胃の働きも良くする清涼感あふれるハーブ



こんにちは(*^・ェ・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「ハーブ」を上手に使っていますか?

「ハーブ」とは、

・保存
・香り
・防腐

などに役立つ有用な植物のことです。


ha-bu2



画像はイメージ フリー画像です
(お花を楽しむ「ハーブ」もある)



もちろん正しく用いれば、
お料理のグレードもワンランクUPします。


本日ご紹介する「ハーブ」は「ミント」です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(清涼感あふれる「ハーブ」です)



日本でも古くから親しまれる「ハッカ」


【「ミント」の基本情報】


分 類 シソ科ハッカ属
原産地 地中海、ヨーロッパ、アジア東部
和 名 ハッカ


minto1

画像はイメージ フリー画像です
(葉をつまめばたちまち香る)



ここで言う「ミント」とは、
主に「ペパーミント」や「スペアミント」のことを指します。


和名の「ハッカ」ですが、
「ニホンハッカ」という品種を指すこともあります。


hakka

画像はイメージ フリー画像です
(「ニホンハッカ」と思われるイメージ)



いずれも強い芳香があり、
スッキリとした気分にさせてくれる香りの「ハーブ」です。


様々な商品で「ミント」の香りが販売されています。


mintsenzai


画像はイメージ フリー画像です
(「台所用洗剤」などでもおなじみの香り)



「お菓子」や「医薬品」多岐に渡る利用


【主な効用】


・気分転換やリラックス効果
胃腸の働きを助ける(ペパーミント)
・一部アレルギーの抑制(ヒスタミン抑制)
・虫除けなど



hakka1

画像はイメージ フリー画像です
(「ハッカ油」も「虫除け」などに有効)



「ペパーミント」の主成分である「メントール」は、
説明が必要ないくらい使われています。


お菓子やお料理の他にも、
「医薬品」など身の回りに色々と用いられれています。


「スーッとする成分」


の多くが「メントール」を使用しています・


「ハッカスプレー」が、
マスクの需要と共に一時品薄になったのも記憶に新しいです。



【含まれる栄養素】


・ミントポリフェノール
・メントール
・ロスマリン酸
・ルテオリン


kahunshou

画像はイメージ フリー画像です
(辛い「花粉症」の軽減作用)



「ミントポリフェノール」
「ロスマリン酸」(抗酸化作用)
「ルテリオン」


には「花粉症」の軽減効果があるとされています。
「アレルギー症状」を和らげる働きがあります。


主成分である「メントール」には、
皮膚の活性化や胃腸の活性化効果が期待できます。



imotare


画像はイメージ フリー画像です
(「胃の不快感」に効果的です)




栄養素を取得する目的で「ミント」を使うことはあまりありません。

むしろその香りを活かす事が多いです。
抗酸化力、防腐・防虫効果に優れています。

多くの方が悩まされている「花粉症」に効能がある。
これは大きなポイントです。


pepa-mint

画像はイメージ フリー画像です
(葉一枚でもかなり強い香りがあります)



胃をいたわりつつ…彩りやお口直しに活躍


【利用・調理方法】


「ミント」をサラダのように食べると言うことはあまりありません。

彩りとして乗せたり、
風味をアクセントとして利用したりすることがメインです。


minto2

画像はイメージ フリー画像です
(王道のハーブティーで胃をいたわる)



デザートや添え物として活躍する「ハーブ」です。



【チョコ系のスイーツに】


tyokoke-ki

画像はイメージ フリー画像です
(「ミント」の芳香でスッキリ頂ける)



「チョコレートケーキ」などにひとかけ乗せるだけです。

色合いだけでなく口直しにもなります。
言わずとしれた相性抜群の組み合わせです。



【モヒート】


「ミント」の葉を適量入れます。

ライムの絞り汁と共にラム系のお酒に混ぜれば完成です。
爽快な炭酸割りです。


mohito

画像はイメージ フリー画像です
(「モヒート」は暑い日のご褒美)




【ステーキなどの肉料理に添えて】


nikutomint


画像はイメージ フリー画像です
(添え物としても優秀です)



添えてある「ミント」はできれば頂きましょう。


見た目だけでなく「フラボノイド」が口臭の防止等に役立ちます。

肉料理の「臭み消し」としても優秀です。



種類や香りも様々な「ミント」


とにかく種類がたくさんあるのが「ミント」です。


【ミントの種類(一部)】


・スペアミント
・ペパーミント
・ニホンハッカ
・アップルミント
・パイナップルミント 

etc…


mint

画像はイメージ フリー画像です
(「パイナップルミント」と思われるイメージ)



それぞれ独特の風味を持ち、香りも好みに合わせて使えます。

暑い時期には食中毒の予防にも使える便利な「ハーブ」です。


「アップルミント」
「パイナップルミント」


などはそれぞれの果実の香りがします。


もちろん「チョコミントアイス」にも使用されています。


chokomint

画像はイメージ フリー画像です
(「チョコミント」好きの方は多い)



お好みの香りを選んで用いてみて下さい。

中にはカレーの香りがする「ミント」
などもあります。



「ハーブ」を上手に用いる事で、
お料理のレベルがグンと上がります。

「ハーブ」の効能を知っておいて損はありません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です