北欧 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:雑談 日記 > 北欧



受け継がれるもの…使い捨ての対局にあるもの


こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ものを大切にする・手作りをする」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(良いものを長く使うこと)



余分なものは買わない…良いものを使い続ける


デンマークにおける「ヒュッゲ」では「もの」をとても大切にします。


デンマークでは冬が長いこともあり、
家で過ごすことが多くなります。
必然的に家具やとりわけ椅子についてはとてもこだわりがあるようです。

hokuounohuyu

画像はイメージ フリー画像です
(厳しい冬のイメージ)


時には選択をするために1時間座ってから決めることも普通だと言います。

良いものを選んでそれを大切に使い続ける文化があります。
もちろん自分から子供へ…
またその子供へと受け継がれる事もあるとか。

huruishofa

画像はイメージ フリー画像です
(ヴィンテージ家具のイメージ)


その反面、余計なものは買わないのもデンマーク流。

・必要なものは最低限
・良いものを選択して長く使う
・家族にも「もの」が受け継がれる

これが「ヒュッゲ」の考えた方です。



家に残り続けるハンドメイドの技術


北欧ではハンドメイド品も多く使用します。

冬の間に母親や祖母たちがセーターや靴下を手編みして、
子供たちに着せているそうです。

teami

画像はイメージ フリー画像です
(受け継がれる手作りの技術)


そしてその子供たちが親になったときには自分の子供へと、
手作りの技術が受け継がれていくのです。

・セーターの編み方
・靴下の編み方
・手作りジャムのレシピ
・傷んだ家具の直し方

その家に残り続けていく手作りの品とその技術…とても素敵な文化です。

tedukurikukki

画像はイメージ フリー画像です
(オリジナルレシピも多数)


「おばあさん直伝のクッキー」
「父親譲りの椅子の直し方」

それは温かく誇らしいものでもあります。



やっと時代が追いついた北欧スタイル


いま各国ではしきりに…

・エコロジー
・使い捨てをやめる
・資源を大切に

などと謳っています。

eko1

画像はイメージ フリー画像です
(限りある地球の資源)


北欧諸国ではもう当然のように行われているわけです。


日本に置いてもようやく見直されてきた感があります。

・父母などの昔の服を子供が着る
・返却できるコーヒー容器の導入
・廃棄素材からのリメイク品

etc…


osagari1

画像はイメージ フリー画像です
(昔お母さんが来た服からドレスへ)


osagari

画像はイメージ フリー画像です
(お父さんのワークブーツは修理されて息子へ)



残り続ける「もの」に価値を見出すこと


100円均一などの発達により使い捨て文化も多い日本。

それが完全に悪いというわけではありません。

tyawan

画像はイメージ フリー画像です
(良いものを長く使用する)


日本人ならではの毎日使う「もの」

・お茶碗
・汁椀
・お箸 

etc…

こういったものだけでも本当にいいものを購入し、
ずっと使っていくというのもいいのかもしれません。


少し本筋からずれますが…

ブランド品のカバンなどは大体の場合きちんと修理することが可能です。
耐用年数も長いので結果お安くなるのかもしれません。

技術や耐久性といったものに、
もっと目を向けるべき時代はとっくに来ているのです。



受け継がれるのは「もの」だけではない


同じものを長く使って大切にするというのは、
結果エコロジーになります。

つまり地球に優しいわけです。

hokuounoheya

画像はイメージ フリー画像です
(北欧テイストの部屋)


お気に入りこそ長く使う。
親から子へ受け継がれる道具には何か温かいものを感じます。

それは単純な「もの」ではなく

・家族の思い出
・家族の絆
・大切な場所や技術

etc…


そして次の世代へと受け継ぐバトンです。




様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.6現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



短い夏を自然の中で過ごすこと


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ヒュッゲに置ける自然との関係」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(自然を感じるキャンピング)



庭でランチを食べればそれも「ヒュッゲ」


デンマークにおける「ヒュッゲ」では自然との触れ合いをとても大切にします。


冬が長い北欧のデンマーク。
その分、短い夏を思い切り堪能します。

もちろん日本でもおなじみのピクニックに、
キャンピングやバーベキューといったものを楽しみます。

hokuounoniwa1

画像はイメージ フリー画像です
(庭の植物たちと一緒にランチ)


ちょっとしたランチでも庭で食べれば「ヒュッゲ」な時間です。


これも構えてすることではなく、当たり前の事。
今日は晴れて気持ちが良いから外で食べよう。
家のパンとチーズで充分…。

「無理をしない・見栄をはらない」

これが「ヒュッゲ」の鉄則なのです。


・一人でも
・家族と一緒に
・近所の方と
・友人と

ごく自然に集まるといった雰囲気なのかもしれません。



自転車通勤も多いデンマーク


デンマークでは自動車の登録料金が高いです。

もちろん日本などに比べてエコ推進が進んでいます。
電気自動車ですらかなり厳しいものがあるそうです。

ハイブリット車(ガソリン+電気)
は諸外国では廃止が進んでいます。

近年では電気自動車のカーシェアリングなど。

「必要な時だけ使う」

方向性が見えてきます。


その分、自転車で通勤する方が多いのも特徴です。

zitennsha

画像はイメージ フリー画像です
(自転車通勤はコロナ禍でなくても当たり前)


自転車通勤は日本ではまだまだです。

・季節を感じる事が出来る
・運動にもなる
・排気ガスがなくエコロジー
・自分の行動を阻害されにくい(遅延など)

利点も結構あります。


風を感じるのは気持ちの良いものです。


もちろんそのための環境を整えている事は言うまでもありません。

zitennsha1

画像はイメージ フリー画像です
(自転車の電車内持ち込みの様子)


・専用自転車道の整備
・電車への自転車持ち込みスペース

etc…


日本では専用道路がうまく機能していません。

車から見れば邪魔な自転車としか見えないのでしょう。

また歩行者道路を自転車が走ってしまう問題もあります。


国による整備が待たれる所です。



週末はお花を買って帰る日


家の中の様々な場所に植物を多く用いているのもデンマーク流です。

家の中だけに限らず…

・サービスエリア
・ガソリンスタンド

etc…

といったお花に無縁そうな場所でも花を飾っています。

hanawokaudansei

画像はイメージ フリー画像です
(週末はお花を買う日)


国民性として週末にお花を買って帰る文化が根付いている。

これは日本との大きな違いかもしれません。


植物に触れるということは生命に触れる事です。


もちろんお世話が必要です。
どんな所でも自然を身近に感じること…

これこそが「ヒュッゲ」なのかもしれません。



縁側に生け花は実は「ヒュッゲ」だった?


日本にも実はとてもいい文化があります。
最近では廃れてしまっていますが…

日本家屋には必ず縁側がありました。

・昼寝をする
・家族でスイカを食べる
・近所の方とお茶を飲む

etc…


自然と「ヒュッゲ」を取り入れていたのです。


ikebana

画像はイメージ フリー画像です
(玄関や床の間に季節のおもてなし)


生け花も大切な文化です。

季節のお花を飾るというのは本当に大切なことです。
自然と優しい気持ちになるものです。


近年に置けるソロキャンプの増加。
これも自然回帰の方向性の一つなのかもしれません。
※もちろんアウトドアブームの一環でもあります

tyearing1

画像はイメージ フリー画像です
(この時間も立派な「ヒュッゲ」です)


次の週末にはお花を買ってみませんか?


様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.5現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



一日の中で数時間でも「ほっこり」していますか?


こんにちは( ´ー`)フゥー...
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


幸福度が高いとされている北欧諸国。


その根底にあるのが「ヒュッゲ」という考え方です。


本日は
「ヒュッゲに置けるほっこりする時間」を考えていきたいと思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(ろうそくの灯をながめて…)



キャンドルの消費量に比例するほっこり感


他者と対等に接するのが北欧スタイルです。
デンマークにおける「ヒュッゲ」では一人の時間の過ごし方も重要です。

心地よい空間というのは人それぞれ違うかもしれません。


ただ一日の中で、

「必ずホッとする時間を持つ」

これは何よりも大切です。

kyandoru2

画像はイメージ フリー画像です
(キャンドルの灯りに照らされて)


デンマークではキャンドルの消費量が世界トップクラスなのだそうです。
キャンドルの灯りはリラックス効果があるのです。

昼夜問わずキャンドルを用いて温かみのある空間を作るのが目的です。

もちろん食卓だけでなく玄関やリビングなどでも使用します。


蛍光灯や強いLEDの光。
もちろんパソコンなどのブルーライトなどは眼を刺激して、
興奮させる作用があります。

「スマホを寝室で使わない」

のはその為です。


ただここで大事なのはキャンドルではありません。

自分が快適と思う空間を持つことが大切です。



「ほっこり」とは何か?


【ほっこりする】


・あたたかなさま
・ふくよかなさま 

というような意味です。

kokoa

画像はイメージ フリー画像です
(ホットココアで一息)


もちろん物理的にも使います。


「ほっこりしたココア」

と言ったらココア自体が温かい様を表しています。


ココア自体も温かいものです。
そして甘く心も満たされます。


精神的に満たされた状況こそが、

「ほっこり」

と言えるのです。



心を豊かに(穏やかに)する時間を持つこと


「ほっこり」にルールはありません。
人により状況が違うのは当たり前…

一日の中で心が豊かになる時間(空間)を、
持つ(作る)というのが「ヒュッゲ」の考え方です。

kannsetushoumei

画像はイメージ フリー画像です
(間接照明のイメージ)



◆あくまで一例です


・どんなに忙しくても帰宅後のティータイムを持つ
・お風呂をお気に入りの香りで満たす
・照明を間接照明または温かい光に変える
・一日一回はお気に入りの椅子(場所)に座る

etc…


その中でも照明は重要な役割を担います。
北欧ではそれがキャンドル消費量という形で体現されているのです。



和室の持つ「ほっこり」感


日本では暮らしが欧米化しており。
今では洋室が主流になっています。

ところが反対に和室も見直されています。

やはり田舎に帰省した際に、
和室で寝ころぶというのは何か原点に返ったような気分になります。

hokkori

画像はイメージ フリー画像です
(日本流のほっこりを見つけて…)


日本人は本来もっている、

「ジャパニーズヒュッゲ」

のような文化を手放してしまったのかもしれませんね。



無理しては意味がない…日常が大切


よく考えてみれば日常の行動の中で自然と「ほっこり」していることもあります。


例えば…

・美しいものを見る(花や芸術)
・ペットと戯れる
・ソファに寝転がる(お気に入りの場所)
・好きな曲をかける
・お茶を飲む

etc…

意外と自然に取り入れていることもあるでしょう。

pet

画像はイメージ フリー画像です
(大切なのはそれが当たり前でないと思うことかも)


ご自身にとって無理のない形で「ほっこり」して下さい。
それも一種の「ヒュッゲ」なのです。


様々なスタイルのある「ヒュッゲ」
一緒に考えて行こうと思っています。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




2022.5現在コロナウィルスによる世界的な危機により
状況が一変していることを追記しておきます。
人との接触など一部不適切な項目も存在します。



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ