ものさし鳥 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ものさし鳥



誰もが知る「最も身近」な野鳥



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近にいるのだけれど、
余り生態を知らない野鳥もおります。


saezuri

画像はイメージ フリー画像です
(これほど人に近い「野生生物」は少ない)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「スズメ」です。


bird suzume

画像はイメージ フリー画像です
(小さな隣人である「スズメ」)



誰もが知る「最も身近」な野鳥


おそらく一番有名な野鳥と言えないでしょうか?
※鳩を除く(別途記載)


小さく跳ねながら地面を飛ぶ姿はとても愛らしいです。
両足を揃えてピョンピョンと跳ねながら移動する事を、

「ホッピング」

と言います。


suzume

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」は地上で歩かずに跳ねます)




茶色い身体に白いお腹
黒い頬が特徴の野鳥です。


suzume2

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」は「群れ」で行動します)



一説によればこの頬の模様がはっきりしている「スズメ」は、
異性にもてるのだそうです。


suzume1

画像はイメージ フリー画像です
(背中の模様は個体差があります)



「スズメ」は人間と共存を選んだ野鳥でもあります。

人家がないところでは見かけないのです。



晴れた日によく聴こえる「チュンチュン」


誰もが知っているくらい有名です。


「スズメ」といえば、

「チュン」
「チュンチュン」

が一番有名ですが、他の鳴き方もたくさんあります。


suzume3

画像はイメージ フリー画像です
(晴れた日によく聴こえる「スズメ」の声)



仲間とのコミュニケーションの際に使う、


地鳴き(じなき)では様々なパターンがあります。

「ジジ」
「ピッ」

など短く鳴きます。


suzume2

画像はイメージ フリー画像です
(何を話しているのでしょうか?)



天気がよく暖かい日には元気にさえずることが多く、

晴れの「天気俚諺(てんきりげん)」にもなっています。



実はこれは求愛と言われています。

「スズメ」は朝起きて、
気象条件など余裕があるときは「婚活」をするのです。

暖かい日というのもうなずけます。


suzume3

画像はイメージ フリー画像です
(野鳥たちも朝の挨拶をするのです)



もちろん仲間との挨拶の意味合いもあります。


朝によくさえずる野鳥が多いのは、

「また会えましたね」
「会えて嬉しいです」

という表現だという説もあります。



きれい好きで「砂浴び」も「水浴び」も大好き


【スズメの生態】


「スズメ」は「草の種」が大好きです。

空き地などでよく見かけるのは、
植物の種子が落ちているのを食べているのです。

また桜のシーズンなどは「メジロ」に混ざって桜をつついています。


suzume4

画像はイメージ フリー画像です
(桜をついばむ「スズメ」)



これは「花の蜜」を食べるためと言われています。

「スズメ」は器用なくちばしをしていないために、
蜜を食べるために花の根元をかじります。


そのため花ごとたくさんの桜が散っていたら、
「スズメ」や「ヒヨドリ」の仕業かもしれません。


また身体を清潔に保つために「砂浴び」「水浴び」をします。


「スズメ」は「砂浴び」も大好きです。


公園の砂地などにある「くぼみ」を取り合っている姿は微笑ましいです。


suzume

画像はイメージ フリー画像です
(「砂浴び」中の「スズメ」)



暖かい日は「水浴び」もよく見られます。


suzume1

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」の「水浴び」)



ごく浅い水が溜まった場所で、
気持ちよさそうに「水浴び」をしています。


砂浴び ⇒ 身体に付いた虫などを落とす
水浴び ⇒ 身体を清潔に保つ


どちらも野鳥にとって必要な行動です。



「鳩」が「最も身近」ではないのか?


一般的には「鳩」は野鳥に分類しません

鳩 ⇒ カワラバト(ドバト)

は、元々レース用に飼育していたものが逃げ出して定着した「外来種」なのです。


hato

画像はイメージ フリー画像です
(「足輪」がついているものは何らかの管理がされている)



・元々飼育下であった事
・「外来種」である事


から「最も身近」な野鳥としては「スズメ」という事になります。


「キジバト」などは野鳥として分類されます。


bird kizibato

画像はイメージ フリー画像です
(「ヤマバト」とも呼ばれる「キジバト」)



減少傾向にある「スズメ」の数


公園に行ったりするといつも見かける印象の「スズメ」ですが、
生息数は減少傾向にあると言われています。


主な理由としては、
巣を作るのに適した日本家屋の減少と言われています。


suzume5

画像はイメージ フリー画像です
(電柱からスズメが出てくるのは巣があるから)



しかし最近では電柱の電気整備のボックスなどに営巣し、
たくましく生きています。


「ものさし鳥」としても役に立ちます。


suzumesiruetto

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」位の大きさという「指標」になる)



「スズメ」くらいの大きさという大きさの指標になる野鳥です。


これから「スズメ」を見かけたら、
その愛らしさとはかけ離れたたくましさを見習いたいものです。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)



『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です






  



「ものさし鳥」をご存知でしょうか?


こんにちは(。・ө・。)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


日本には四季があります。
そのため比較的多くの種類の野鳥を見ることが出来ます。

その中で「一番大きい野鳥」と「一番小さい野鳥」

気になりませんか?


野鳥の大きさの目安である「ものさし鳥」とは何か?
と共にお話していきます。

osidori

画像はイメージ フリー画像です
(四季があり水鳥も多く飛来する)



野鳥の大きさはわかりにくい


実は野鳥の大きさは視認ではよくわかりません。

・空を飛んでいたり
・森の中にいたり
・素早かったり
・比べるものがなかったり


野鳥の大きさを比較する際に使う言葉があります。
この基準になる鳥たちを、

「ものさし鳥」

と言います。

suzume7

画像はイメージ フリー画像です
(代表的な「ものさし鳥」であるスズメ)


具体的には、

・スズメ  (全長14.5センチ)
・ムクドリ (全長24センチ)
・ハト   (全長33センチ)
・カラス  (全長56.5センチ)

この鳥たちが基準となり分類されているのです。


hato

画像はイメージ フリー画像です
(「ハトくらいの大きさ」と使用されます)


karasu4

画像はイメージ フリー画像です
(カラスは大型の「ものさし鳥」)



【一例をあげると】


「スズメ」くらいの大きさで緑色の身体

⇒メジロである可能性が高い

meziro2

画像はイメージ フリー画像です
(果実や花の蜜が好きなメジロ)



「ハト」くらいの大きさで背中に鱗のような模様

⇒キジバトである可能性が高い

kizibato4

画像はイメージ フリー画像です
(鱗模様が特徴的なキジバト)


このように用いられます。

指標があることで区別がつきやすくなるわけです。



日本で見られる最も大きな野鳥


日本では四季がある関係で、
季節により見られる鳥が変わります。

その中でも最大の大きさを誇るのが、

「オオハクチョウ」

になります。

oohakutyou1

画像はイメージ フリー画像です
(日本最大の野鳥であるオオハクチョウ)



オオハクチョウの全長は140センチ以上。

「ものさし鳥」のカラスが56.5センチですから、
いかに大きいかわかります。

更に翼を広げた状態では200センチ以上あります。
体重も10キロ近くになる非常に大型の野鳥です。


冬に北日本中心に湖沼などに飛来し、
雪と氷と幻想的な景色を見せてくれる野鳥でもあります。

oohakutyou

画像はイメージ フリー画像です
(多くの白鳥が飛来する場所は観光地にもなっている)


くちばしの黄色と黒がよく目立つ野鳥です。



オオハクチョウはこんな形でも有名


オオハクチョウを模したもので最も有名なものがあります。

全国の公園などで見られる「あれ」…です。

suwanboto

画像はイメージ フリー画像です
(スワンボートはオオハクチョウを模している)


知らない間に乗っていたかもしれません。

くちばし周りを見て下さい。
実はよく再現されているのです。



日本で見られる最も小さい野鳥


反対に日本で見られる中で最も小さい野鳥は、

「キクイタダキ」

という野鳥になります。

kikuitadaki

画像はイメージ フリー画像です
(専門家でないと撮影出来ません)


キクイタダキの全長は10センチ。
体重は5gしかありません。

一円玉5枚分の体重しか無いのです。

ですので写真のように枝に止まっていても全くしなることがありません。

オリーブ色の身体に頭の黄色が特徴ですが、
通常針葉樹の上の方にいることが多く、お目にかかることは稀です。

kikuitadaki1

画像はイメージ フリー画像です
(身体の色合いも相まって見つけにくいです)


ただ冬場になると低地で見られることもあるそうです。

小さいので「いるもの」として見ていないと、
見逃してしまうサイズです。



知れば楽しくなる野鳥の世界


このように野鳥といっても種類やサイズは様々です。

オオハクチョウとキクイタダキの体格差、
実に130センチです!


体重に至っては、

「10000g÷5g=2000」

オオハクチョウの重さはキクイタダキの2000倍です。
こう書くとちょっと驚きます。

oohakutyou2

画像はイメージ フリー画像です
(野鳥たちは時に幻想的な風景を見せる)



これは極端な例ですが、体格や生体は違えど…

それぞれの環境の中で、
野鳥たちはこうして生きているのです。


「ものさし鳥」


という言葉でも知っておくだけで、
野鳥観察の際に役に立つかも知れません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



【参考文献】
日本野鳥の会 大きさでわかるおさんぽ鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ