ほうれん草の鉄分を妨げるゆで卵


こんにちは(☆゚∀゚)
四葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


食べ合わせは栄養素を増したりするものと、
反対に損をするものがあります。

「意外に知らない損な食べ合わせ」

本日は、
「ほうれん草とゆで卵」についてお話します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(栄養素が高い食べ合わせのようですが…)



サラダでもよく見る組み合わせですが…


サラダで頂けるほうれん草もあります。

「ゆで卵」の黄色と鮮やかな緑で、
いかにも栄養価がありそうな食べ合わせです。

yudetamago

画像はイメージ フリー画像です
(美味しそうなゆで卵)


「ゆで卵」が入るとサラダやお料理は華やかになります。

お好きな方も多いであろう組み合わせです。

他にも例えば、

・グラタン
・ピザ

などでも見ることが出来る組み合わせです。

どこで損をしているのでしょうか?



損な食べ合わせ「鉄分の吸収阻害」


こちらの食べ合わせの損なポイントは…

「ほうれん草の鉄分の吸収をゆで卵が阻害する」

事です。

yudetamago1

画像はイメージ フリー画像です
(茹でる際に硫黄の匂いを感じる人も…)


卵をゆでると硫黄が含まれる硫化水素が発生します。

もともと卵には硫黄成分が含まれているのです。

「硫化水素」がほうれん草の「鉄分」と結びついて体内への吸収を妨げる。

ひと手間をかけて卵を茹でて、
卵の殻をむいて、
スライスして…

これは残念です。


貧血などに有効な鉄分…特に女性は積極的に摂りたい栄養素です。

どのようにしたら改善するでしょうか?



卵の調理方法で簡単に解決します


【簡単な解決策】


卵の調理方法を変更する事で問題無ありません。

・目玉焼き
・スクランブルエッグ
・卵そぼろ

などにすることで問題なく栄養素を摂取出来ます。

sukuranburueggu

画像はイメージ フリー画像です
(スクランブルエッグサラダのイメージ)


硫黄は揮発成分とされています。
目玉焼きやスクランブルエッグは調理工程で硫黄成分が揮発。

その為、問題なく頂けるようになります。


ゆで卵のみ硫黄の成分が残るため起こる現象だそうです。

稀に「ゆで卵」から硫黄の匂いがするのはこのためです。


但し「ゆで卵」とほうれん草を一緒に食べたとしても、
鉄分の阻害はゼロになるわけではありません。

神経質になる必要はないかと思います。



「ゆで卵」が黒ずむ理由


どうしても「ゆで卵」が黒ずむ方は茹ですぎが原因です。

「ゆで卵」は15分以上茹でない事を基本とします。

卵白のたんぱく質に含まれる硫黄成分が変質し、
硫化水素が発生しているのです。

yudetamago2

画像はイメージ フリー画像です
(茹ですぎた卵は黒ずんでしまう)


この状態では卵黄の鉄分と硫化水素が結合して、
栄養素を活かしきれません。

また暗緑色に変色するので美味しそうではなくなります。
(健康被害は無いとされています)

どうしても変色してしまう方は…

・キッチンタイマーで12~13分計る
・冷水で冷やす時にお酢を少し入れる

これで黄色いゆで卵の完成です。



結構身近なところに損な食べ合わせは存在するようです。



また次回お伝えしていければと思います。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です