別名「ヨーグルトの樹」 「サンシュユ」をご存知?



こんにちはΣ(=゚ω゚=;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


牛乳にその樹の枝を入れてかき混ぜると「ヨーグルト」が出来る。
そんな樹が本当にあるのでしょうか?


それも意外と身近に…
もしかしたら近所の公園などに花が咲いているかもしれません。

その樹とは「山茱萸(サンシュユ)」の樹です。

BlogPaint

画像はいつかの「サンシュユ」の花
(早春を伝える花でもあります)



「山茱萸(サンシュユ)の基本情報


黄色い小花がかわいいお花です。

季節的にはソメイヨシノが咲く少し前。
早春にお花を咲かせます。

このお花が咲いたら桜が近いなと言う目安にもなります。

611

画像はいつかの「サンシュユ」の花
(庭園や公園などで見かけることもあります)



・ミズキ科 ミズキ族
・原産地  中国など
・別名   ハルコガネバナ


秋になるとグミの実によく似た実がなります。


shanshuyu

画像はイメージ フリー画像です
(「サンシュユ」の実)


実は生薬としての利用もされているそうです。
現在の漢方薬にも配合されているものがあります。



かの「ブルガリア地方」などに残る伝統


サンシュユは別名、

「ヨーグルトの樹」

などと呼ばれることもあるとか。


yoguruto1

画像はイメージ フリー画像です
(健康食材として知られるヨーグルト)



【その作り方】


・牛乳を温める
・この樹の枝を入れてよく混ぜる
・一晩ある程度の温度で保温する
・ヨーグルト状のものが出来る


burugaria

画像はイメージ フリー画像です
(ブルガリア「バラ祭り」の様子)



ヨーグルトといえば…有名な「ブルガリア地方」

「ブルガリア」のごく一部の地域では現在でも、

「セイヨウサンシュユ」

の樹を使ったヨーグルト作りが行われているそうです。


seiyousanshuyu

画像はイメージ フリー画像です
(「セイヨウサンシュユ」の花)



滋養強壮成分を含む


上述の通り「サンシュユ」には滋養強壮の効果が認められています。
東洋医学の漢方薬に用いられているそうです。

含まれる乳酸菌の成分やその他が重なって、
ヨーグルト状の物を作ったと考えられます。


burugariayoguruto

画像はイメージ フリー画像です
(伝統的な「ヨーグルト作り」のイメージ)



〈「ヨーグルトの樹」〉仮説


折れた「サンシュユ」の枝を使って牛乳をまぜていたら、
次第に固まってきたので、食べてみたらヨーグルトだった。


もしかしたら最初はそういう話であったかもしれません。
※根拠のない仮説です


テレビなどでも一部報道されたこともあったようです。
検索すると「作ってみた」方もいるようです。

ただむやみに真似することには疑問が残ります。



「樹も生きています」


枝をむやみに折って、

「やってみた等の動画を撮影」

したりすることはやめましょう。


「樹も生きています」

公園の枝などは所有権があります。
安全性は保証されたものではありません。


kouennoki

画像はイメージ フリー画像です
(公園の植物や街路樹にも所有権がある)



参考までに「日本植物生理学会の見解」を引用しました。

以下引用です⇩


「サンシュユの枝を浸したら牛乳が固まったが食べてもよいか?」

Cornus masなどブルガリアの植物から分離された乳酸菌が、実際のヨーグルト製造に使われている上記2種の乳酸菌と違いがなく、ヨーグルトの品質も同一であったと報告されています。

しかし、樹木の枝を浸して牛乳が固まったからといってヨーグルトと同じものができたとは判断できません。
牛乳の凝固は微生物が繁殖して酸を出した結果だと考えられますが、それが乳酸菌かどうかは不明であり、乳酸菌以外の細菌や酵母・カビなども考えられます。

微生物学的観点からは、食経験のある乳酸菌が牛乳を凝固させたこと、いわゆる雑菌や病原菌がいないことなどを調べない限り安全だとは言えません。


よくよく考えて見れば当たり前のことです。

直接読みたい方はこちら



身近にある植物がまさかこんな作用を持っているとは、
まだまだ知らない事ばかりです。

植物の世界は奥深いのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です