育った家庭で違う「呼び名」を持つ料理



こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じお料理や食材であるのに「呼び名」が違うことがあります。
それはどうしてなんでしょうか?


「なんとなく気になる呼び名の違い」


を解消しましょう。


dotti1

画像はイメージ フリー画像です
(大したことではないのだけど気にかかる)



本日の「呼び名」の違いは、


「味噌汁」と「おみおつけ」です。


misosiru

画像はイメージ フリー画像です
(どちらを使っていますか?)



「味噌汁」と「おみおつけ」は別の料理?


家庭によって「呼び名」が違うこの汁物。
でも実際は同じ汁物のような気がします。


「味噌」をダシで溶いて、
具材を入れたおなじみのお料理です。


misosiru1

画像はイメージ フリー画像です
(「しじみの味噌汁」のイメージ)



飲食店で「おみおつけ」表記はほぼ無いと言えます。


結果から言えば、

「味噌汁」と「おみおつけ」は同じお料理なのです。


naruhodo1

画像はイメージ フリー画像です
(やはり同じ料理でした)



ではどうして「呼び名」が違うのでしょうか?



「味噌汁」の丁寧な物言い?


辞書を引いてみると、


「おみおつけ」は「味噌汁」を丁寧に読んだもの


と記載があります。


hitoikituiitekanngaeru

画像はイメージ フリー画像です
(「お味噌汁」で十分ではないのか?)



丁寧に呼ぶだけなら、

味噌汁」

でいいのではないのでしょうか?


misowotoku1

画像はイメージ フリー画像です
(「作り方」に差があるのでしょうか?)



まだ少し疑問が残ります。

もう少し調べていきましょう。



「おみおつけ」を漢字にすると


発想を変えて、

「おみおつけ」

漢字で書くとどうなるのでしょう?


omiotuke

画像はイメージ フリー画像です
(「おみおつけ」のイメージ)



答えは、

「御御御付け」

となります。


なんだか大仰です。

「御」

3つもついています。


on

画像はイメージ フリー画像です
(「御祝」ですら「御」一つです)



「御祝」
「御祝儀」
「御年賀」


など「おめでたいもの」などを丁寧に言う時に用いる、


「御」


ですが…


何も3つも付ける必要はあるのでしょうか?



起源は「江戸」そして日本人の食生活にある


御御御付け」

という表現には意味があります。


汁物の上に、

「お実」=「具材」

つまり具材が山ほど乗っている様を表しているのです。


omiotuke1

画像はイメージ フリー画像です
(「お実」がたくさん入った「御御御付け」)



和食の基本である「一汁三菜」


江戸の世では「一汁一菜」であったと言われています。

・ご飯
・汁物
・漬物

こういった質素な食卓であったわけです。


itijuuissai

画像はイメージ フリー画像です
(「一汁一菜」の膳のイメージ)



その中で「汁物」はいろいろな栄養素を摂るため、
重要なものであったことが想像できます。

具材である「実」が3つ入った「汁物」を表して「御御御付け」なのです。


この「おみおつけ」という表現は、
江戸を中心として拡がりました。

つまり「江戸っ子」に多い表現でもあるそうです。


※諸説ある情報です



edokko


画像はイメージ フリー画像です
(「江戸っ子」のイメージ)



両者は同じ汁物…地方や年齢層により異なる「呼び名」


「味噌汁」と「おみおつけ」は同じ汁物

地方や年齢によって「呼び名」は変わることがある。
育った家庭環境で「呼び名」が変わるお料理の一つである。


あえてこの2つを分類するならば、



【味噌汁】


「味噌」を溶いた汁に簡易な具を浮かべたもの


misosiru2

画像はイメージ フリー画像です
(比較的シンプルな「味噌汁」)




【おみおつけ】


「味噌」を溶いた汁に多数の具材を盛り込んだおかずになる汁物


tonziru1

画像はイメージ フリー画像です
(豚汁などは「おみおつけ」と呼べそうです)



という分類になります。
基本は同じものと考えて大丈夫です。


年配の方や出身地により「おみおつけ」を用いる方も多いです。
一般呼称は「味噌汁」が標準的です。


本来、具材のたっぷり入った、

・豚汁
・海鮮あら汁
・根菜汁

などは「おみおつけ」表記で正しいのかもしれません。


araziru

画像はイメージ フリー画像です
(「魚のあら」を用いた「あら汁」)



「なんとなく気になる呼び名の違い」


解消できましたでしょうか?




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です