近年見直された「きゅうりの噂」とは?


こんにちは( ´∀`)つ
四葉のくまさんことよつくまです🍅
本日もよろしくお願いいたします。


食べ合わせは栄養素を増したりするものと、
反対に損をするものがあります。

「意外に知らない損な食べ合わせ」

本日は、
「きゅうりとトマト」についてお話します。

kyuuritotomato1

画像はイメージ フリー画像です
(こんな定番の組み合わせにも損が…?)



サラダの定番中の定番の組み合わせ…


殆どのサラダで組み合わされているこの食材。

もしかしたら朝食で頂いたかもしれません。
それほど身近なものです。

kyuuritotomato

画像はイメージ フリー画像です
(本当にこの組み合わせが損なのでしょうか?)


夏場はもちろん、
それ以外の季節でも普通に食卓に上がります。

「食べ合わせが悪い」

とは聞いたことがありません…


しかしとある「きゅうりの噂」を聞いたことがないでしょうか?


ではその理由を探ってみましょう。



損な食べ合わせ「トマトのビタミンCの破壊」


こちらの食べ合わせの損なポイントは…

「トマトの豊富なビタミンCをきゅうりのアスコルビナーゼが破壊する」

と言われている事です。

tomato1

画像はイメージ フリー画像です
(リコピンやビタミンCの宝庫です)


きゅうりに含まれる酵素のアスコルビナーゼ。

こちらの成分がトマトに豊富に含まれているビタミンCを破壊する。
(正確には酸化させる)


とされてきました。


野菜類には豊富にビタミンCが含まれています。
きゅうりを食べただけて、本当にビタミンCが破壊されるのでしょうか?

それならばサラダにきゅうりを入れることが間違いになります。


近年では研究が進みだいぶ話が変わってきたようです。

kyuurisarada

画像はイメージ フリー画像です
(「きゅうりの噂」では悪者扱いされてきたきゅうり)



お酢やドレッシングで簡単解決


【簡単な解決策】

お酢をプラスする事で解決。
ドレッシングなどのお酢でもOKです。

お酢がアスコルビナーゼの働きを止めてくれます。

アスコルビナーゼがビタミンCを酸化するのは本当なのです。

saradadoresing

画像はイメージ フリー画像です
(最も普通の方法で回避できます)


この解決策でしたら何の問題もありません。


ただドレッシングにはお酢を含まないものもあります。

・塩を振るだけの方
・そもそも何もかけない方

は大丈夫なのでしょうか?



実は意外にたくさんあるアスコルビナーゼ


この聞き慣れない酵素成分ですが。
実は多くの野菜や果物に含まれています。

・人参
・キャベツ
・かぼちゃ
・りんご
・バナナ

etc…

結構身近な成分なのです。


繊維を細かく切断する事でより効果を発揮する成分です。
「すりおろし」などが一番酵素が働くようです。

働きを抑制する方法が、

・加熱
・お酢や柑橘類などの酸

と言われています。

remonshibori

画像はイメージ フリー画像です
(一絞りで効果を発揮します)


サラダを塩だけで食べる方は、
軽くレモン汁を絞って頂くとさっぱり頂けて、
ビタミンCも酸化しないのでおすすめの方法です。



最近わかってきた事


近年の研究で、
きゅうりなどのアスコルビナーゼによって、

「還元型ビタミンC」 ⇒ 「酸化型ビタミンC」

に変化することを「破壊」と言われてきました。


ところが、

「酸化型ビタミンC」を取り込んだ体内で、
再び「還元型ビタミンC」へと変化することが確認されたとの事。

bitaminc

画像はイメージ フリー画像です
(酸化型ビタミンCも身体にて有益に働く)


つまりこの食べ合わせは現在は「問題なし」と言えるのです。


もちろん上述のお酢や酸を用いて、
そのままの状態で「還元型ビタミンC」を取り入れればそれで良し。

たとえ一部「酸化型ビタミンC」に変質したとしても、
栄養素はきちんと取り込まれているので心配はありません。

きゅうりにとっては迷惑なお話でした。


通説とされてきた事が覆る事もまたあるようです。

「食べ合わせ」

とは…面白いものです。



また次回お伝えしていければと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です