻ミックスとじゃこの和え物

kaisousarada1

画像はイメージ フリー画像です
(海藻サラダのイメージ)



【副菜3 ⇒ 足りないものを補う】


「おすすめメニューの一例」

・とろろのオクラあえ
・冷奴や納豆
・おひたしの鰹節かけ

etc…


okuranoaemono

画像はイメージ フリー画像です
(オクラとやまのいもの和え物)


このようなメニューを参考に、
バランスよく揃えていきましょう。

「ごま」が足りなければ和え物に足しても良いです。
朝食のヨーグルトなどに「ナッツ類」を入れてもいいわけです。



年齢を重ねるほど重要になる


「一汁三菜」を毎食きちんと摂るのは本当に大変です。

簡単なメニューやプラスの食材を上手に使いましょう。

・納豆
・もずく
・すりごま
・小魚ふりかけ
・鯖の水煮缶

etc…

既製品を使えるところは使って、長続きさせることが重要です。

kozakanahurikake

画像はイメージ フリー画像です
(手軽に小魚を食べられるふりかけタイプ)


「まごわやさしい」


は年齢を重ねるほど重要になってきます。


「健康寿命」を伸ばすための食事


と捉えて良いと思います。


kenkoukazoku

画像はイメージ フリー画像です
(健康的な「食生活」の習慣を付けましょう)


身体は食べたもので出来ている。

非常にシンプルでわかりやすい事なのですが、
なかなか難しいのが「食生活」です。

「食生活」の見直しのきっかけになれば幸いです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ