お料理初心者 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:お料理初心者



健康志向の高まり…知っておくと便利な砂糖たち



こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


【「お砂糖」は上白糖だけでいいのかしら?】


基本のレシピは「上白糖」で対応出来ます。
本日ご紹介する砂糖は知らなくても問題はありません。

但し知っておけばお料理の幅が拡がります。


今さら聞けないそんな事を勉強していきましょう


第24回 
お料理の幅が拡がる「お砂糖を知る」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(茶色いお砂糖の一つ「てんさい糖」)



本日の超基本 まだまだあるお砂糖の種類


【用途により必要なお砂糖たち】


基本のお砂糖は「上白糖」であるのは間違いありません。

しかしながら、
用途により使用するお砂糖も変わってきます。

お砂糖の種類を知る事 ⇒ お料理の幅が拡がる事

に繋がるのです。

satouiroiro

画像はイメージ フリー画像です
(砂糖は様々な種類・用途がある)


今回ご紹介するお砂糖たちは少し専門的なものから、
実は超万能のものまで。

白い砂糖をNGとする、

「健康志向の高まり」

を受けた茶色い砂糖など。


知っておきたい予備知識として読んで頂ければ幸いです。



使いこなしたらお料理上級者の砂糖たち


【特殊な砂糖の使い分け】


「粉砂糖または粉糖」

お菓子作りでは結構使うのがこの「粉砂糖」です。
実は「グラニュー糖」を粉状に粉砕したものです。

「グラニュー糖」をミキサーで粉砕すると…なんと「粉砂糖」になります。

konazatou

画像はイメージ フリー画像です
(粉砂糖を振りかけてデコレーションしたクッキー)


主な使用方法としては、

・苦味の強いお菓子に振りかける
・デコレーション用のアイシング
・溶けにくいものに使用する


★「アイシング」とは?

「粉砂糖」と卵白を混ぜて作る。
お菓子のデコレーションに用いたり、接着剤として使用する。

子供の時に動物型のビスケットに白やピンクの甘い物がコーティングされていました。
それが「アイシング」です。

aising

画像はイメージ フリー画像です
(アイシングを用いたクッキーの一例)



「氷砂糖」

結晶状に固まった大きなお砂糖です。
グラニュー糖のように純度が高くとても硬いです。

kourizatou

画像はイメージ フリー画像です
(氷の結晶のように粒の大きい「氷砂糖」)


当然、溶けるのも非常にゆっくりなため独特の使い方をします。


主な使用方法としては、

・果実酒
・シロップづくり
・煮豆 

etc…

korizatou

画像はイメージ フリー画像です
(果実酒やシロップには欠かせない)


梅酒や梅シロップなどには「氷砂糖」を用います。

またじっくりと火を入れる煮豆など、
ゆっくり溶けるからこそ素材の味をじっくり引き出すことが出来るのです。

近年では「防災用品」としての需要もあります。

基本的に砂糖は賞味期限がありません。
災害の時に準備があれば、非常に役に立ちます。


korizatou1


画像はイメージ フリー画像です
(備えあれば憂い無し)



健康志向の高まりを受けて…


近年では白い食物を否とする風潮があります。

お米であれば玄米
砂糖であれば茶色い砂糖
パンであれば全粒粉のパン

といった流れです。

zenryuhunpan

画像はイメージ フリー画像です
(全粒粉のパンは黒い)


その中で注目されているのが茶色いお砂糖である「てんさい糖」です。


「てんさい糖」

少し茶色いお砂糖です。

砂糖の原料は「さとうきび」が一般的です。
こちらは「てんさい」という甘い大根の一種から作られるのです。

tensai

画像はイメージ フリー画像です
(「てんさい大根」から作られる)


寒冷地で育つため、身体を温める効果があると言われています。
ちなみに「さとうきび」は熱帯の植物です。

こちらは実は超万能なお砂糖の一つです。


【「てんさい糖」の特徴】


・ミネラルを除去しない製法で作るのでミネラル豊富
・「オリゴ糖」を含むので腸内環境の改善に役に立つ
・基本何にでも使える(上白糖の代用)
・甘さは「上白糖」に比べて控えめ
・「黒糖」に比べ癖も少ない

tensaitou

画像はイメージ フリー画像です
(おなかにうれしいてんさい糖)


それならば全て「てんさい糖」に変えたらいいのでは?

デメリットとしてはお値段が割高です。

上白糖   1kg  200円前後
てんさい糖 650g  400円前後

甘さも「上白糖」に比べると控えめです。

せっかく糖質を抑えてお料理をしても、
たくさんの量を使用すれば同じことです。


それでも健康志向の高まりの中、切り替える方も多いと聞きます。


その他には、
ココヤシの花を原材料とする

「ココナッツシュガー」

なども高ミネラル、低糖質の健康的な砂糖として注目されています。

kokonatushuga

画像はイメージ フリー画像です
(「ココナッツシュガー」は太りにくいと言われる)



本日のお料理上手ポイント 砂糖を知れば料理は楽しくなる


砂糖を詳しく知ることによりお料理はもっと楽しくなります。

また家族の健康を考える事が出来ます。

kazokukenkou

画像はイメージ フリー画像です
(家族の健康は食卓から)


栄養価の面から言えばミネラルを含む茶色いお砂糖がおすすめです。

・てんさい糖、きび糖、黒糖は栄養価に優れている
・お値段が若干高め
・人により味の癖が気になる方もいる


「氷砂糖」は災害時に役に立つほか、
登山の際に非常食として持っていくなどの使い方もあります。


ちなみに、

「三温糖」
「中ザラメ糖」

カラメル色素による着色です。

ミネラル分は白いお砂糖と変わりませんので注意が必要です。




第24回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)

また一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「自炊」に必要な最低限の調味料たち


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


生活が一変していろいろなことが変わりました。
そんな中で非常に重要な要素の一つが「食生活」です。


いざ「自炊」を始めようにも、調味料は必要です。
ただし最初から全てを揃える必要はありません。


本日は「まず揃えたい調味料」について、
お届けしたいと思います。

jisui3

画像はイメージ フリー画像です
(基本となる調味料たち)



調味料はベーシックなものを最低限から


「自炊」をしたほうが健康にも経済的にも良い。
頭ではわかっていても、経験がなければ調味料を集めるのも大変。

まず何を揃えたら良いのかわかりません。

・複数の砂糖を揃える
・◯◯専用醤油を揃える
・塩にこだわる

最初はこういった事は不要かと思います。

tyoumiryou2

画像はイメージ フリー画像です
(基本的なものから少しずつ)


とりあえずこのような物を揃えてはいかがでしょうか?
(当記事はお料理初心者向けです)


①さしすせそ
②サラダ油などの油
③最低限のスパイス
④必要に応じて揃えるもの


それぞれについて説明していきます。



いちばん大事な「さしすせそ」


こちらは調理にとって欠かせない…つまり必須です。

「さ」⇒砂糖(上白糖でOK)
「し」⇒塩 (通常の塩でOK)
「す」⇒お酢(米酢がお勧め)
「せ」⇒醤油(濃口醤油でOK)
「そ」⇒味噌(だし入り合わせ味噌でOK)

まずこれがないと「自炊」は出来ません。

sasisuseso

画像はイメージ フリー画像です
(お料理の「さしすせそ」)


最初はオーソドックスなものがおすすめ。
本当に近隣のスーパーで揃うものを買いましょう。


「さしすせそ」についてはこちらに載っています。





砂糖は上白糖があれば他の砂糖はしばらく不要です。
塩は通常の塩か精製塩でOK。

お酢については穀物酢よりも米酢が良いでしょう。

komezu1

画像はイメージ フリー画像です
(酢の物やドレッシングにも使えます)


醤油は濃口と薄口がありますが、濃口一本で良いかと思います。

味噌は味噌汁を作るのに必要です。
だし入りを買えば顆粒だしなども不要です。

味噌には、

・白味噌
・赤味噌
・麦味噌

様々な種類があります。
これらは最初は不要かと思います。

awasemiso

画像はイメージ フリー画像です
(合わせ味噌は使いやすく便利)


まずは形から揃えたくなる気持ちはわかります。

「自炊」をこれから始める方は、
色々な調味料を開封して駄目にしてしまう可能性があります。

最低限から始めて増やしていくのが良いでしょう。



サラダ油などの油


流石にこれは必要です。

フッ素加工のフライパンは焦げ付きにくいです。
少しだけでも油を引くと掃除が楽になります。

また野菜などは油脂と結合することで栄養素を保てる物(ベータカロテンなど)があります。
卵も油脂で炒めるとふわっと仕上がります。

ninzinitame

画像はイメージ フリー画像です
(βカロテンは油脂と好相性)


普通のサラダ油、キャノーラ油など、
癖のないものが良いかと思います。

場合によっては、

・オリーブ油
・ごま油

位はあっても困ることはありません。

oribuyu1

画像はイメージ フリー画像です
(イタリアンやドレッシングに便利)



最低限のスパイス類


スパイスというのはお料理の癖をとり美味しく仕上げる調味料です。

とりあえずはこれだけを揃えます。

・ブラックペッパー(粗挽き)
・胡椒(白)

kurosirokoshou

画像はイメージ フリー画像です
(最初は挽いたものでも充分です)


スパイスとは違いますが、

・チューブの生姜
・チューブのにんにく

このくらいは揃えておいて損はありません。
炒めものなどに少量入れるだけで美味しくなります。

肉料理⇒ブラックペッパー
魚料理⇒白胡椒

程度の使い分けでも、
充分仕上がりが変わってきます。



好みに応じて揃えましょう


その他調味料については好みがあるので必要に応じて揃えていけばOKです。

・マヨネーズ
・ソース(中濃・ウスター)
・ケチャップ
・料理酒
・みりん 

etc…


tyoumiryou

画像はイメージ フリー画像です
(必要に応じて揃えたい)


特に和食やお魚のお料理が好きならば、
みりんや料理酒は必要でしょう。

ソースやケチャップは嗜好に合わせて、
スーパーの惣菜を買ったときなどに便利です。

マヨネーズについては様々な用途があります。
サラダをよく食べる方はドレッシングなども必要です。

実は、

お酢+油+砂糖+醤油

で和風ドレッシングが出来ます。


お刺身用にわさびなども有ると便利です。


tedukuridoresing

画像はイメージ フリー画像です
(手作りできるならなお良いドレッシング)



調味料は無限にある…まずは基本から


これだけ揃えれば充分「自炊」を楽しむことが可能です。

他にもスパイスは無数にありますし、
ハーブ類などを揃えたら大変な数があります。

habu2

画像はイメージ フリー画像です
(凝りだすとキリがない…)


ドレッシングのレシピを少し記載しましたが、
基本の調味料の合わせで、いろいろな味を作ることも可能です。

慣れてきたら必要に応じて買い足すのがおすすめです。

冷蔵庫や保管スペースも少ない為、いきなりたくさん揃えるのは得策ではありません。
いたずらに開封し賞味期限が過ぎてしまいます。


・かつおだし
・コンソメ
・味の素

といった旨味調味料は必須ではありませんが、
あると時短に繋がります。

mutenkakonsome

画像はイメージ フリー画像です
(添加物フリーも存在します)


添加物が気になる方は無添加タイプを選ぶと良いでしょう。


ご自身の「自炊」スタイルに合わせて揃えていきましょう。



次回は「自炊にあると便利なもの」について記載していきます。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  



味噌汁でダシの旨味を知る 初心者必見!


こんにちは(´~`)モグ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

お料理が苦手という方結構おられます。
そもそも味付けができたら…(ノд-。)あぅ。。
そうですね、それが出来たら苦労しないはず

そんな基本中の基本を少しだけ書いていこうと思います

本日はその第27回「味付けを身につける②」です

BlogPaint

画像イメージ いつかの汁物とおにぎり📷


味付けを教えてくれる料理本はほぼありません。
それを数値化したのがレシピなわけです。
今日はそんな味付けについての第二回目になります。



本日の超基本 味付けを身につける②


テーマは「味付けを身につける」です

これが実は簡単にはいかないのです。
前回は塩味から始めたのでしたね。
塩加減はお料理の良し悪しを決める大切な事です。



お味噌汁を作ってみましょう


日本人の食卓に欠かせないお料理の一つ。
そう…お味噌汁です。

お湯に味噌を溶いただけのお料理?

いえいえこのお料理には大切な要素のひとつ「旨味」があります。
この「旨味」と前述の「塩味」はお料理の味付けの大切な要素なのです



まずは味噌だけで…


ここではお味噌の味を知るために、だしの入っていないタイプの味噌。
つまり普通の味噌(赤・白・合わせ)を使って下さい。

味噌にはだしの入った調味味噌と普通の味噌があります。
※大体パッケージに書いてあります


お湯を沸かし、完全に沸騰する前に火を止めて。
味噌を適当に溶いてみて下さい。
あえて具材は入れません。

そして味見を…
いかがでしょうか?

薄いしょっぱいあれどそれが味噌の味です

味噌にはすでに旨味の要素が入っています。
・甘み
・旨味
・塩味
が主な成分になります。

ここでは味噌の風味を知ることと、どのくらい味噌を入れたらどのくらいの味になるのかが理解出来るかと思います。



今度はだしの旨味を加えて


今度は先程の感覚をもって、お湯に市販のだしの素などを入れてから味噌を溶いてみて下さい。

…美味しいですよね?
もしかしたらちょっとしょっぱくなっているかもしれません。

市販のだしの素には塩味が入っていますので、味噌を同じ分量入れるとしょっぱいのです

ただかつおや昆布などの旨味が拡がりぐっと美味しさが増したと思います

だしの素の種類を変えてみるのも味付けの勉強になります。
・かつおだし
・昆布だし
・いりこだし(煮干し)
・味の素(うま味調味料)

様々な種類のだしを試して見てもいいでしょう。

ただ味の素に関しては、どのようにしても美味しくなります。
勉強には向かないかもしれません



具材を入れてみる


今度は味噌汁の具材を入れて作ってみましょう。
お味噌汁の具は「豆腐」に限定します。

同じようにお湯を沸かし。
好きなだしを入れます。
豆腐を切って入れてみて下さい。
そして少しだけ火を入れて完成です

早速味見をしましょう。

もしかしたら少し薄く感じる方がいらっしゃるかもしれません

これは豆腐から水分が出たせいなのです。
もやしや白菜など水分が多い野菜を具材にすると、味噌に含まれる塩分により水分が出ます。
味見をして足りなければ味噌を足します

いずれにしてもこれで味噌汁を作ることが出来ました



難関「あさりの味噌汁」に挑戦!


これまでの経験を踏まえて…
是非挑戦していただきたいのが「あさりの味噌汁」です。

このお料理は具材から出る旨味を直接感じられるお料理です。

あさりの下処理に付いては下記リンク
「あさりの砂抜き」を参考に…

ここでは旨味をより感じるために、普段よりも味噌の量を減らします。

・旨味が強ければ塩味は減らすことが出来る
・塩味が少ないと旨味を強く感じる
・具材から旨味が汁に溶け出す

と言ったことがよく分かるお料理です



本日のお料理上手ポイント 旨味と塩味でバランスを取る


旨味は塩味とのバランスである。
旨味はお料理の味付けにとって重要である。

お味噌汁というのは基本であるのですが、だしを自分でとったりすることで更に美味しくなります。
そういう意味では奥深いお料理です。
いろいろな具材を試して、どんな具材からどんな味が出るのか…
それを知るにはいいお料理です。

そしてしばらくは同じ種類の味噌を使って下さい。
味噌が変わると味が変わってしまい身につきにくくなります。

慣れるまではだし入り味噌は封印したほうが、味付けの勉強にはいいと思います。




本日は味付けを身につける②でした。
一度では書ききれないのでまた次回


味噌汁が上手に出来ると、ご飯、味噌汁、漬物という日本人のご飯が作れるようになります。
身体にも良いので是非マスターしましょう。


第27回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)
また一緒に勉強していきましょう




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




あさりの下処理はこちらに載っています







ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です












  

このページのトップヘ