守って!無防備な目


こんにちはΣ(´д`;)
四つ葉のくまさんことよつくまです🕶
本日もよろしくお願いいたします。


温暖化が進み、季節はずれの夏日など…
もはや当たり前になってきました。

紫外線量も増える一方です。

紫外線と疲労の関係は近年では明らかになっております。
そんな紫外線に関するちょっと怖い話です。

BlogPaint

画像はイメージ いつかの空



ちょっと怖い紫外線の話


こんな怖い話を聞いたことはありませんか?

「日頃UVを心掛けているのにシミが出来てしまった」

恐ろしい話です。

uv

画像はイメージ フリー画像です
(日焼け止めは必須です)


夏が近づくと日焼け防止のファンデーション。
最近では機能性のあるUVパーカーなどが販売されています。


・気を使う方が増えている
・気を使わざるを得ない状況である


ことがうかがえます。


では何故なのでしょう?

皮膚からの吸収は色々と防ぐ手段があります。

ところが一ヶ所…
割と無防備な所があるのです(゜.゜)



思いの外無防備なところ


結論から言ってしまいます。

「目」です。

目から入った紫外線は全身に回って、悪影響を及ぼすと言われております。
シミの原因にもなり得るのです。

mabusi

画像はイメージ フリー画像です
(目を守りましょう)


疲労のお話も同じことです。
目から紫外線が入り込むと「活性酸素」が活動を始めます。

そのために「抗酸化物質」が使用され…疲労回復に使う量が足りなくなる。

もし紫外線対策をしているのに…
という方はサングラスの着用をおすすめします。

海など風が強くて日傘や帽子が難しい時はなおさらです。



UVについて…サングラスの選び方


サングラスなら何でも良いというわけではありません。
もちろんUV機能がないファッション用も存在します。

sangurasu1

画像はイメージ フリー画像です
(目が見えるくらいがちょうど良いです)


◆そもそもUVとは?

英語のUltravioletの略語

Ultra  ⇒ 超える 極端
Violet ⇒ スミレ色、紫(この場合は光線などの色)

紫外線となるわけです。


サングラスには「紫外線透過率」というものがあります。

これは紫外線をどれだけカットするかの指標になります。
色に惑わされずにカット率で選ぶといいでしょう。

お店の人に伝えれば教えてくれます。


◆サングラス選びのコツ

・「紫外線透過率」をしっかりと確認
・レンズは暗い色よりも明るい色



【暗い色のレンズを避ける理由】

最近の研究で黒などのレンズは、かえって危険ということがわかってきました。
人間の目は暗いところでは瞳孔が開きます。

これは微細な光を見ることが出来るようにですが、
サングラスで黒を選ぶと同様なことが起こります。

紫外線を防ぐ為のサングラスで、かえって瞳孔を開く状態を作る事は危険です。



曇り…日傘でも注意が必要


「私は日傘に帽子で問題ない」
「曇りだからOKだね」

と思っている方は多いです。

higasa

画像はイメージ フリー画像です


実は曇りの日でも約50%は紫外線が届くと言われています。
特に紫外線の量が増える時期では半分でも結構な量となります。

更には都市部のアスファルト舗装。
こちらは照り返しという現象が起きます。

つまり地面に跳ね返って紫外線が返ってくるのです。
この照り返しが約10%あるといいます。

日傘をしていても紫外線は少なからず影響があるということです。



日光と上手に付き合って


紫外線  = 悪
活性酸素 = 悪者

となってしまいますが。

もちろん「活性酸素」はしっかり役割があります。

身体の免疫機能はこの「活性酸素」が働いてこそ機能します。
細胞分裂にも必要です。

・太陽光で体内のリズムを整える
・太陽光の少ない冬季はうつ病の発症が多い

など太陽がなければ私たちの生活は成り立ちません。

josei2

画像はイメージ フリー画像です



だからこそ上手にお付き合いすることが大切です。


・紫外線を浴びる前と後にはビタミンを補給
・適切に遮光やUVケアをする
・目からの紫外線にはサングラスが効果的

etc…


どうしても疲労が抜けないという方は、

もしかしたら…

・紫外線ケアが足りない
・ビタミン摂取量と消費量のバランスが崩れている

のが原因かもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





登録頂ければ嬉しいです






ツイッターのんびりやっております