お正月 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:お正月



「金運」をつかさどる縁起の良い食べ物



こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本の大切な「食文化」の一つ。
お正月に関する疑問を解決しましょう。


「栗きんとん」の「きんとん」とは何でしょう?
言われてみれば世の中にその名前の食べ物はありません。


本日は「栗きんとん」の「きんとん」の意味についてのお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(甘くて美味しい「栗きんとん」)



手作りは大変な「おせち」の一つです


「栗きんとん」は甘く食べやすいので、
子供にも人気のある「おせち」の一つかと思います。


kurikinnton

画像はイメージ フリー画像です
(子供に人気の「おせち」の一つ「栗きんとん」)



「栗きんとん」という名前ですが、
「栗」以外の部分はほとんどの場合「さつまいも」などを裏ごしして作ります。

もちろん全て「栗」で作る場合もありますが、
その場合たいそうお値段がかかります。


一般的には「さつまいも」を用いることが多いようです。


satumaimo6

画像はイメージ フリー画像です
(全てを「栗」で作ると大変なお値段に…)



手作りをしたことがある方は面倒な作業であることをご存じでしょう。

滑らかするために裏ごしするのはそれなりに大変です。




【裏ごしとは?】


調理の手法の一つ。

「さつまいも」や「かぼちゃ」などを加熱後、
裏ごし器(目の細かいザル状の道具)を用いて、滑らかに漉す工程の事。

しっかり裏ごしすると滑らかな口当たりになる。


satumaimonouragosi

画像はイメージ フリー画像です
(「さつまいも」の裏ごしの様子)



「栗きんとん」を漢字で書くと「栗金団」


「栗」はわかりますが「きんとん」の部分は何なのでしょうか?


「栗きんとん」は漢字で書くと ⇒ 「栗金団」

となります。


kinnodango

画像はイメージ フリー画像です
(確かに縁起が良さそうな「金色の団子」)



こちらは「金色の団子」を意味します。
もしくは「金色の布団」と解釈する場合もあります。

※諸説あります


多くの場合黄色い色は「クチナシの色素」を使用します。


kutinasi7

画像はイメージ フリー画像です
(乾燥したものが市販されています)



「黄金色の布団」にくるまれた「栗」


黄金色の見た目を「金塊」「小判」などに見立てた縁起物です。

「金運」の上昇を願ったと言われています。



武家社会では「栗」は縁起物


武家の社会において「栗」は縁起物でした。

「搗栗」⇒「勝栗」

同音の「かち」を験担ぎしたものです。


出陣前に食べたとも言われます。



katiguri


画像はイメージ フリー画像です
(本来の字は「搗栗」天日干しし臼で搗いて渋皮を除いた)



これを「金塊」に見立てた餡にからませて誕生したのが「栗きんとん」です。

お正月に頂くことで「金運」を頂く…つまり一年の財運を願ったわけです。


zaiun

画像はイメージ フリー画像です
(「財運」に恵まれますように)



話は逸れますが…

「勝栗神社」(鹿児島)

という神社も実在するようです。


katigurijinja

画像はイメージ フリー画像です
(実在する「勝栗神社」 画像クリックでも遷移します)



リンクを貼っておきます。
興味のある方はこちらから⇩

https://www.kagojinjacho.or.jp/shrine-search/area-airaisa/%E6%B9%A7%E6%B0%B4%E7%94%BA/516/

(鹿児島県神社庁 「勝栗神社」サイト)



孫悟空の「筋斗雲」との関係


漫画や物語でもおなじみの孫悟空に登場する「筋斗雲」


「きんとん」と「きんとうん」


ちょっと似ています。


kintoun

画像はイメージ フリー画像です
(一度は乗りたいと思ったこともあるでしょう)



残念ながら「栗きんとん」は特に関連はなさそうです。


「筋斗」とは「宙返り」の意味で、
「雲を操る仙術」だとのこと。


「きんとん」の餡の部分は「雲」に見えなこともありません。


日本でも「雲の文様」は着物などに使われることもあるそうです。



kumodorikimono


画像はイメージ フリー画像です
(「雲取り」の美しい反物)



今年も「栗きんとん」を食べて。
一年間の財運にあやかれますように…。



ありがたく頂きましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリから通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  


菜の花の仲間です…お花も咲きます


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。

今は100円均一でも面白い商品が買えますね
スマホ用のマクロレンズもその一つ。
大変不定期ではありますが…
時々UPしていこうかなと考えております

本日はその第40回 
お題はお正月を感じます「葉牡丹」です

葉牡丹

葉脈がはっきりと見えます


どうでしょうか?
普段目にするお花ですが、こうしてみるとまた違って見えませんか



葉牡丹のイメージ


葉牡丹というとお正月を連想される方も多いかもしれません🎍

これは今のようにお花の種類がたくさんない江戸時代に、冬でもお花を楽しみたい!
と、お正月に葉牡丹を飾ったことに由来していると言われています。

それが今でも残り、デパートなどのお正月アレンジも葉牡丹を使います。

ガーデニングでも葉牡丹は優秀で、きれいなガーデンを彩ってくれますね



菜の花の仲間です


葉牡丹はアブラナ科アブラナ属の植物です。
つまり菜の花と同じなのですね

春を迎えた葉牡丹は御存知の通り黄色い花が咲きます。

考えようによっては冬も春も楽しめる便利なお花ということですね(*ˊᵕˋ* )

お花が咲く頃には少し葉の方は傷んでしまったり
きれいな色合いが薄くなってしまったりしますが…
それでも冬から春まで長く楽しめるありがたい植物です



園芸種も様々


最近では品種がたくさん出ており、ガーデニング愛好家を楽しませてくれます。

縮れた葉になる「ちりめん葉牡丹」
ケールのような葉になる「ケール葉牡丹」
切れ込みが入る「切葉系葉牡丹」
背が高くなる「高性種葉牡丹」
フリルレタスのような「フリンジケール葉牡丹」
黒い葉が特徴の「ブラック系葉牡丹」
etc…

まだまだ品種が有るようです。

ホームセンターでも人気ですね


こちらは生花店で購入したもの💐
高性種でしょうか…花瓶に活けられるように背が高く、葉が小さめのものでした。

まだ楽しめる葉牡丹を愛でてみるのも一興かと思います。



第40回目の今回はこの辺で…
この企画は不定期連載していきます。
(よく続いたものです




よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




同シリーズの記事です









ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  



今年もよろしくお願い致します!


こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


新年明けましておめでとうございます🐄
(o*。_。)oペコッ✿

本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます。


旧年から引き続き異例となる2021年の幕開け…
今年は帰省をなさらずに家で過ごされる方が多いのかと思います。

2021年賀状


画像はイメージ 年賀状より



今年は色々なことが取り戻せるように…


すでに異例となっている今年のお正月ですが。
正直親族の集まりなどは危険が伴います。
ただでさえお酒などが入ると油断をしてしまうお正月

そんな団らんでさえ普通でなくなってしまいました💧


初詣も人が集まるために危険ということで、すでに昨年12月から破魔矢を配布するなど、年内詣でと言われる分散化が行われておりましたね。


ご友人や田舎の父母など…
会えずに終わってしまった旧年という方も多いでしょう。

今年はそんな普段出来ていたことが取り戻せるように…期待してやみません。



本当に怖いこと…


新型コロナウィルスの一番恐ろしいところは…
「味覚障害」
「無自覚感染」
「呼吸器重症化」
でもないのかなと思います。

もちろん高齢の方、持病のある方にとって死に至る可能性がある病である。
ことは間違いありません。

そちらを承知の上での話ですが…


「人と人の絆を引き裂く」


ことではないでしょうか?


普段会って話をしていれば何気ないことも、メールやらリモートやらのやり取りではうまく行かなかったり。
コミュニケーション不足がもたらす様々な不具合であったり。
実家に行くのも高齢の両親がいてためらう状況であったり。
医療従事者は休まずに今も働いて…家族とも会えない状況であったり。

人は所詮群れて行動するもので、その弊害は計り知れません。



とあるCMを見て…


昨年末とあるCMをみました。

父「今年は何も出来なかったなぁ」
娘「パパとたくさんいられたし、本もたくさん読んだよ」
父「そうだな!」

という内容ですが。


これはCMですから「出来た娘」なのでは?といっては話が始まりません

実際に家族と一緒に過ごす機会が増えた。
という方もおられるかもしれませんね。

それがマイナス方向ではなくプラスの方向へ向かうように…
心がけていきたいものです


実際に都心部から少し郊外の家がよく売れるようになっているそうです🏡

リモートワーク100%という企業も現れました。

生活の変化に適応したということでしょう

今年はさらなる適応が進む可能性は充分にあり得ます。



実りある年にしたいものです


昨年は正直ウィルスに踊らされた感があります。
変化が余りに急であったために、ついていけなかったのですね

今年はもう新年から気をつけることがわかっています!
この差は大きいです。

おそらくイベントなども新しい形で始まるのでは無いかと思います。
すでに昨年からハンドメイド界隈でもオンラインイベント。
買い物が出来る「リアル作品展」などがスタートしています

大きな会場に集まらなくても…
人混みに交通手段を考えなくても…
荷物を持って変える手段を考えなくてもいいのです


また状況に流されないようにすることも一つの対策です。


よつくまで言えば…

仕入れで実際に見たものを控えて、オンラインで注文するとか…
ツイッターのイベントを活用して宣伝をするとか…
仕入れの数量を調整して季節に備えるとかでしょうか


準備をしておけばいいのだと思います。

そしてこればかりはどうしようも無いこともあるでしょうけど…
心を穏やかに保つ事です



今年もブログは更新していく予定です


正直どこまでできるかわかりませんが…
今年もよつくまのブログは更新を続けていきます٩(。•̀Δ•́。)و

それも一つの「がんばり」とおもって…

どうぞ見守って頂ければと思います。


そして気になる記事などありましたら、お気軽にシェアやコメント頂ければと思いますꕤ


皆様どうぞ穏やかな新年をお過ごしくださいませ

家にいても食べすぎには注意しましょうね( ゚д゚)ハッ!



よつくまがお届けいたしました*・・*:.。..。🍀




お正月の過去記事です(駄文です)









ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です










  

このページのトップヘ