おもてなしの心 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

タグ:おもてなしの心



科学的な方法をさり気なく取り入れた文化


こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


江戸時代には様々な方法で、

「涼」

を求めました。


行き交う人々にも「涼」を…
そんな「江戸の涼」についてのお話です。

本日は「打ち水」について記載します。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(浴衣で打ち水…風流です)



実は科学的な「打ち水」の有効性


「打ち水」は現代にも通じる「涼」をとる方法です。

ただ水をまくだけでなく、
きちんと地面の温度を下げる効果が実証されているのです。

utimizusikumi

画像はイメージ フリー画像です
(気化熱の仕組みイメージ)


ご存知の方も多いと思いますが、

「気化熱」

という科学の仕組みを用いています。

簡単に説明すると…

水は蒸発する際に周囲の熱を奪っていくのです。
これは私達が普段行っている蒸散作用と同じ。
つまり汗をかくことで体温調整しているのと同じ理屈です。

ranninngu

画像はイメージ フリー画像です
(体温調整は汗の蒸発で行われている)


ではこの「打ち水」はいつ頃から行われていたのでしょうか?



実は「茶道」との関わりがあった「打ち水」


【打ち水の起源】


諸説あるものの安土桃山時代から戦国時代、

「茶の湯」

の一つとして確立した。

sadou

画像はイメージ フリー画像です
(戦国武将は茶道も嗜んでいた)


・茶室の準備が整ったという合図
・みずみずしい雰囲気でもてなす

などの理由があったそうです。


この頃の「打ち水」は地表の温度を下げる事よりも、

「おもてなし」

の準備ができましたという意味合いが強いようです。


当時から日本人は、

「おもてなし」

を重んじていたことが伝わります。




土埃を抑える目的もあった


「江戸時代において」


庶民の間にも「打ち水」が拡がった。

当時の道路は舗装されているわけもなく土でした。
当然土埃がたつので、それらを抑える意味で始めたとされています。

こと朝の「打ち水」はたくさんの浮世絵にも描かれて残っています。

utimizu1

画像はイメージ フリー画像です
(江戸時代風のイラストイメージ)


夏の暑い頃…
日が照ることで乾燥した地面は当然土埃が立ちます。

江戸の庶民たちは、

・せめて自宅の前くらいは埃を立てないように
・見た目にも涼しく通れるように

そういう想いから「打ち水」を行っていたのでしょう。

utimizu3

画像はイメージ フリー画像です


もちろん当時の方々が科学的根拠から行っていたとは考えにくいです。
しかし、そういった気持ちが現代は欠けている気がしてなりません。



江戸時代のエコライフとして現代も生きる


現代になり地面はアスファルトで舗装され、
車が行き交うようになりました。

そのような時代になっても「打ち水」は注目されています。

utimizudaisakusen

画像はイメージ フリー画像です
(日本橋で行われた打ち水のイメージ)


「打ち水大作戦」

ヒートアイランド現象の対策として、
国や自治体が打ち出した対策の一つです。

再生水などを用いてエコロジーの観点からも優れ、
かつ地表温度を下げる効果のある「打ち水」

いくつかのルールがあるようです。

・水道水を直接使わない
・お金をかけない
・浴衣など涼し気な服装で参加する
・効果を測定する(何度下がったか確認する)

江戸時代のエコライフ・伝統文化の見直しという事を大事にしているようです。


詳しく知りたい方はこちらを御覧下さい。
(国土交通省 水資源のページです)



「打ち水」に適した時間と「おもてなし」の心


基本的に地面が乾いたら行う「打ち水」ですが、
適した時間があります。

「早朝」と「夕方」です。

utimizu2

画像はイメージ フリー画像です
(朝が効果的とされる打ち水)


早朝の「打ち水」は気温の上昇を抑える効果が高いとされます。

真昼では水の蒸発が早すぎて効果が薄いとされています。

また「打ち水」する方が熱中症などになっては本末転倒です。


朝は出かける人に「いってらっしゃい」
夕方は「おかえりなさい」

そんな気持ちを込めて…「打ち水」を行う。



素敵な日本文化だと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



今必要な「旬」を知ること


こんにちは(๑•̀ㅁ•́๑)✧
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「◯◯は今が旬だから…」
「旬の◯◯を頂きました」

特に和食は「旬」を大切にする食文化です。


本日は「であいもの…大切な食文化」についてお届けします。

sasimi

フリー画像 イメージです
刺し身は「旬」の「であいもの」です



日本の四季が少し変化している



食材には「旬」と言われる時期があります。

非常に簡単に言ってしまえば

「その食材が最も美味しい時期」ですが。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です


季節と「旬」には切っても切れない関係があります。
その季節にしか手に入らない食材たちだからこそ…
そこに「初物」としての価値を見出した来た日本の食文化。

ところが近年ではその四季そのものが少し曖昧になってきています。

・冷凍技術の進化によるもの
・輸入品など流通や物流の発展
・地球環境の変化
・栽培や養殖技術の進化によるもの
・乱獲による個体数激減

etc…


良い変化もあれば、
好ましくない変化もあるのです。



「旬」や季節を感じにくい時代


スーパーなどの小売店には年中食材が並び…
輸入や冷凍技術の進歩により通年頂ける物が増えました。

それはそれでありがたい事です。

supa

画像はイメージ フリー画像です


ビルの中でLEDによって育てられる野菜。
こちらには当然「旬」というものがありません。
栄養価も通年同じレベルを保つことが出来るそうです。


スーパーでは一年中焼き芋を販売しています。
貯蔵技術の進歩によりいろいろな野菜が「旬」を調製されているわけです。


このような時代で生まれた子どもたちは

「スーパーで年中売っているもの」

という認識をするでしょう。



季節の変化も曖昧になりつつある


地球環境の変化もかなり深刻であると言えます。

・溶け出した氷による海面の上昇
・台風の大型化

など直接影響がある事も起きています。

onndannka

画像はイメージ フリー画像です


またここ最近では確実に季節が曖昧になりつつあります。

・季節外れの暖かさ
・異常な高温
・雪の降らない冬
・異常に早く咲く桜

etc…


明確であった四季の訪れが少しずつ曖昧になっています。

四季は徐々に移ろうものですが
このところは突然に気温が上がったり、下がったり。

雨季が長引いたりとはっきりした季節の変化を感じにくくなりました。



「であいもの」に込められた思い


こんな状況だからこそ「旬」は大切にしていきたいものです。

今は気軽に散策に出れる状況ではありません。
せめて食材で「旬」を感じることは必要です。


「であいもの」をご存知ですか?

「旬」と「旬」の出会い。
これはある意味究極の「旬」と言えるお料理たちです。

buridaikon

画像はイメージ フリー画像です


代表的なものをあげておきます。


◆刺し身盛り合わせ(生)
旬の食材たちの饗宴
和食の代表でもある


◆ぶり大根
冬が旬で甘みの強くなる大根と最も脂の乗る寒ブリの組み合わせ


◆若竹煮
共に春が旬のわかめと筍の煮物

etc…


これらの料理には美味しさはもちろん。
提供する方の気持ち、季節感、心意気が詰まっているのです。

和食を体現しているとも言えます。



食文化として「おもてなし」を大切にしていくために


「和食では初物を大切にする」

何度も出てきた言葉です。


特に高級な料亭や旅館など、特にメニューがなく

「季節の◯◯」

などと書いてあることがあります。

「もうこんな季節だね」
「脂が乗って美味しい」

と喜んでもらう事。

これが日本の「おもてなし」なのだと思います。


「旬」とは季節です。

これを大切にしてきたからこそ、和食は無形文化遺産に登録されたのです。
四季を感じにくくなっている昨今だからこそ、大切にしたいものです。


これを機に「旬」についてちょっとだけ気にしてみませんか?
こちらのページに「旬カレンダー」へのリンクがあります。
https://happybear-clover.blog.jp/lifestyle/food-culture/40686098.html


春には潮干狩りでアサリを採り
夏にはスイカ割りを楽しみ
秋には芋掘りをして
冬に鍋物を楽しむ

そんな当たり前の日常が一日も早く戻りますように。

一人ひとり気をつけて行きたいものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です







  

このページのトップヘ