シソ科の「ホトケノザ」は食べられない



こんにちは(゚∇゚ ;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「春の七草」と呼ばれる植物があります。


季節を感じさせる響きとともに、
様々な効能を持っている「薬草」でもあります。


本日は「ホトケノザ」についてのお話です。
どのような「言われ」や「効能」があるのでしょうか?


koonitabirako

画像はイメージ フリー画像です
(食用に適しているのはキク科の「コオニタビラコ」)



「ホトケノザ」の基本情報


分類 キク科ヤブタビラコ族
名称 ホトケノザ(仏の座)
別名 コオニタビラコ(小鬼田平子)


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」小さな黄色い花が咲きます)


「春の七草」の一つ
湿地を好み田のあぜ道などに多い。


実は「春の七草」に数えられる「ホトケノザ」は、
キク科の「コオニタビラコ」のことを指しています。


koonitabirako

画像はイメージ フリー画像です
(食用に適すのはキク科の野草)



「ホトケノザ」という名前の野草は、
シソ科に存在します。

こちらは食用に適さないのだそうです。


hotokenoza1

画像はイメージ フリー画像です
(こちらはシソ科…紫の花が咲きます)



とても紛らわしいため、ここでは、


「ホトケノザ」⇒「コオニタビラコ」として記述を続けます。


花が咲く前のその茎や葉を食用とします。



※野草は知識のある方と…誤食に注意しましょう!



「春の七草」における「言われ」


【「ホトケノザ」が選ばれた理由】


「仏の座に似ている葉」


葉の姿形が、

仏様が座っている「座」によく似ているということから、

「縁起物」とされました。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(「仏体」そのものを表す「ゴギョウ」)



「ゴギョウ」 ⇒ 仏様そのものを表す。
「ホトケノザ」⇒ 仏様のお座りになる椅子を表す。

ということで共に「縁起物」として「春の七草」に入ったわけです。



hotokesama


画像はイメージ フリー画像です
(仏様が座る「円座」をイメージした)



「ホトケノザ」は地面を拡がるように葉を伸ばします。

その姿から御仏の姿形を想像したのかも知れません。


koonitabirako1

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」拡がるロゼット状の新芽)



「仏様の椅子」

その名称から「縁起物」である事が伝わってくる「春の七草」の一つです。

※諸説あります



「健胃作用」や「整腸作用」に優れる


【主な効用】


・健胃作用
・整腸作用
・咽頭痛の改善


kenisayou

画像はイメージ フリー画像です
(ほろ苦さがあり胃腸を整える)


胃を強く保ち、整腸作用を持ちます。

お正月で酷使した胃腸を休めるには最適の効能を持ちます。


一部の民間療法では咽頭痛の改善に用いたり、
皮膚の疾患に用いたという記述もあるようですが、
定かではありません。




【主な栄養素】


・抗酸化物質



koonitabirako2


画像はイメージ フリー画像です
(「生薬」又は冬季の「栄養源」に用いられたとされる)



「ホトケノザ」の栄養素としては、
実の所よくわかっていません。


ほろ苦さ持ち、特有のアクがあります。

「良薬は口に苦し」

の言葉のように胃腸によいものとされてきたようです。



nigaikusuri


画像はイメージ フリー画像です
(「良薬は口に苦し」のイメージ)



一部「抗酸化物質」を検出したなどのデータもあるようですが、
専門的な話になるため、ここでは割愛致します。



強いアクを抜くには「天ぷら」がおすすめ


【主な調理方法】


・天ぷら
・お浸し
・炒めもの

etc…


アクが強めなのでしっかり茹でた後、流水にさらして使用します。

天ぷらなどの調理方法はアクも飛ぶので向いているそうです。

お醤油や山椒などで炒めものを作ると美味なのだとか。


kakiage

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「豆苗」のかき揚げ)



しっかりとアクを抜けば、お浸しとして頂く事もできます。


ohitasi

画像はイメージ フリー画像です
(アクをしっかり抜けば美味しく頂ける)



しっかりした下ごしらえが必要な為、
どちらかというと「山菜」に近いポジションと言えなくもありません。


sannsai1

画像はイメージ フリー画像です
(下ごしらえに時間がかかる山菜たち)



七草セットに入っているのは「コオニタビラコ」


シソ科の「ホトケノザ」が七草パックに入っている事はありません。

強い毒性は持っていないものの、
とても食べられたものではないのだそうです。


koonitabirako3

画像はイメージ フリー画像です
(「コオニタビラコ」拡がる葉)



両者は姿形も若干違います。


hotokenoza

画像はイメージ フリー画像です
(シソ科の「ホトケノザ」こちらは「円座」に近い形」



「なぜ混同されたのか?」


については、

「見た目の違いはあれど同じものを連想させた」

という事でしょうか?


推測の域を出ません。



厳しい冬を乗り切るために


何れにせよ食べ物が足りなく、
厳しかったであろう冬季。


これを乗り切るために「仏様」にすがった。

「仏様が座っているような形」

だと昔の方は想像をしたのでしょう。


nanakusagayu1

画像はイメージ フリー画像です
(七草粥のイメージ)



そんな事を考えて見るのもまた一興です。


なんとなく「七草粥」として頂いていましたが、
きちんと意味や効能がありました。



意外に知らない事が多い「春の七草」
またお届け致します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.1 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です