ちょっと役に立つ話 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ちょっと役に立つ話



「女の子の成長を願う日」ではなかった「桃の節句」



こんにちは(*´ -`)♡(´- `*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🎎
本日もよろしくお願いいたします。


3月3日といえば「桃の節句」です。
現在は「女の子の成長を祝う日」として定着しております。


ですが最初は「雛人形」を飾る日ではありませんでした。
本日はそんな「桃の節句」にまつわるお話です。


momonohana

画像はイメージ フリー画像です
(ピンクが濃い桃の花)



始まりは季節の節目の宮中行事から


3月3日は古来中国において、


上巳節(じょうし又はじょうみ)せつ」


という季節の変わり目初めての「巳」の日に、
無病息災を願う行事でした。


日本には遣唐使が伝えたと言われております。


kyuutyuu

画像はイメージ フリー画像です
(宮中行事のイメージ)



それが宮中行事として定着していったのです。


人の形をした「ひとかた」という紙を水に流して汚れを払う。

そのような行事であったと言われています。


この行事は一部の地域で「流し雛」として残っています。


nagasibina

画像はイメージ フリー画像です
(現代も残る「流し雛」のイメージ)



平安に拡がった「ひいな人形」


平安の世には貴族や宮中で、
人形遊びが盛んになりました。

いわゆる「おままごと」の原型です。


こちらに使う人形を「ひいな人形」と言いました。

「ひいな」 ⇒ 「かわいいらしい」

という意味です。


hinamaturi

画像はイメージ フリー画像です
(かわいらしい雛人形)



言うまでもなく現在の「ひな祭り」の起源とされています。



5月5日は男の子の節句が既にありました。

3月3日を女の子の節句とするのは自然だったのかもしれません。



ちょうどその頃は桃の花が咲く頃です。

「桃の節句」

と言われるのはそのためです。


momonohana1

画像はイメージ フリー画像です
(桜よりも早く美しい桃色の花を咲かせます)



「桃」は元来厄除けの力があるとされてきた


「桃」には古来中国において厄払いの力があるとされていました。

「桃」の実を食べると「不老不死」となるとまで言われておりました。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(厄除けとして祀られることもある桃)



「桃」についていくつかエピソードをご紹介します。



【古来中国にて】


実は食べると「不老不死」の仙人となる。

花は邪気を払う。
葉は漢方薬として利用される。


sennin


画像はイメージ フリー画像です
(仙人は霞を食べ…「不老不死」だという)




【楊貴妃の話】


「桃」を食べて「不老長寿」を得た。
(1つ30万円はしたとされ庶民が手が出せるものでなかった)


youkihi

画像はイメージ フリー画像です
(一説には「李」とも…)




【古事記にて】


「イザナギ」が黄泉の国で「イザナミ」から逃げる時、
追手から逃れるために「桃」の実を投げて難を逃れた。


izanagi

画像はイメージ フリー画像です
(「黄泉平坂」にて難を逃れる「伊邪那美命」)




【昔話にて】


「桃」から産まれた「桃太郎」が、鬼退治をしたという話。
退治したのは「厄を払った」のだという説もあります。


momotarou
画像はイメージ フリー画像です
(そもそもあえて「桃」から産まれたのです)



「厄除桃」を祀る神社も存在する


実際に「厄除桃」を境内に祀っている神社も存在ます。


京都にあります「安倍晴明」を祭った、

「晴明神社」

です。


seimeijinja

画像はイメージ フリー画像です
(神社境内にある「厄除桃」)



こちらには「厄除桃」なる「桃」の像があります。
こちらをなでると厄が払われるとか。

お守りも「桃」のモチーフでかわいいです。

もし京都観光のチャンスがあれば立ち寄っても良いでしょう。



「晴明神社のHP」⇩
https://www.seimeijinja.jp/



「菱餅」の3色の意味


「桃の節句」には雛飾りと菱形のお餅を飾ります。

この「菱餅」にもきちんと意味があるのです。


hisimoti

画像はイメージ フリー画像です
(3色にはそれぞれ意味がある)



◆桃色
 クチナシを使う
 厄払いの桃色


◆白色
 菱の実を使う
 純白で汚れのない雪のイメージ
 子孫繁栄


◆緑色
 よもぎを使う
 新芽の萌えるイメージ


こちらにもきちんと「桃」が使われています。

※正確には「桃色」
※菱餅の色には諸説あります




「桃の節句」春の訪れに感謝しましょう


古来中国でもこの季節は身体を壊しやすいと言われています。

秋口もそうですが、
気温が大きく変わる頃は体調も崩しやすいのです。

秋口と違うのは植物たちが「萌える時期」であるということです。


「桃源郷」という言葉、
こちらも「桃」が入っています。


tougenkyou

画像はイメージ フリー画像です
(まさに「桃源郷」)



冬の厳しい季節を越えて、
今年も現れた「桃源郷」に人は魅了されたのでしょう。


このようなご時世だからこそ、

「健やかな女の子の成長」を願いたいものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.2 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です






  



「柊」と「鰯の頭」の意味は?



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです👹
本日もよろしくお願いいたします。


「節分」は日本の季節行事の一つです。

もちろん「豆まき」や「恵方巻」もその一つです。


本日は「節分」に飾る、
「柊」と「鰯の頭」のお話です。


hiiragi

画像はイメージ フリー画像です
(都心部ではあまり見かけなくなりました)



「柊鰯」(ひいらぎいわし)…日本の風習


「柊」(ひいらぎ)

の枝の先端に、焼いた「鰯の頭」を付けるのが正式です。


これらをセットとして「柊鰯」(ひいらぎいわし)

と呼ぶ事もあります。


hiiragiiwasi

画像はイメージ フリー画像です
(「柊鰯」の一例)



古来より日本では、

禍(わざわい)をなすのは「鬼」のせい

とされてきました。


onigasima

画像はイメージ フリー画像です
(「鬼」が住むとされる「鬼ヶ島」)



「季節の変わり目」でもある「節分」

つまり体調をくずす方も多い時期です。

それらは「鬼のせい」…とされてきました。


人々は生活空間(主に家)に、
「鬼」が入ってこないようにする必要があったわけです。



「魔除け」の力があると信じられてきた


「豆まき」の大豆も、

「魔を滅する」

「魔滅」から来ています。


setubun1

画像はイメージ フリー画像です
(基本炒った「大豆」を用います)



【柊を用いる理由】


「柊」は葉に棘、ギザギザがある植物です。
人間でも取り扱いによっては怪我をしてしまいます。

この棘に引っかかり、「鬼」も怪我をするわけです。

「鬼」は棘の金棒などを持っている割に、
棘を嫌うのだと言います。


oni


画像はイメージ フリー画像です
(「鬼」でも怪我をするのは嫌なようです)




【「鰯の頭」を用いる理由】


正確には「焼いた鰯の頭」です。

なぜ「鰯」なのか?

「鬼」は「鰯」の匂いが嫌いなのだそうです。


iwasi

画像はイメージ フリー画像です
(「鬼」は「鰯」の匂いを嫌う)



「さかなへん」に「よわい」と書く「鰯」が、
「鬼」の弱点だとは…なんとも不思議な話です。


「鰯」は特性として非常に痛みやすい魚です。

そのために焼いて保存を保ちますが、
その時に「煙」が出ます。

古来より煙で燻すのは「魔除け」効果があるとされています。


kemuri

画像はイメージ フリー画像です
(煙には「魔除け」効果があるとされる)



地方により「鰯の頭」の事を、

「焼き嗅がし」が転じて「やいかがし(焼嗅)」

と呼ぶ事もあります。



「鬼の嫌う棘のある葉」⇒「柊」
「鬼の嫌う匂いの魚」 ⇒「鰯」


これを組み合わせて「柊鰯」として「魔除け」に用いてきました。


頭を用いるのは、
高価だった魚の身体は「行事食」として食べて頭を用いた説や、
頭が一番匂いが強いなど…諸説あります。



全国区ではない風習


「柊鰯」を飾る風習は日本全土ではないようです。

主に本州を中心に伝わっています。

北海道および九州地方ではあまり見かけないのだと言います。


honshuu

画像はイメージ フリー画像です
(更に「西日本」に多いのだそうです)



一番色濃くこの風習を残しているのが、

「奈良県」

と言われています。


もちろん関東地方や、
東北地方でも行われている地域はあります。



「柊鰯」はいつまでかざるもの?


玄関などに飾った「柊鰯」は、
いつからいつまで飾るものなのでしょうか?

これについては地域差が大きく正解と言えるものはありません。


hiiragiiwasi1

画像はイメージ フリー画像です
(「豆まきセット」として市販もされている)



【飾る日】


・節分当日
・小正月の翌日(1月15日)


genkanhikido

画像はイメージ フリー画像です
(基本的に「玄関の外」に飾ります)



【外す日】


・節分の翌日
・2月いっぱい
・翌年まで


とある地方では猫などに「鰯」が取られるまで放置するなど、
大きく異なっているのです。



「柊鰯」の処分方法


【正しい処分方法】


役割を終えた「柊鰯」は正しく処分しましょう。

最も好ましいのは神社などで「お焚き上げ」してもらうことです。


otakiage

画像はイメージ フリー画像です
(最も好ましい方法です)



役割を終えた「お守り」等と同様に、
「魔除け」として働いた「柊鰯」を「お焚き上げ」して頂くのは理想です。


しかしながら、近隣にそのような神社仏閣がなかったり、
場合によりお正月の期間のみしか受付をしていない場合もあります。


hansi

画像はイメージ フリー画像です
(「半紙」なら手に入りやすい)



その場合は、

・塩で清める
・半紙でくるむ

その上で各自治体の廃棄方法に従って廃棄しましょう。



大切な日本の風習の一つ


都心部ではマンションなどの生活が増えて、
玄関に「柊鰯」を見る事も減ってきました。

「鬼は外」

の声と共に減少傾向です。


inaka

画像はイメージ フリー画像です
(いつかは無くなっていく風景…)



昨今ではこうした行事に、
外国人が興味を持ち参加しているそうです。

「日本らしさ」を忘れていく日本人。

それで良いのでしょうか…と考える時もあります。


kateienman


画像はイメージ フリー画像です
(大切な事を伝えて行きましょう)



伝統行事を教えてもらった子供たちは、
大人になった時に自分の子供に伝えます。


そうして守っていくものもあるのでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「つくし」はずっと「つくし」なのか?



こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


穏やかな陽気の日が続くと、
春は近いのかと思ったりします。


harukaze


画像はイメージ フリー画像です
(「春風」のイメージ)



春先に土手や畑…いろんなところに出てくる「つくし」
姿もかわいいのでなかなかの人気です。

ところでこの「つくし」その後どうなっているか観察したことはありますか?


本日は「つくし」についてのお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(いつの間にか生えた「つくし」)



「つくし」という名前の植物はない


ちょっと驚きのお話ですが、


「つくし」という名前の植物は正確にはありません。


ご存知の方も多いと思います。
実はこの「つくし」は「スギナ」という植物の一部だからです。


tukusi

画像はイメージ フリー画像です
(「つくし」という名前の植物は無いのです)



そして「スギナ」は、

・農家をされている方
・ガーデニングを楽しむ方
・庭の雑草を取っている方

などにはなかなかの「強敵」として知られています。


こちらが「スギナ」です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「つくし」の姿とは随分違います)



「杉」に似ている「スギナ」


【スギナの基本情報】


・トクサ科
・トクサ属
・「杉菜」とも書く


sugina

画像はイメージ フリー画像です
(びっしりと生えた「スギナ」)



地下に根をはり繋がるように横に広がる植物です。


その葉の形は「杉の木」を連想させる事から、

「スギナ」

の名前が付きました。



「つくし」の仕組みと一生


「つくし」はこの「スギナ」の「胞子茎」にあたります。

まずこの「胞子茎」が春先に顔を出し、
伸びて成長したら胞子を飛ばします。

胞子は風に乗り散らばってまた新しい「スギナ」となります。


tukusi1

画像はイメージ フリー画像です
(胞子を出し終えた「つくし」は役割を終える)


「スギナ」と「つくし」は「地下茎」でつながっており、
胞子を出し終えた「つくし」は役割を終え枯れていきます。

そのあとに青々とした「スギナ」の葉が拡がります。


tukusi1


画像はイメージ フリー画像です
(「地下茎」で繋がっている「つくし」と「スギナ」)



「スギナ」の葉は光合成をして、
地下に来年のための「つくし」を形成します。

役割を終えた葉は冬にはすべて枯れてしまいます。


つまり葉が枯れた頃には来春の準備が出来ているわけです。

そして来春にまた「つくし」として出てくるのです。


tukusi

画像はイメージ フリー画像です
(来春にまた会いましょう)



別名「地獄草」…その由来


「つくし」も「スギナ」も食用になるうえに、
薬効などもあるようです。

(ここでは割愛致します)


ではなぜ厄介なのか…。

それは極めて旺盛な繁殖力です。
地上の「スギナ」を刈っても刈っても…どんどん伸びます。


sugina1

画像はイメージ フリー画像です
(「スギナ」を根絶するのは難しい)



しかも「地下茎」が横に伸び、あたり一面を覆います。
その「地下茎」が生きている限り再生するのです。

その拡がりが余りにすごいのでついた名前が「地獄草」です。


確かに他の農作物を育てる農家さん、
ガーデナーにとってはそういう側面もあるということです。


tukusi2

画像はイメージ フリー画像です
(根を張り土壌を強くする「スギナ」)



反対に力強く根を張るので、
崩れてほしくない場所。

例えば土手などを丈夫にする力があります。

こういったところに「スギナ」があれば、
なかなか崩れない土手となるわけです。


土手に「つくし」を見る機会が多いのはこういった理由もあるのです。



「スギナ」の美しい風景


一部「厄介者」とされる事もある「スギナ」ですが、

一面に広がる「スギナ」は初夏にはとても美しいものです。


涼しげであり、水滴などがつくと幻想的でもあります。


sugina

画像はイメージ フリー画像です
(「スギナ」に美しい水滴のイメージ)



私達の知らない地下では来春の「つくし」のために準備をしているのです。


今年も知らずのうちに伸びた「つくし」
また違った目で見ることが出来るかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*.. ꕤ




合わせて読みたい記事です




草花・自然の記事をまとめました




ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ