「タッパー」はただ詰めればよいものではない 初心者必見!



こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


【「タッパー」はお料理を入れて蓋をするだけでしょ?】


「タッパー」は食品を保存するのに便利なアイテム。
しかし間違った使い方をすると食品が傷んでしまう事も。


今さら聞けないそんな事を勉強していきましょう


第29回 
「正しいタッパー保存」これで大丈夫 です。


tappa

画像はイメージ フリー画像です
(作り置きに便利な「タッパー」保存)


※この記事はお料理初心者向けに記述しています



本日の超基本 正しく使ってこそ便利な「タッパー」


「タッパー」は便利に保存ができる容器です。

・作り置きのお惣菜
・使いかけの食材
・残ったおかず

などの保存に大いに活躍します。


tappa1

画像はイメージ フリー画像です
(様々な形と種類がある「タッパー」)


しっかり蓋の閉まるタイプを選ぶと、
長期保存ができたりして便利です。

また重なるタイプですと冷蔵庫の整理に役に立ちます。


tappa2

画像はイメージ フリー画像です
(サイズ感など使いやすい物を)


ところが間違った使い方をしてしまえば、
かえって食品を傷めてしまうこともあり得ます。

しっかり覚えましょう。



蓋がしっかり閉まってこそ役に立つ


当然といえば当然の話ですが、
蓋の閉まらない「タッパー」は役に立ちません。


tappa3

画像はイメージ フリー画像です
(蓋が歪んでしまった「タッパー」)


100均の「タッパー」などは劣化が早いので、
しばらくすると歪んで蓋に隙間ができます。

するとそこから雑菌や空気などが入り込み、食品の痛む原因になります。


[空気が入る事 = 雑菌の繁殖]


のリスクが上がると思って下さい。


zakkin

画像はイメージ フリー画像です
(雑菌も呼吸をしています)


雑菌も私達と同じように呼吸をしています。

それをシャットアウトすることで増殖を防ぐのが一番です。


まずはしっかり蓋の閉まるものを使いましょう。
隙間があると食材が痛むだけでなく乾燥してしまいます。

ロックが出来たり、中の空気を追い出したり出来るものがおすすめです。



sinkukyanisuta


画像はイメージ フリー画像です
(内部を真空にする「真空キャニスター」)


※中には真空状態を好む細菌もおります



蓋をするのは中身が冷めてから


これも基本中の基本です。

何かしらのお惣菜を作ったとします。
これを「タッパー」に移して、すぐ蓋をして冷蔵庫へ。

一見無駄がないように見えますが、これはNGです。


gohanyuge

画像はイメージ フリー画像です
(温かいものからは湯気が立ち上る)


温かいものに蓋をすると蓋に水滴が付きます。
これは湯気が冷やされて水に戻るからです。

この水が食品を痛める原因になります。

カビなどが繁殖しやすい多湿の原因にもなりうるのです。


冷蔵庫内の温度も上昇してしまいます。
他の食品にも悪影響ですので、きちんと冷ますことが基本です。

冷ます際は出来るだけ平べったくするのが早いです。


gohansamasu1

画像はイメージ フリー画像です
(ご飯はこのままラップで冷凍するのも手です)


あまりに室温が高いと、
冷ます行程で雑菌が繁殖してしまいます。

その際は送風機などを使うのも一つの方法です。


冷蔵庫の機能で「温かいまま冷蔵(冷凍)」という機能がついている場合。
ぜひそちらを使用して下さい。



「タッパー」の消毒について


「タッパー」を使用後はきちんと洗いましょう。

これはもちろんですが、キッチンハイターなどを用いて除菌するのが望ましいです。
「タッパー」の角にはスポンジで落とせない雑菌が結構いるのです。


jokin

画像はイメージ フリー画像です
(泡タイプの除菌漂白剤は便利)


またきちんと乾かすことも重要です。
生乾きの状態は危険ですので使うのはやめましょう。

またアルコールなどによる除菌は有効です。
アルコールは一般的に乾いた状態で使用しないと効果が落ちます。

乾かした「タッパー」にアルコールをかけてから保管すると尚良いです。



「パッキン」に注意


密閉度が高い「タッパー」には、
蓋の部分に「パッキン」と呼ばれるゴムやシリコンなどの部分があります。


pakkin

画像はイメージ フリー画像です
(青い部分が「パッキン」です)


この「パッキン」は普通の洗浄で非常に洗いにくい部分です。

先述の「泡タイプの漂白剤」はここでも活躍します。

また取り外せるタイプですと、
しっかりとつけ置き洗浄出来るので便利です。

「タッパー」

で知らずのうちにカビが生える場所No.1はこの「パッキン」です。



「◯◯専用」にすることで安全性アップ


「タッパー」で主に保存する食材は何でしょうか?

・ご飯
・お惣菜
・使いかけの野菜
・使いかけの肉や魚
・調味料

etc…


tappaniku

画像はイメージ フリー画像です
(一度肉を入れたら専用にするとよい)


これらをそれぞれ専用にするのが最も望ましいです。

一番危ないのが肉や魚を入れて、
洗った後にご飯などを保管するなどする事です。


プラスティック製の「タッパー」は目に見えない傷があります。

主にスポンジの研磨によるものですが、ここに雑菌が繁殖しやすいのです。

また生野菜の残りなど火を入れないで用いるものと、
火を入れて使用する食材では、確実に「タッパー」を分けるべきです。


tappaniyasai

画像はイメージ フリー画像です
(生野菜などは特に専用が好ましい)


おすすめなのが「◯◯専用」です。

蓋の色で識別出来るようにすると尚良しです。

・赤 ⇒ 肉専用
・青 ⇒ ご飯専用
・緑 ⇒ 生野菜専用
・黄 ⇒ 果実専用

などです。

わかりやすいシールで区分しても良いでしょう。



本日のお料理上手ポイント 食中毒を防ぎしっかり保存する


「タッパー」は正しく使うことで、
食中毒防止・保存性アップに役立つアイテムです。


・しっかり蓋の出来るものを選ぶ
・火を通すものと通さないもので分ける
・しっかり洗って乾かして除菌する
・食材が冷めてから蓋をする


また「タッパー」に保存日を記載するのは非常に効果的です。


kennkoukazoku

画像はイメージ フリー画像です
(家庭で家族の健康を守るのは…あなたです)


食中毒や食品の傷みを早めるものとして、

・空気(酸素)
・水分
・雑菌

これらをシャットアウトするのがタッパーの役割です。


覚えておきましょう。



作り置き惣菜は非常に便利なものです。
また市販品に比べれば余計なものが入っていない安全なものです。

この記事がお役に立てれば幸いです。



第29回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)

また一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です