お肌もお料理もじっくり時間をかけて



こんにちは(・∀・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


寒い時期になってくると、
「煮込み料理」が美味しく感じます。

ゆっくりと時間をかけてコトコト煮込んだ分、
お料理は美味しく仕上がるものです。


su-pu

画像はイメージ フリー画像です
(時間と手間をかけた分美味しくなります)



「煮込み料理」はじっくりと


寒い季節の料理は色々あります。

その代表的なものはシチュー類でしょう。


クリームシチュー

画像はいつかのクリームシチュー
(寒い季節のごちそうです)



他にも「煮込み」と呼ばれるお料理は、
特にコトコトゆっくり時間をかけると美味しくなります。

・もつ煮込み
・ポトフ
・おでん
・大根と豚バラ肉の角煮

etc…


potohu

画像はイメージ フリー画像です
(「ポトフ」は時間をかけていじらないことがコツ)



「煮込み」料理は、

・下処理をしっかりする
・沸騰させずにゆっくり火を入れる

これを守るだけでも美味しさに差が出ます。



azimi


画像はイメージ フリー画像です
(しっかり手間をかけて…美味しくなぁれ)



今回は「コラーゲン」の多い「牛すじ肉」を使って、
トマトと合わせた洋風煮込みを作ってみました。



「牛すじ」のぷるっとした部分は「コラーゲン」


「牛すじ肉」は脂っぽい、
と思っていらっしゃる方も多いです。

「牛すじ肉」のぷるっとしている部分はゼラチン質。
つまり「コラーゲン」なのです。


gyusuzinikomi

画像はイメージ フリー画像です
(「牛すじ肉」には「コラーゲン」がたっぷり)



下処理に若干手間はかかるものの、
しっかり処理をすれば美味しい「煮込み」を作ることが出来ます。


そして肉の中ではかなりの低カロリーの部類に入ります。



【肉のカロリー比較(100g)】


牛すじ    155kcal
・和牛バラ肉  517kcal
・牛タン    269kcal
・豚バラ肉   434kcal
・豚ロース肉  263kcal
・鶏もも肉   253kcal
・鶏ささみ   114kcal

※なお鶏もも肉は皮ありとする


gyuubara

画像はイメージ フリー画像です
(牛肉は輸入より和牛の方がカロリーが高い)



流石に「鶏ささみ肉」には及ばないものの、
かなりの低カロリー食材であることがわかります。

例えばカレーの肉を「牛すじ肉」に変えるだけで、
かなりカロリーを抑えられます。


daietto2

画像はイメージ フリー画像です
(実はダイエット向きの食材)



しっかり下処理をしないと少し固いという弱点もあります。

そこが敬遠されてしまう原因なのかもしれません。


きちんと処理すれば美味しく頂ける上に、お値段も控えめです。



ひと手間かけて下処理を


様々な方法で下処理出来ますが、
今回行ったひと手間をご紹介します。


sitayude

画像はイメージ フリー画像です
(下茹でのイメージ)



【下処理の一例と手順】


・たっぷりのお湯を沸かす
・アクを丁寧に取りながら5分ほど下茹でする
・ザルにとり水洗いをする
(良く手で洗いましょう)
・酒、生姜、ネギの青い部分と共に1時間以上茹でる
・アクが出るようならこまめに取る


この際二度目に使った茹で汁は煮物に使うことが出来ます。

komutan

画像はイメージ フリー画像です
(韓国風の「もつ煮込み」に近い「コムタン」)



・大根などの煮物
・コムタン
・そのままカレーのベース

etc…



確かに手間ではあります。

多めに下処理を済ました「牛すじ肉」を冷凍保存することも出来ます。
使える時に取り出すだけなので便利です。

・カレー
・ビーフシチュー
・味噌煮込み

大量に入手した場合は冷凍保存がおすすめです。


reitou

画像はイメージ フリー画像です
(保存袋などに入れて冷凍しておきましょう)



「ハーブ」でお料理をランクアップ


今回は下処理した「牛すじ肉」とホールトマトを合わせて煮込みました。

・ホールトマト
・赤ワイン
・人参
・玉ねぎ(くし切り)
・きのこ類
・ハーブ各種
(オレガノ、ローズマリー、ローリエ)
・塩こしょう適量

etc…


tamanegi

画像はイメージ フリー画像です
(玉ねぎは「くし切り」がおすすめです)



【ワンポイント】


トマトと好相性のハーブである、

・オレガノ
・ローズマリー

などを必ず入れましょう。

oregano1

画像はイメージ フリー画像です
(出来ればフレッシュがおすすめです)



下処理で臭みは取れていますが、
お料理によい芳香を与えてくれます。

ハーブを上手に使うとグレードが上がります。

あとはお肉が柔らかくなるまでコトコト煮込んで、
塩味を整えれば完成です。


牛筋トマト煮

画像はいつかの「牛すじトマト煮込み」
(ズッキーニは彩りに後入れです)


玉ねぎはもちろんのこと、
何かしらの根菜類やきのこ類は是非一緒に。


それぞれから美味しさがゆっくり抽出されて混じり合います。



形や色合いを残したいものは後入れする


今回は彩りに、

ズッキーニを軽くソテーして、後入れしました。

お皿に盛り付けたあとに乗せるだけでも見た目が美しくなります。


zukki-ni

画像はイメージ フリー画像です
(このテクニックはカレーなどでも活躍します)


・ブロッコリー
・いんげん
・パセリ
・万能ねぎ

などでもOKです。



形や色を保つのが難しい野菜を入れたい場合は、

別のフライパンで焼くなどして、
食べる時に乗せると良いと思います。


baketto

画像はイメージ フリー画像です
(スライスしたバケットなどと好相性です)



どちらかというとパンを合わせたほうが美味しいかも知れません。

少し焼いたバケットなど添えて、
頂いてはどうでしょうか?



時間と手間をかけたお料理は美味しく、
お肌にもうれしい「コラーゲン」たっぷりです。


egaojosei

画像はイメージ フリー画像です
(カロリーオフで「コラーゲン」たっぷり)



ゆっくりと手間をかけて作ってみてはいかがでしょう。
時間をかけただけの事はあると思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です