くず餅 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:くず餅



「くず餅」か「葛餅」か?


こんにちは(〃'▽'〃)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


清涼感のあるお菓子で、
冷やして食べることが多い「くず餅」

関東と関西でまるで別物であるのをご存知でしょうか?


本日はそんな「くず餅」についてのお話です。

BlogPaint

画像はいつかの関東の老舗船橋屋のくず餅



両者は全くの別物?


双方とも「くず餅」であることは間違いありません。

しかしその製法や原料まで全く別物と言えます。

kuzumotinotigai

画像はイメージ フリー画像です
(関西風と関東風の違い…説明できますか?)


ここでは双方の、

・原材料
・見た目
・味覚や食感
・呼び名


などの違いを比べてみようかと思います。



関東における「くず餅」


◆原材料
 小麦粉を乳酸菌で発酵させる

◆見た目
 乳白色で濁っている

◆味覚や食感
 お餅のそれに近い
 もちもちして弾力がある

◆呼び名
 久寿餅
 くず餅
 東京(江戸)くず餅 など

BlogPaint

画像は関東風くず餅 きなこと黒蜜が多いです


◆特筆するべき点

和菓子で唯一の発酵食品である
乳酸発酵で480日もの時間を要する
手作りは少し難しい


発酵食品ということでお腹に優しいのが特徴です。
便通を整えてくれる効果があり、
お腹の事を考えて購入される方も多いのだとか…。

きなこにも食物繊維や大豆イソフラボンが入る為、
女性にとっても嬉しいおやつという事になります。

もっちりとした独特の触感で、
かすかに乳酸発酵の酸味があります。

基本的には餅自体には味はありません。
そのためきなこと黒蜜などをかけて食べるのです。



関西における「くず餅」


◆原材料
 植物の「葛」原料とする葛粉

◆見た目
 半透明で透き通っている

◆味覚や食感
 ぷるんとして柔らかい
 ややゼリーに近い食感

◆呼び名
 葛餅

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(関西風は濁りがない)


◆特筆するべき点

味を付けて作成されることが多くそのまま頂ける
フルーツを入れたり抹茶風にしたりバリエーション豊富
葛粉で自宅でも作ることが可能


関西風は透明でぷるんとしています。

葛粉とお砂糖と水を火にかけてねったものです。

実はのど越しのいい「くずきり」なども葛粉を主原料にしています。

kuzukiri

画像はイメージ フリー画像です
(夏に美味しい冷やし葛切り)


葛粉にも整腸作用と身体を温めたりする効果があります。
体調不良で何も食べられない時に飲む「葛湯」なども有名です。

また葛餅自体に味がついており、
きなこや密がなくても手軽に頂けます。

・きなこのみをかける
・きなこと黒蜜をかける
・抹茶など他のフレーバーを楽しむ

など自由に選ぶことが出来ます。



どちらも「くず餅」であり伝統的な和菓子


関東と関西の「くず餅」は原料からまるで違うものでした。

しかし土地に合わせて和菓子職人さんたちの努力で完成したわけです。
それを食べ比べることが出来るのは幸せと言えるでしょう。

warabimoti

画像はイメージ フリー画像です
(わらび餅 こちらはわらび粉が原材料)


関西くず餅に近いもので、

「わらび餅」

という和菓子もあります。

こちらは原材料に「蕨」をもちいたわらび粉が主原料です。


今では通年楽しむことが出来ますが、
暑い時期に頂くひんやり和菓子はありがたいものです。

それぞれの違いを味わいながら頂くのもまた一興でしょう。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



老舗の作る「お腹に優しい」和菓子


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


伝統を守りながら、
現代にも生き続ける老舗のお菓子。


本日は和菓子で唯一の発酵食品である、
「東京くず餅」のお話です。

BlogPaint

画像は「船橋屋くず餅」です
(きなこと黒蜜のハーモニー)



餅菓子…なのに発酵食品?


通常大福などの餅菓子は発酵工程はありません。

しかしこの「東京くず餅」は立派な発酵食品なのです。

hunabasiya

画像はイメージ フリー画像です
(本店の様子 趣のある外観)


「くず餅を食べたらお腹の調子がよくなった」

という理由でリピートする方も多いのだそうです。


あえて「東京」とつけているのは、
関東と関西のくず餅は別物であるからです。

関西のくず餅は葛粉を原料としており、
そもそも別物です。

もちろんそれぞれの良さがあることは言うまでもありません。



東京くず餅の原材料は小麦粉でんぷん


東京のくず餅の原材料は小麦です。
そちらから抽出したでんぷんがモチモチ食感の秘密です。

くず餅が出来るまで、
樹齢100年以上の木樽を用いて…

「450日」

もかけて発酵処理をするのだそうです。
少なくとも今店頭に並んでいるのは1年半前に発酵処理が始まったもの…という事に。

hunabasiya1

画像はイメージ フリー画像です
(昔ながらの製法を守っている)


以前にその様子を一部テレビにて見たことがあります。

・その場所
・その環境
・その素材(小麦や水)
・職人さんのさじ加減

etc…

様々な技術の結晶が「東京くず餅」なのです。



かすかに感じる酸味は乳酸菌の証


「東京くず餅」の封を開けると、
かすかに酸味を感じる事があります。

それは乳酸発酵の証です。

また消費期限も短めで、日持ちはしません。

yoguruto

画像はイメージ フリー画像です
(ヨーグルトの酸味も乳酸菌発酵の証)


老舗である「船橋屋」のポリシーは、

・自然発酵
・無添加
・保存料無し

これがお腹の調子が良くなる秘密のようです。

もう210年もの長きに渡り…製法を守っているのだとか。
驚きです。

近年では「和菓子唯一の発酵食品」として再評価されているのです。



きなこと黒蜜をかけても…低カロリー


きなこと黒蜜で頂くこの和菓子。

カロリーも高いのかと思いきや…
一皿9切れでカロリーは194kcal。

一般的な市販品の大福一個が300kcalであることを考えると非常に低いです。

くず餅船橋屋

画像は本店提供のくず餅一人前
(レトロなスプーンで頂くスタイルです)


一緒に食べるきなこも大豆製品なので、

・大豆サポニン
・大豆イソフラボン

女性には嬉しい組み合わせです。


黒蜜も沖縄産黒糖から作られたオリジナルです。

極めて安心できるおやつと言えるでしょう。



比較的入手も簡単


「船橋屋」のくず餅は、

関東に数店舗あり、
ターミナル駅のアトレやデパートなどで入手可能です。

社長が若い方に変わり色々なことも始めています。

hunabasiyaomotesando

画像はイメージ フリー画像です
(東京表参道にオープンした新店舗)


老舗の伝統を守りつつ、
新しいことへもチャレンジしているのです。

ネットショッピングにも対応しているので、
まだ試したことが無い方は一度食べてみてはいかがでしょうか?


こちらからHPに入れます。
(船橋屋元祖くず餅のページです)




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ