一年を通じて発生している「食中毒」



こんにちはΣ( ̄ロ ̄|||)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


「食中毒」といえば、


「暑い季節がすぎれば大丈夫」
「きちんと加熱すれば問題なし」
「寒い時期は発生しない」


そう思っていませんか?


本日は一年を通じて発生している「食中毒」のお話です。


kittinn5

画像はイメージ フリー画像です
(清潔や整頓は「はじめの一歩」)



夏場は細菌…冬場はウィルスが多い


夏場の食中毒はいわゆる食品の傷みや、
調理工程で付着した菌が増殖する事で発生します。

では気温の低い冬場にも発生するのはどうしてなのでしょうか?


igayowatta

画像はイメージ フリー画像です
(お腹の調子…大丈夫ですか?)



気温の高い時期に猛威を振るう「細菌性食中毒」が落ち着く頃、
またタイプの違う食中毒が目立ち始めます。


気温の低い11月~3月にかけて最も多い食中毒は何か?

「ノロウィルス」

を中心とした「ウィルス性食中毒」なのです。


実は夏季にも発生しているのですが、数は少なめです。
一年を通じて発生しているのが「ウィルス性食中毒」です。


shokutyuudoku


画像はイメージ フリー画像です
(「ウィルス」にも困ったものです)



強い抵抗性をもつ「ノロウィルス」


一般的な細菌型の食中毒の場合、


【75℃以上で1分加熱】


が有効です。


kaiyaki

画像はイメージ フリー画像です
(人気のバーベキューでの浜焼き)



ところが「ノロウィルス」の場合はこれでは死滅しません。



【85℃~90℃で90秒以上加熱】


で失活化(ウィルス活性を失った状態)出来るといいます。


これはかなりの高温調理です。


揚げ物などでは100℃を超える調理をしますので、
まず問題ないとは思いますが、

中心部に火が通っていない場合は発生する事もあります。

特にキャンピングなどアウトドアでは、
しっかりと加熱することをおすすめいたします。


kakihurai

画像はイメージ フリー画像です
(比較的安全な揚げ物も中心に火が通っていないと…)



家庭での管理が難しい事もウィルス型の特徴です。

家庭で蔓延してしまえば恐ろしいことになります。



二枚貝を食べなければ感染しない?


主に原因とされるのは二枚貝と言われています。

貝の内部に蓄積されたウィルスを、
加熱不十分で食すと発症してしまうのです。

「貝を食べないので大丈夫」

そうはいかないのが恐ろしいところです。


norowirusu

画像はイメージ フリー画像です
(二枚貝を否定する記事ではありません)




施設などで、
従業員の「ノロウィルス」感染がきっかけで、

「急性の胃腸炎」

が流行する場合があります。


正しい処理を行わなければ感染が拡がる所が厄介な食中毒です。


詳しい知識はこちらから入手して下さい。
(厚生労働省ノロウィルスに関するQ&A)



eiseikanri

画像はイメージ フリー画像です
(ちょっとした油断が招く施設での「食中毒」)



蛇足ですが、

「給食事業」

に携わる人々は、

・卵の生食
・貝の生食

は禁止となっている企業が多いです。



家庭での「食中毒」に対する備え


家庭でも食中毒発生に備えてあると便利な物をご紹介します。
(発生させない又はその後の処理)


①芯温計


sinnonnkei

画像はイメージ フリー画像です
(揚げ油の温度も測れる優れもの)


食材の中心に挿すことで中心温度を測定する温度計です。
揚げ物など中心が何℃になっているかを眼で確認出来ます。

肉や魚の生焼け防止にも役立つ調理グッズです。



②使い捨てポリ手袋


poritebukuro

画像はイメージ フリー画像です
(一箱は常備しておきたいものです)



ゴム手袋などは洗い物などをする場合は非常に便利です。
それとは別に「使い捨てタイプ」も常備しておく事をおすすめします。

小さなお子様や高齢者がおられる家庭ではなおさらです。

「嘔吐」などが見られる場合には、
正しく処理を行う必要があります。


正しい処理方法はこちら
(厚生労働省ノロウィルスに関するQ&A)



使い捨ての最大の利点は、

「二次汚染を起こしにくい」

事です。


kittinpepa

画像はイメージ フリー画像です
(コロナ禍で需要を伸ばした物の一つでもある)



同様な理由からキッチンペーパーで手を拭くのも有効です。
布巾などが汚染されていると意味がありません。

共有しているタオルなどから感染する事例も多くあります。




【二次汚染とは?】


感染源(汚染された食材等)を直接食べなくとも、
タオルや布巾、まな板など調理器具などから二次的に感染する事。

「ノロウィルス」の感染力は強く注意が必要。




③ハンズフリー蛇口やソープディスペンサー


jaguti

画像はイメージ フリー画像です
(手を触れることなく水が出るセンサータイプ)



蛇口を触れることなく手が洗える優れものです。
但し賃貸など交換ができない場合もあります。

ソープディスペンサーはコロナ禍の影響でだいぶ普及しました。

肉や魚を触った手で蛇口をひねらなくて良いので便利です。


こちらも「二次汚染」を防ぐ意味で有効です。



テレビなどに見る…船上での飲食シーン


実はこれは非常に危険な行為の一つです。


実際にテロップで下段に、

「これは専門家の指導の元で取材しています」
「同様の行為は危険ですのでやめて下さい」

などと書いてあることもあります。


ryousimesi

画像はイメージ フリー画像です
(専門の方がいてはじめて出来る行為です)



捕れたてをすぐに頂ける魅力や、
力のある映像の方が勝ってしまいます。


「新鮮だから大丈夫」
「テレビで見たからOK」


素人が手を出さないほうが無難です。

きちんとした知識を持った方がおり、
調理をして提供しているのであれば大丈夫でしょう。


近年では、

「アニサキス」

などの「寄生虫」を原因とした食中毒も多く発生しています。
これは青魚などに多い「寄生虫」で冷凍や加熱することで死滅します。


sabakai

画像はイメージ フリー画像です
(皮肉にも冷蔵配送の進歩で増えた食中毒です)



配送技術の進歩により、
一度冷凍しなくても配送出来ることが原因と言われています。

なんとも皮肉な話です。


anisakisu

画像はイメージ フリー画像です
(「アニサキス」は激痛を伴う)



「アニサキス」は、
お酢やレモンなどの酸性の強いものでも効果がありません。

肉眼で取り除く事が可能です。

青魚のイメージですが、
イカやサーモンなど魚介に生息する寄生虫です。

自分で釣った魚介などは特に注意が必要です。


anisakisuraito

画像はイメージ フリー画像です
(「アニサキス」を発見しやすくなる「アニサキスライト」)



アニサキスについて正しい情報はこちら
(農林水産省「アニサキス症の予防」)



「食中毒予防」は基本に忠実が最善策


飲食店であろうが、
家庭であろうが対策そのものは同じです。

①付けない
②増やさない
③やっつける

これが「食中毒予防の三原則」です。


kittinn6

画像はイメージ フリー画像です
(キッチンは家族を守り楽しい場所であるべきです)


これにプラスして、

④油断しない
⑤知識を持つ

これを守れば簡単に発生するものではありません。


shokutyuudokuyobo


画像はイメージ 「消費者庁」のページより
(正しい知識を持っておくことが大切)



「加熱するから大丈夫だろう」
「私は大丈夫」


などと言う変な過信はやめましょう。



大切な人を守るためにも正しい衛生管理をしましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.11 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です