都市部で「怖いものなし」の「カラス」が担う役目



こんにちはΣ(=゚ω゚=;)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


鳴き声はよく聴こえど、
余り生態を知らない野鳥も多いです。


yatyou1

画像はイメージ フリー画像です
(日常において一番近しい野生生物でもあります)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。


本日の野鳥は「カラス」です。


karasu1

画像はイメージ フリー画像です
(「愛嬌」と「怖い」が両極端な野鳥です)



「カラス」は怖い?結構美しい野鳥でもあります


身近に見られる野鳥では最大クラスの大きさです。
突然に近くで見るとびっくりするサイズです。

「怖い」と思う方も多いようです。


karasu

画像はイメージ フリー画像です
(独特の光沢は美しくもあります)



カラス = ゴミを散らかす


と悪いイメージの方もいるかも知れません。



tyougai


画像はイメージ フリー画像です
(「鳥よけネット」は対策の一つです)



しかしながらゴミを散らかすのは「カラス」だけではありません。

「野良猫」や「アライグマ」などの動物もそうです。


そもそも「マナーを守らないゴミ出し」が背景に絡んでいます。



光沢のある羽や、飛ぶ姿などは美しく、
過去には「神の使い」とされた事もあります。


サッカー日本代表のシンボルである、

「八咫烏」

などは幸運を呼ぶ吉兆の鳥とされています。


yatagarasu


画像はイメージ フリー画像です
(足が3本あるのが特徴です)



実は2種類いる「カー」と「ガァー」


「カラス」の鳴き声といえば、

「カー」

を思い浮かべるかと思います。


ところが濁った声で

「ガァー」

という声を聴いたことがないでしょうか?


実は都市部の「カラス」は2種類いるのです。



その一つが「ハシブトガラス」⇩


hasibutokarasu

画像はイメージ フリー画像です
(くちばしが太いのが特徴です)



「ハシブトガラス」は従来より我々の側で暮らしていた「カラス」です。

「カー」

濁らない声で鳴きます。



それに対しもう一種類が「ハシボソカラス」です⇩


hasibosokarasu

画像はイメージ フリー画像です
(全体的に顔がスマートでくちばしが細いです)



こちらは山林で暮らしていた「カラス」です。
近年の状況で街に降りてきたと言われています。

「ガァー」

濁った声で鳴きます。


nanatunoko

画像はイメージ フリー画像です
(もともと山林で暮らしていた)



「カラス~なぜ鳴くの?…♪」


で有名な「七つの子」


で知られる「カラス」は「ハシボソカラス」であった可能性が高いです。

※諸説あります



鳥類でも屈指の頭の良さ


【カラスの生態】


「カラス」は「ウォーキング」と「ホッピング」を使い分けます。
つまり地上では両方出来るということです。


karasu

画像はイメージ フリー画像です
(植物を加えている「カラス」)



「カラス」はこのようなことが可能です。


・くるみなどを車に引かせて割って食べる
・硬い餌は水に浸してふやかして食べる
・棒のような道具を使用して虫を取る
・人間の保護下では人語を理解しある程度話す


人間にたとえるならば7歳程度の知能指数があるとされます。


karasu2

画像はイメージ フリー画像です
(ボールで遊ぶ「カラス」)



また「カラス」の生態でわかっていることの一つに「遊び」があります。

「カラス」は自分から「遊ぶ」ことが出来るのです。
その遊びの中で生きるすべを学ぶというから驚きです。


ビルの屋上から急降下している「カラス」を見たことがないでしょうか?


その行動には狩りの練習という側面はなく、
「遊んでいる」のだと言われています。


karasu1

画像はイメージ フリー画像です
(その賢さ故に嫌われることもある)



単純に脳の発達具合を数値で表す「脳化指数」によれば、

・人      0.89
・チンパンジー 0.30
・カラス    0.16
・犬      0.14
・猫      0.12
・鶏      0.03

動物の中でも相当上位に入ります。


犬や猫よりも上、人に最も近いとされるチンパンジーの次なのです。


※データはインターネット調べにつき読み物としてご覧ください



「ハンガー」をなぜ集める?


・針金ハンガーを「カラス」に盗まれた
・ハンガーを持って飛ぶ「カラス」を見た

という方はいないでしょうか?


これは「カラス」が巣作りの為に狙って持っていっているのです。


karasu3

画像はイメージ フリー画像です
(ハンガーで補強された「カラス」の巣)



不思議なことに「針金ハンガー」しか狙いません。


理由としては、

・丈夫で巣の補強にピッタリだから
・もともと色の付いたものが好き

などがあげられます。


3月から5月は「カラス」の繁殖期にあたります。

ベランダなどにハンガーを置きっぱなしにすると持っていかれてしまいます。


karasunosu


画像はイメージ フリー画像です
(「カラス」が営巣した樹や電柱の下は危険)



また営巣し子育てを始めた「カラス」は大変凶暴化します。

巣の下を通っただけで後ろから襲われたりします。
「カラス」としては巣を守る為の防衛本能です。


法律上「カラス」を害する事は出来ませんので、
困った場合は自治体などに相談することをおすすめします。


日傘などで頭を覆うのも効果的と言われています。



「スカベンジャー」としての役割


都心部に置ける「カラス」の役割とはなんでしょうか?

・「ツバメ」などの巣を襲う
・ゴミを散らかす
・「猛禽類」に喧嘩を売る

これらは「カラス」の行動の一つでしかありません。


「カラス」には大事な役割があります。

都心部に置ける「スカベンジャー」としての働きです。


haiena

画像はイメージ フリー画像です
(サバンナの「スカベンジャー」代表の「ハイエナ」)




【スカベンジャーとは?】


掃除屋などとも形容される。
不慮の事故や寿命…様々な事象で亡くなった動物。
それらを片付けて自然に返す役割。


私達が野鳥や野生動物の亡骸を見るのは稀です。


それは彼らがその働きの一環を担っているからです。
「昆虫」などでは「蟻」が該当します。


karasu2

画像はイメージ フリー画像です
(どんな生き物にも役割がある)



例えば「カラス」が絶滅してしまった場合。

そういった仕事は保健所や自治体が受け持つことになります。
(野鳥の亡骸は触ることが禁止されています)


「カラス」は雑食性が強く、「スカベンジャー」として専業ではありません。
しかし、自然の循環者としてなくてはならない存在でもあるのです。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
次回もお楽しみに。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.5 加筆修正)




『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です