笹の葉さらさら…一年に一度の出会い


こんにちは(,,•◡•,,)
四つ葉のくまさんことよつくまです💫
本日もよろしくお願いいたします。


一年に数回「行事食」と言われる
伝統的な食事を摂る日があります。


7月7日(七夕)もその一つですね。
「彦星」と「織姫」は遙か空の上で出会う事でしょう。

tanabata4

画像はイメージ フリー画像
(どんなに天気が悪くとも雲の上は晴れている)



行事食は季節を体現している


七夕の頃…
日本は大変暑くなります。

その中で迎える節句の一つである七夕。

tanabata5

画像はイメージ フリー画像です
(優しい願い事が届きますよう…)


どんな行事食があるのでしょうか?

有名なものから、
知っておくと便利なものをご紹介します。



素麺は流れる天の川のごとく


流石にこれは説明がいらないくらいです。
食べる方も多いと思います。

「素麺(そうめん)」です。

七夕そうめん1

画像はイメージ いつかの七夕そうめん
(オクラのお星と黄色ズッキーニでキラキラを)


「素麺(そうめん)」についてはルーツが昔の中国にさかのぼります。


「索餅」(さくべい)

という素麺の原型があり、
熱病でなくなった帝を鎮めるために供えたと言われています。

小麦に力があると信じられていたようです。

sakubei

画像はイメージ フリー画像です
(現在でも索餅を食べる地方もある)


他のルーツとして

・織姫のように織物(芸事)が上達するように
・そうめんの流れを天の川に見立てて

などがあります。


おそらくどれも正解なのでしょう。


実際にこの時期に頂く素麺は大変美味しいものです。


トッピングのおすすめは、

・オクラ
・プチトマト
・茹でた人参(型抜き)
・パプリカ(型抜き)

などでしょうか。

特にオクラは断面が星の形をしているので、ぴったりと言えます。
夏野菜で旬でもありますので。

okura

画像はイメージ フリー画像です
(断面がきれいなオクラのイメージ)



身体が喜ぶ飲む点滴


続いては最近ではメジャーになってきた…

「冷やし甘酒」です。

tanabata2

画像はイメージ フリー画像です
(本来は夏の飲み物だった)


甘酒はずっと冬の物とされてきました。
その効能から本来は夏の飲み物なのですが…

冬に身体を温めるという固定観念が長らく「冷やし」を否定してきました。


この時期に「冷やし甘酒」を飲むことは、

「夏バテ防止」

として大変有益です。


江戸時代などは庶民が飲めるように…
値段がある程度定められていたという事です。

それだけ普通に飲まれていたのです。

・疲労回復
・美肌
・便秘解消

など優れた効能も見逃せません。



笹の葉に想いを込めて


七夕といえば笹の葉。
歌にも登場しますね•*¨*•.¸¸♬

笹は上にまっすぐに伸びることから「生命力の象徴」とされてきました。

その葉で団子をくるんだ「笹団子」

縁起物として食べられています。

tanabata3

画像はイメージ フリー画像です
(香りも笹のよい芳香です)


それだけでなく笹の葉には殺菌力があり。
厄払いとして用いられてきました。

季節の節目として「笹団子」を頂くことで、
厄を落とす意味もあるでしょう。



行事食は意味のあるもの


時代が変わっても…
こういった行事食は大切にしていきたいものです。

多くは、

・その時期に旬を迎えるもの
・その時期に摂取すべきもの

であると言えます。


私達は形を変えながらその行事食を楽しむことが出来ます。

それはそれで良いことであると思います。


食文化はその国の民族を体現する大切なものとして…
これからも守っていきたいものです


終わりに…
七夕のお天気はどうあれ、
空の上では晴天が拡がっています。

願わくば穏やかな七夕ををお過ごし下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です