ちょっと役に立つ話 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:ちょっと役に立つ話



四つ葉のくまさんの癒しのお花 トップページです


こんにちは(*'-'*)ꕤ
四つ葉のくまさんことよつくまです

ブログを訪れて頂きましてありがとうございます。




ブログの内容について


当ブログでは…

・minne(ミンネ)との連携情報(新作や情報)
・自然や生花などの雑学
・お料理のちょっとしたコツやレシピ
・ちょっと役に立つ雑学
・健康や美容に関する情報

etc…


などを記載している日記型のブログになります。


下記目次より各カテゴリのトップにリンクしておりますので、どうぞご利用下さいませ

minne背景

↑写真クリックでminneギャラリーへ




四つ葉のくまさんとは?

アーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンを使って、日常生活に癒しを…
そんな想いから始めたハンドメイド作家です
当ブログはもちろん
minne(ミンネ)
Twitter(四つ葉のくまさん)などの活動をしています。

詳しくはこちらをご覧ください

minneのプロフィールへ



minneギャラリーへ

ギャラリーは常時ご覧頂く事ができます。

フェイクグリーンやアーティフィシャルフラワーのアレンジ
壁掛けインテリア雑貨
キッチンを彩るリースや壁飾りなど…

様々なアイテムと出会うことがきます。
それぞれが一点物ですのでご縁を大切にしています。

詳しくはこちらからどうぞ

minneギャラリーへ




minne(新作・情報・sale)

minneの新作情報や再販情報。
配送についてのお知らせやお得な情報など…
minneに関する情報をまとめたカテゴリになります

詳しくはこちらからどうぞ

minneカテゴリへ














minne使用ガイド

minneを初めて使用する方やどんな機能があるのか等
解説するために作ったカテゴリです。
特に「メッセージ」と「レビュー」の違いなど人気記事となっております

ハンドメイド作家様にも見て頂ければ嬉しいです。
これからハンドメイド作家を目指す方もご一読下さい。

詳しくはこちらからどうぞ

minne使用ガイドへ







お料理の話

よつくまはハンドメイドの他にお料理も好きです。

「お料理上手になるには」のシリーズは…

・レシピの言葉がわからない
・まな板ってどう選ぶの?
・大さじと小さじって?

そんな超基本やレシピの言葉を学べます。
お料理初心者必見です

他にもパスタのレシピ、
作り置き惣菜やあともう一品の簡単レシピなどをご紹介。

夕飯のアイデアにもどうぞご利用下さい。

詳しくはこちらのカテゴリへ

お料理カテゴリへ
















食の雑談

食に関する様々なお話です。

カフェに行ってきた話。
ちょっとしたお土産を頂いた話。
話題のスイーツを食べてみた話など…

近年健康志向の高まりを受けて見直されている和食についても。

ちょっとした息抜きのカテゴリです

お時間があるときにご覧ください

食に関する雑談カテゴリへ












生花や自然の話

よつくまはアーティフィシャルフラワーやフェイクグリーンを扱っています。
生花や自然、野鳥も大好きです。

・つくしは成長したらどうなるの?
・黄色い花に虫が作って本当?
・ツバメはどこから来るの?

などちょっとした疑問に答えるものから…

マクロレンズを用いた生花の写真などを紹介しています📷

実は人気記事の多いカテゴリです

生花や自然の話カテゴリへ










美容や健康の話

近年健康志向の高まりを受けて、様々な身体に良い食べ物や習慣が注目されています。

四つ葉のくまさんでは健康・美容に役立つ食べ物の紹介。
季節の変化にともなうメンタルの変化。
ちょっとした習慣で変わる健康などに着目して記事にしています

季節ごとの記事なども注目下さい

生活・暮らしのカテゴリへ













ちょっと役に立つ雑学

日常生活の中でこの言葉の意味がわからない…。
「木」と「樹」ってどっちだっけ?
などちょっとした疑問に感じることがあります。

そんなときにご活用下さいませ。
実は間違った使い方をしている言葉など気になるカテゴリです。

北欧の話題「フィーカ」「ヒュッゲ」などもこちらです。

詳しくはこちらへ

雑談・日記のカテゴリへ













創作寓話・コラム

主にクリスマス中心になります。

創作したおとぎ話を書いております。
もし読んで頂き少しでもほっこりして頂ければ幸いです☕

クリスマスに起こった奇跡。
何も望まなかった女の子が願ったこと。

日常生活に少し疲れた時にご覧下さい。

詳しくはこちらへ

寓話やコラムのカテゴリへ










ご登録頂ければ嬉しいです(๑´▿`)♡⇩






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






↑このページのトップヘ

  



梅の実がなる時期だから梅雨(ばいう)


こんにちは(`・ω・´)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


日本の季節の一つ梅雨。
(つゆ・ばいう)と読みます。

イメージはどんな感じでしょうか?

・雨降り
・じとじと
・晴れない

ネガティブなイメージです。
少し梅雨の事を勉強しておきましょう。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像
(雨にカタツムリ…梅雨のイメージ)



なぜ梅雨というのか?


本日は、

「梅雨ってそもそも何?」

を書きたいと思います。

umenomi

画像はイメージ フリー画像です
(梅の実がなる時期です)


梅雨は何故「梅」に「雨」なんでしょうか

一般的には、

「梅の実ががなる季節に降る雨だから梅雨」

という説が有力です。

※諸説あります


その為、この雨季に入ることを「入梅」(にゅうばい)と言います。



梅雨の発生する仕組みをごく簡単に言うと…


どうして梅雨が起こるのか…すごく簡単に話をします。


北から冷たい空気を持った空気の塊(気団)

「オホーツク寒気団」

が下がってきます。

これは冷たく湿気を持った寒気団です

tennkizu

画像はイメージ フリー画像です
(「温」と「冷」のぶつかり合い)


反対に南から、

「小笠原気団」

が上がってきます。

これは高温で多湿の気団です


この気団がぶつかるのが日本列島の6月~7月。

気圧の谷間ですので「梅雨前線」が産まれお天気が不安定になります。


梅雨とは雨が降りやすくなる「雨季」の一つであると言えます。

これが梅雨のメカニズムになります。


一番簡単に言えば…

「冷たい空気と暖かい空気がぶつかると雨が降る」

でよろしいかと思います。



なぜ雨が長引くのか?


長引く雨は嫌なものです。
気分が落ち込んだりすることもありますね…

寒気と暖気のぶつかりは実は梅雨以外でも普通に起こります。
局地的な大雨というのは最近では当たり前になりました。

災害を起こすような事もありますね…(-"-)


tuyu2

画像はイメージ フリー画像
(長引く雨は嫌なものです)


梅雨が長引く理由としては先述の寒気と暖気のぶつかりが停滞する事です。


もちろん他にも要素があります。

東南アジアの気団や中国揚子江の気団も影響しています。

いずれも寒暖差のある気団のぶつかりで雨が降ります。
それが繰り返し発生するために前線が停滞するのです。

複数の気団によるぶつかりが繰り返されることで、

「梅雨前線」

が長く停滞するというわけです。



気団のぶつかり具合で変わる梅雨


梅雨は毎年が同じではありません。
(降雨量や頻度など)

気団のぶつかり具合で「梅雨前線」が上下するため降雨量に差がでると言うわけです。

雨のあまり降らない梅雨を、

「空梅雨」(からつゆ)

といいます。

tuyunoharema

画像はイメージ フリー画像です
(梅雨の晴れ間には虹が出ることも)


たまたま「梅雨前線」が下がってお天気が回復することを、

「梅雨の晴れ間」などと呼びます。


本日は梅雨の基礎知識になります。

次回も梅雨の雑学を記載していこうと思います。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



「紫陽花寺」はこうして産まれた


こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


梅雨に咲く花の代表格であるアジサイ。
雨が似合う花でもあり格別な魅力があります。

1064

画像はいつかのアジサイ 美しい花色です。


全国には「紫陽花寺」と呼ばれるお寺が数多くあります。
それはなぜなのでしょうか?

azisaidera

画像はイメージ フリー画像です
(アジサイで有名な寺社は多い)



医療技術と梅雨の関係


医療技術が進歩していなかった昔。

アジサイが咲くこの時期。
梅雨に入る頃は多湿です。
その上晴れると高温になり雨が降ると低温。

これが繰り返されるため、
病気が蔓延しやすい時期だったのです。

katatumuri

画像はイメージ フリー画像です
(雨は恵みをもたらすが…)


また現代のように空調設備が整っているわけでもありません。

庶民は高い薬を買うことも出来ずに、
医療を受けること叶わず多くの方が命を落とす事が多かったそうです。

BlogPaint

画像はいつかのアジサイ


・衛生管理
・医療技術
・栄養
・多湿と寒暖差

厳しかったであろう状況は想像に難くないです。



鎮魂の意味を込めて


全国各地のお寺ではその鎮魂の思いを込めて…
この時期に花をつけるアジサイを植えたのだと言われております。

784

画像はいつかのアジサイ


特に数年にやってくる「流行病」
当時は解明すらされていなかった訳です。

たくさんの方が亡くなられ各地の境内にアジサイが植えられました。

1186

画像はいつかのアジサイ 


比較的手間がかからず、
毎年同じ時期にきちんと花を咲かせる美しいアジサイ。

お寺を中心に植えられていったのはこうした背景があると言われています。


お寺のアジサイにはそのような歴史があるようです。

「せめてもの慰みに」

と言った慈悲の心といったところでしょうか…。


※諸説ある記事です



「紫陽花寺」として今日に伝わる


そうして植えられたアジサイは大切に育てられ、
各地で紫陽花寺として受け継がれてきました。

1063

画像はいつかのアジサイ 色変わりの一枚


梅雨の頃…
一斉に花を咲かせるアジサイ。

今度紫陽花寺を尋ねる際は、
こうした背景があったことを知っておく事は必要と思います。


今日では梅雨の楽しみとして見ることが出来るアジサイ。
当時の方々を偲びながら楽しませて頂きましょう。

また少し違った見方ができるかもしれません。


終わりにウィキペディアより、
各地の紫陽花寺をご紹介したいと思います。

こちらを御覧下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ