過酷な環境にあってこそ…



こんにちは(。・ω・)ノ゙
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


サボテンの花を見る機会は、
それほど多くないかもしれません。

ご自宅で大切に育てていらっしゃる方には、
珍しいものでも無いかもしれませんが。

比較的大きくきれいなお花を咲かせます。


本日は素朴な疑問…「サボテンの花」が大きくきれいな理由。
についてのお話です。


BlogPaint

画像はいつかのサボテンの花
(大きくきれいな花を咲かせています)



「サボテン」が生息する環境とは?


多くの「サボテン」は中南米などの出身です。

「サボテン」は「多肉植物」の一種ではありますが、
「サボテン科」に属するものを指します。


saboten1

画像はイメージ フリー画像です
(「サボテン」のイメージ)


基本的に過酷な環境に置かれても生きていけるだけの強い「生命力」を持っています。


砂漠地帯など、
通常の植物が生きられない環境でも「サボテン」は生存できるのです。


saboten

画像はイメージ フリー画像です
(特徴的な棘は葉が変化したもの)



葉が変化した棘は、
少ない水分の蒸散を防ぎ、
かつ外敵から身を守るために変化したものです。


英語で「サボテン」を表す「 Cactus(カクタス)」は、
古代ギリシア語で、
「トゲだらけの植物」を意味する「Kaktos(カクトス)」に由来しているとされています。



「サボテン」の美しい花


「サボテン」も植物であるので、
お花を咲かせます。

それもかなり大きくきれいな花が多いです。


sabotennohana

画像はイメージ フリー画像です
(可憐な「サボテンの花」)


「サボテン」の種類によって、
花の咲かせやすさは様々なようです。

中には、

・数年に一度しか咲かない
・夜中に咲いて一晩で枯れてしまう
・開花までの年数が非常に長い

といった品種ごとの違いが大きいです。


jakobasaboten

画像はイメージ フリー画像です
(咲かせやすいとされる「ジャコバサボテン」)



比較的立派で大きく、きれいな花が多いのが特徴です。


それは何故なのでしょうか?



少ないチャンスを活かす


「サボテン」が育成する環境は、
他の動物や昆虫にとっても過酷な環境です。


その為に、「サボテンの花」は目立つ必要があるのです。


sabotennohana1

画像はイメージ フリー画像です
(荒れ地に咲く「サボテンの花」)



他の花同様に「サボテン」が結実するには受粉が必要です。

過酷な環境で花を咲かせることは、
「サボテン」にとっての一大イベントのようなもの。

受粉対象の昆虫などに、
存在をアピールする必要があるのです。


中には過酷な昼間を避けて、
夜中にそのチャンスを待つことを選んだ種もあります。


gekkabizin

画像はイメージ フリー画像です
(夜に一晩咲く「月下美人」)


受粉の対象は夜行性の昆虫やコウモリと言われております。


花の大きさだけでなく、
強い匂いで引き寄せる種もあるそうです。


数少ないチャンスを活かす知恵と言えるでしょう。



なぜ「シャボテン公園」なのか?


少し話は外れますが、
伊豆に「伊豆シャボテン公園」という施設があります。

「サボテン」の事を何故に「シャボテン」と表記しているのでしょう?


izushaboten

画像はイメージ フリー画像です
(カビバラの温浴でも有名)


日本には16世紀の後半頃海外より持ち込まれた「サボテン」

その際に持ち込まれたのは「ウチワサボテン」であったとされています。

外国人たちはその樹液を用い、

・衣服の汚れを拭き取る
・樹液をシャボン(石鹸)として使う

などしていたのです。


utiwasaboten

画像はイメージ フリー画像です
(「ウチワサボテン」のイメージ)


その様から「石鹸のようなもの」という意味で、

「石鹸体(さぼんてい)」

と呼ばれ「シャボテン」に転じたという説が有力です。

※諸説あります



「伊豆シャボテン公園」は1959年に開園していることから、
信憑性はある説でしょう。



「サボテン」の花言葉


もちろん「サボテン」にも花言葉があります。

どれも生態に即した物となっています。


sabotennohana2

画像はイメージ フリー画像です
(耐えて情熱的な花を咲かせます)



【サボテンの花言葉】



・秘めた情熱
・枯れない愛情
・忍耐

など様々です。


過酷な環境においては、
毎年決まった時期に花を咲かせる事ですら、
危険を伴う事があります。

今現在見られる「サボテン」たちの姿は、

「より生存に力を注いだ姿」であるのです。


花がなかなか咲かないからと言って、
せっかくお迎えした「サボテン」を廃棄などしないように…


愛情を持って接すれば、
「枯れない愛情」で応えてくれるはず。


kaseimaru

画像はイメージ フリー画像です
(「花サボテン」の一種「花盛丸」)



「花サボテン」

と呼ばれる花が咲きやすい種を選ぶのも良いでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です