きのことベーコンのトマトソースパスタです


こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです🍝
本日もよろしくお願いいたします。


乾燥パスタは長期保存もできる食品です。
また味を変えることでバリエーションは無限大。
大人から子供まで大好きなパスタ。

そんなパスタをご紹介していきたいと思います


本日のパスタはこちら

トマト トマトとしいたけトマトソース

しいたけとベーコンのトマトソースパスタです



こんなパスタです


ベース トマトソース
季節 いつでもOK
味わい トマトの酸味にベーコンとしいたけの旨味

炒めたベーコンとしいたけからダシが出ます。
組み合わせも申し分ない安定の一品です。



材料一覧


パスタ 1.4~1.6ミリ位
にんにく みじん切り
ベーコン 厚切りがおすすめ
しいたけ スライスまたは1/4カット
キャベツ 食べやすい大きさにカット
モッツァレラチーズ あればでOK
トマトソース 市販でもトマト缶でも作れます

※パスタは目安 もちろん他のパスタでもOKです



作り方


◆パスタを茹で始める
・フライパンを熱してオリーブオイルを入れる
・ベーコンとしいたけをしっかり炒める(焦げ目が軽くつくように)
・にんにくを入れて香りが出るまで炒める
・パスタの茹で汁を投入(焦げを防ぎます)
・トマトソースを投入(トマト缶なら砂糖少々)
・軽く塩コショウを振っておく

◆パスタをフライパンへ
・キャベツを入れてよく混ぜる
・軽く味見
・酸味が強ければ砂糖、旨味がほしければコンソメ
・塩味を決める
・モッツァレラチーズを投入して日を止め軽く混ぜて完成


★トッピングお勧め
・パセリ
・フライドオニオン
・粉チーズ

モッツァレラチーズがあれば粉チーズは不要です




調理のポイントは?


・トマトソースはしっかりと煮詰める
・キャベツは後入れ
・モッツァレラチーズを入れたら火を止める


キャベツを先に入れるとクタクタになってしまいます。
あくまでさっと炒める程度がおすすめです。

しいたけとベーコンは風味の基礎です。
しっかりと炒めて下さい。

特にモッツァレラはとろけやすいので、フライパンで混ぜすぎると形がなくなります。

トマトソースやトマト缶は煮詰めると味が凝縮されます🍅
茹で汁と合わせることで美味しくなります。



パスタ調理のワンポイント!茹で時間はタイマーで


パスタを調理する時に知っておくと便利な事を少しずつ書いておきます。
参考になさって下さい


「パスタの茹で時間は正確にはかる」


これはパスタ料理全般に言えることなのですが…
適当な時間ゆでるのはやめましょう

プロでもキッチンタイマーを使っています。
そしてもう一つ


「記載のゆで時間マイナス1分」


を目安にして下さい。
ゆで時間が7分なら6分ゆでるということですね。

フライパンでソースと絡める時にも火は通り続けるので、コシのないパスタになってしまいます。
⊂⌒っ*-ω-)っ

パスタによってはそれでも伸びる物もあります。
その際はゆで時間を短くすることで防ぐことが出来ます。



とりあえず市販のトマトソースから


トマトソースを作るのはそれなりに手間がかかります。
まずは市販のトマトソース缶などを使いましょう。

カゴメさんの「基本のトマトソース」などはおすすめです

安定の組み合わせで美味しいパスタです。
もちろんしいたけ⇒しめじやマッシュルームでもOK!

是非チャレンジしてみて下さい


この記事は過去記事を大幅にリメイクしたものです(。ᵕᴗᵕ。)ஐ
詳しくは下記参照です⇩



【Re】マークの記事について


【Re】マークのある記事は加筆修正を行ったリメイク記事になります。
当時の写真を用いており、若干お見苦しいかと思いますがご容赦を。

パスタのシリーズはメニューに困る昨今に便利かと思いリメイクをすることとしました。
作り方など当時には記載が少なかったため、わかりやすくなってると思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




トッピングのパセリについて








ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です