お菓子・スイーツ : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:雑談 日記 > お菓子・スイーツ



一時「入手困難」と言われるほど人気に



こんにちは('▽'*)ニパッ♪
四つ葉のくまさんことよつくまです🐄
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成のヒットがきっかけになっています。


牛乳の消費低迷から開発が始まり、
「入手困難」と言われるほどヒットした商品です。


本日ご紹介する「生キャラメル」は、
北海道を発祥とする新しい「キャラメル」です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(とろける食感が特徴)



「生キャラメル」が流行した頃


「生キャラメル」が日本でヒットしたのは、

平成19年(2007)頃でした。


namakyarameru

画像は「ノースプレインファーム」様のものです
(画像クリックで同社HPへ)


その頃の日本では、

・第一回東京マラソン開催
東京ミッドタウン開業
・「ビリーズブートキャンプ」流行
 

そのような時代でした。


toukyoumarason

画像はイメージ フリー画像です
(都心を走ることができる人気のマラソン)



今では毎年多くのランナーが都庁前をスタートして、
東京の名所を走る「東京マラソン」

初開催はこの年でした。


biri-zubu-tokyanpu

画像はイメージ フリー画像です
(実は「令和版」も存在します)


インパクトのある顔立ちと動き。


軍隊式の容赦のないプログラムで話題を集めた、

「ビリーズブートキャンプ」

テレビでも度々登場しておりました。


思わず手を出して、
急に運動を始めた結果…腰痛を起こす人が急増したと言われています。


そんな時代にヒットしたのが「生キャラメル」です。



「生キャラメル」とは?


そもそもの「キャラメル」はソフトキャンディの一種です。

・砂糖
・生クリーム
・バター
・水飴

を加熱し混ぜ合わせた後、固めて作ります。


※発祥には諸説あります
 ギリシャクレタ島説が有力です
(ここでは割愛します)


morinagamirukukyarameru

画像はイメージ フリー画像です
(「キャラメル」といえば森永です)



それに対して「生キャラメル」は、
基本は冷蔵保存が必要で生菓子に近いです。

生クリームの使用量が非常に多く、
歯にくっつかずとろけるような食感が特徴です。


namakyarameru1

画像はイメージ フリー画像です
(常温では溶け出す「生キャラメル」)



その発祥は北海道の「ノースプレインファーム」とされています。


牛乳の消費低迷にあえいでいた打開策として、

「大人も食べられるキャラメル」

という言葉をヒントに開発されました。


northplainfarm_1

画像は「ノースプレインファーム」様のものです
(豊かな大地が生み出す生乳)



結果、冷蔵保存が必要なほど柔らかく。
新ジャンルとしての「生キャラメル」が誕生しました。

道産の原材料を用いた「地産地消」で、
地域の活性化も目的とされたものでした。


seinyu


画像はイメージ フリー画像です
(生乳のイメージ)



反響は予想を遥かに上回るもので、
製造が全く追いつかないほどの人気商品となりました。

牛乳が出荷できない「生産調整」を打破するためのアイデア。

それが「生キャラメル」だったのです。


「ノースプレインファーム」について詳しく知りたい方はこちら



きっかけは「花畑牧場」の「生キャラメル」


日本での流行のきっかけとなったのが、

ネームバリューに優れた「花畑牧場」の生キャラメルでした。


hanabatakebokujou

画像は「花畑牧場」様のものです
(最近では常温タイプも登場 クリックで公式サイトへ)



「ノースプレインファーム」では、

そもそも「地産地消」を目的としており、
全国展開といった方向性ではありませんでした。


対して「花畑牧場」では次々に店舗を増やし、
全国に展開を広げていきました。


hanabatakebokujou1

画像はイメージ フリー画像です
(各地に専門店が誕生した)



但し、味が悪ければここまで大ヒットはしなかったはずです。

新ジャンルとして開発した「ノースプレインファーム」
それを発展させて展開した「花畑牧場」

これらが合わさり大ヒットしていったのです。



「一大ブーム」は去るも…


現在では店舗数もかなり減り、
落ち着いた感のある「生キャラメル」ですが、

・インターネット
・お土産
・アンテナショップ

などで根強い人気です。


namakyaramaeru

画像はイメージ フリー画像です
(未だ根強い人気がある)



ブームの後半では、
コンビニエンスストアでの販売なども始まり、

「あのキャラメルを買ってきた」

と盛り上がったものです。


ちなみに発祥とされる「ノースプレインファーム」では、

現在は直営店である「ミルクホール」にて少量のみの販売だということです。


milkholl

画像は「ミルクホール」様のものです
(画像クリックでHPへ)



「キャラメル」の新ジャンルを開拓した


「生キャラメル」

は「キャラメル」とは別物であり、
新ジャンルを開拓したと言われている商品です。


namakyarameru2


画像はイメージ フリー画像です
(従来の「キャラメル」感を打ち破った)



マスコミもこぞって取り上げて、
ブームに拍車をかけました。

飛行機の北海道便の機内サービスで、
「ノースプレインファーム」の「生キャラメル」が配られた事もあります。


「北海道の乳業を守りたい」


その純粋な気持ちから誕生した「生キャラメル」


そんな事を考えながら頂いてみるのもまた一興ではないでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「モンブラン」にも色々あります



こんにちは(*'-'*)
四つ葉のくまさんことよつくまです🗻
本日もよろしくお願いいたします。


「モンブラン」は誰もが知るスイーツの一つです。

しかし想像するその色合いや形は、
人それぞれ違うという面白いスイーツでもあります。


本日はそんな「モンブラン」のお話です。


和栗モンブラン

画像はいつかの「モンブラン」
(渋皮入りの少し茶色いタイプです)



そもそも「モンブラン」とは?


そもそも「モンブラン」という言葉は、
フランス語で「白い山」を意味します。

つまり元々素材の種類、

・栗
・さつまいも

そういう事は一切関係がないのです。


siroiyama

画像はイメージ フリー画像です
(本来はフランスの山々をイメージした)



台座となるスポンジやタルトに、
細い麺上のクリーム生地をのせて山に見立てた洋菓子。

これが「モンブラン」です。

白い粉砂糖を降っているものがありますが、
「雪」を見立てていると言われています。


モンブラン

画像はいつかの「モンブラン」
(これも「モンブラン」です)



最近ではバリエーションも豊富です。


・いちごのモンブラン
・紫芋のモンブラン
・チョコレートモンブラン
・かぼちゃのモンブラン
・抹茶のモンブラン

etc…


季節に合わせて派生しています。


murasakiimomonburan

画像はイメージ フリー画像です
(紫芋を使用した「モンブラン」)



レトロな「黄色いモンブラン」は日本発祥


諸説ありとされますが、
「黄色いモンブラン」は日本発祥と言われています。

※自由が丘のケーキ店「モンブラン」が有名です


kiiroimonburan1

画像はイメージ フリー画像です
(レトロな「黄色いモンブラン」のイメージ)



懐かしさを感じる方もおられるでしょう。


古くは「モンブラン」といえばこの「黄色いモンブラン」を指す時代もありました。



【その由来】


まだまだ洋菓子に抵抗があり、なじみの薄かった時代。
フランスで食べた「モンブラン」に感銘を受けたケーキ職人が、
日本人になじみのあった「栗の甘露煮」を用いたのが始まりとされています。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「モンブラン」の元とされる「栗きんとん」)



お正月に食べる「栗きんとん」にヒントを得て、

「洋菓子は受け付けないけど「栗きんとん」なら食べてくれる」

そうして作られたのが「黄色いモンブラン」だということです。


kiiroimonburan

画像はイメージ フリー画像です
(周りの金紙(銀紙)もレトロな雰囲気)


確かに上に乗っている「栗」は「栗の甘露煮」です。

洋菓子と和菓子の中間のような存在です。



「モンブラン」も多様化


昨今では「モンブラン」も多様化しています。

非常に高級な出来立ての「モンブラン」などには、
行列ができたりしています。


wagurimonburan

画像はイメージ フリー画像です
(出来立てを提供するお店には行列も…)



また洋菓子である「モンブラン」を「和菓子店」が提供することも多いです。

例えば「半月」が有名な和菓子店の「モンブラン」


半月モンブラン3

画像はいつかの「半月のモンブラン」
(お土産としても喜ばれます)


和のテイストが入っているためか、
非常に食べやすいのが特徴です。

・日本茶
・紅茶
・コーヒー

にも合う万能選手です。


otya1

画像はイメージ フリー画像です
(緑茶にもピッタリの相性です)



いずれにしても現在こうして様々な「モンブラン」が頂けるのは、
先人たちが開拓してきた「努力の賜物」なわけです。


ありがたく頂くこととしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



おしゃれ感のある「手土産」としても人気



こんにちは(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


スイーツにも歴史があります。

現在では定番になっているスイーツも、
平成のヒットがきっかけになっています。


青山に出来たブティックがきっかけで、
女性人気に火が付いたスイーツです。


本日ご紹介する「マカロン」は、
フランスを代表する焼き菓子の一つです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(彩り鮮やかな「マカロン」)



「マカロン」が流行した頃


「マカロン」が日本でヒットしたのは、

平成17年(2005)頃でした。


makaron

画像はイメージ フリー画像です
(見た目がかわいい「マカロン」)


その頃の日本では、

・愛知県で「愛・地球博」が開幕
日本プロ野球 「セ・パ交流戦」が開幕
・「ちょい不良オヤジ」流行
 

そのような時代でした。



sepakouryuu

画像はイメージ フリー画像です
(2005年が初であった「セ・パ交流戦」)



日本のプロ野球には、

・セントラルリーグ
・パシフィックリーグ

という二つに別れて運営されています。

「日本シリーズ」

つまりセ・リーグとパ・リーグのトップの決勝戦を除けば、
初めて交流する試合が誕生した年でした。



tyoiwaruoyazi

画像はイメージ フリー画像です
(時の人となった「ジローラモ氏」)



この年の流行語に入ったのが、

「ちょい不良オヤジ」

でした。


月刊ファッション雑誌「LEON」が生み出した用語で、

・年齢は上だけどちょっと格好いい
・おじさんが着ないようなファッション


今では普通に用いる「ちょい不良」という言葉も、
この年に誕生しました。

ファッションの世界でも「多様性」が始まっていたのです。


そんな時代にヒットしたのが「マカロン」です。




「マカロン」とは?


フランス発祥の焼き菓子と言われています。

固く泡立てたメレンゲに、
砂糖やアーモンドパウダーなどを加えて焼き上げた生地に、
クリームやジャムなどを挟んだスイーツです。


※発祥には諸説あります
 イタリア説もありますがここでは割愛します


parinomati

画像はイメージ フリー画像です
(パリの街並みのイメージ)



焼き菓子の一種とされていますが、
基本は冷蔵保存が必要で生菓子に近いです。

賞味期限も5日ほどと長くはありません。


makaron1

画像はイメージ フリー画像です
(「マカロン」は賞味期限が短い)



私達にもおなじみの2枚の生地で挟んだこの形は、

「パリ風マカロン」(パリジャンマカロン)

と言います。


正式名称では「マカロン・ムー」(柔らかいマカロン)と言います。


makaron2

画像はイメージ フリー画像です
(「マカロン・ムー」とエッフェル塔)



パリの洋菓子店「ラデュレ」の経営者である、
「ピエール・デフォンテーヌ」が、
1930年に2枚の「マカロン」にジャムやクリームを挟んで販売したのが始まりとされています。


radhure

画像はイメージ フリー画像です
(「ラデュレ」と見られる外観)



きっかけは「ピエール・エルメ」


日本での流行のきっかけとなったのが、

東京青山に出来た「ピエール・エルメ」のブティックとされています。


pie-ruerume1

画像はイメージ フリー画像です
(クロワッサンやマドレーヌも有名)



・見た目のかわいさ
・今までにないカラーバリエーション
・小さなサイズ感
・手土産としてのおしゃれ感


これらが女性に大変人気となり、
ヒット商品として他店も追随する形で拡がっていきました。


pie-ruerume


画像はイメージ フリー画像です
(ピエール・エルメ「マカロン」のイメージ)



またフレーバーも豊富で、選ぶのが楽しかったのもヒットの要因です。

ベーシックなものでも、

・バニラ
・チョコレート
・ピスタチオ
・ローズ

更に季節限定のフレーバーなどもあり、
流行に敏感な女性たちに受け入れられました。




最近でも進化が続く「マカロン」


現在でも「和食」は世界中で認められています。

そして和のフレーバーは「マカロン」でも人気です。


mattya

画像はイメージ フリー画像です
(海外でも人気の「抹茶」フレーバー)



代表的なものでも、


・抹茶
・ほうじ茶
・きなこ
・黒ごま
・山椒
・小豆


など多くのフレーバーが登場しています。


mattyamakaron

画像はイメージ フリー画像です
(「和」+「和」や「和」+「洋」もある)



まさにバリエーションは無限大です。

今後も新しいフレーバーが登場して行くことでしょう。


近年では「グルテンフリー」や「米粉」を使用したもの、
糖質を抑えるなど、時代に合った「マカロン」も登場しています。



「絶妙」だったサイズ感


もしも「マカロン」が、
一つで満足できる大きさだったら…

当時の大ヒットには繋がらなかったと思います。


現在は大きめサイズの「マカロン」も人気を博しています。


太っちょマカロン

画像はいつかの「トゥンカロン」
(通常の「マカロン」よりもボリュームがあります)



こちらは韓国でヒットして、
日本でも店舗があるお店です。

「トゥンカロン」

とは日本語では「太っちょマカロン」を意味します。



平成に「手土産」としてヒットしたのは、

小さいのを少しずつ食べられて、
どの味が美味しいといった会話も進む。

そんな事も関連しているのでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ