海外バードウォッチャー「憧れ」の野鳥



こんにちは(*´Д`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近にいるのだけれど、
余り生態を知らない野鳥もおります。


yatyou5


画像はイメージ フリー画像です
(身近な所で出会いを待っています)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。


本日の野鳥は「ヒヨドリ」です。


bird hiyodori

画像はイメージ フリー画像です
(よく見ればかわいい野鳥です)



「暴れん坊」のイメージ…日本周辺のみ生息


「ヒヨドリ」は身近な野鳥では大きめです。
尾も長いので大きく見えます。


茶褐色の体にオレンジ色の頬が目立ちます。


「ピー」「ピーヨー」


と鳴きながら数匹で飛び回っています。


hiyodori

画像はイメージ フリー画像です
(格好いい「とさか」のような頭)



桜などの季節に「メジロ」を一緒に撮影したいと思うカメラマン。

やってきた「ヒヨドリ」が蹴散らしてしまう。


hiyodori1

画像はイメージ フリー画像です
(桜と「ヒヨドリ」のイメージ)



そんな「暴れん坊」として一部ではやや嫌われ気味。


「スズメ」なども蹴散らされてしまいます。


ba-douottya-

画像はイメージ フリー画像です
(「ヒヨドリ」を見るために来日する方もおります)



しかしながら「ヒヨドリ」は、
海外のバードウォッチャーからは「憧れ」の野鳥です。


というのも日本やアジア周辺でしか見ることが出来ないのです。


okameinko

画像はイメージ フリー画像です
(ペットとして飼育される「オカメインコ」)



よく見ると顔もかわいいです。
「オカメインコ」をワイルドにしたようなフォルム。

逆だった頭の毛に頬のチークも個性的です。



目が覚めるほど大きな鳴き声


たいへん大きな声で鳴きます。

朝の住宅街でもお構いなしです。

「ヒーヨーヒーヨー」
「ピーヨーピー」


と気が済むまで鳴きます。


hiyodori1

画像はイメージ フリー画像です
(大声で鳴く「ヒヨドリ」)



早朝に近所のアンテナに止まった「ヒヨドリ」が鳴いて起こしてくれる事も。

とにかく良く鳴くのが特徴です。


主に、

・縄張りの主張
・危険を知らせる

ためであるとされています。



hiyodori2


画像はイメージ フリー画像です
(人家にも気にせずにやってきます)



春先には少し甘えた声をだすことがあります。

これは求愛の鳴き声で普段とは少し違う声で鳴きます。



元気が有り余る…よく飛びよく鳴く


【ヒヨドリの生態】


とにかくよく鳴く野鳥です。

よく食べて、よく飛び回る。
元気一杯の野鳥です。


大体数匹が一緒に行動しており、
1匹が飛ぶと次の1匹が追うを繰り返します。


hiyodori2

画像はイメージ フリー画像です
(桜の季節はよく見られます)



基本的に雑食ですが、特に果実が大好きです。

冬季に「メジロ」などのために「みかん」を半分に切って、
庭木に挿したりすることがあります。

※あくまで餌不足を補う方法です


hiyodori4

画像はイメージ フリー画像です
(「みかん」は「ヒヨドリ」にとってごちそうです)



これを「ヒヨドリ」がしっかり平らげます。

桜の季節は「桜の蜜」を求めて花をついばみます。

「メジロ」のように器用には食べられないので、
「スズメ」と同様に花を落としてしまいます。


hiyodori3

画像はイメージ フリー画像です
(群れで「渡り」をする個体もいる)



行動や鳴き声から嫌う方もおられるようです。

基本的にはとても元気で生命力を感じる野鳥です。



省エネの飛行方法


「セキレイ」などと同じく「波状飛行」をします。

非常にわかりやすい大きな波を描きます。
「ヒヨドリ」は羽を一切使わずダイビングのように浮き沈みを繰り返します。


hiyodoritobu

画像はイメージ フリー画像です
(下りは完全に羽根をしまっています)



羽ばたく(上昇)
 ⇩
滑空(羽根をしまう)
 ⇩
羽ばたく(上昇)
 ⇩
滑空を繰り返す


これによって羽ばたきによるカロリー消費を抑えていると言われています。


そのスピードはかなりのものです。



平安時代には「飼育」が盛んだった


この「ヒヨドリ」ですが、
平安貴族の間で大変人気のあった「野鳥」です。


hiyodori5


画像はイメージ フリー画像です
(現在はもちろん飼育できません)



非常に頭がよく、
飼い主によく慣れるために珍重されたそうです。


極稀に時代物のワンシーンに、
鳥かごに入った「ヒヨドリ」を見ることがあります。

また「和歌」にも詠まれている事から間違い無いでしょう。


waka

画像はイメージ フリー画像です
(「和歌」に「ヒヨドリ」が登場している)



現在はもちろん飼育することは出来ません



「ヒヨドリ」にしか出来ないことがある


「ヒヨドリ」は特に種子や果実を好みます。

そしてかなりの飛行距離を省エネ飛行で飛びます。
自然界の中では種子を運ぶ役割を担っているわけです。


「ヒヨドリ」を目当てに実をつける植物もいるのです。
そのくらい生態系に影響力を持っています。


hiyodori3

画像はイメージ フリー画像です
(「センダン」の実を食べる「ヒヨドリ」)



「センダン」の実は毒性が強く、
人はもちろん殆どの家畜にとって中毒を起こします。

実の大きさから考えて「スズメ」などは食べられないサイズです。


「ヒヨドリ」はほぼ丸呑みでこちらを食す事が出来ます。

種を遠くまで運び、
植物の生態系を支える大事な役割を果たしています。


sendan

画像はイメージ フリー画像です
(実のなる「センダン」の樹)



次に「ヒヨドリ」が飛び回っていたり、
朝から大きな声で鳴いていたりしたら…

「日本でしか見られないんだな」
「この子にも役割があるんだな」

と…温かい目で見てあげて下さい。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)




『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です