「脳」が処理できる情報には限界がある



こんにちは(´ε`;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


最近使われだした言葉、

「脳疲労」

をご存知でしょうか?


非常に簡単に説明すると、

「脳のオーバーヒート」
「脳の許容範囲の超過」

となります。


本日は「脳疲労」についてお届けします。


joseihirou

画像はイメージ フリー画像です
(「お疲れ」のようです)


※当記事は「脳疲労」の言葉の説明です
 医療に基づいた記事ではありません




「脳疲労」とは何か?


急激に情報量が増えた現代社会において、
「脳」が働ける許容範囲を超えてしまったために疲労してしまう状態です。


tukareta

画像はイメージ フリー画像です
(「脳」が疲れてしまった状態です)



特にインターネットの普及により、
一度に入ってくる情報量が多すぎる事も一因とされています。


10年前と比べて、
「脳」が処理するデータの量は100倍とも300倍とも言われています。


jouhoushori

画像はイメージ フリー画像です
(いらない情報まで入ってきます)



「脳」は全ての動作や行動を司っており、
常に働いている臓器です。

例えばこのようなことでも「脳」は働いています。


hatarakunou


画像はイメージ フリー画像です
(私達が考える以上に考えている「脳」)



・座っている時の姿勢を保つ
・眠っている時の呼吸や血流コントロール
・運動における筋肉の動き


ほぼすべての状態で「脳」は活動しているのです。


常に活動している「脳」はストレスなどに弱く、
バランスが取れなくなると、機能が低下してしまうとされています。



「脳」の「疲れ」のサインを見逃さず


次のような症状の方は「脳疲労」の可能性があります。




「集中力の低下・ミスの多発」


awaterujosei

画像はイメージ フリー画像です
(「ケアレスミス」がいつも以上に増えます)



集中力の低下により、作業にミスが生じます。

自分では頭を使っている感覚のない、
「ルーティンワーク」などの効率も落ちます。




「感情の抑制が難しくなる」



okorujosei

画像はイメージ フリー画像です
(様々な「不和」の元になります)



ちょっとした事ですぐに怒ったり、
反対に非常に不安になったりしやすくなります。

普段よりも思考がマイナス寄りになります。




「消化器系や呼吸器系の異常」


ikigurusii

画像はイメージ フリー画像です
(「過呼吸」や「不整脈」など重篤な場合も)



なんとなく息苦しかったり、呼吸が早くなったりします。
また胃腸の障害が起こったりしやすくなります。

「脳」の疲労により「自律神経」に乱れが生じます。

頭痛や肩こりなども起こりやすくなります。




「不眠や意欲の低下」


yarukiganai

画像はイメージ フリー画像です
(他人には理解されにくいのも問題です)



「自律神経」が乱れるために不眠が起こりやすくなります。
また「モチベーションの低下」など意欲低下も起こりやすいです。

「脳」の血流が低下することが原因です。



「脳疲労」の原因


次に「脳疲労」の原因となりうる事柄を考えていきます。

全て回避するのは現代社会ではなかなか難しいです。




「PCやスマートフォンの使いすぎ」


PC

画像はイメージ フリー画像です
(なければ仕事が進みません)



現代では必須と言えるツールです。


但し情報量は桁違いで、

スマホの普及 = 脳疲労の増加

と置き換えられるのも現実です。


息抜きのつもりのスマホが、「脳」にとってはダメージになるのです。
それだけ映像から入る情報量は多いということです。





「慢性的な睡眠不足」


suima

画像はイメージ フリー画像です
(お仕事中も…ウトウト)



「睡眠不足」は万病の元です。

・深い睡眠(ノンレム睡眠)⇒ 脳が休める唯一の時間
・浅い睡眠(レム睡眠)  ⇒ 多量のいらない情報の整理

つまり深い眠りと浅い眠りが繰り返されるのが理想です。


一般的に「夢」を見るのはレム睡眠とされます。

「夢」にはいらない情報の処理や、ストレスの解消といった効果があるのだそうです。


「脳」にとって大切な時間であるのは言うまでもありません。





「精神的ストレス」


tukareta1

画像はイメージ フリー画像です
(わかっていても出てくるのが「ため息」)




全ては繋がっている事がわかります。

・ストレスを感じる
・飲酒などが増える
・睡眠が浅くなる
・朝スッキリ起床出来ない
・勤務態度に出る
・注意されてストレスがたまる…


まさに悪循環です。

どこかで断ち切って、ストレスを解消して「脳」を休ませる必要があります。





「複数作業の継続」


marutitasuku

画像はイメージ フリー画像です
(得意な人が羨ましい限りです)



様々な事に気を使いながら作業を進めることを、
「マルチタスク」と呼びます。

これは「得手不得手」が分かれる所です。


一般的には人間の「脳」は「2つのタスク」が限界とされています。

これを超える作業の継続は「脳」に大きな負担となります。


猛烈にこれを強いられる職場で知られる、

「空港の管制官」

は30分で休憩を取るように決まっています。


航空事故の危険を伴うからです。


kanseitou

画像はイメージ フリー画像です
(空港の管制塔業務は激務で知られる)



全ての項目において、あくまで個人差があるため一概には言えません。

上述した事柄はほとんどの方が当てはまるからです。


「脳」の許容範囲が広い人もいれば、
様々な事柄を処理出来る人もいるわけです。



「脳疲労」を回復させるには


基本的には「脳」を休ませる行動を取ることです。


歩きすぎて疲れた脚は、

・休む
・マッサージする
・入浴する

などの方法で回復します。


これを「脳」で考えてみましょう。




「ストレスの解消」


aromaoil

画像はイメージ フリー画像です
(「アロマ」好きな香りに包まれて)



「ストレスの解消」は悪循環を断ち切る上で必要です。

但し上述したように「飲酒」は睡眠を悪くするのでおすすめできません。

基本的には好きなことで発散するのが一番です。


「アロマ」はストレス解消に役立ちます。
特に「森の香り」などは効果が高いそうです。


IMG_20220528_104251

画像はいつかの森の散歩
(「森林浴」は効果が高い)



自然の中を散策するなど、
適度な運動も非常に効果的です。

眠りにも入りやすくなります。


「ペットと触れ合う」なども効果的です。


josei8

画像はイメージ フリー画像です
(触れ合いがもたらす安寧)




「スケジュールの調整」


sukejuru

画像はイメージ フリー画像です
(あえて紙を使う人も多い)



例えば「覚えておくこと」を減らすのは良い方法です。


具体的には、

①会議の時間10分前にアラームをかける
②午前の枠に予定は3つなど制限する
③あえて予定を開ける日を作る


sumaho1

画像はイメージ フリー画像です
(スマホは「悪」ではなくツールです)



①は「会議の時間を覚える」というタスクを減らせます。
②は「上限」を自ら設けることでタスクを均一化します。
③は「何にもない日」だという安心感を「脳」に与える事ができます。






「睡眠環境を整える」


neru

画像はイメージ フリー画像です
(「今日は寝る」という日も必要)



一般的なよく眠れる方法を試すのが良いでしょう。

人により様々な睡眠前のルーティンがあります。
それをきちんとこなしてしっかり睡眠しましょう。


「睡眠時間」ではなく「睡眠の質」です。


流石にベッドでのスマホは悪影響があります。

睡眠に必要なホルモンである「メラトニン」を抑制してしまいます。
やめたほうが良いでしょう。


bedodesumaho

画像はイメージ フリー画像です
(ついやりがちですが…「脳」も休めません)




「脳」が喜ぶ「栄養素」とは?


「脳」が喜ぶ栄養素は何か?

それは「糖質」です。
中でも「ぶどう糖」は直接「脳」のエネルギーになります。


nougenki

画像はイメージ フリー画像です
(過度の糖質ダイエットも危険です)



私達は主食として「白米」や「パン」を食べます。
主に「デンプン」を含んでいます。

これらは「唾液」などの消化酵素により、
「ぶどう糖」に代わりエネルギーとなるのです。



morinagaramune

画像は「森永製菓」様のものです 画像クリックでHPへ
(子供のお菓子と侮るなかれです)



直接「ぶどう糖」を摂取すれば効率的です。

・お菓子のラムネ
・バナナ
・はちみつ

などは「ぶどう糖」が多い食品です。


同時に「ビタミンB群」を摂取すると、
「ぶどう糖」がエネルギーへ変換されやすくなります。

つまり「疲労回復」効果です。



自分の身体を守るのは自分だけ


「脳疲労」の仕組みがわかったとしても、
ここで挙げている対策はあくまできれい事です。

実際の生活ではそうもいきません。

職場環境は人により違います。
家で働いている方(家事含む)も同様です。



kazi


画像はイメージ フリー画像です
(これも一つの「マルチタスク」です)



ただ一つ言えるのは、

「自分の身体を守る事ができるのは自分だけ」

ということです。


josei munenite

画像はイメージ フリー画像です
(自分の事…一番わかるのは自分です)



常日頃「脳疲労」の様な状況を感じている方は、
病気へと発展する可能性があります。


・睡眠の質を上げる
・食生活を整える
・陽光を浴びる
・自然に触れる
・適度な運動


いずれも当たり前でいて難しいことです。


「いらない情報」「余計な情報」を入手しすぎないように。

常日頃から意識をしてみましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です