花言葉は「遊戯(ゲーム)」不思議な花言葉です



こんにちは( ・Д・)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


お花や植物も時に漢字が難しいものがあります。
難読漢字に出ていた「風信子」の文字もその一つ。


皆さんは読めますか?
お花に詳しい方にはご存知の事と思います。

BlogPaint

画像はイメージ いつかの風信子
(紫系がメジャーですが花色は豊富です)



難読漢字の一つ「ヒヤシンス」


答えは「ヒヤシンス」です。

1月後半~4月位まで立派なお花を咲かせるユリ科の植物です。

174

画像はイメージ いつかのヒヤシンス
(色味が美しいです)


お花の中には漢字を当てて、

百日紅(さるすべり)
竜胆 (りんどう)

など独特の表現をするものがあります。


美しい色で豪華なイメージがあるヒヤシンス
球根植物ですから突然地面から現れて花を咲かせます。

hiyasinsu1

画像はイメージ フリー画像です
(ヒヤシンスの球根)



ヒヤシンスにまつわるギリシャ神話


このヒヤシンスですが…ちょっと不思議な花言葉があります。

「勝負、遊戯(ゲーム)」

というものです。


ギリシャ神話の「ヒュアキントス」という美少年が語源であるとされます。

大変美少年だったことから、
太陽の神と西風の神に大変愛されていたのだとか。

Hyakinthos2

画像はイメージ フリー画像です
(神が起こす気まぐれ…)



【ヒュアキントスとヒヤシンスの話】



ある日太陽の神とヒュアキントスが円盤投げをして遊んでいた

それを見た西風の神は大変嫉妬をして意地悪な風を起こした

その風の影響で投げた円盤がヒュアキントスの額に命中

大量の血を流しヒュアキントスは死んでしまった…

その血から咲いた花が「ヒヤシンス」となった




ヒュアキントスが興じていた「遊戯」「勝負」が円盤投げです。

少し珍しい花言葉はそこから生まれたそうです。

ennbannage

画像はイメージ フリー画像です
(円盤投げのイメージ)



美しく「遊戯」も上手かった彼は西風の神に嫉妬を受けたのです。



特に紫の「ヒヤシンス」の花言葉

「悲しみを超えた愛」

には何か深いものを感じざるを得ません。



花色で変わる花言葉


お花にはその花そのものにある花言葉の他に、
花色ごとに花言葉がある場合があります。

「ヒヤシンス」は一株でボリュームがあり迫力があるお花です。
( )内は花言葉です

・青(変わらぬ愛)
・赤(嫉妬)
・白(控えめな愛らしさ)
・黄(あなたとなら幸せ)
・紫(悲しみ・悲しみを超えた愛)
・ピンク(淑やかな可愛らしさ)


hiyasinsu

画像はイメージ フリー画像です
(ヒヤシンスの花色は豊富です)



春の訪れを感じながら今年も楽しむとしましょう。



風信子

「風を信じた子」

なんだか当て字も少し怖く感じます




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.2加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です