野鳥は自然環境の「バロメーター」



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


毎年5月10日から5月16日までの一週間を、

「愛鳥週間」(バードウィーク)

といいます。


yatyounokai

画像はイメージ フリー画像です
(「バードウォッチング」が趣味の方も多い)



野鳥の保護活動をしている団体として最も有名なのが、

「日本野鳥の会」

です。


本日は「日本野鳥の会」と「地球環境」のお話です。


birdweek2

画像はイメージ フリー画像です
(小さな野鳥「ヤマガラ」)



「野鳥保護」活動のパイオニア


「日本野鳥の会」の歴史は古く、

1934年(昭和9年)に設立をしています。


日本最古にして最大の自然保護団体です。


全国各地に支部があり、
各地において「野鳥保護活動」を続けている団体です。


yatyounokai

画像はイメージ フリー画像です
(画像クリックで公式HPへ遷移します)



以下がその理念です。


日本野鳥の会ホームページより引用⇩


『「野鳥も人も地球のなかま」を合言葉に、野鳥や自然の素晴らしさを伝えながら、自然と人間とが共存する豊かな社会の実現をめざし、活動を続けている自然保護団体です。全国の連携団体(支部)や会員、支援者と連携・協力しながら、日本各地の問題に取り組んでいます。』


yatyou

画像はイメージ フリー画像です
(「野鳥保護」のイメージ)




【日本野鳥の会の主な活動】


・自然保護活動
・自然観察の保護や普及活動
・自然系施設の運営活動
・収益活動(グッズ及び用品の販売)


yatyounokai1

画像は「日本野鳥の会」様のものです
(グッズの「ピンバッチ」 画像クリックで遷移します)



非常に簡単に要約すると…


多くの野鳥が生息するためには、
多種多様な環境が必要でありその環境の保全が大切である。

野鳥は自然環境の良好さを示す「バロメーター」である。


その実現のために、

自然を守り、
野鳥と人が共存できる環境づくりを推進していく事が、

「地球環境」を守ることにも繋がる。


tikyuwotaisetuni

画像はイメージ フリー画像です
(保全しなければ失われる「地球環境」)



おおよそこのような活動を行っている団体です。



・バードウォッチング用品
・野鳥グッズ各種


などの収益を団体の運営活動として活動しています。



ではなぜ野鳥が「自然環境」の「バロメーター」なのでしょう?



野鳥は「自然環境」の「バロメーター」


野鳥が生活をしていくためには様々な環境が整うことが大切です。

植物の実などを食べる野鳥はもちろん。
「昆虫」などを食べる野鳥は「昆虫」が生息しなければ生きていけません。


yamanoike

画像はイメージ フリー画像です
(開発によって失われる「自然環境」)



一つの例を上げてみます。



【山林の池が埋め立てられた場合】


◆直接的影響


・水に卵を生む「蚊」などの「昆虫」がいなくなる
 ⇩
・「昆虫」などを主食にしていた野鳥がいなくなる
 ⇩
・小さい野鳥を捕食していた「猛禽類」がいなくなる


tubame

画像はイメージ フリー画像です
(「昆虫」を餌にする野鳥は多い)




◆間接的作用


・野鳥を受粉の対象にしていた「植物」も減少する
 ⇩
・「猛禽類」の驚異がなくなった植物性の野鳥が増えすぎる
 ⇩
・餌を求めて山林から街に飛来する
 ⇩
・「鳥害」の発生


mukudori

画像はイメージ フリー画像です
(環境変化が起こす「鳥害」も存在する)



つまり小さな野鳥が生息できる環境は良好であるわけです。


・餌場がある
・水場がある
・営巣できる場所がある
・昆虫⇒小鳥⇒猛禽類の生態系


seitaikei


画像は「埼玉県生態系保護協会」様のものです
(どの段が欠けても成り立ちません)



このように考えたら「バロメーター」の一つと言えるでしょう。


「鳥害」の発生に山林開発が影響がないとは言い切れないのです。



「絶滅危惧種」の野鳥もたくさんいる


今現在減少傾向の野鳥は数しれずおります。

また「絶滅危惧種」となっている野鳥もたくさんいます。


一種類の絶滅がどのような大きな影響力を持つか、
様々な形で私達に跳ね返ってきます。


tantyou

画像はイメージ フリー画像です
(「タンチョウ」のイメージ)



・タンチョウ
・シマフクロウ
・オオジシギ
・シマアオジ
・チュウヒ
・ヘラシギ
・オオワシ
・オオタカ

etc…


simahukurou

画像はイメージ フリー画像です
(「シマフクロウ」も「絶滅危惧種」です)



「ツバメ」なども大幅に個体数を減らしています。

生態系の上段にいる「猛禽類」ほど厳しい状況であるようです。



理由としては下記があげられます。

・人間による開発
・人間による乱獲
・海洋汚染
・森林伐採
・環境変化によるもの

etc…


人の手によるものが多いのが実情です。



sinrinkaihatu


画像はイメージ フリー画像です
(「森林開発」は計画性が大切です)



興味を持たれた方はこちらをご覧下さい。


「日本野鳥の会」「絶滅危惧種」についてのHPです⇩

https://www.wbsj.org/activity/conservation/endangered-species/




今、何が出来るのか?


今すぐ様々な開発を中止することは出来ません。

私達は利便性の為に、多くの犠牲を払ってきています。


「無くなってから気がつく」


ことを繰り返しています。


ootaka

画像はイメージ フリー画像です
(空をかける「オオタカ」)



「愛鳥週間」には少しでもこのような話を考えてみましょう。


それが今できる精一杯の「第一歩」なのです。


daiippo

画像はイメージ フリー画像です
(まずは「興味」を持ってみましょう)



とある国で「鳥害」対策として、
ある種の野鳥を一斉駆除しました。


その結果今まで農作物の害虫を駆除してくれていた野鳥がいなくなり、

「虫害」

により深刻な被害が出たそうです。



人間が自然に手を加えることは、
そのような事態を招くこともあるのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です