お菓子・スイーツ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:雑談 日記 > お菓子・スイーツ



トロピカルなデザートとして定着



こんにちは(´∀`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成のヒットがきっかけになっています。


観光で利用する「ガイドブック」などで特集され、
観光客の体験からヒットしたケースです。


本日ご紹介する「マンゴープリン」は、
香港発祥とされるスイーツです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(飾りはシンプルなものが多い)




「マンゴープリン」が流行した頃


「マンゴープリン」が日本でヒットしたのは、

平成14年(2002)頃でした。


mangopurin

画像はイメージ フリー画像です
(生クリームにミントの葉)


その頃の日本では、

・日韓合同ワールドカップ開催
多摩川にアザラシの「タマちゃん」来る
全国初の「歩きタバコ禁止条例」

そのような時代でした。


nikkangoudou

画像はイメージ フリー画像です
(日本サッカー界にとって大きな一歩)


日韓合同開催とは言え、
サッカーのワールドカップが日本で初開催された年です。

イングランド代表の「ベッカム選手」が大人気。
髪型を真似る人も続出しました。


川でアザラシが見られると、
大人気で流行語にもなった「タマちゃん」

思えばこのあたりから、
既に気候変動が始まっていたのかもしれません。


tamatyan

画像はイメージ フリー画像です
(「タマちゃん」と思われるイメージ)


今では路上喫煙は禁止のエリアが多いですが、
この年に初めて条例で「歩きタバコ」が禁止されました。


arukitabako

画像はイメージ フリー画像です
(外国人含め守ってもらいたいもの)



タバコの煙が与える健康被害。
また子供の火傷などが社会的に問題になり始めた頃でした。


そんな時代にヒットしたのが「マンゴープリン」です。



「マンゴープリン」とは?


香港発祥のスイーツと言われています。

マンゴーの完熟した果肉をつぶし、
生クリーム、砂糖、ゼラチンを混ぜて冷やし固めたものです。


※発祥には諸説あります


honkon

画像はイメージ フリー画像です
(香港の夜の賑わい)


「プリン」と名が付いていますが、
「蒸す」工程が無い事や、卵なども使用していない事。

ゼラチンで冷やし固める事から、
フルーツゼリーの一種とされています。


huru-tuzeri

画像はイメージ フリー画像です
(フルーツをゼラチンで固めたゼリー)


はっきりしたことはわかっていませんが、
1980年代の香港には既に登場していたそうです。

フィリピンのマンゴーが流通開始した時期と重なる為に、
生果が入手しやすくなったことが影響していると言えます。


mango

画像はイメージ フリー画像です
(マンゴーカットされた果実)


1980年当時は4月から9月のいわゆる季節限定品でありました。

現在では流通や技術の進歩で、
通年作られるようになっています。



きっかけは「ガイドブック」の特集


1997年における香港の中国への返還。

これを前に香港では「ガイドブック」の出版ブームが起こりました。

日本でも観光向けの「ガイドブック」は多く出版され、
その中で「マンゴープリン」は紹介されました。


honkonmanngo

画像はイメージ フリー画像です
(有名店と見られる画像イメージ)



「香港のマンゴープリンは果肉感があって美味しい」


とちょっとしたブームが起こりました。


日本でも「マンゴープリン」は作成されていたのですが、
本場と違い果肉感のない「マンゴーピューレ」を用いたものがほとんどだったのです。


toutyou

画像はイメージ フリー画像です
(日本の「糖朝」の店舗イメージ)



決定打となったのは、
香港から日本に出店した「糖朝」の「マンゴープリン」でした。

女性誌を中心に大特集されてブームになりました。

相次いでコンビニエンス、大手チェーンレストランでも販売されていきました。



今も昔も、「本場の味」を求めるのは同じようです。


※大ヒットの時期は2005年であったとする説もあります



味の差が大きい「マンゴープリン」


「マンゴープリン」は差の大きいスイーツです。


市販のプラカップに入っているタイプ。
こちらは主に「マンゴーピューレ」や「ジュース」を固めています。


mangopurin2

画像はイメージ フリー画像です
(よく見かけるプラカップのもの)



生の果肉をたっぷりと使用した本物には及びません。

「黃桃」を混ぜている物も存在します。


近年では日本でも、
果肉をたっぷり用いた本場に近い「マンゴープリン」を出すお店も出てきています。

その分ある程度のお値段は致し方ない所です。



「マンゴープリン」を漢字で書くと


「芒果布丁」


中国語で書くとこのようになります。


ホテルのビュッフェなどにも見かけるようになりました。


mangopurin1

画像はイメージ フリー画像です
(日本でも美味しいものが増えている)


中華系のコースの締めに、
「杏仁豆腐」と並んで登場する確率が高いスイーツでもあります。


トロピカルフルーツを用いたスイーツは、
流通技術の発展でこうして頂けるわけです。


まるで違うと言われる本場の味…
一度は頂いて見たいものです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



フランス語で「焦がしたクリーム」を意味するスイーツ



こんにちは(〃'▽'〃)
四つ葉のくまさんことよつくまです🥄
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成の世でヒット商品でありました。


少し珍しくヒットした映画のシーンから、
人気に火が付いた面白いケースです。


本日ご紹介する「クレームブリュレ」は、
発祥には諸説あるスイーツでもあります。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(表面のカラメルを割って頂く)



「クレームブリュレ」が流行した頃


「クレームブリュレ」が日本でヒットしたのは、

平成12年(2000)頃でした。


kure-muburure1

画像はイメージ フリー画像です
(平べったく大きめのスプーンが定番)


その頃の日本では、

・2000円紙幣が発行
BSデジタル放送が開始
大江戸線全線開通

そのような時代でした。


bsantena

画像はイメージ フリー画像です
(衛生の方角に向ける必要があった)


2000円札は今ではほとんど見ることはありません。

多く使用されているのは沖縄県と言われています。


BSデジタル放送は、
現在では比較的普通になっております。

当時は設備も高額で、
すぐに始める人は少なかったイメージです。


都営大江戸線はまだ開業20年程度の新しい路線です。


ooedosen

画像はイメージ フリー画像です
(比較的新しい大江戸線)



他の地下鉄の更に地下深くに掘り進める必要があったため、
トンネルの幅を小さくして、経費を削減しています。

やや大江戸線が小さく、
地下深くに行かなと乗れないのはその為です。


そんな時代にヒットしたのが「クレームブリュレ」です。



「クレームブリュレ」とは?


フランス発祥のスイーツと思いきや、
実は様々な説がありはっきりしていません。

・フランス
・イギリス
・スペイン

17世紀の頃からレシピがあるとのことです。

※発祥には諸説あります


pari

画像はイメージ フリー画像です
(映画の舞台であるパリの街並み)


カスタードプディングとよく似たデザートの一種です。

フランス語で、

「焦がしたクリーム」

を意味しています。


kure-muburure3

画像はイメージ フリー画像です
(表面の砂糖をバーナーなどで炙る)



日本でも1990年頃から、
扱うお店が登場しているようです。

お客の前でバーナーを使ってカラメルを作り、
パフォーマンスの一つとしているお店もあります。


クリームの上のカラメル層は非常に固いため、
スプーンの背や先を使って割って頂きます。


kure-muburure2

画像はイメージ フリー画像です
(背で割るのがおしゃれかも…)



きっかけは映画「アメリ」のワンシーン


日本でヒットをしたきっかけになったのが、

フランス映画「アメリ」のヒットです。


主人公アメリの好物が「クレームブリュレ」であったこと。
その映画のワンシーンでスプーンでカラメルを割るシーンが、
度々メディアに紹介されたこと。

と言われています。


ameri

画像はイメージ フリー画像です
(映画「アメリ」の主人公「アメリ」)



パリの日常を描いた作品で、
主人公の髪型を真似た方も登場する人気作品でした。

カラメルを叩くのは固いからであって、
気取るわけでは無いのですが…

カラメル層と濃厚な中身の味わいがより一層人気となりました。


parinokafe

画像はイメージ フリー画像です
(パリのカフェのイメージ)



カフェや飲食店では、

「クレームブリュレ」

をメニューとして扱い、人気を博しました。



フランス映画からの大ヒットは、
なかなか珍しい経歴のスイーツと言えるでしょう。


※大ヒットの時期は2001年であったとする説もあります



ちょっとした発音の話


クレームブリュレ」を、

クリームブリュレ」と表記していう場合もあります。


これは別のスイーツというわけではなく、
カタカナ表記にした場合の違いです。


kure-muburure

画像はイメージ フリー画像です
(ココットなどで提供されることも多い)


クレームブリュレ」

の方が、よりフランス語の発音に近いということで、

クレームブリュレ」

に統一させて頂いています。


どちらも同じスイーツであり、違いはありません。



現在でもスイーツとして定着


カフェのランチメニューにプラスワン。
フレンチレストランのデザートなど、

現在でも普通に頂くことが出来ます。


kure-muburure4

画像はイメージ フリー画像です
(ランチセットで選べる事も)


面白いのは、

「クレームブリュレ風」

としてフレーバーになっている事です。


「クレームブリュレソフトクリーム」

などがこちらに該当します。


buryuresohuto

画像はイメージ フリー画像です
(フレーバーとしても定着)


苦味と甘味、
濃厚なクリームとカラメルの食感のアクセント。

残り続けるのもわかる気がします。

たまには映画を気取り、
おしゃれに頂くのも悪くないかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



シナモンの風味香るペストリー



こんにちは(*´Д`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成の世でヒット商品でありました。


見た目のインパクトが大きく、
一気に広がったスイーツの一つです。


本日ご紹介する「シナモンロール」は、
スウェーデン発祥とされる焼き菓子の一種です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(とにかくアイシングのインパクトが大きい)



「シナモンロール」が流行した頃


「シナモンロール」が日本でヒットしたのは、

平成11年(1999)頃でした。


sinamonro-ru

画像はイメージ フリー画像です
(定番の渦巻き状のタイプ)


その頃の日本では、

・携帯、PHSの番号11桁に
厚底靴が大人気
ソニーが「アイボ」を発表

そのような時代でした。


atuzoko

画像はイメージ フリー画像です
(こちらは現代も残る厚底サンダル)


携帯電話の普及により番号が足りなくなりました。
その為に桁数が11桁に変更されたのです。


厚底靴は今でもありますが、
当時はブームであり皆が履いている状況でした。

独特なメイクも話題になりました。


今では二足歩行型のロボットも発表されています。

当時は犬型である「アイボ」はもっとロボットらしいデザインでした。
現在のように細かな表情の変化などはなかったのです。


aibo

画像はイメージ フリー画像です
(左平成タイプ 右現代のもの)



そんな時代にヒットしたのが「シナモンロール」です。



「シナモンロール」とは?


スウェーデンが発祥とされるペストリー(小麦粉を練ったお菓子)
の一つです。

※発祥には諸説あります


お菓子のイメージよりはパンに近いです。

渦巻き状の渦の間にたっぷりのシナモンが入っており、
上にはアイシング(砂糖衣)やフロストシュガーが一般的です。


suweden

画像はイメージ フリー画像です
(美しい街並みも魅力の一つ)



日本では、洋菓子店の他にパン屋でも菓子パンの一種として売られています。

その為、スイーツのイメージではなくパンと思っている方も多いです。



sinamonro-ru1

画像はイメージ フリー画像です
(カフェにも多い「シナモンロール」)



第一次世界大戦後、
小麦や砂糖が入手しやすくなったのをきっかけに、作られ始めたそうです。


スウェーデンでは、

「シナモンロールの日」⇒ 10月4日

があるほど日常的なものです。


「フィーカ」の定番でもあります。

(フィーカについては下段リンクを参照下さい)


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「フィーカ」ではコーヒーと共にお菓子を楽しむ)



きっかけは「アメリカ」のチェーン店の上陸


日本でヒットをしたきっかけになったのが、

大手チェーンが上陸したことです。

「Cinnabon(シナボン)」はアメリカのチェーン店でした。


sinabon

画像はイメージ フリー画像です
(シナボンクラシックタイプは手の平より大きい)



1999年に東京吉祥寺にオープンした「Cinnabon(シナボン)」一号店。

とにかく見た目のインパクトが大きく、
コーヒーとの相性もよく大ヒットしました。

一時かなりの店舗数を誇るまで成長していきました。


cafe

画像はイメージ フリー画像です
(コーヒーとの相性は抜群だった)



大きさとインパクトが絶大だったが、

・量が多すぎる
・甘すぎる
・カロリーが高い(成人1食並と言われる)
・シナモンの風味に好き嫌いがあった

などからブームは去っていきました。


一時は全店が閉店しましたが、

2012年から再上陸しており、現在も販売されています。


sinabontenpo

画像はイメージ フリー画像です
(カフェと併設している店舗の例)



スウェーデンでは女性の料理の腕前の指標


北欧における定番のお菓子である「シナモンロール」

その事がよく分かる言葉があります。


スウェーデンでは女性の料理の腕前は、

「ミートボールとシナモンロール」

でわかるというものです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(シナモンロールは北欧人にとって身近なもの)


先述の通り「シナボン」はアメリカのチェーンです。

北欧における「シナモンロール」では、
ザラメに近い「ニブシュガー」を振りかけたタイプが主流です。


nibushuga-

画像はイメージ フリー画像です
(触感も楽しめるニブシュガー)


生地に練り込まれたアレンジも様々。

・スライスアーモンド
・レーズン
・オレンジピール

などそれぞれ工夫されています。


シナモンだけでなくカルダモンを用いるのも、
本場スウェーデン流なのだそうです。

非常に香り高いスパイスです。


karudamon

画像はイメージ フリー画像です
(甘く香り高いスパイスの一つ)



現在はサイズ感が見直されている


一度全店閉店した「シナボン」ですが、
先述の通り2012年から再上陸しています。

現在ではミニサイズなども展開中です。


sinabon1

画像はイメージ フリー画像です
(「シナボンミニ」などサイズを選べる)


その他にも「シナモンロール」は、
デパートの地下や、洋菓子店などでも見ることが出来ます。


パン店でも定番商品として扱っている店も多いです。


シナモンロール3

画像はイメージ 北欧雑貨の店で買ったもの
(お気に入りのお店を探すのも…)


コーヒーと相性抜群のフィーカのお供です。

ちょっとしたブレイクに頂いてみてはいかがでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ