実は曖昧な境界線…「スパイス」と「ハーブ」



こんにちは(●´ω`●)
四つ葉のくまさんことよつくまです🌱
本日もよろしくお願いいたします。


お料理を作る時に、
「香り」や「独特の風味」を足すのに欠かせないものがあります。


habusupaisu

画像はイメージ フリー画像です
(どちらも大切なものです)



「スパイス」は「香辛料」のことです。
「ハーブ」 は「有用植物」のことを指します。


両者の違い明確に答えるのは難しいです。


本日は、
「スパイスとハーブの違い」についてのお話です。


supaisu1

画像はイメージ フリー画像です
(数え切れないほどの種類がある)



区別をするのは難しい


「スパイス」の世界には、


「世界四大スパイス」


なるものがあるそうです。


supaisubin


画像はイメージ フリー画像です
(当記事では割愛させて頂きます)



「ハーブ」の世界にも実に多くの種類の「ハーブ」が存在します。


数十種類とも数百種類とも言われ、
一般的なものだけでも30種類はあるのではないでしょうか?


ha-bu

画像はイメージ フリー画像です
(「ハーブ」にも数多の種類がある)



「ハーブ」には、

・生(フレッシュ)
・乾燥したもの

がありその見た目もだいぶ違います。


kansoupaseri

画像はイメージ フリー画像です
(「ドライパセリ」のイメージ)



ここで素朴な疑問です。


「スパイス」と「ハーブ」


の違いはなんでしょうか?



いざ聞かれると…答えに詰まってしまいます。



本日はそんな「ハーブ」と「スパイス」の境界線のお話です。



「ハーブ」とは?


【ハーブ】


◆辞書より


「薬用植物、有用植物、薬草、香草」


のこと。


habu

画像はイメージ フリー画像です
(主に「草」のことを指す)



つまり基本は「草」であることが多いわけです。


芳香や風味、味を楽しむ為の植物のことです。

一部のお料理にはなくてはならない「ハーブ」もあります。


ha-bu1

画像はイメージ フリー画像です
(「虫除け」などの「効用」を持つものも)



他にも以下のような目的で使用されます。


・「薬用」としてすりつぶし使用する(薬効)
・「防虫剤」として乾燥したものを使用する(防虫・忌避)
・衣類の「染料」などとして使用する


「薬効」を持つものが多く、
古来より様々な薬の代わりとして用いられてきました。


植物の「葉」や「芽」を摘み取って用いる事が多いです。

中には「花」を使用することもあります。


rabebda-

画像はイメージ フリー画像です
(「ハーブの女王」と言われる「ラベンダー」)



「スパイス」とは?


【スパイス】


◆辞書より


「香味料、香辛料、薬味」


とあります。


supaisu7

画像はイメージ フリー画像です
(お料理ごと欠かせない「スパイス」がある)



「草」の文字は入っていません。

「スパイス」は植物の「種子」「根」
更には「樹皮」などを用いるものが多いです。


一部の「花」も「スパイス」として用いられます。


sinamon

画像はイメージ フリー画像です
(「樹皮」を用いる「シナモン」)



芳香などを楽しむのは同じです。

主目的は「薬味」であり、
「保存料」としての役割も大きいことが伺えます。


その分個性的な芳香が強めです。


kousinryou


画像はイメージ フリー画像です
(「香辛料」といえば「唐辛子」)



「香辛料」


と言われるだけはあり、
強い「辛味」を含むものが多いのも特徴です。


・種子を取り出して乾燥させる
・種子をすりつぶして粉状にする
・樹皮を剥がしてスティック状に乾燥させる


「ハーブ」の多くがいわゆる「草」です。

「スパイス」は樹木の「実」であったり、
樹木の「樹皮」や「根」など様々です。


supaisukare-

画像はイメージ フリー画像です
(「カレー」は「スパイス」がなければ始まらない)



「厳密な定義」が存在しない


実は両者を明確に区別する定義が、
日本には存在しないそうです。


両者を大まかに分類するのが前述の、

・「葉」や「茎」など ⇒ 「ハーブ」
・「種子」や「根」
 および「樹皮」など ⇒ 「スパイス」

になります。


supaisurakku

画像はイメージ フリー画像です
(並んでいるとお料理上手に…見えませんか)



食物に芳香や香味を与えたり、
保存状態を保ったりすることに違いはありません。


一部の「花」などは「スパイス」または「ハーブ」で分類されたりするので、
非常に曖昧なものとなっています。



ヨーロッパにおける分類方法


最後に少し面白い方法で分類をしている,
ヨーロッパの例をご紹介します。

こちらの分類方法は少し変わっています。


自家栽培出来る草花 ⇒ 「ハーブ」
自家栽培出来ない植物⇒ 「スパイス」

というものです。


habu1

画像はイメージ フリー画像です
(栽培できるものは「ハーブ」と分類する)



確かに「ハーブ」と言われる植物は、
自宅で育てることが比較的簡単です。

「キッチン栽培」が可能で、都度摘んで使用することが出来ます。



【比較的栽培が容易なもの】


・パセリ
・オレガノ
・タイム
・ローズマリー
・バジル


などが該当します。


baziru

画像はイメージ フリー画像です
(家庭で「水耕栽培」できる「バジル」)




【主に樹から採れるもの】


それに対して「スパイス」は家庭では少し難しい物が多いです。

・胡椒
・ナツメグ
・クローブ
・シナモン

などが該当します。


kuro-bu

画像はイメージ フリー画像です
(画像は「クローブ」の樹)



「シナモン」などは「樹皮」そのものです。
庭に樹を植えないとなりません。


ハーブ類が大変身近なヨーロッパならではの分類方法です。


ヨーロッパでは「スパイス」の入手が困難であった事も関係があると思われます。

「スパイス」の多くがアジア地域に多く、
輸入に頼らざるを得なかった為です。


supaisu

画像はイメージ フリー画像です
(大変高価なものであった「スパイス」)



「ハーブとスパイスの境界は曖昧」

「ヨーロッパでは独自の分類がある」


ということになります。



「スパイス」については歴史の背景も大きく影響があります。

またの機会にお届けできればと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です