正しく知ろう「熱中症」の仕組み


こんにちは('д` ;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


年々「熱中症」に対する注意喚起が増えています。

今は地球環境の大幅な変動により、

「根性論」
「我慢が美徳」

では済まされない状況になっています。


本日は、
「そもそも熱中症とは何か?」をお届けします。

BlogPaint

画像はイメージ いつかのハロ
(容赦のない日差し)



「熱中症」とは何か?


おぼろげにどういった症状が「熱中症」であるかはわかります。
ただ説明をするとなると別です。

まずは正しい出処の情報を記載します。


【厚生労働省HPより】


熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節 機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。
屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、 救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、 周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。


nettyuushou

画像はイメージ フリー画像です
(年齢性別を問わず注意が必要)


つまりは、

・強い日差しにさらされている
・屋外で運動をしている

だけが「熱中症」になる要因ではないのです。


上述の引用文にもあるように、

「室内で何もしていないときでも発症し…」

とあるように…死亡のリスクもある危険な症状ということです。


夏の気温が35℃を超えることも普通になっている日本。
もはや「誰にでも起こりうる事」という認識で良いかと思います。



「熱中症」が起こる仕組み


まずは「熱中症」が起こるメカニズムを知りましょう。

人間は汗をかくことで体温を調整している事を理解しましょう。

asewokaku

画像はイメージ フリー画像です
(スポーツの汗は気持ちのいいものですが…)


・人の身体は熱を放出することで体温を保っている(発汗・放熱)
・運動、日差し、環境、持病、加齢などの要因で体温が上昇する
・発汗作用で体温が下がらずに身体に熱がこもる状態が続く
・放熱の際に血液からも汗が作られるために電解質が不足する
(主にナトリウム)
・身体の水分量や塩分濃度のバランス調整機能が上手くいかなくなる
・様々な「熱中症」の症状が現れる

taoreru

画像はイメージ フリー画像です
(室内も油断禁物)


温度や日差しはもちろん、
風の有無や体格、年齢などにも大きく作用されます。

一般的には子供や高齢者が多いですが、
体調が悪かったりすれば誰にでも起こりうるものです。



どのような症状が現れるか?


「熱中症」になると様々な症状が現れます。

代表的な症状は以下の通りです。


◆熱失神

血流のバランスが崩れ脳に血液が足りない場合
めまいや立ちくらみ、意識を失うなど

memai

画像はイメージ フリー画像です
(熱中症を疑うべき症状のひとつ)


◆熱疲労

水分が不足して脱水状態になる
頭痛、嘔吐、倦怠感などが起こる


◆熱けいれん

塩分を補給しない場合塩分不足が起こる
塩分には筋肉の収縮を調整する機能があるため筋肉の痙攣(けいれん)が起こる



◆熱射病

バランスが崩れ、水分、塩分、血流のコントロールが不可となる
体温調整そのものが出来なくなり脳に障害が発生、意識を失う


isha

画像はイメージ フリー画像です
(誰かに助けを求める事も必要)


意識を失うような状態までなってしまった場合、
直ちに医療機関の受診が必要です。

後に後遺症となる場合もあります。
甘く見ないようにしましょう。



勘違いしがちな間違い


「水分を補給しているから大丈夫」

これが間違っているのはだいぶ認識されてきています。

「水分」+「塩分」

がもはや常識です。

mizuwonomu

画像はイメージ フリー画像です
(水だけでは足りない)


勘違いしてはいいけない事は…

・夏だけ
・屋外だけ
・高齢者や子供だけ
・気温が低めだから大丈夫
・曇だから大丈夫
・私は暑くないから大丈夫

etc…


今では真夏以外でも「熱中症」は発生しています。

・火を使って調理中の台所
・体調が悪いのにサウナに行く
・就寝中に空調を切る(切れた)

など。

kodomonettyuushou

画像はイメージ フリー画像です
(目を離さないように…)


曇りでも湿度が高ければ同じくらい危険です。
もともと熱があるのにサウナや入浴で汗を出せば回復するという誤った認識もあります。

たとえ私(親)が大丈夫でも、
連れの子供は地面の照り返しをまともに受け40℃近い場合もあります。

子供が寝ているからと…
10分だけ車に置いてエンジンを切り買い物に行くなど。

非常に痛ましい事故も後を絶ちません。

natunokuruma

画像はイメージ フリー画像です
(車内は40℃を軽く超えることも)



新しい「熱中症」や「節電」で起こりうる事態


2020年以降。
コロナ禍となりマスク着用が常識となりました。

これも「マスク熱中症」を呼ぶ原因となります。
このあたりはテレビでも報道されておりますので割愛します。

masukunettyuushou

画像はイメージ フリー画像です
(適切に用いたいもの)


電力逼迫による「節電」についても「熱中症」の新たな引き金になりかねないと、
警鐘を鳴らしている医師もおります。

「あくまで無理のない範囲」

というのが基本になりそうです。



実は非常に弱っている私達の身体


コロナ禍で運動不足による変化。

これが実は「熱中症」と大きく関わっています。

・筋肉量の減少
・肥満

これはどちらも「熱中症」になりやすい身体になっていると言えるのです。

unndoubusoku1

画像はイメージ フリー画像です
(身体なまっていませんか?)


筋肉が多ければ多いほど水分をためて置けます。
つまり補給が間に合うというわけです。

こと高齢者は数週間動かなければあっという間に筋力が低下します。

日頃から軽い運動を心がける事が「熱中症」の予防になることを、
心がけておきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です