最近いつ「涙」しましたか?



こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


「涙活」(るいかつ)


という言葉をご存知でしょうか?


ruikatu

画像はイメージ フリー画像です
(あえて「泣く」ことが本質です)



ストレスの多い現代社会において、
様々な形の解消法があります。


今日はそんな「涙活」のお話です。


eiga

画像はイメージ フリー画像です
(時にはそっと「涙」することも大切)



「涙活」とは?


最近は徐々に一般的になりつつある言葉です。


「涙活」


とはどんな活動なのでしょうか?


namida

画像はイメージ フリー画像です
(「涙」が流れるに任せる)



呼んで字の如く、

「意図的に涙を流す活動」

を指します。


とは言えただ泣けば良いというものでもありません。




【「涙活」のポイント】



感情開放の涙を流すこと」


です。


ruikatu1.

画像はイメージ フリー画像です
(見合うスタイルは人それぞれです)



・映像を見る
・読書をする
・朗読を聞く
・音楽を聞く


本人にあったスタイルで構いません。


没頭し世界に浸る ⇒ 結果「涙」する


「涙」と共にストレスを解消する効果があるとされています。

いわば「心のデトックス」です。

感情の開放とも言えます。


ruikatu2

画像はイメージ フリー画像です
(普段抑えている感情を開放する)



好きな場所で泣ける作品と出会う


「映画を観る」


極めて王道な方法ではあります。


しかしながら、
非常にお手軽に始められる方法であり最も基本的なものです。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(いつでも好きな作品が見られる時代)



インターネットが当たり前の今では、
「映画館」や「レンタルビデオ店」に行かなくとも好きな映画を選ぶことが出来ます。




【映像配信サービスの利点】


・自室で鑑賞できる
・時間を選ばない
・タブレットやスマホなどで鑑賞出来る
・レンタル中といった事がない
・旧作であればかなりお安い
・見放題などのプランもある


といったところでしょうか。


vod

画像はイメージ フリー画像です
(スマホ一つで世界観に浸れます)



たとえ部屋にテレビがなくとも、
スマホやパソコンなどでも観ることが出来ます。

あえて家族と離れて好きな世界に没頭するのも一つの方法です。


その際は自室に入って来られないようにしておくと、
より効果があります。


hikikomoru

画像はイメージ フリー画像です
(良い意味で「引きこもり」ます)



泣けることは「心が動く」こと


天気が悪かったり、
予定のない週末には部屋に引きこもり、

「泣ける映画」

を見てみませんか?


namida1

画像はイメージ フリー画像です
(大人になればなるほど人前では「涙」しなくなる)



「泣ける」


ジャンルは人それぞれです。

自分が感動できるものや、
心を動かされるものであれば何でもいいのです。


ここでのポイントは

「心が動く事」

です。


naku

画像はイメージ フリー画像です
(思い切って泣きましょう)




【泣くことの効果】


副交感神経のスイッチが入る」


非常に簡単に説明するとリラックスした状態になることです。


hukukoukansinkei

画像はイメージ フリー画像です
(「副交感神経」はリラックス時に働く)



「涙」にはストレスホルモンの排出、
脳内麻薬「エンドルフィン」に似た効果があります。

・痛みの緩和
・辛さの緩和
・ストレスの軽減

といった効果があります。


namida

画像はイメージ フリー画像です
(辛さを緩和する自己防衛とも言えます)



「感動の涙」がもつ特別な力


とりわけ「感動の涙」には特別な力があるといいます。


別の言い方をすると、

「琴線に触れる」

という表現になります。


kannki

画像はイメージ フリー画像です
(アスリート歓喜の瞬間に立ち会う)



この種の「涙」は共感性を高め、
傷ついた「心の修復」に役に立つと言われています。



何らかの物語の場合は、


「主人公の境遇に共感する」



スポーツであれば、


「アスリートの努力が報われた事に共感する」


などが該当します。


1

画像はイメージ フリー画像です
(動物の親子愛や強い絆)



他にもこのような共感があります。


・友情
・親子愛
・夫婦の絆
・ペットとの絆


これらの共感を自分に置き換えたり、
その存在を考えたりするわけです。


pettotonokizuna

画像はイメージ フリー画像です
(「ペットとの絆」などは共感を呼びやすい)



それが「心の栄養」に役に立つのです。




誰もが泣いた作品を選ぶ必要はない


心を動かすには、何も「感動作品」を見る必要はありません。


先述した通り、

「心が動くこと」

が大切です。


namida2

画像はイメージ フリー画像です
(「全米が泣いた」作品を選ぶ必要はない)



・スポーツ
・アーティストの復活ライブ
・アニメ作品

etc…


ジャンルは問いません。


かえって「皆が涙した」作品に対して、
冷めてしまうことはよくあります。


tumaranai

画像はイメージ フリー画像です
(身構えると飽きてしまう)



これは「ひねくれているから」でもなんでもありません。

「笑おう」と思ってみた「お笑い作品」と同じです。
経験のある方もおられるでしょう。


「心が身構えている事」が影響していると考えます。


自分の好きな形で「心の休息」を目指しましょう。



何もしない日を作る贅沢


大人になればなるほど、
感情は動きにくくなります。


そして時間をまとまって取ることは出来なくなります。


kyuukei

画像はイメージ フリー画像です
(今日は休んでしまおうという日)



一日家事をさぼったとしても…
一日仕事を休んだとしても…


「翌日からスッキリして頑張ろう」


と気持ちを切り替えることも大切です。



引きこもる際はスマホも電源を落とすくらいがより没頭出来ます。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です