美味しいお蕎麦がある所は水も美味しい


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本人であればこだわりたいものの一つがお蕎麦です。

もちろんお米はもちろんですが、
お蕎麦も大切な文化の一つです。

本日はそんなお蕎麦についてのお話です。

BlogPaint

画像はイメージ いつかのお蕎麦
(手打ち感がいい雰囲気です)



水の美味しさがお蕎麦の美味しさにつながる


そば打ちには水の良さは欠かせない要素です。

そば打ちにとって大切なのは「良質の軟水」と言われています。

sobauti

画像はイメージ フリー画像です
(手打ちそばのイメージ)


そば粉の割合が高いそばを打つ際には、

「硬水」

だとそば粉が上手くまとまらないのだそうです。


ほぼすべての工程で水を使用するお蕎麦。

・そば打ち
・茹で
・水で締める

水が美味しければ当然お蕎麦の味も良くなります。

sobawosimeru

画像はイメージ フリー画像です
(茹でたお蕎麦を冷水で締める)


出汁をとってつゆを作るのも、
おいしい水であればなおさら美味しくなります。

同じ地域で取れたものを同じ地域の水で調理する事。

これが美味しさの秘訣です。

いわゆる「地産地消」の考えです。
「身土不二」(しんどふじ)にも繋がる食文化です。


【身土不二とは?】

「土と身 2つにあらず」という意味。
つまり、人間の身体とその生活する土地は切っても切れない関係という意味。

その土地の物を食べて生活するのが最も理にかなっているという事。



お蕎麦の美味しい地域では…


お蕎麦の美味しいと言われるエリアには…

美味しい日本酒があります。

お蕎麦の薬味として有名なわさびも、水の綺麗な場所で育ちます。

水とお蕎麦や和食はとても関係が深いと言えます。

wasabida

画像はイメージ フリー画像です
(水の綺麗なわさび畑)


そういう美味しいお蕎麦と出会ったなら…

そばつゆにいきなりわさびを混ぜるのではなく、
お蕎麦にわさびをちょっとだけ乗せてそばつゆに溶かさずに頂いて見て下さい。

また一味違った風味を楽しめます。


水のきれいなところで取れたわさびは絶品です。

お酒を飲む方であれば日本酒も頂きたい所です。

nihonnshu

画像はイメージ フリー画像です
(お酒はほどほどに…)



地域にあった水と食べ物の文化


ヨーロッパなどではパスタを作ります。

そしてヨーロッパの水の多くは「硬水」です。

yo-ropanoyama

画像はイメージ フリー画像です
(高い山がミネラル豊富な「硬水」を生む)


ミネラルを多く含む「硬水」はお蕎麦には不向きですが…

その土地で作るパスタには適しているのです。

pasutadukuri

画像はイメージ フリー画像です
(パスタもその土地の水が合う)


この事柄は、
水がその土地に合った食べ物を作るのに大きく影響している事を表しています。

ちなみに日本では多くの水源が「軟水」です。

ヨーロッパのように高い山が少ないこと。
地層の影響で「軟水」が多いと言われています。



お蕎麦は香りも楽しむもの


せっかくお蕎麦を楽しむならば、
香りまでを楽しみましょう。

よく通の方はお蕎麦だけを先に食べるといいます。

その後、適宜薬味を楽しむのです。

sobayakumi

画像はイメージ フリー画像です
(代表的な薬味であるネギとわさび)


今風に言えば「味変」でしょうか…

通のふりをして真似る必要はありません。
その人なりの楽しみ方をすればよいのです…が。

・味の濃いつけ汁にたっぷりとつける
・香辛料をこれでもかと使用する
・お酒を飲みすぎる(味覚が鈍る)

こういった行為は風味を損なうので控えましょう。


日本の食文化と水は切っても切れない縁があるようです。

DSC_0916

画像はイメージ いつかの水車小屋
(きれいな水です)


美しい日本の風景と食文化が共にありますよう…
願うばかりです。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です