実は別物…「日本酒」と「料理酒」 初心者必見!



こんにちは∥(*゚~゚*)モグ
四つ葉のくまさんことよつくまです🍶
本日もよろしくお願いいたします。


【「料理酒」って書いてあるけど「日本酒」と同じ?】


実は「料理酒」に顕著ですが、
銘柄により味わいが変わることもあります。


今さら聞けないそんな事を勉強していきましょう


第26回 
「日本酒」と「料理酒」の違いを知る です。

ryourishu

画像はイメージ フリー画像です
(煮物などには欠かせない調味料でもあります)



本日の超基本 「料理酒」は銘柄で味わいが異なる


レシピには「酒」と書いてあるものもあれば、
「料理酒」と書いてあるものもあります。

一体どう使い分ければいいのか?

ryourishu1

画像はイメージ フリー画像です
(見た目では区別は付きませんが…)


実は「料理酒」は銘柄やメーカーにより、
風味や味わいなどが大きく異なる場合があります。

レシピだけでは味わいが決まらない理由でもあります。


本日は、

①料理に酒を入れる意味
②両者の大きな違い
③料理酒が販売される理由

このあたりに的を絞って、
両者を比較していきたいと思います。


nihonshu

画像はイメージ フリー画像です
(「日本酒」は基本飲むために作られる)



①料理に酒を入れる意味


両者の違いを知る前に、
料理に置けるお酒の意味を知っておきましょう。


主なものとして

・料理にコクをだす
・食材の臭みを取る
・食材を柔らかくする
・味しみを良くする

このような効果が知られています。


nizakana2

画像はイメージ フリー画像です
(魚の臭み取りはよく知られる効果です)


煮物にお酒を多用するのはこういった効果があるからです。
また食材の臭みを取るので、煮魚などに最適と言えるでしょう。


他の料理でもアルコールは用います。

西洋料理のワイン。
中華料理の紹興酒などです。

ワインは風味とコクを出します。

中華料理の炒め物に酒を用いると、
アルコールの蒸発とともに余分な水分を一緒に持っていってくれます。

huranbe

画像はイメージ フリー画像です
(西洋料理「フランベ」のイメージ)


お酒を炒めものに入れると、同様に水分を蒸発させてくれます。
「日本酒」でも同様の効果があります。

中華料理などで中華鍋を降りながらお酒をかけ、
炎が上がるのはパフォーマンスだけではなく、火力やそのような意味もあるのです。



②「日本酒」と「料理酒」の大きな違い


「日本酒」というのは基本的にお米から作られています。
そこに違いはありません。

では「料理酒」とは何なのか?

inaho1

画像はイメージ フリー画像です
(お酒の原料は稲(お米)です)



「料理酒」は「日本酒」に、
塩や甘味料などを添加した合成酒なのです。


試しにで構いませんが、
家にある「料理酒」を一口なめて見て下さい。

美味しくないと思います。

はっきりいって飲用には全く向きません。


そして原材料のところに何が添加されているのか?
を確認してみるといいでしょう。

ryourishuuragaki

画像はイメージ フリー画像です
(食塩や水飴などが添加されています)



③なぜ添加して「料理酒」を作るのか?


なぜわざわざ塩などを添加するのでしょう?

これは「飲用ではない」「飲めるものではない」
ということで、酒税法の対象にならないことがあげられます。

ryourishu2

画像はイメージ フリー画像です
(添加することで安く入手できる)


つまり税金がかからない為に、私達は安く入手することが出来ます。
これはありがたい事です。

またお酒は基本販売するには許可が必要です。
これも添加物があるおかげで多くの販売店が扱うことが可能になるわけです。

消費者としては、

・安く入手できる
・入手の機会(販売店)が増える

と言ったメリットがあるわけです。


konbini

画像はイメージ フリー画像です
(コンビニエンスの酒売り場の一例)



〈なぜ角の酒屋がコンビニになる〉


少し話が外れます。

「角の酒屋がコンビニエンスに変わった」

非常によくある話です。
これは酒屋であるためにお酒の取扱いが既にOKである事。
が一因と言われます。

(お酒販売の許可申請がいらない)



「料理酒」=「粗悪品」ではない


「料理酒」は確かに飲用には向きません。
ただ「日本酒」の劣化したものではないと思って下さい。

上記のような料理に置ける酒の効果はあり、かつお安く入手出来るわけです。
お料理初心者であればなんの問題もなく使用出来るのです。


nimononisake

画像はイメージ フリー画像です
(お料理初心者ならば十分利用可能です)


ただし一つ注意点があります。

「料理酒により味に違いがある」

ということです。

・塩味が強い
・甘みが強い

と言ったメーカーや銘柄ごとの特徴があり、
レシピ通りに用いても味に差が出ることがあるわけです。

azimi1

画像はイメージ フリー画像です
(「味見」は大切です)


しっかり味見をして、砂糖や塩分の調整が必要になることもあると覚えておきましょう。

また人により添加物によるアレルギーなどがある場合があります。
そちらはよく裏書きを読んで選択するようにして下さい。



本日のお料理上手ポイント レシピ通り作るなら「日本酒」を


「日本酒」と「料理酒」は違うものと理解する。

「料理酒」には塩分や甘みなどが添加されているために、
レシピ通りでも味が変動することを覚えておきましょう。


ryourinotamenoseishu


画像はイメージ フリー画像です
(料理のための清酒…食塩ゼロ)



一般的に「日本酒」のほうがお値段は高いですが、
キリッとした仕上がりになります。

繊細な料理には「日本酒」
肉なども入る煮物などは「料理酒」など…使い分けることも可能です。

それが出来るようならばもう初心者卒業かも知れません。


最近では調理専用の旨味成分を増した、

「料理のための日本酒」

などのジャンルも登場しています。
自分に合ったものを選択するのも一つの方法です。



第26回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)

また一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です