家庭では多くの「食中毒」が発生している



こんにちは(゚∇゚ ;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


高温多湿と言われる日本において、
家庭での「食中毒」予防は大変重要です。


kionjoushou

画像はイメージ フリー画像です
(「まだ◯月だから大丈夫」が通用しなくなっている)



最近では気温の上昇が極端な場合が多く、

「季節外れ」

が多く発生しています。


高温になれば当然「食中毒」のリスクは上がります。


本日は少し役に立つ、

「家庭での食中毒予防三原則」

のお話です。


kittinn4

画像はイメージ フリー画像です
(清潔なキッチンのイメージ)



二番目に「食中毒」発生が多い…家庭


厚生労働省の統計によれば、
「食中毒」の発生件数が最も多いのが、

「飲食店」 

です。


inshokuten

画像はイメージ フリー画像です
(第一位は「飲食店」とされている)



ところが第二位がなんと、

「家庭」

なのです。


kittineisei

画像はイメージ フリー画像です
(清潔に保つ努力は大変です)



これは家庭に置ける「衛生管理」が不十分であるということです。

・知識不足
・過信(うちは大丈夫)
・季節性のもの

など様々な理由があります。


kouontasitu

画像はイメージ フリー画像です
(「暑い」日が確実に増えている)



また高温多湿となる、

5月から9月はかなりの数の「食中毒」が発生します。


その理由と対策についてまとめた原則が、

【食中毒を防ぐ三原則】

です。



「食中毒を防ぐ三原則」とは?


厚生労働省のまとめている、

「食中毒予防三原則」

は以下のとおりです。


shokutyuudokuyobou

画像はイメージ フリー画像です
(イラストによるイメージ)



①付けない
②増やさない
③やっつける



以下詳しく説明していきます。



原因菌を付けない(殺菌・洗浄)


「食中毒」は原因菌が付着することで、

「増殖」 ⇒ 「発生」

するケースが殆んどです。


まずはこの原因菌を付けないことが大切です。


具体的には「手洗いと消毒」がこれに該当します。


tearai

画像はイメージ フリー画像です
(今や当たり前となっている手洗い)



食材に触れる手はもちろんです。
野菜などに付着した雑菌をきちんと洗浄することで、

そもそものリスクを大きく減らすことが出来ます。


原因菌が付着する可能性は2種類あります。

・直接付着
・間接付着

です。


「直接付着」は洗浄が不十分であったり、
触れることによる付着です。

これに対して「間接付着」は何かを通じて他の食材に菌が付着することです。



shokutyuudoku



画像はイメージ フリー画像です
(わかりやすいイラストがありました)



【イラスト左からの解説】


・肉などに原因菌が存在する
・肉を切った包丁に原因菌が付着する
・同じ包丁を使ってトマトを切る
・原因菌が付着したトマトを生で食す 

⇒ 食中毒の発生


onakaitai

画像はイメージ フリー画像です
(「食中毒」が発生してしまいました)



この場合、間違いが2つありますがわかりますか?



『間違い①』


肉を切った際に「包丁」を洗浄しない

きちんと洗浄することで防げたわけです。
(「まな板」にも同じことが起こり得ます)



『間違い②』


そもそも切る順番が違う

生で食べる「サラダ」などが先に調理されていれば、
加熱処理する肉などは問題がなかったはずです。


houtyoutomanaita

画像はイメージ フリー画像です
(このような基本的な事から発生する)



調理前に手を殺菌洗浄しても、
知識不足で発生するケースもあるのです。



原因菌を増やさない(正しい保存)


せっかく正しい調理方法で調理したお料理も、
保存方法が間違っていればリスクは高まります。


特に暑い時期にはあっという間にリスクが上昇します。

・買ってきたものはすぐに冷蔵庫へ
・温かいものは温かいうちに
・冷たいものは直前まで冷蔵庫に

を基本としましょう。


sarada

画像はイメージ フリー画像です
(「サラダ」や「生魚」は要注意です)



お食事の時間がずれるご家庭も多いでしょう。

・子供の食事(18時)
・家族の食事(19時)
・遅い帰宅の方の食事(22時)

たとえば食卓に調理後のお料理を置きっぱなしにした場合、
遅い帰宅の方の食事は4時間も経っているのです。


別に調理する又は正しく保管する事が大事です。



「一晩寝かせたカレー」


という言葉があります。


kare

画像はイメージ フリー画像です
(確かに美味しくはなります)



ところが安全そうな「カレー」も食中毒は発生しやすいのです。

キャンプや町内会でも多く作られる「カレー」
火を付けて煮込んでいるうちは問題ないのですが、

火を止めて冷ましたまま放置するのが一番危ないのです。


雑菌にとって一番増殖しやすい温度である、

「30℃~40℃」

この時間帯を長く続けることは非常に危険です。


tappa1

画像はイメージ フリー画像です
(「粗熱」を取って冷蔵保存しましょう)



できれば清潔な「タッパー」などに移し、冷蔵保存を推奨します。


しかし熱いまま蓋をするのは危険です。

蓋に水滴が付くとその水分から食品が痛みます。



原因菌をやっつける(滅菌・加熱)


肉類、特に「鶏肉」には多いとされている原因菌。
また魚介類にも塩水に強い「好塩菌(こうえんきん)」などが含まれます。


これらを洗浄や加熱によりやっつける必要があります。


toriniku

画像はイメージ フリー画像です
(厚みのある部分が「生焼け」にならないように)



一番原因になりうるのが「生焼け」…つまり加熱不足です。


「鶏肉」だけでなく、
「ハンバーグ」などおなじみのお料理にも起こり得る事です。


shokutyudoku

画像はイメージ フリー画像です
(身近なものに危険は潜んでいます)



多くの菌が死滅する又は活動停止するのが、

【75℃で1分間以上】

と言われています。


節約の為に、肉などを「冷凍保存」している家庭も多いでしょう。

「鶏肉」などの冷凍品を解凍が不十分のまま調理すると、
内部温度が75℃に達せず殺菌されないケースがあります。


また肉の厚みを均一にすることで、
火の通りをよくする事が出来ます。


「ハンバーグ」の中央を凹ませるのはそういった意味もあるのです。


hanbagu

画像はイメージ フリー画像です
(火の通りにくい中央を凹ませる)



「ピクルス」などを手作りする場合も、一度軽く茹でると安心です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(食感が残るように1分ほど茹でます)



正しい調理知識を持つことで、
家族を守ることが出来ます。



「コロナ禍」を経て「免疫機能」が低下している


近年の状況において、
身体の防衛機能である「免疫」が低下している方が増加しているそうです。

「帯状疱疹」

の増加などは顕著な例と言えます。


menekidaun


画像はイメージ フリー画像です
(「免疫力」は非常に大切)



原因としては、

・在宅の増加
・運動不足
・日光を浴びる機会の減少
・様々なストレス
・長引く状況への不安
・生活が「コロナ禍」から戻っていない

etc…


今までは問題なかった「食中毒」に対する抵抗も、
落ちている可能性が高いです。


高齢者ほど一度落ちた機能の回復は難しくなります。


aruku

画像はイメージ フリー画像です
(適度な運動が大切)



・適切な運動
・ストレス解消
・正しい知識による予防

etc…


しっかり管理していきましょう。


食中毒について詳しく知りたい方はこちら
(厚生労働省「食中毒」についてのページです)




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です