料理 惣菜 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ: 料理 惣菜



意外と知らない七味唐辛子の中身


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本を代表するミックススパイスと言ったら…

「七味唐辛子」

が挙げられると思います。


本日はそんな「七味唐辛子」のお話です。

sitimi2

画像はフリー画像 イメージです
(独自の配合がなされた七味唐辛子)



意外と知られていない「七味」


「七味唐辛子」

結構漠然と使っている言葉です。

「七味」

などと省略する場合もあります。

sitimi

画像はイメージ フリー画像です
(そばうどんには欠かせないスパイスです)


唐辛子が入っていることは流石にわかります。

しかし「七味」全て答えられるでしょうか?

なかなか難しい問題になると思います。


しかもこの「七味」

有名店でも配合が変わっているので、
正確には「九味」を地域やこだわりで変更して作成されている…

非常に奥深いスパイスなのです。



代表的な九種の配合から産まれる「七味」


ただ辛いだけではないのが、
奥深さの秘密かと思います。

それでは代表的な九種を見ていきましょう。

sitimi1

画像はイメージ フリー画像です
(これらの配合比が美味しさの秘密)


主な原材料は以下の通りです。

・赤唐辛子
・陳皮
・山椒
・胡麻
・芥子の実
・麻の実
・青紫蘇
・生姜
・青海苔

tinnpi

画像はイメージ フリー画像です
(陳皮はみかんの皮を乾燥させた漢方薬)


こちらが主な九種類になります。


この中から配合を考えて、
お店毎に独自の配合をしているのが日本の「七味唐辛子」なのです。


今は余り見なくなりましたが、
好きに配合を選択できる「唐辛子屋台」というものがありました。

sitimiya

画像はイメージ フリー画像です
(屋台でもお馴染みです)


こちらでは好みに合わせて「七味」を組み合わせてくれました。

今でも何らかの祭りなどで、
屋台を見ることが出来ます。



漢方薬から産まれた「七味唐辛子」


日本における「七味唐辛子」のルーツは、
1625年
東京は両国橋周辺 薬研堀(やげんぼり)
で売り出したことが始まりとされています。

yagen

画像はイメージ フリー画像です
(この器具で漢方の原材料をすり潰し粉にする)


【薬研(やげん)とは?】

漢方薬をすり潰す為の道具。
お料理で言うすり鉢のようなもの。



この周辺では医者や薬問屋が集まっていた場所であったとされます。

初代の「からしや徳右衛門」という人物が、
漢方薬を食に利用できないか…
ということから始まったのがルーツとされます。

当時のレシピでは、

・生の赤唐辛子
・煎った赤唐辛子
・粉山椒
・黒胡麻
・芥子の実
・麻の実
・陳皮

の「七味」であったそうです。
唐辛子が多くやや辛味の強いブレンドです。


江戸庶民のポピュラーな食事であった蕎麦にぴったりであると、
人気が出たのが始まりとされます。

唐辛子は身体を温める効果があり、

「風邪予防」

として人気があったのだそうです。

yagenbori

画像はイメージ フリー画像です
(現在も残るやげん堀の店舗)



他にも有名な「七味唐辛子」


江戸庶民の間で流行した「薬研堀の七味唐辛子」

こちらは次第に関西方面に拡がっていきました。

当時の一大スポットといえば神社仏閣です。

・長野県 善光寺
・京都 清水寺

今でも有名な「七味唐辛子」はそちらへ拡がっていきました。

zenkouzi

画像はイメージ フリー画像です
(観光地でも有名な善光寺)


長野では配合を変えた「七味唐辛子」を販売する。

「八幡屋礒五郎」

が人気を博しました。

・赤唐辛子
・生姜
・陳皮
・山椒
・黒胡麻
・青紫蘇
・麻の実

の配合でした。

yawataya

画像はイメージ フリー画像です
(一度は見たことがあるのではないでしょうか)


生姜と青紫蘇の配合で風味が豊かです。


一方京都は清水へ伝わった「七味唐辛子」

こちらは清水寺参道で人気となった。

「七味屋本舗」です。

kiyomizudera

画像はイメージ フリー画像です
(京都清水への参道)


こちらの配合は次の通りです。

・赤唐辛子
・山椒
・白胡麻
・黒胡麻
・青紫蘇
・青海苔
・麻の実


胡麻が2種類使われていたり、
青海苔を混ぜるなどの工夫がされています。


「薬研堀」
「八幡屋礒五郎」
「七味家本舗」

この3店舗を「日本三大七味」と呼ぶそうです。

nihonsandaisitimi

画像はイメージ フリー画像です
(左から七味屋、八幡屋、やげん堀)


共に現代まで残り続ける老舗と言えます。

色も配合も全く違うことがわかります。



地方により変わる風味


日本のミックススパイスである「七味唐辛子」

形を少しずつ変えながら、
地域色をよく表しています。

edosoba

画像はイメージ フリー画像です
(黒い色合いが特徴の関東蕎麦)


関東の蕎麦は濃い醤油味が魅力の一つ。

「七味」もその地域に合っている辛味の強い配合です。


京都へ渡った「七味」は薄味文化の関西らしく、
辛味よりも風味へ配合を変えました。

kyoutodasi

画像はイメージ フリー画像です
(関西圏は出汁文化が多い)


胡麻を白にするのか黒にするのか、
そういった細かい配合の差が光っています。


現代では他にも独自の配合で人気となっている「七味」があります。

大手牛丼チェーンでは、
独自の「七味」を自社の牛丼に合うように配合しています。


「七味」を頂く際には、

「どんな配合なんだろう?」

と考えながら頂くのも良いかもしれません。

そこには先人たちが残してきた工夫が息づいているのです。



よつくまがお届けいたしました˚*𓂃 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



「世界四大スパイス」がもたらしたもの


こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


世界には四大スパイスといわれる物があります。

・胡椒
・ナツメグ
・クローブ
・シナモン

世界を変えたとも言われるスパイスの話。


本日は…
「スパイスが動かした世界」をお届けします。

supaisu6

画像はフリー画像 イメージです
(今でこそ入手は比較的簡単ですが)



スパイスが動かしてきた世界


「世界四大スパイス」

をめぐり多くの国がそれに関わっていたことがわかります。

特に大航海時代と言われる時代。
これはスパイスを求める航海であったと言っても過言ではありません。

daikoukai2

画像はイメージ フリー画像です
(当時の船の模型)


そしてスパイスの専有を巡る争いがあり、
多くの悲劇が起こりました。

スパイスは熱帯を中心とするものが多く、
西洋諸国により占領や支配が行われました。

それは許されることでは無いかもしれませんが、こういった側面もあります。

・先進技術の導入による進歩
・文化レベルの向上
・就業者の増加
・言語の発達

etc…

同時に技術の進歩ももたらされたわけです。

sangyoukakumei

画像はイメージ フリー画像です
(技術の向上という側面も…)


また、胡椒一粒が銀貨一枚であったり。
ナツメグ(メース)500gが羊3頭であったり。

とてつもない金額で取引をされていた事実があります。

・経済の活性化
・貿易の活性化
・異文化の交わり

その貴重さゆえに世界が動いたと言えるのです。


もはやスパイスに魅了されたと言ってもいいかもしれません。



比較的身近にある「スパイスの宝庫」


私達が普段口にしている中で、
「スパイスの宝庫」とも呼べるお料理があります。

もちろん誰もが口にしたことがあるでしょう。

supaisukare

画像はイメージ フリー画像です
(スパイス料理の代表とも言えるカレー)


好きな人も多いでしょう。

「カレー」です。


カレー粉を買った時、
又は家にあるカレー粉の裏書きを見て下さい。

もちろんメーカーにより差はあるかと思いますが、

「世界四大スパイス」

が入っているかと思います。

kareko

画像はイメージ フリー画像です
(赤唐辛子はレッドペッパー)


実は「世界四大スパイス」だけでは、
私達の知るカレーにはなりません。

カレーを形成するスパイスは以下の通り。

・ターメリック
・クミン
・コリアンダー
・レッドペッパー

この4つでカレーになるそうです。


こちらの基本をベースにして、
各社が研究したハーブやスパイスをミックスしているわけです。

その中でも多いものが、

・フェンネル
・カルダモン
・ジンジャー
・スターアニス

etc…


まさに「スパイスの宝庫」といえる料理です。

上述を参考にオリジナルのブレンドカレーを作ってみても良いかもしれません。

supaisukare1

画像はイメージ フリー画像です
(オリジナル香辛料を作ってみても)



呼び名が変わる多くのスパイス


「世界四大スパイス」の中でも…

クローブ ⇒ 丁子
シナモン ⇒ ニッキ

など呼び名が変わるものがありました。

kanpou

画像はイメージ フリー画像です
(アジア圏では漢方文化が発達)


漢方薬などの薬用になった場合に、
名称が変わるものが多いようです。


他にもこのようなものがあります。

ターメリック ⇒ うこん
スターアニス ⇒ 大茴香(おおういきょう)、八角
ジンジャー  ⇒ 生姜
コリアンダー ⇒ 香菜(しゃんつぁい)、パクチー
ローレル   ⇒ ローリエ、月桂樹

etc…


複数の呼び名を持つスパイスは結構多いのです。


※使用部位の違いで名称が変わる場合もあります



「人生にはスパイスが必要」


今ではスーパーなどで気軽に買えるようになったスパイス類。

「人生にはスパイスが必要」

という言葉があるように…

・特定のお料理
・特定のお菓子作り

には欠かせないスパイスがあります。

applepai1

画像はイメージ フリー画像です
(ベストマッチな相性)


アップルパイにシナモンがなければ味気ないものになるでしょう。

ブラックペッパーがなければカルボナーラにはなりません。
(ブラックペッパーを炭焼小屋の炭に見立てている)


もちろん日本にも独自のスパイスがあります。

・生姜
・わさび
・山椒(ジャパニーズペッパー)

これらは海外でも用いられているのです。

わさびは「WASABI」で通じます。

最近では「七味唐辛子」なども海外で使用されることもあるそうです。

sitimi

画像はイメージ フリー画像です
(辛いだけでないのが七味)


人生にも、
そしてお料理にも、
ちょっとした刺激(アクセント)は大切だと言うことです。



よつくまがお届けいたしました˚*𓂃 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  



一時話題となったちょっと危険な組み合わせ


こんにちは( ゚д゚)!
四葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


日本人が昔から食べてきたものですが、
ちょっと気をつけたい組み合わせもあります。

「意外に知らない損な食べ合わせ」

本日は、
「焼き魚と漬物」についてお話します。

yakizakana1

画像はイメージ フリー画像です
(普通に頂く和定食ですが…)



日本の和定食…本当に危ないのでしょうか?


本来の日本人の食生活は、

・魚
・漬物
・味噌汁

いわゆる魚定食です。

yakizakana

画像はイメージ フリー画像です
(普段の食事よりも健康的に見えます)


聞いたことが無いでしょうか?


「焼き魚と漬物を一緒に食べるとがんになる」


本当に危険であるならば、
定食屋でメニューに上がりません。

確かにがんは死亡原因の上位でありますが…。

にわかには信じられない事でもあります。


気になる点を説明していきます。



損な食べ合わせ「魚の成分が発がん性物質に変化しやすくなる恐れ」


こちらの食べ合わせの損なポイントは、

「魚に含まれるジメチルアミンが漬物の亜硝酸塩と結合すると発がん性物質に変化しやすくなる」

事です。

tukemono

画像はイメージ フリー画像です
(よく添えられる漬物)


魚にはもともと「ジメチルアミン」という物質が含まれています。
漬物には発酵段階で出来る「亜硝酸塩」という物質があります。

「ジメチルアミン」+「亜硝酸塩」⇒「ニトロソアミン(発がん性物質)」


これだけ聞いてしまうと魚も漬物も食べたくないという話になります。


「亜硝酸塩」は漬物に限ったことでは無いのです。

ハムやソーセージには「発色剤」として添加されています。

hamsosezi

画像はイメージ フリー画像です
(ハム・ソーセージを否定する記事ではありません)


もちろん無添加を謳っている商品もあります。


これらは見た目だけでなく、

「ボツリヌス菌」等の重篤な食中毒を防ぐ側面もあるのです。


野菜類の多くには「硝酸塩」という「亜硝酸塩」に変化する物質が含まれています。

つまり、

「焼き魚と漬物」

という組み合わせに限ったものではなく、
これが危険と言う話がナンセンスなわけです。



食品添加物の問題は簡単には解決出来ません。

現在の食生活を完全に変えることは難しいです。


しかしそのリスクを減少させる方法もまた存在します。



焼き魚に添えられた柑橘の大きな意味


【簡単な解決策】


一緒にビタミンCを摂取することで解決です。

・焼き魚にレモンを絞る
・さんまにすだちを絞る

添え物には大きな意味があるわけです。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(脂っこさも解消してくれます)


ビタミンCが「ニトロソアミン」の生成を阻害します。


野菜にはビタミンCを含むものも多く、
自然と身体を守ってくれています。

tukemono1

画像はイメージ フリー画像です
(賞味期限が長いので重宝しますが…)


「漬物」と言っても、

・手作りの漬物
・加工食品の漬物

ではまたリスクも変わってきます。

加工食品は添加物が多いので、
長期間食べ続ければリスクが高まる可能性はあります。



食生活はバランスで補うように出来ている


古くから一緒に食べられる(添えられる)物。

これには理由があるのだと言うことも再認識しましょう。


焼き魚で言えば、

・柑橘類   ⇒ 発がん性物質を抑える
・大根おろし ⇒ 消化を助けもたれを防ぐ

ということです。

yakizakana2

画像はイメージ フリー画像です
(意味のある付け合せ)


どちらかと言えば偏った食生活の方が、

よっぽど危ないと言えます。

・毎食ラーメン
・肉だけしか食べない
・付け合せは全部残す

などです。


和定食に不安を感じる必要はありません。

バランスの良い食生活をしていれば、
問題なく栄養素を摂取していることになるのです。



食生活の考え方


食べ合わせや食品添加物など、
確かに気をつけるべきポイントはあります。

焼き魚   ⇒ 発がん性物質
炭水化物  ⇒ 太る
食品添加物 ⇒ 危険・悪
高たんぱく ⇒ 健康・安全

etc…

このように考えてしまうと食生活が成り立ちません。

kennkoujosei1

画像はイメージ フリー画像です
(楽しく食べることも大切かもしれません)


余り気にしすぎずに。

普段の食生活をバランス良く。
一度に食べすぎないように。

運動も心がければなお良しです。


和食の健康指針である。

「まごはやさしい」

などを心がけるのが一番です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ