五穀豊穣の願いを込めて


こんにちはヽ(^o^)丿
四つ葉のくまさんことよつくまです🌾
本日もよろしくお願いいたします。


日本の食文化の一つ。
お正月に関する疑問を解決しましょう。


本日のトリビア…
小魚なのに「田作り」の由来をお届けします。

tadu

画像はイメージ フリー画像です
(小さな小魚の甘辛炒りです)



そもそも「田作り」とはなにか?


「田作り」は小魚の炒りものです。
ゴマメと呼ばれる小さなカタクチイワシを干したものを炒って作ります。

gomame

画像はイメージ フリー画像です
(ゴマメの調理前の状態)


こちらを鍋で炒り

・醤油
・みりん
・砂糖

で味付けした物が「田作り」になります。

でも小魚がなぜ「田作り」なのでしょうか?



祝肴三種の一つ


「田作り」はおせちの一つとして、

古くから大切にされてきました。

お正月の「祝肴三種」をご存知でしょうか?

iwaizakana

画像はイメージ フリー画像です
(祝肴三種)


・田作り
・黒豆
・数の子

これらを「祝肴三種」といいます。

おせちの中でも特に大切にされてきた品でもあります。


「田作り」はそれほど大事にされてきたわけです。
そこには稲作を中心とした農耕民族であった日本人の生活が関係しています。



特別な「田」を作る肥料


「田作り」の原料である「ゴマメ」

こちらはもちろん魚ですので高価です。
この「ゴマメ」を水田などの田を作る時の肥料にしたというのです。

suiden

画像はイメージ フリー画像です
(よく実った水田の風景)


「ゴマメ」を肥料としてまくこと出来る。

これはたいそう羽振りの良い農家しか出来ません。

そしてこの「ゴマメ」で作った「田」は他のものより遥かに優れていたと言われています。

「田」を作るから「田作り」というわけです。


もちろん肥料の中では最も高価であったに相違ありません。



五穀豊穣の願いと共に…


日本人はもともと稲作文化の農耕民族。

「五穀豊穣」
「豊年豊作」

と言った考えは極めて大切であったと言えます。

gokokuhoujou

画像はイメージ フリー画像です
(恵比寿様)


「田作り」が大切にされてきたり、
「神様への奉納品」とされているのは、

この農耕文化が全てであったことに相違ありません。

全ての単位はお米で量られていた時代です。

「◯◯何万石」

という表現もお米の収穫と密接に関係しています。



ゴマメは「五万米」


「田作り」の原料カタクチイワシ。

通称ゴマメは当て字として

「五万米」

を当てることがあったそうです。


もちろんお米の収穫の量のことを指しています。
このように「田作り」には日本の農耕文化の願いが込められています。


いまお米をつくる人は少なくなりましたが…
文化としての「田作り」大切にしたいものです。


ありがたく頂きましょう。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です